仮病を使って学校を休む方法

この記事には:前日から仮病を始める朝さらに病気のふりをする特定の病気のふりをする仮病を一日中続ける学校の先生や養護の先生を騙す

今日は学校に行きたくないのですか?昨夜宿題が終わらなかったからですか?今日体育の授業があるからでしょうか?もしくは、失恋したから、それとも単にだらけた気分だからでしょうか?連休明けで学校に戻りたくないからということもあるでしょう。ここでは、学校を休む為に仮病を使う方法を紹介します。

パート 1
前日から仮病を始める

  1. 1
    前日の夜から風邪気味であることをアピールしましょう。次の日に休むことを計画している場合、前日の夜に体調が優れないことを母親や父親に伝えましょう。[1]
    • 腹痛などの病気は一晩経つと治ってしまうことがあるので、前日の早い時間に伝えてしまわないようにしましょう。午後6時半以降や、夕食の後を狙いましょう。
    • ウイルスや細菌によって感染症にかかったことがある場合、その時の症状を再現しましょう。演技していることがばれにくくなります。しかし、一度かかるともうかからない感染症があることを覚えておきましょう。風邪をひいたり、病気になった人に出会ったなら、その症状を再現し、その人たちからうつったように見せましょう。
    • 頬紅やチークを使いましょう。酷い風邪や熱が出たことにするなら、明るいピンク色の頬紅やチークを頬と鼻に付け、顔が紅潮したように見せましょう。
    • 少し怠そうにして、疲れていたり具合いの悪いふりをしましょう。
  2. 2
    好きなことをするのは避けましょう。やりたくないこと(学校へ行くこと)と同様に好きなこともしないでおくと、親が信じる可能性が高くなります。
    • 夕食時に好きな食べ物を半分残しましょう。親がどうしたのか聞いてきたら、お腹が痛いと言いましょう。部屋にお菓子を隠しておくと、夕食を食べずにいることができます。体調が優れない様子から、親は病気だと思うでしょう。
    • 友達と出かける約束をしていたら、キャンセルしましょう。
    • 家族との時間を避け、好きなテレビ番組を見ないでおきましょう。
  3. 3
    宿題に取り掛かり、最後までは終わらせずにおきましょう。次の日学校に行かない1つの理由となり、さらに学校を休もうと企んでいるのを隠すことができます。
    • いつも夜に宿題をしているのなら、宿題に取り掛かりましょう。その時に、たまに頭を落として怠そうにしましょう。体調が悪く、そのために宿題が進んでいないように見えるでしょう。
    • いつも決まった時間に宿題をしているのなら、いつも通りに宿題をして、学校へ行くつもりに見せましょう。しかし途中で、体調が良くないことを訴えましょう。
    • 宿題が終わっていない場合、親が学校を休ませようと判断する可能性が高くなります。
    • 成績を気にしている親には特に効果的です。
  4. 4
    早く寝ましょう。特に、いつも寝る時間を過ぎて遅くまで起きている場合、実際に早く寝に行くと、親は異様に感じるでしょう。
    • 何も言わないか、または体調が良くないので横になりたいとだけ言いましょう。
    • 他の方法として、親の横をただ歩いて通り過ぎたり、部屋から出て寝床に向かったりして、親の注意を引きましょう。
    • 本当に気分が悪いと感じても、親が大したことないと聞いてくれそうもない程度であれば、症状を大げさに言いましょう(例えば、胃がムカムカする場合は、今にも吐きそうと言ってみましょう)。思い込むとそう感じると研究にもあり、親に阻止されることのないとても良い計画となるでしょう。ただし、この仮病作戦は実際に気分が悪い時にしか効果がないため、そうでない時にはせずにおきましょう。この方法により、翌日の朝の主張をより強くすることができます。
    • 歯は磨かずにいましょう。親は気付いて、声をかけに部屋に来るでしょう。その時にどうかしたのか気にかけてくるので、体調が良くないことを伝えましょう。
    • イライラしたり、不機嫌そうにしたりし、早く寝に行きたいように見せましょう。体調を心配してもらうためなので、不機嫌そうにし過ぎないようにしましょう。態度が悪いとお仕置きを受けてしまいます。
  5. 5
    夜中に起きましょう。夜中1時頃に起きて親も起こし、体調が良くないことを伝えましょう。
    • お腹の調子が悪いふりをする場合、今吐いたことを伝えましょう(トイレに吐いた跡を残しましょう)。[2]
    • 本当に病気であるように見せるため、(可能であれば)涙を流しましょう。現実味を出しましょう。ペットの死や、泣いてしまうような悲しいことを考えてみましょう。
    • 下瞼を痛いと感じるまで摘まみ、その後数回強く瞬きをすると涙目になります。
    • 喉が傷む時や風邪の症状である咳や咳払いを大きくして、親の寝ている場所まで聞こえるようにしましょう。親が部屋に入ってくる直前に顔を強く擦り、顔を赤くして病気であるように見せましょう。
  6. 6
    夜通し起きていましょう。目の下に隈ができて、休ませてもらえる可能性が高くなります。紫色や灰色のアイシャドウを使って、隈があるように見せることもできます。
    • いつもより1時間か2時間遅く寝ましょう。薄い隈ができたり、目を腫らしたりすることができます。
    • 休みの日に睡眠不足になりたくない場合は、最短でも4時間以上は睡眠を取るようにしましょう。

