気楽な付き合いから真剣交際に発展するまでの理想的な期間はどのくらいか悩むこともあるでしょう。ある人と何度かデートを重ねてみて、真剣交際に進めるには早すぎるのではないかと思ったことはないでしょうか。幸いにも、気軽なデートから真剣交際に移行するまでの一般的な期間や回数に関する情報が数多く存在するため、次の段階に進めるタイミングを見極めるのは簡単です。この記事では、デートを数回重ねてから真剣交際に発展させるまでのアドバイスを詳しく紹介します。

方法 1
方法 1 の 3:
真剣交際をするまでのデート期間は?

  1. 1
    会う頻度や真剣さによって異なります。どのような状況にも適している決まりなどありません。例えば、月に1度デートするよりも毎週デートするほうが、短期間で親密になれるはずです。1日おきに会っているのであれば、1週間で真剣交際に発展する可能性さえあります!たまにしか会わないのであれば、数ヶ月かかるかもしれません。[1]
    • しばらくの間デートをしている相手との真剣交際を決めるまでに、理想的な期間が過ぎるのを待つことにこだわる必要はありません。相手のことが好きで、自分がよいと思ったタイミングで、次の段階に進めればよいのです!
  2. 2
    ほとんどのカップルの場合、1~3ヶ月くらい待つのが一般的と考えられています。誰かと付き合い始めて1~2週間が経つと、他のカップルはいつ頃真剣交際について話し合うのだろうと気になるかもしれませんが、心配はいりません。長期間付き合っているカップルの多くは、気楽なデートを数ヶ月間重ねてから正式な交際に至っています(国や文化によって異なります)。[2]
    • お互いに気持ちが一致しているのであれば、早めに真剣交際を決めても全く問題ありません。以前から友人関係の場合や気楽なセフレ同士であれば、既にお互いのことを十分理解しているため、早めに決断してもよいでしょう。お互いに真剣交際をする覚悟がある場合は、無理に気楽なデートを続ける必要はありません。
    • 4~6ヶ月以上経過している場合は、要注意かもしれません。関係を進展させたいのであれば、現状について話し合うのが得策です。[3]
  3. 3
    ほとんどの人たちは、5~6回デートをしてから正式な交際を始めます。カップルによって異なるものの、3~4回デートを重ねた頃に、まだ正式に彼氏・彼女の関係になっていない状況に不安を感じることがあっても、心配はいりません。ほとんどのカップルは、5~6回デートをしてから真剣交際についての話し合いを始めますが、中にはもう少し時間がかかるカップルもいます。まだ数回しかデートしていないのであれば、焦る必要はありません。[4]
    • つまり、1〜3ヶ月間程度デートを重ねてから真剣を交際するパターンになります。毎週末1回デートをすると1ヶ月程度で、2〜3週間に1回デートする場合は、数ヶ月かかる計算になります。
    • 6回目のデートの後には、相手との相性がよいかどうか、徐々に見えてくるようになるはずです。それでも判断が難しい場合は、デートを続けるのもよいですが、その相手と恋人同士になりたいかどうかを見極める努力をしましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
真剣交際をする心の準備ができているかどうかのサイン

  1. 1
    2人の将来についてさりげなく話をしている場合: これは、少なくともお互いにこの先どうなるかを考えていることを意味し、真剣に付き合う心の準備が整っているという明確なサインになります。現在の2人の関係が遊び半分であれば、相手と一緒にいる将来を想定した計画、理想、夢などついては決して話さないはずです。[5]
    • 例えば、「来年の夏は海に行こうね」または「7月頃にドライブに行かない?」というような会話をしている場合には、真剣交際を考えているということです。
  2. 2
    お互いの友人に会ったことがある場合: お互いの生活に溶け込み、相手の友人にも会ったことがあれば、正式に交際する心の準備が整っているという明確なサインになります。遊び半分で付き合っているような人であれば、友人にあなたを紹介しようとは思わないはずです。お互いにそれぞれの友人に会ってもらいたいと思っているということは、真剣交際において重要なポイントです。[6]
    • 自分の友人が自分の好きな人に好印象を持った場合も、よいサインと言えます。あなたの恋人選びが間違っていると思えば、友人はアドバイスをしてくれるはずです。
  3. 3
    濃厚で有意義な時間を共に過ごしている場合: 遊び半分の相手との会話は、大抵表面的なものです。一方で、お互いに深い価値観、辛い思い出、自分の大切な信条などについて語り合っているのであれば、強い絆で心が結ばれている証拠です。充実した恋愛を望んでいる状況で、相手と深い会話ができているのであれば、正しい道を歩んでいると言えるでしょう。[7]
    • 他にも、寝る時間を惜しんで2人で話し込んだり、会話に夢中になってしまったりした経験があれば、お互いに真剣なのです。
  4. 4
    お互いに気持ちに余裕がある場合: どちらも元恋人への未練がない、複数人と交際していない、トラウマを抱えていない状況であれば、真剣交際する心の準備が整っています。お互いに解決しなければならない問題を抱えているのであれば、新たな恋愛を始める前にその傷を癒しておくのが最善策です。[8]
    • どちらか一方でも心に余裕がない状態で付き合い始めてしまうと、早めの段階で問題が生じる可能性があります。心の準備ができていない場合は、焦って物事を進めようとしてはいけません。
  5. 5
    他の人と一緒にいる自分が想像できない場合: この状況で最も大切なのは、あなたの気持ちです。デートを重ねてきた相手と一緒に過ごすのが楽しくて恋人同士になりたいと思っていると同時に、一緒にいる未来を思い描けるのであれば、今こそが真剣交際を始めるタイミングです。[9]
    • まだ真剣交際をするタイミングではないと感じているのであれば、焦らないようにします。そして、その決断に対して罪悪感を感じてはいけません。たとえ相手が正式な交際を望んでいても、あなたも100%同じ気持ちでなければならないのです。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
真剣交際について正式に話し合う

