他者に尊重されていないと感じるのは辛いことで、自分が持っている素晴らしい長所さえも忘れがちになります。ポジティブで寛容な態度でいることは大切ですが、軽視されている場合のサインを見極められると、毅然とした態度で相手に接し、自己肯定感を高めることができます。ここでは、他人から軽視されている場合のかすかな合図から典型的な警告サインまで、その見極め方と、他者から敬意や評価を得る方法を紹介します。

方法 1 の 13:
あなたの努力を認識していない

  1. 1
    「私は感謝されている?」と自分に問いかけてみましょう。あなたを軽視する人は、あなたが努力してなし得たことに無関心です。[1] それどころか、あなたがもたらした成果や成功を、自分の功績にすることさえあります。[2] あなたは価値のある人間で、あなたの貢献は認められるべきです。自分の成功や長所を書き出し、他人の意見は気にせずに、自分自身を認めましょう。そして、あなたを軽視する人に、自分の気持ちを伝えましょう。
    • 職場であれば、自分の功績を上司に伝えましょう。自分の強みについて上司に尋ね、あなたの価値を見直してもらえる機会を作るとよいでしょう。「私の職場での強みは何かと、それを会社のために活かせる方法がないかをお聞きしたいのですが。ここ3か月で、私のチームは〇〇を成し遂げました」などと、尋ねることができます。[3]
    • パートナーや友人には、「私」を強調し、自分が軽視されているように感じると伝えましょう。「毎晩夕飯を作ってもあなたが感謝してくれないと、私は傷つくしガッカリするわ」などと、気持ちを伝えましょう。
    広告

方法 2 の 13:
約束を守らない

  1. 1
    約束を破るのは、あなたを尊重していないサインです。時には、友人、上司、パートナーも仕事や用事が忙しく、約束を守れないことがあります。しかし、頻繁に約束をすっぽかされたら、傷ついてしまうでしょう。そして、それは相手があなたの時間や、あたなとの関係をそれほど重視していない証拠かもしれません。[4] 相手の態度がどれだけ自分に影響を与えるかを伝え、約束を守れない理由があるのかを尋ねましょう。[5]
    • 友人やパートナーの場合は、「この前、またディナーをキャンセルして怒ってるんだけど。もう少し詳しく理由を教えてくれない?」と尋ねてもよいでしょう。
    • 同僚や上司の場合は、「私の提案に目を通してくださいましたか?先に進めたいので、承認をお待ちしてるのですが」などと、言ってもよいでしょう。
    • 自分が尊敬に値するということを、強く自信に満ちた態度で示すとより効果的です。日ごろ穏やかに話す場合は、大きく明瞭な声で話しましょう。姿勢を正すことも大切です。普段は部屋の後方や隅に座っているのであれば、前方または中央に座りましょう。

方法 3 の 13:
頼みごとがある時だけ連絡してくる

  1. 1
    何も見返りがなくても、相手はあなたのそばにいてくれますか? いくら相手に関心を持っていても、相手の得になる時だけあなたが大切にされるのであれば、公平な関係ではありません。不公平な関係は、不満が溜まり、失望を招きます。[6] 自分の時間とエネルギーを無駄にしないように、そのような相手とは距離を置き、無理な場合はきっぱりと断りましょう。[7]
    広告

方法 4 の 13:
無視をする

  1. 1
    相手があなたを避けたり、連絡を絶つのは、あなたとの関係を重視していない証拠かもしれません。誰かに無視されると、ストレスを感じたり、動揺したりするかもしれませんが、それは自然な感情です。人間は生まれつき社会的な生き物だからです。何が起きているのかを尋ねてみましょう。他のことで手いっぱいで、あなたに連絡する時間がないのかもしれませんし、故意に連絡を絶っているのかもしれません。その場合は、相手に直接理由を尋ねましょう。あなたも相手を避け続けると、よりストレスが溜ってしまいます。[8]
    • 状況を悪化させないように、今の状況、相手の態度、そして自分に与えた影響について、落ち着いて説明しましょう。「先日メッセージを送ったんだけど、返事がまだ貰えてないみたい。ちょっとがっかりで、心配しているんだけど、大丈夫?」などと、言うことができます。

