両親とは常に同意できるわけではなく「買ってもらえて、やらせてもらえて当然だ」と思っていても、両親を納得させるのが難しい場合があります。両親が反対しそうなものを、無闇に「やらせて欲しい」と掛け合っても、良い返事は返ってこないでしょう。まずは、「どうしてそれを今する必要があるのか」説得力のある理由を考えましょう。その上で、両親が寛いでいて、自分の話を聞いてくれそうな時を選び、冷静かつ丁寧な口調で相談しましょう。したいことをするのに十分、分別のある大人であることを示すためにも、両親が妥協点を提案したら、それを受け入れる覚悟を持ちましょう。それでも「ノー」と言われるかもしれませんが、その後、自分の取るべき行動を正確に見極め、役目をしっかり果たした上で、上手く交渉すれば、承諾してもらえる確率は高くなるはずです。

パート 1 の 3:
交渉の準備をする

  1. 1
    自分が欲しいものについて多くの情報を用意する 単に「したい、欲しい」と思うだけでなく、その物事について詳しく調べをよく理解し、両親からの質問には何でも答えられるように準備しましょう。調べたこと、考えたことを箇条書きにまとめると、質問に答えるのに便利かもしれません。したいことや、欲しいものについて詳しく両親に説明できれば、両親からの許しを得やすくなるかもしれません。また、できる自信があり、そうしたいと思っているなら、購入費用や維持費の一部負担も考えましょう。
    • 犬が飼いたいなら、毎日の世話にどのくらいの時間と労力が必要なのか、また費用はどのくらいかかるのかを調べましょう。また、実質的なこと以外に、犬を飼う「メリット」なども調べると良いでしょう。犬を飼うことで、自分自身や家族にどのようなメリットがあるかを調べてみましょう。
    • 自分が欲するものがもたらす「デメリット」を無視してしまうと、上手く行かない可能性があります。両親はまず、「デメリット」を取り上げる確率が高いため、それについて深く考えずに話し合いに臨めば、両親を説得することは非常に難しいと言えます。それを避けるためにも、欲しいものを得ることでの、また、したいことをすることでの「デメリット」についても調べ、両親を説得できるよう準備しましょう。
  2. 2
    信頼できる組織、文書から情報を入手する 欲しいものに関する情報を提供すれば、両親は積極的に考えようとするでしょう。子供が要求するものがよく理解できれば、承諾しようという気持ちも高まります。情報を提供する際は、入手先も正確に伝えましょう。そうすれば、両親が自らインターネットで調べ、考えをまとめることができます。[1]
    • 友人宅に一晩泊まるのを許してもらいたいなら、両親には友人宅の電話番号、友人の両親の名前、家の場所を正確に伝えましょう。
    • ボディピアスやタトゥーをしたいなら、サービス業者の電話番号、または業者のサービス内容が分かる公式のウェブサイトを知らせましょう。外泊のお願いは、泊まらせてもらう相手を両親が知っていれば上手く行くでしょう。タトゥーを入れたい場合には、サービスを受ける場所を両親が見たことがある、あるいは知っていれば承諾を得やすいかもしれません。
  3. 3
    両親との話し合いの前に必要な要点を書き出す 考えた要点に沿って両親と話し合いましょう。話し合いに熱が入り感情的になると、考えておいたことを忘れてしまうことがあります。両親を説得できるように、3〜4つほど重要な点を考えたてから話し合いに臨みましょう。話し合いは、その要点を中心に進め、逸れる度に元に戻るよう心がけ、両親が理解できるように論理的に説明することが大事です。「……が欲しい」と感情に訴えるだけでは、やや説得力に欠けますが、要点を全て伝えた後でなら、それなりの効果があるでしょう。
    • ペットが欲しいなら、説得力のある理由づけはたくさんあります。例えば、ペットを通して家族間の絆が深まること、ペットの飼い主は一般的に長生きをするという事実、ペットと遊べば良い運動になること、責任感を育めることなどが挙げられます。これだけメリットがあって、ダメだと言う理由が見つかりますか。
  4. 4
    「部屋はきれいにしているか?」などの質問に備える 親は、子供の要求通りに与えて良いかどうかを判断するために、あるいは、子供と口論になるのを避けるために、子供に家の手伝いをしていることや、自分の役割を果たしているかなどを確かめる場合があります。常に自分の部屋をきれいに整え、風呂場やリビングルームなどの掃除も定期的に行い、宿題は言われる前に済ませ、野菜もきちんと食べるようにしましょう。それ以外にも、両親からするように言われていることは、きちんとこなしましょう。これらの質問に全て良い返事ができるように準備しておくだけでなく、責任感があることを証明することも重要です。
    • 両親に掛け合う数日または1週間前に、これらのことができていることを確かめましょう。「部屋はきれいか」という問いに「きれいにしているよ」と答えても、「きれいになっているのは認めるけれど、こんなに整理整頓されているのは何日ぶりかしらね」などと返ってくる可能性もあります。両親を説得するには、部屋の片付けを習慣的に行い、素行の良さを示す必要があるでしょう。
    広告

