体内からニコチンを抜く方法

共同執筆者 Sarah Gehrke, RN, MS

タバコ製品に含まれるニコチンは、比較的簡単に体内から排除できます。体がニコチンを代謝する際、ニコチンは血液、唾液、尿の中を通過するため、ニコチン濃度はそれらのサンプルを採取して検査されます。ニコチンは、通常喫煙後1~4日で体内から消失します。[1]体内からニコチンを排出するには、主に時間の経過、正しい食生活と水分補給、運動が効果的な方法となります。ニコチンはタバコ依存の要因であるため、ニコチンを体内から取り除く最大のメリットは、タバコを吸いたい欲求を低下させることです。

方法 1 の 2:
水と食事でニコチンを代謝する

  1. 1
    十分な水分補給を行う ニコチンは尿から排泄されるため、排尿回数を増やすことで、ニコチンを多く体外へ排出できます。さらに、水分は体内に残留したニコチン濃度を低下させる働きもあり、ニコチン尿検査が陰性となる確率を高めます。[2]
    • 少なくとも、成人男性は1日約3.5リットルの水分を摂取しましょう。[3]
    • 成人女性は、1日約2.5リットルの水分を摂取しましょう。
    • 日本では、喫煙検査は主に生命保険の加入時に使用されていますが、海外では社員を採用する際に、ニコチン検査を実施することがあります。しかし、地域によっては禁止されているため、住んでいる自治体に確認する必要があります。[4]
  2. 2
    健康に良い飲み物で水分を補う 水以外でも水分補給が行えます。緑茶やクランベリージュースなど人工調味料や砂糖が加えられていない飲み物は、体内の水分を補給し、尿からのニコチン排出量を増加させる効果があります。[5]
    • ニコチンを体外へ排出させる場合、アルコール飲料、炭酸飲料水、コーヒーは控えましょう。水やフルーツジュースに比べ水分補給効果が低く、化学物質が多く含まれています。
  3. 3
    抗酸化物質が豊富な食品を摂取する 抗酸化物質はニコチンの代謝を助け、尿や汗から素早く排出するよう促します。また、抗酸化物質は体外へ有害物質(ニコチンなど)を排出させる働きもあります。抗酸化作用の高い食品には以下のようなものが挙げられます。[6]
    • 緑色葉野菜:ケール、ほうれん草など
    • ナッツ類:ピーナッツ、クルミ、ピーカンナッツなど
    • 果物:ブラックベリー、クランベリー、イチゴなど
  4. 4
    肝臓の胆汁分泌機能を促進させる食事を摂る 肝臓が胆汁を多く分泌することで、代謝機能の効率が向上し、ニコチンの体内通過時間を短縮できます。そのため、胆汁促進に効果的な食品を多く摂取して、尿や汗からのニコチン排出を加速させましょう。以下の食品が該当します。[7]
    • ニンニク、タマネギ
    • 卵の黄身
    • 大根、西洋ネギ、アスパラガス、セロリ、人参などの野菜[8]
  5. 5
    ビタミンCが豊富な食品を多く取り入れる ビタミンCは代謝を促進させる働きがあるため、ニコチンの排出を加速させる効果があります。[9]ビタミンCが多く含まれている食品には、オレンジ、イチゴ、芽キャベツ、ブロッコリー、パパイヤ、キウイなどがあります。
    • ビタミンCサプリメントの錠剤を購入することも可能です。薬局や健康食品店の「サプリメント」コーナーをチェックしてみましょう。

方法 2 の 2:
身体活動でニコチンを排出する

  1. 1
    ジョギングをする ジョギングなどの有酸素運動は心拍数を上昇させ、発汗作用を高めます。汗をかくことで、ニコチンが汗から排出されます。[10]しっかり汗をかく程度の距離を走りましょう。住んでいる地域に応じて、この距離や時間は異なりますが、15~20分は走るようにしましょう。
    • 外が寒かったり、外で走りたくない場合は、スポーツジムのランニングマシンを使用して走ることもできます。
  2. 2
    サウナに入る サウナとは、発汗を目的として作られた高温、高湿の環境です。発汗が多いほど、皮膚から放出されるニコチンの量も増えるため、ニコチンの排出にサウナは理想的な方法と言えます。まず、(低温)サウナに20~30分間入り、そのあと水風呂に入ります。また、サウナに戻り20~30分入りましょう。
    • サウナ施設が近くに無い場合は、汗をかける違う環境を見つけましょう。例えば、夏であれば近所のプールで数時間日光浴すると発汗に効果的でしょう。
  3. 3
    禁煙してニコチンを体内に取り込まない 体内からすべてのニコチンを排出するには、ニコチンを取り入れないこと、つまり禁煙することです。タバコ、葉巻、キセル、ベイプなどの電子タバコ、噛みタバコなどのタバコ製品はすべてやめましょう。禁煙しない限り、一時的にニコチンが体内から除去されるだけです。
    • ニコチン中毒の可能性に加え、喫煙は身体に多大な健康被害をもたらします。禁煙によって、健康の改善をはじめ、さまざまながんや疾患のリスクを低下させることができます。[11]

ポイント

  • タバコ1本には約1mgのニコチンが含まれています。[12]
  • ニコチン尿検査を通過したい場合は、検査の7日前から禁煙しましょう。さらに確実にするには、検査日の21日前からタバコ製品を控えるといいでしょう。[13]

このwikiHow記事について

正看護師
この記事はSarah Gehrke, RN, MSが共著しています。 セーラ・ゲールケはテキサス州在住の正看護師、および認定マッサージ療法士です。患者の身体、精神、気持ちのサポートを重視した静脈切開術と点滴療法の指導・実践を10年以上行っています。2008年にアマリロマッサージセラピー協会にてマッサージ療法士の資格を取得後、2013年にフェニックス大学にて看護学の修士号を取得しています。
カテゴリ: 健康
このページは 19 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?