パート 2
朝さらに病気のふりをする

  1. 1
    親よりも早く起き、静かに偽の嘔吐物を作りましょう。それをトイレに入れ、吐く演技をしましょう。これで親が起きない場合、起こしに行き、今吐いたことを伝えましょう。
  2. 2
    時間をかけて着替えましょう。進んで学校に行く支度をしないようにしましょう。大変であるかのように演技しましょう。
    • 遅過ぎない程度に、ゆっくりと着替えましょう。ボタンをかけ間違えたり、髪をきちんと梳かさなかったり、靴の紐をしっかりと結ばない(もしくは全く結ばない)ようにしてみましょう。
    • 瞼が重そうにしましょう。悲しいことを考えて、涙目にして目を伏せましょう。目を擦り、目を少し充血させることもできます。[3]
  3. 3
    目の下に偽の隈を付けましょう。前夜に睡眠を十分に取り、目の下に自然の隈がない場合でも、簡単に偽の隈を作ることができます。
    • 自分の、もしくは母親の薄紫色か青みがかったアイシャドウを用意しましょう。
    • 自然に薄く馴染むように、水を少し混ぜましょう。
    • 見える程度に塗り、馴染ませましょう。
    • ワセリンを用意し、目の下に塗ることもできます。
    • 病気に見せかけるため、顔色を悪く見せるメイクを足してみることも一案です。
  4. 4
    朝食を少しずつ食べましょう。特に、腹痛により体調が良くない場合には食欲不振になります。普段朝食を良く食べる場合や、朝食が好物だった場合、親は特に気にかけるでしょう。
    • 親が見ていない時にお菓子を取っておきましょう。お腹が空いてきてしまうかもしれません。
  5. 5
    家にいるように提案してきたら反対しましょう。親が家で休むように言ってきた時に、すぐに頷いて賛成してしまわないようにしましょう。[4]
    • 親が決めたことに反対しましょう(先に親を説得する必要がなかった場合のみ)。本当に病気であるように見えるでしょう。
    • 「でもお母さん、遅れを取り戻すのが大変なんだよ」や、「でも、今日は数学のテストがあるんだ」などと言いましょう。テストなど気にしていないのを親が知っている場合、「でも、吹奏楽の練習や、美術の授業があるんだ」など、楽しみにしているのを親が知っていることを言いましょう。
    • 演技が現実から離れ過ぎないようにしましょう。テストを気にしていないことを親が知っている場合、テストを受けたいと言ってしまわないように注意しましょう。気をつけていないと裏目に出てしまいます。
    • 家で休むことを過剰に頼まないようにしましょう。やりすぎると、嘘をついていることが親にばれてしまうかもしれません。