パート 2 の 3:
両親を説得する

  1. 1
    良いタイミングを選んで話を切り出す タイミングだけでなく、場所も考慮しなければなりません。ストレスも嫌悪感も思い出させない場所を選ぶことが重要です。まず、気分良く話し合いに応じてくれそうな、両親のリラックスタイムを選びましょう。両親のどちらかがストレスを感じている時や、疲れている時に切り出せば、イライラさせてしまうだけで、得策ではありません。一般的には、家族の夕食の時間が効果的だと言えるでしょう。[2]
    • とは言え、両親のどちらかがストレスを感じている時に切り出しても、上手く行く場合があります。犬などのペットに愛着をもつと、ストレスレベル、血圧、うつ病のリスクが大幅に低くなる、と説明することができます。[3]
    • 家事や宿題など、両親に「しなさい!」と言われことが、まだ完了していない時は、話を切り出すタイミングとして効果的とは言えません。ダメだと言われる可能性が高まります。まずは、すべきことを済ませましょう。
  2. 2
    話し合いでは落ち着いた口調を維持する 泣き言を言ったり怒ったりすれば、責任の取れる大人としてみなされず、両親は「要求を承諾しても、その後の対処がきちんとできないだろう」と判断するでしょう。そうなれば、「この続きは落ち着いた時に」と提案され、話し合いは打ち切られてしまうでしょう。あるいは「あなたの口調がすでに、責任ある大人ではないことを証明しています」と言われるかもしれません。どちらの状況も避けたいものです。[4]
    • 最初の話し合いで要求が通らなかったとしても、最後まで大人の態度を維持しましょう。次の話し合いでは要求が通るかもしれません。大人の態度を見れば、両親は「実際には、随分と成長し、責任が取れる大人として振る舞えるんだ」と考えを改めるかもしれません。両親には「承諾すべきだったかも」と思わせたいものです。そうすれば、次回の話し合いでは、態度が軟化する可能性が高くなります。
  3. 3
    両親にもメリットがあることを伝える 大抵の場合、不便を強いられるという理由で両親は反対します。費用がかかる、時間が取られる、または、その両方がのしかかる、というのが理由です。両親にお願い事する際は、それが両親のメリットにもなると強調すると上手く行く可能性が高まります。両親とあなたの両者にメリットがあれば、承諾できない理由などありません。
    • 携帯電話が欲しいなら、「いつでも連絡して、自分の行動や居場所の確認をしてもらって構わない」また、「電話に出なければ、携帯電話を没収されても構わない」などと提案してはどうでしょうか。
    • 門限を延長してもらいたいなら、両親の自由な時間が増えると訴えてみましょう。または、両親がわざわざ迎えに来なくても済むように、家まで送ってくれる人が見つかった時だけ、門限を延長して欲しいと頼むこともできます。
  4. 4