  1. 1
    お互いに気持ちが穏やかで、気分のよいときに直接会って話し合いましょう。真剣交際について電話やメッセージで話しても、相手の仕草を読み取ることができないため、解釈が難しくなります。お互いに気持ちの余裕があるときに会話の場を持ちましょう。[10]
    • 他にも、楽しくデートをした後や、2人でソファでくつろいでいるときなどに話を切り出すのもよいかもしれません。
  2. 2
    正式な交際について話せるどうか、相手に確認してみましょう。まずは深呼吸をして、話をしてもよいか打診してみます。そして、2人の関係性について話し合いができるかどうか聞いてみましょう。心配はいりません。相手に好かれていることは既に確実なため、不安に思うことは何もないのです。
    • 例えば、「私たちの関係について話したいんだけど、いいかな?悪い話じゃないの、本当に。ただ、私たちの今後について○○君がどう思っているのか知りたいし、結婚を前提とした付き合いなのかどうかも知りたいの」などと伝えてみましょう。
    • 他にもはっきりと「ちょっとストレートすぎるかもしれないけど、正式に僕の彼女になってくれる?」と聞いてみるのもよいでしょう。
    • このような会話をすることに抵抗があるのであれば、まだ先に進む心の準備ができていないのかもしれません。
  3. 3
    お互いに恋人同士になりたいという考えが一致しているのであれば、その関係をはっきりさせておきましょう。相思相愛で、今後はその相手だけと交際するつもりであれば、お互いに同じ考えを持っているかどうかを確認するようにします。こうすると、2人の関係性において誤解が生じることはないでしょう。この意思確認を怠る人が多いようですが、物事を明確にしておくことは重要です。[11]
    • 例えば、「じゃあ、僕の彼女になってくれるってことでいい?」または「正式に私は○○君の彼女なんだよね、それでいい?」などと言ってみましょう。
    • あなたにとって「交際する」ということがどういう意味なのかを明確に伝え、他の人とは交際しないという約束をしてもらいましょう。例えば、「もう○○君以外の人とデートするつもりはないよ。○○君もそうしてくれるかな?お互いに他の人とは付き合わないっていうことで、意見が一致してるか確認したかったの」などと伝えてみます。
  4. 4
    その提案に対して相手が不満な様子であれば、関係を解消するか、今まで通り気楽な付き合いを続けましょう。真剣な話し合いが思うように進まない場合は、まず深呼吸をします。このまま付き合い続け、時間をかけて2人の関係性について考えていきたいのであれば、そう相手に伝えましょう。一方で、真剣交際をする心の準備ができているのであれば、そう伝えた上で、どのように進展していくか様子を見てみましょう。どのような選択をしても、自分が決めたことが正しいのです。[12]
    • このままの状態で付き合い続けることに抵抗がなく、相手が自分と同じ気持ちになるまで待ち続けてもよいと思えるのであれば、「わかった、大丈夫。君がそれで構わないなら、気楽な付き合いを続けよう」などと伝えましょう。
    • どうしても自分だけと真剣に付き合ってほしい場合は、もう少々踏み込んで「君の気持ちはわかるけど、他の人とは付き合ってほしくないな」などと伝えてみましょう。
    • 他にも、「考える時間が必要なの。怒ってるわけじゃないんだけど、自分の気持ちを整理させてほしいの」というふうに伝えるのもよいでしょう。
    広告

関連記事

好きな人からメッセージの返信が来なくても気にしないようにする好きな人からメッセージの返信が来ない?相手の心理を読み解き、気にしないようにする
彼女の妹(または姉)に好意を寄せられているかどうかを見極める彼女の妹(または姉)に好意を寄せられているかどうかを見極める方法
年下女性が自分を好きか脈ありサインから確かめる年下女性が自分を好きか脈ありサインから確かめる方法
朝のかわいい「おはよう」メッセージで彼女を起こす朝のかわいい「おはよう」メッセージで彼女を起こす方法
女性を甘やかす女性を甘やかす方法14選—愛されていることを実感してもらうために
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
片思いの人と深い会話を始める片思いの人と深い会話を始めるには?距離を縮める会話術
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける
男性が女友達にメッセージを送る頻度から男性心理を読み解く男性が女友達にメッセージを送る頻度や意味は?メッセージから男性心理を読み解く方法
映画館でイチャイチャする映画館でイチャイチャする
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
ベッドで夫を感激させるベッドで夫を感激させる
牡牛座の男性に自分を恋しく思わせる牡牛座の男性に自分を恋しく思わせる
広告

このwikiHow記事について

Candice Mostisser
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Candice Mostisser. キャンディス・モスティッサーはニューヨーク市を拠点に出会いの仲介、出会いの場でのサポート係の派遣、個別コーチング、そして週末ブートキャンプを提供している会社「NYC Wingwoman LLC」のデートコーチです。オンラインデートや初デートを成功させるための戦略方法を指導しています。
カテゴリ:
このページは 32 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告