パート 3
特定の病気のふりをする

  1. 1
    じんましんが出たふりをしましょう。アレルギー反応が出ていたり他の伝染性の発疹が出ていれば、確実に家に留まることになります。
    • まず初めに、真っ赤になるまで胸を擦りましょう。
    • より本物に近くするするために、円状にしましょう。
    • 最後に、発疹と、鼻水や頭痛など他の症状を組み合わせましょう。
  2. 2
    熱が出たふりをしましょう。上手く病気であるかのように見せることができると、親は体温を測ろうとするでしょう。素早く、熱があるふりをする準備をしましょう。[5]
    • 親が体温を測ろうとする前に、トイレに行っても良いか訪ねましょう。
    • カップを1つ持って行きましょう。カップにお湯を入れ、飲んだり、特に舌の下を念入りに口を濯いだりしましょう。そうすると口の中の温度を上げることができます。
    • 親が怪しまんでしまうかもしれないので、シンクを使う前にトイレを流しましょう。
    • この方法は舌下で測る体温計にだけ有効です。耳の中で測る体温計を使う場合、体温を測る前に、暖房器具や電球などで体温計を温めましょう。
    • 親が額に手を当てて熱を確かめる場合は、親が見てない時に額を素早く擦りましょう。または、ドライヤーの熱を額に当て、額が熱いことを伝えましょう。[6]
    • 脇の下、額、頬などを暖かいタオルで押さえましょう。体温を上げ、汗をかいているように見せることができます。
    • 37度以上、39度以下の体温を狙いましょう。37度以下では熱があるとは判断されず、39度以上ではすぐに病院に連れて行かれてしまうでしょう。[7]
  3. 3
    片頭痛がしているふりをしましょう。本当のことを言っても言わなくても、本当かどうか確かめることができないので、片頭痛がするふりをするのはとても簡単です。症状があるふりをするだけで、親は信じてくれるでしょう。[8]
    • 片頭痛が起きると明かりや音に敏感になります。それらを避けるふりをしましょう。
    • 例えば右の眉の奥などのように、頭の特定の一部が痛むことを伝えましょう。片頭痛の振りをするには最も重要なことです。
    • 時々、額を押さえて顔をしかめましょう。
    • 目眩いがして良く見えないと言いましょう。ゆっくり歩いている時に、突然止まり、目を閉じて物や人に掴まって「バランスを取り戻し」ましょう。
    • 親に声を小さくしてもらうよう頼みましょう。
    • 学校を休む前日には、電気を全て消して昼寝をするか、もしくは家でくつろぐ場合は、周りの電気を消して、近くのソファーや椅子に横になりましょう。
    • 痛み止めなどの薬をもらいましょう。しかし実際には服用しません。
  4. 4
    下痢になったふりをしましょう。特に朝食の後にすると効果的です。
    • 突然トイレに行きましょう。
    • 少しの時間トイレに入って、水を流し、実際にはありませんが、臭いを消すために消臭スプレーを沢山まきましょう。
    • 偽の下痢を作る方法を試してみるのも一案です。
  5. 5
    結膜炎になったふりをしましょう。結膜炎はとてもよく起こり、とても感染しやすい病気です。結膜炎になっていると判断されると、必ず家にいることになるでしょう。
    • 赤色の口紅と(母親の鞄に入っているでしょう)、ワセリンを手に入れ、片目のふちに塗りましょう。
    • 結膜炎は通常両目には発症しないので、片目だけに塗るようにしましょう。[9]
  6. 6
    腹痛や吐き気、胃痛がするふりをしましょう。言葉で伝える以外の方法で症状を表せるのは、吐くことくらいですが、それも簡単に偽ることができます。
    • 食事を終えた後、気分が悪いことを訴えましょう。
    • 親が見ていない時に、喉に(奥に行き過ぎないよう注意しながら)指を突っ込みましょう。吐くまではいかずとも、吐き気がしてくるでしょう。実際に吐いてしまいそうになったら、素早く指を退けましょう。無理をしないように慎重に行いましょう。
    • より効果的にするために、偽の嘔吐物を用意しましょう。オートミールと水と準備し、トイレに駆け込みましょう。オートミールと水を口に含み、トイレに吐き出して親に見せましょう。
    • 床に偽の嘔吐物を撒いて(もしくは、より現実味を出すためにベッドに撒いて)、吐いてしまったように見せかけることができます。次の日の朝、吐いたことを覚えていないと言い、掃除をしてくれた人に申し訳なさそうにしましょう。掃除をしてもらう時に、本物の嘔吐物ではないと気付かれてしまわないように注意しましょう。
    • 生理になっている場合、お腹が痛くて、もしかしたら生理かもしれないと親に言いましょう。父親ならそれ以上話を続けようとしない可能性もあり、母親なら理解するでしょう。どちらにしても、信じてくれるでしょう。
  7. 7
    風邪やインフルエンザになったふりをしましょう。風邪やインフルエンザのふりは簡単にできます。伝染性が高いので、クラスメイトにうつしてしまわないようにするため、親は学校に行かないように言ってくるでしょう。[10]
    • 大量のティッシュを使って鼻をかみ、それを床、机、ベッドの上に散らかしておきましょう。親はそれを見て、鼻水が出ており風邪がそんなに酷いなら、学校に行かなくても良いと判断するでしょう。
    • 口だけで息をして、鼻が詰まっているふりをしましょう。
    • 親と離れた部屋にいる時に何かを尋ねられたら、鼻をつまんで話をしましょう。
    • 服を重ね着しましょう。寒気がしていて、寒がっているように見えます。
    • 親の前で大きくくしゃみをして、鼻をすすりましょう。親と別の部屋にいる場合でも同じようにすると、どこにいてもくしゃみが聞こえるでしょう。
    • 唇を伸ばして荒れているように見せ、鼻をつねって赤くしましょう。
    • 骨が痛むことや、体中に嫌みやうずきがあることを訴えましょう。
  8. 8
    喉が痛むふりをしましょう。連鎖球菌咽頭炎と疑われてしまうと、病院に連れて行かれるので気をつけましょう。
    • 口を開けたまま歩き回り、喉を乾燥させましょう。
    • 飲食は避けましょう。
    • 赤色の咳止めドロップを舐め、喉が赤くなっているように見せましょう
    • 飲み込む時に顔をしかめましょう。低くしわがれた声で話し、頻繁に水を飲みましょう。
    • 喉がいがらっぽい、もしくはガラスを飲み込んだみたいな感覚であると言いましょう。