    両親に自分の要求について考える時間を与える 即答を求めてはいけません。両親に2〜3時間あるいは2〜3日考える時間を与えましょう。その間に起こった質問や懸念などは、次の話し合いで対処することを提案しましょう。責任が取れる大人として話し合いをしたい、問題があれば1つずつ対処していく覚悟だと伝えましょう。そのように伝えれば、両親は「この子は、冷静かつ両者に公平な態度で話し合いができる」と感心するでしょう。
    • 話し合いの日時を決めましょう。突然話を切り出せば、両親は「ああ、まだそれ話し合ってなかったわね」などと軽くあしらわれ、真剣に取り合ってもらえないかもしれません。そうなれば、あなたはまた、話を持ち出すチャンスを伺わなければなりません。そのような面倒を避けるためにも、「来週の夕食時に話し合いをしよう」と最初に決めましょう。全てがスムーズに進行し、話し合いが蔑ろにされたり、忘れ去られる心配もありません。
  5. 5
    妥協する あなたも両親も満足できるように話し合いを進めましょう。携帯電話を要求したいなら、電話代の一部負担を申し出るか、今まで以上に家の手伝いすることを提案しましょう。両親にも何らかのメリットをもたらしましょう。結局のところ、どんな要求であれ、両親は責任の一旦を負わなければならないのです。
    • 犬が飼いたいのであれば、散歩、餌やり、外へ出すことは誰の仕事か、全般的な世話代、獣医代は誰が払うのかを話し合いましょう。携帯電話であれ、ペットの犬であれ、親は、子供に欲しいものを与えて責任終了とは考えていません。その後ものしかかる責任を心配するのです。
    • 自分が責任を遂行できなかった時の対処方法を決めましょう。ペットを外に出してあげるのを忘れたら、金曜日の夜の外出禁止、またはお小遣いの値下げなどを提案しましょう。そうすれば、真剣な姿勢を示すことができ、自分で責任をとる覚悟もあることを示せます。
  6. 6
    なぜそれが欲しいのか理由を書く あるものが欲しい思うに至った背景や、欲しい理由などを書く方法を学ぶと効果的です。それは「心を惹きつけるエッセイ」と呼ばれ、次のような構成をとります。[5]
    • 各段落での主題文、 移行文、要点(またはエッセイ全体の主張)。
    • 第一段落の主題文、具体的証拠(理由を正当化する証拠)、証拠の弁明(両親を説得するための証拠の説明)、移行文。
    • 第二段落の主題文、具体的証拠、証拠の弁明、移行文。
    • 第三段落の主題文(別の視点から見た主題)、具体的証拠(その主題が間違っていることを証明するためのもの)、証拠の弁明、移行文。
    • 第四段落の主題文(スキップ可能。加えるなら、もう1つ別の視点から見た主題)、具体的証拠、証拠の弁明、移行文。
    • 結論の切り出し、主張の締めくくりの言葉、主張の強調または再確認。
    • 正しく書けば、自分の主張を正当化することができます。
    広告