方法 5 の 13:
関心を示さない

  1. 1
    複数のことを同時にしていないか、常にスマホやタブレットを使っていないか、そしてあなたから目をそらしていないかを確認しましょう。相手の話を真剣に聞くことは、相手を尊重している証拠です。相手とのコミュニケーションに何を期待するかを決め、会話をする前に、相手が今していることを終えるまで待つと伝えましょう。[9]
    • 同僚や上司には、「仕事の邪魔をしたくありませんので、後にしましょうか?」と尋ねてもよいでしょう。[10]
    • 友人やパートナーであれば、「あなたのこと大好きだから、一緒に充実した時間を過ごしたいの。夕食の時は携帯を見ないようにしない?」などと、言うことができます。
    広告

方法 6 の 13:
会話を途中でさえぎる

  1. 1
    話の途中で相手がさえぎるのは、あきらかな軽視のサインです。あなたのアイデアや意見をしっかりと述べることは大切です。職場では、話を途中でさえぎられないように、相手に話の概要を説明し、質問や意見は後で受けることを伝えましょう。友人やパートナーであれば、二人きりになれる場所で話す機会を持ち、気づいたことと、それに対する自分の感情を伝えましょう。[11]
    • 職場では、「公園通りプロジェクトについての私のアイデアを述べたいと思います。そしてひと通り説明した後に、ご意見をお聞かせください」などと、言うことができます。
    • 友人やパートナーの場合は、「私が話している時に、あなたが時々話をさえぎるのが気になっているの。話に興味を持ってくれるのは嬉しいけど、最後まで話せないとイライラすることがあるわ」と伝えてもよいでしょう。
    • 相手に直接言いたくない場合は、グループに向けて「話し手を尊重し、誰もがアイデアを出せるようにしましょう」などと、あなたの要望を伝えてもよいでしょう。

方法 7 の 13:
あなた自身とアイデアを否定する

  1. 1
    バーバルとノンバーバル両方の否定的な言動に注意しましょう。あなたを尊重していない人は、あなたのアイデアや提案を常に否定するかもしれません。特に、他の人々の前でそれが顕著になる場合があります。あなたの意見を聞いてあきれた顔をしたり、あざ笑ったりさえするかもしれません。[12] そのような態度をされても、あなたのアイデアが良くないということではなく、相手の態度が問題なのです。過剰に否定的な態度をとられたら、反論しましょう。
    • 「私の意見を聞いてください。このアイデアはうまくいくと思います。なぜなら…」などと、自分のアイデアが優れている理由を挙げ、正当性を主張しましょう。
    • 「前回私が担当したプロジェクトは予想よりうまくいったので、これも試みるべきです」と、自分には価値と能力あることを相手に念押ししましょう。
    広告

方法 8 の 13:
境界線を尊重しない

  1. 1
    あなたを尊重する人は、「ノー」の意味を知っています。あなたを軽視する人は、デートの計画を立てる時など、小さなこともあなたの意見を尊重しないかもしれません。例えば、その夜は気が進まないと言っているのに、聞く耳を持たないなどです。もしくは、あなたを軽蔑的な呼び名で呼ぶかもしれません。[13] 相手との関係において何を求めているか、いやなことは何かをはっきりと伝え、自分が「ノー」と言えることを認識しましょう。[14]
    • 職場では、仕事量や問題を明確にし、代替え案を提案しましょう。例えば、「このような機会を与えていただいて、ありがとうございます。残念ですが、新商品の発表が間近なため、今は他のプロジェクトに取り組むことはできません。発売後の来週に、もう一度機会をいただけないでしょうか?」などと、言ってもよいでしょう。[15]
    • 私生活では、自分にとって重要なことに正直になり、確固たる信念を持ちましょう。可能であれば、妥協することも大切です。「あなたともっと一緒にいたいけど、実は週末になると疲れ切ってしまうの。会うのは1週おきにできない?」と言うこともできます。

方法 9 の 13:
けなしたり、非難したりする

  1. 1
    侮辱、誹謗中傷、屈辱的な言葉に注意しましょう。[16] そのような言葉は受け入れられないと、はっきりと伝えましょう。職場、学校、組織内で軽蔑的な言葉を浴びせられたら、人事課、上司、教師などに報告しましょう。[17]
    • 例えば、「そんな呼び方をされたり、私のことをそんなふうに言われると、侮辱されてるみたいだからやめて欲しい」などと、伝えることができます。
    広告