パート 4
仮病を一日中続ける

  1. 1
    心配する親に上手く対応しましょう。おそらく日中に、親は仮病ではないか、体調は良くなったかを確認してくるでしょう。その場合の対応の仕方が重要です。
    • 親が家にいる場合、寝ているふりをして、親が確かめに来た時には演技をしましょう。
    • 親が仕事に言っている場合、家にいることを電話で知らせましょう。親は信じて、家で楽しんでいるとは疑わないでしょう。
    • 親が職場から電話をかけて来た場合、呼び出し音が3回から3回半程鳴るのを待ってから電話に出て、体がだるいふりをしましょう。
  2. 2
    体調が良くなったように見せましょう。家にいる時は、たくさん寝て「徐々に良くなっている」ふりをしましょう。
    • お昼頃に、症状を1つか2つ演技するのをやめましょう。
    • 一日の終わりまでに体調が良くなったように見せなければ、病院に連れて行かれて、病気ではないと気付かれてしまいます。
    • 病院に連れて行かれそうになった場合、病気のふりを徐々にやめるか、もしくは本当のことを白状しましょう。
  3. 3
    目立たないようにしましょう。病気で家にいることを忘れないようにしましょう。
    • 外出は避けるか、外では人目を避けましょう。近所の人や友達に見られてしまうと、誰かに伝わってしまうかもしれません。
    • 親が帰宅する前に、ゲーム類は全て片付けましょう。家で楽しんでいたのを見られると、嘘をついていたのではないかと疑われてしまいます。
    • インターネットの履歴を消去すると、日中インターネットで遊んでいたことがばれません。
    • このページの検索履歴を消すのを忘れないようにしましょう。
    • ブックマークを登録したりアイテムをダウンロードするのは避けましょう。病欠した日に何をしていたのかが親に見つかってしまいます。ブラウザの履歴からこのページを削除しましょう。親は何も見つけることがなく、疑うこともないでしょう。