パート 3 の 3:
「ノー」の返事に対処する

  1. 1
    なぜ「ノー」なのかを尋ねる なぜ承諾してもらえないのか、その理由を尋ねましょう。両親の返答は、正論だと思える場合もあれば、全く理解できない場合もあります。大人の態度で冷静に理由を尋ねれば、両親なりの理由を説明してくれるでしょう。何を懸念しているのかを尋ね、それに対処するよう努めましょう。両親を説得できる対処方法が提案できれば、考えを改めてくれるかもしれません。
    • 「ノー」の理由が分かれば、その要因を取り除く方法を見つけるか、両親が同意できる方法を考えることができます。例えば、まだ子供だから携帯電話を持つのは早すぎると言われたら、責任が取れる大人として振る舞えることを示しましょう。理由を特定することで、問題の核心を掴みやすくなります。
  2. 2
    態度を改める 親は、子供から何かを要求されると大抵の場合、これまでの子供の態度を考慮して、承諾するか否かを判断します。これまでの成績が良くなければ、成績を上げましょう。言われる前に進んで家の手伝いをしましょう。トラブルに巻き込まれないよう努めましょう。欲しいものを得たり、やりたいことをするのに十分、責任が取れる大人として振る舞えることを示しましょう。
    • 前述のように、欲しい物を手に入れるには努力しなければなりません。2〜3日間だけ良い行動をとっただけでは、説得力に欠けます。少なくとも数週間は品行方正に振る舞いましょう。そうすれば、親の考えも変わるかもしれません。忍耐強く、勤勉な態度をとり続ければ、新しく課せられる責任も果たすことができる、と判断してくれるかもしれません。
  3. 3
    「ノー」と言われても両親には礼儀正しく接する 憤慨したことを露わにしてはいけません。いつものように優しく、礼儀正しい態度をとりましょう。両親は、あなたのいつもと変わらぬ明るい態度を見ても、全く気にかけていないような態度をとるかもしれませんが、内心は微笑んでいるはずです。「ノー」と言われた後も、礼儀正しく振舞っていれば、長期的には自分の有利に物事が運びます。
    • また両親は、あなたのそのような態度を見て、多少の罪悪感を覚え始めるかもしれません。礼儀正しく接すれば接するほど、「ノー」と言ったことを後悔するかもしれません。そうなれば、考えを改めてくれる可能性が高まります。
  4. 4
    手紙を書く 要求を手紙に書いて渡すと、親から良い反応がある可能性があります。それを得るのは然るべきだと思う理由を、説得力のある心に響く手紙にして訴えましょう。そのような態度は親に立派な社会人として映り、大人の態度で対処しているあなたを見て感心するはずです。
    • 手書きにまとめ、礼儀正しく提示しましょう。どれだけの時間を割き、努力を向けたか、また欲しいものが自分にとってどれだけ大切かが伝わります。また、後にも努力を惜しまない覚悟があるのを示すのも良いアイディアです。手紙に時間と労力をかければ、実際にペットを飼ってもらえることになった暁には、きっと、ペットの餌やり、手入れ、トイレの世話など全てをきちんと行い、散歩に連れていこうと気持ちになるはずです。
  5. 5
    戦略を切り替える ある方法で両親が納得してくれない場合は、議論の仕方を変えましょう。同じ理由を何度説明しても逆効果です。正当な理由が他にもたくさんあることを伝えましょう。
    • 携帯電話が欲しいとしましょう。まずは、それが自分の安全に通じると訴えてみましょう。困った時、両親に助けを求めることができるツールになると言えるでしょう。それで説得できなければ、戦略を変えましょう。学校で友達を作ったり、仕事やボランティアの職に就いたりするために電話が必要だと、説明しましょう。また、バーゲンセールの最中なら、「今なら通常よりも安価に買える」などと掛け合うのも良いかもしれません。どのような説明なら両親が納得するかを考えましょう。
  6. 6
    なるがままにする 時には、結論を出さず、しばらく放っておくことも必要かもしれません。「話を聞いてくれれありがとう」とだけ言い、その場を切り上げ、新たに機会を設けて掛け合ってみましょう。大人の態度を示し続ければ、両親の考えも変わるかもしれません。結局のところ、あなたは日々成長し、大人になって行くわけです。[6]
    • 後日改めて話し合うことにしたとしても、あまり急いてはいけません。両親がクリスマスの後で話そうと提案したら、クリスマスの後、1週間くらい日にちをおきましょう。両親の気持ちを尊重すれば、あなたの望みも尊重してくれる可能性が高くなります。
  7. 7
    要求のスケールを縮小する 犬が欲しいという懇願に、「ダメだ」と言われても冷静さを保ちましょう。ジャーマンシェパードが欲しいという訴えが聞いてもらえなかったら、金魚やハムスターなど、世話が比較的簡単な小さな動物に変えてみましょう。ひょっとしたら、金魚で良かったと思えるかもしれません。[7]
    広告