方法 10 の 13:
怒りを向けられる

  1. 1
    あなたを軽視する人は、あなたの感情を尊重しないかもしれません。相手から厳しい批判や、いわれのない非難を受けたりすることがあります。誰でも怒ることはありますが、健康的な人間関係には、身体的暴力、強制、または脅迫は存在しません。どのような関係性(上司、パートナー、友達など)でも、安心できる関係で、相手に尊重されることが大切です。[18]
    • 落ち着いた態度を保ち、怒鳴ったりして状況を悪化させてはいけません。[19]
    • 「私に〇〇をして欲しいのですね」など、相手の言い分を理解していることを伝えましょう。
    • 安全に言い返すことができれば、「あなたが怒鳴っていたら、私は話すことができません」と言ってもよいでしょう。
    • 軽視される状態が続くようであれば、その職場や関係から離れましょう。あなたを認めて尊重してくれる人は必ず見つかります。

方法 11 の 13:
近くに行くと会話をやめる

  1. 1
    誰かを会話から外すのは、明らかな軽視のサインです。あなたとグループの間に境界を作ることで、あなたがそのグループの一員ではないということを伝えようとしています。しかし、あなたはそこにいる資格があるのです。周囲の人と繋がりを持ち、自分は尊敬に値する人間であることを、その失礼な人々に知ってもらいましょう。その状況が続いたり、悪化したりするようであれば、組織や責任者に報告しましょう。より深刻な差別やいじめの兆候かもしれません。[20]
    • 不当な扱いを受けても報告できない場合は、あなたを尊重し、主張する際に助けてくれる「味方」を、少なくともひとり見つけましょう。[21]
    広告

方法 12 の 13:
いつも自分から謝罪する

  1. 1
    双方に責任がある場合、相手がどのくらいの頻度で責任を認めるか注意してみましょう。誤解や衝突の原因が自分にもあると相手が認めれば、双方の関係を維持したいという表れであり、相手を尊重してる証拠です。明らかにあなたの過ちであれば、謝罪するのは構いませんが、相手がめったに謝らないのであれば、自分だけが責任を取る傾向を断ち切りましょう。[22]
    • 「私の謝罪はどんな意味があるの?本心と善意で謝罪してるの?それとも、必要のない責任を負うことで、私の存在と価値を否定しているの?」と、自分に問いかけてみましょう。

方法 13 の 13:
一緒に過ごした後に疲れ果てる

  1. 1
    相手に会って帰宅した時の自分の状態を確認しましょう。どのような精神状態ですか?軽視されると、相手が「どのように」自分を疲れさせるのかは分からなくても、精神的に参ってしまうことがあります。その関係が自分に害を及ぼすのであれば、相手と距離を置くことも考慮しましょう。相手から離れることができない場合(特に職場の関係など)は、あなたを成長させてくれる人や、元気にしてくれる人々と一緒に過ごしましょう。[23]
    • 「この人と一緒にいると、自分に自信が持てる、それとも自己嫌悪に陥る?」と自分に問いかけてみましょう。
    広告

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
げっぷするげっぷする
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
復讐する復讐する
他者に依存しない他者に依存しない
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
友達がゲイかどうか見分ける友達がゲイかどうか見分ける
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
広告

このwikiHow記事について

Laura Richer
共著者 ::
メンタルヘルス・カウンセラー
この記事の共著者 : Laura Richer. メンタルヘルス・カウンセラーの資格を持つローラ・リチャーは、ワシントン州シアトルにある複合メンタルヘルス・カウンセリング・クリニック「Anchor Light Therapy Collective」の創設者です。メンタルヘルス分野での経験は10年以上。カップルや個人を対象としたカウンセリングを専門とし、クライアントが自分の運命を切り開く力を身につけられるようサポートしています。ウェスタン・ワシントン大学にて英語学の学士号を、臨床メンタルヘルス・カウンセリングの修士号を取得。また、バスティア大学にて催眠療法士の研修を修了。ゴットマン・インスティテュートにてカップル・カウンセリングの資格を、シアトル・ライフ・コーチ・トレーニングにてマスター・ライフ・コーチの資格を取得。また、メンタルヘルスとポジティブ心理学の分野であらゆることを探求するポッドキャスト「Holding Ground」の司会も務めています。
カテゴリ: 人間関係
このページは 126 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告