パート 5
学校の先生や養護の先生を騙す

  1. 1
    保健室に行く許可を取りましょう。学校によっては、保健室に行くために先生から許可を取る必要があります。養護の先生は仮病を使う生徒をほぼ毎日見ているので、すぐに見抜いてしまいます。しかし、1日のうちに2回保健室に行くようにすると見抜かれにくくなります。[11]
    • 学校が始まって1時間から2時間ほど待ち、その後トイレに行っても良いか先生に尋ねましょう。
    • いつもより長い時間トイレに行った後、教室に戻り、嘔吐したので保健室に行っても良いか先生に尋ねましょう。
  2. 2
    養護の先生に、ただ横にならせてほしいと頼みましょう。単刀直入に「家に帰りたい」といきなり言うのではなく、このような些細な要求から始めましょう。
    • まず保健室に着いたら、体調が悪い、目眩いがする、もしくは少し休みたいことを伝えましょう。
    • 教室に戻る前に少し休んでも良いか尋ねましょう。そうすると、家に帰る必要はなく、仮病ではなくむしろ授業を受け続けようとしているように見えるでしょう。[12]
  3. 3
    寝たふりをしましょう。現実味が増して、本当に体調が悪く見えます。
    • わざといびきをかくなど大げさにし過ぎないようにし、単純に布団や枕で顔を覆うなどとしましょう。
    • 光に敏感(片頭痛の症状)であるかのように見せることができ、実際に寝て治そうとしているように見えます。
  4. 4
    診察を受けましょう。養護の先生は、症状を確かめるために検診をするかもしれません。
    • 養護の先生が血圧を測ろうとする場合は、その間息を止めましょう。血圧が低くなり、本当に病気であるかのようにすることができます。[13]
    • 嘔吐したことを伝えましょう。ほとんどの場合疑われないでしょう。
    • ほとんどの場合、体温を確認されるでしょう。口腔体温計の対策として、保健室に行く直前にお湯を口に含んで口内の温度を上げたり、少し走り回って体温を上げて熱があるように見せたりしましょう。
  5. 5
    保健室にもう一度行きましょう。教室に戻りなさいと言われても心配ありません。もう一度教室を出て保健室に行くと、今度は早退するように言われるでしょう。
    • 体がだるく、まだ体調が悪いので「授業に集中できない」と養護の先生に伝えましょう。とても効果的な台詞です。
    • 胃腸炎やインフルエンザなどの症状が出てきたように感じると言いましょう。
    • シンプルにしましょう。症状を伝える時に大げさにし過ぎたり、多く伝え過ぎたりしないように気をつけましょう。「体調が悪い」「頭痛がする」「痛くて授業に集中できない」とだけ言いましょう。
    • 親に電話してほしいと頼みたくなっても、 頼まないようにしましょう。本当は病気ではなく、家に帰ろうとしているだけだと疑われてしまいます。[14]
    • 友達が病気になっている場合、最近その子と遊んだと言いましょう。特に養護の先生がその人が病気であることを知っている場合、病気が感染したふりをしましょう。