ポイント

  • 両親の承諾がもらえなかったら、数日待ち、改めて相談しましょう。考える時間を与えれば、両親はその間に考えを改めてくれるかもしれません。
  • 親は子供の安全を願います。あなたがやりたいことについては、家族の全員が異なる意見や視点を持っていることを覚えておきましょう。
  • あなたの欲するものが、家族全員で参加できるアクティビティなら、ぜひ家族に参加してもらいましょう。両親は子供から仲間に入れてもらえること、一緒に時間が過ごせることをとても嬉しく思うものです。
  • 継続的にできないと分かっているのに、「する」と両親に約束してはいけません。結局しなかったとなれば、両親から「無責任」のレッテルが貼られます。
  • メリットとデメリットのリストを作成しましょう。そうすれば、あなたも両親も、あなたが欲するものから派生するメリット、デメリットの両面を理解しながら、話し合いができます。
  • 動物園に行くなど、兄弟姉妹全員が一緒に楽しめるアクティビティを計画し、両親の承諾を得ようとしているなら、兄弟姉妹が親の説得に協力してくれるかもしれません。しかし、アクティビティに参加したくない、または、最近トラブルを起こした兄弟姉妹に協力を求めてはいけません。大人の態度がとれ、常に品行方正で、あなたの案に賛成してくれる兄弟姉妹に協力をお願いしましょう。
  • 勉強や家の手伝いを忘れずに行えるようスケジュール表を作り、両親の目の届く所に貼りましょう。そうすることで、あなたのすべきことが両親に一眼で分かります。また、1〜2週間スケジュール通りに任務を果たし、その後で、両親に欲しいものを懇願してみましょう。両親は、叶えてあげようと思うかもしれません。
  • 欲しいものについて詳しく調べましょう。時間を割き自分なりに考えている様子を見て、両親は承諾しようと、思うかもしれません。
  • 欲しいものを書面で訴えましょう。話し合いでは途中で言うべきことを忘れてしまったり、言葉に詰まったりする可能性があります。書いたものを用意しておけば、そのような心配はありません。
  • 両親の理解のレベルに合わせて掛け合いましょう。例えば、まだ早すぎるとして、ビデオゲームを買ってくれないなら、有害サイトから子供を守るフィルター機能を見せたり、年齢に応じた適切な方法でプレイできることを示しましょう。

広告

注意事項

  • 口論は避けましょう。すればするほど、欲しいものが手に入りにくくなります。思慮深い大人の態度で接しましょう。そうすれば、我が儘放題を言っているわけではないことを理解してもらえます。
  • 欲しいものがもたらすメリット、デメリット、また欲しい正当な理由など全てを一度に論じてはいけません。1つずつ訴え、承諾してもらえなかったら、しがらく間おいてから次の議論を持ち出しましょう。
  • 両親の承諾が得られなくても、親を騙したり裏切ったりしてはいけません。そのような行動に走っても、いずれは分かってしまい、両親の信頼を失うのは必須です。
  • 「ノー」と言われても、不平不満を言ってはいけません。理由を尋ね、彼らの間違いを丁寧に指摘しましょう。例えば、ペットが欲しいという訴えに対して、両親が、自分たちが世話をすることになるという理由で「ノー」を突きつけられたら、ペットを非常に切望していること、また自分で世話ができる、またしたい理由を示しましょう。
  • 大袈裟な提案は禁物です。家屋塗装をするなどと大それたことを約束しても、「本心ではない」と親にすぐに見透かされます。
広告

関連記事

How to

ソファに付いたペットのおしっこ臭を取る

How to

犬の無駄吠えを止めさせる

How to

犬の軟便を治す

How to

体温計を使わずに犬の体温を測る

How to

犬に吐かせる

How to

犬のうつ病を見分ける

How to

犬が土を食べるのを止めさせる

How to

犬の下痢を治す

How to

他人に吠える犬のしつけ

How to

犬のイボを除去する

How to

下痢の犬用に食事を手作りする

How to

犬の捻挫に対処する

How to

犬を眠らせる

How to

犬の脱水症状を見分ける
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告