ポイント

  • 化粧をしている場合、少し白みがかったファンデーションを塗り、黒色のアイシャドウを目の下に少し付けましょう。
  • 親が腕に手を置いて、どう感じるか尋ねて来たら、温かいとは言わず冷たく感じると言いましょう。
  • 子供の仮病の見抜き方に関して調べると、それに対処する方法を見つけることができます。[15]
  • 家にいたいと大げさに頼んでしまうと、嘘をついていることがばれてしまうかもしれません。
  • 何をしても親を騙すことができなかった場合、学校に行ってから親に電話をかけ、一日乗り切ることができなかったと主張しましょう。
  • 風邪を装っている場合、ヴィックスヴェポラッブを使いたいと言いましょう。この香りが自然に病気の感覚を想起させ、より本当であるように見えるでしょう。鼻に塗ると鼻水が出てくるので、必然的に病気であるように見えます。
  • 仮病が親にばれた場合に備え、学校に行くのがとてもストレスであるなどの弁解を用意しておきましょう。問題を抱えていることに気付いて、怒らないでいてくれるかもしれません。
  • 病気のふりをしていることを誰にも言わないようにしましょう。
  • 親の前でげっぷをして、腐った卵みたいな味がすると言いましょう。胃腸炎の兆候のふりができます。
  • 熱いお茶を飲み、冷たいタオルを頭に当て、のど飴を舐めましょう。また、耳が詰まった感じがすると言いましょう。
  • 何度も仮病を使わないようにしましょう。疑われないためには、多くても3ヶ月に1回にしましょう。
  • 熱がある時には、寒気がして震えます。布団に包まり、寒そうに見せると効果的です。
  • 大げさにせず、控えめにしましょう。例えば、酷い感染症のふりをすると病院に連れて行かれてしまい、仮病がばれてしまいます(もしくは必要のない薬を飲むことになります)。単純に腹痛だけで効果があります。
  • 前髪の生え際にドライヤーを当てたり、タオルをお湯で濡らして額に当てたりすると熱があるように見えます。
  • 偽の嘔吐物を使う時に、親が掃除をする場合は注意しましょう。近くで見ると、見た目や匂いが本物とは違うと気付いてしまうかもしれません。
  • 化粧道具を使って目を赤くして隈を作りましょう。薄い、または濃いピンク色と薄茶色のシャドウを使い、目の回りに付けましょう。少しの間瞬きをせずにいると目を赤くすることができます。
  • 静かに話しをし、口で息をしましょう。喉が痛くて鼻が詰まっているふりができます。
  • お湯(できるだけ熱いお湯)で頭を荒い、温風で髪を乾かして頭の温度を上げましょう。
  • 数日前から体調が悪く、もう一日休みたい場合、仮病はとても有効です。
  • 鼻水が出ているように見せたい場合は、少し鼻を擦って赤くして、鼻の周りに水を付けましょう。
  • 風邪をひいているふりをしている場合、お湯を顔につけて汗をかいているように見せましょう。
  • 学校で風邪が流行っていると親に伝えましょう。
  • はやり目(結膜炎)などの病院に連れて行かれてしまう病気のふりは避けましょう。
  • 家族に病気の人がいる場合、その症状を真似して病気がうつったように見せましょう。
  • 週末にかけて仮病を使うと、普段子供は週末に遊ぶのが好きなので、親はあまり疑ってこないでしょう。大げさにする必要はなく、月曜日にかけて「症状」を続けましょう。
  • お腹の調子が悪い時には、早朝に親を起こして体調が悪くてトイレで吐いたことを伝えましょう。親がいつも嘔吐物を確認する場合、もう流してしまったと言ったり、またはより本物に近く見せるためにクラッカーを砕いたものや夕食で出た食べ物をつぶしてトイレに入れて、それを見せたりしましょう。
  • 病気のふりをする時は、布団をかぶっていましょう。寝室にお菓子などを隠しておきましょう。
  • 片頭痛のふりをする場合、電気を消して音をできるだけ立てずに、そしてできるだけ画面を見る時間を短くしましょう。一般的に片頭痛がしてから熱が出るので、頭の温度を上げましょう。
  • 頭が痛いふりをする場合、一日中目を伏せておきましょう。活発でいると誰も信じてくれません。
  • 家で体調が優れない様子を見せて学校へ行き、1時間ほど経ってから電話してまだ体調が悪くて吐いてしまったと伝えると、ほとんどの場合親は信じるでしょう。また、病気のふりをしても効果がない時もあるので、一晩中起きて、吐いたりお腹の調子が良くなかったから一睡もできなかったと、朝に訴えましょう。
  • 化粧で病気を装っている場合、触れると化粧が落ちてしまい、病気のふりをしているのではないかと親が気付き始めてしまうので、誰にも触られないようにしましょう。
  • 熱過ぎない程度のお湯で濡らしたタオルを使って顔を赤くすると、学校を確実に一日は休むことができるでしょう。
  • 重要な日に仮病を使うのは避けましょう。何か大切なことを逃してしまうかもしれません。
  • 呼吸を速くしましょう。親は喉が腫れているのではないかと思うでしょう。
  • 遅く寝た時は、腹痛や胃けいれんで寝られなかったと言いましょう。他の言い訳として、耳痛や頭痛も使えます。
  • 何か食べたせいで体調が悪くなったふりをしましょう。
  • 仮病を使う時は、鼻をかんだように見せるためにティッシュに唾を吐いてゴミ箱に入れましょう。可能であれば、鼻をかむ音も出しましょう。

注意事項

  • 仮病を3日以上続けないようにしましょう。親に病院に連れて行かれて、仮病がばれてしまいます。
  • わざと吐くのは危険です。胃や、食道、歯に影響を与えます。
  • 何度も同じ病気のふりをしたり、頻繁にするのは避けましょう。親はすぐに気付くでしょう。
  • ウイルスは24時間程度しか体内に留まりません。ウイルス性腹痛のふりを24時間以上続けるのは避けましょう。
  • 突然回復しないよう気をつけましょう。とても怪しまれます。
  • 一週間学校を休んではいけません。勉強が遅れて、その遅れを取り戻すのがとても大変になります。仮病を使いやすいのは金曜日か月曜日です。
  • どんなことがあっても、絶対にわざと吐いたり実際に薬を服用してはいけません。安全な薬はありません。薬には全て副作用があり、市販の薬でも病気ではない時には害を及ぼします。与えられた薬は吐き出しましょう。
  • 仮病を使い過ぎると親の信用を失います。本当に休みたい時に信じてくれないかもしれません。一度だけ仮病を使ってそれがばれたとしても、信用を失い、本当に体調が悪くなった時に信じてもらえないかもしれません(オオカミ少年の話しを思い出してみましょう)。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む742人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 学校・大学

他言語版:

English: Fake Sick to Stay Home from School, Italiano: Fingere di Stare Male per non Andare a Scuola, Español: hacerte el enfermo para no ir a la escuela, Português: Fingir Estar Doente para Não Ir à Escola, Français: faire semblant d'être malade pour ne pas aller à l'école, 中文: 装病不去学校, Bahasa Indonesia: Pura‐Pura Sakit Supaya Bisa Bolos Sekolah, Deutsch: Täusche eine Krankheit vor, um nicht zur Schule gehen zu müssen, Čeština: Jak simulovat nemoc a vyhnout se tak škole, العربية: التظاهر بالمرض للتغيب عن المدرسة والبقاء في المنزل, ไทย: แกล้งป่วยเพื่อหยุดเรียน, Tiếng Việt: Giả Ốm để Nghỉ Học, 한국어: 아픈 척하고 학교 안 가는 방법, Nederlands: Doen alsof je ziek bent om niet naar school te moeten gaan, Türkçe: Okula Gitmemek İçin Nasıl Hasta Numarası Yapılır, हिन्दी: स्कूल जाने से बचकर घर में ही रुकने के लिए बीमार होने का बहाना करें

このページは 505 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?