たった数秒でも長いと感じるほど、偏頭痛の痛みや偏頭痛に伴う症状は辛いものです。偏頭痛が来たら我慢せず、痛みを和げられる環境に身を置き、偏頭痛特有のズキンズキンと脈打つ痛みに効果があるとされる自然療法や薬を試してみましょう。薬を服用するのと同時に環境を整えていくことで、偏頭痛が起こりにくくなるでしょう。

方法 1 の 3:
自然療法を試す

  1. 1
    偏頭痛に効果のあるサプリメントを摂取しましょう。[1] 研究によると、ビタミンB2、ナツシロギグ、メラトニン、西洋フキ、コエンザイムQ10、マグネシウムが偏頭痛に効果があるとされるサプリメントです。
    • 西洋フキを配合したサプリメントは偏頭痛の予防と症状緩和に最も役立つと言われています。西洋フキ配合のサプリメントは、炎症を抑え、β遮断薬のように血液の流れを安定させる働きがあり、偏頭痛の原因となる血管拡張を予防します。ただし、西洋フキに含まれる成分が肝毒性や発がん性を有することがわかり、日本では2012年2月に厚生労働省から使用を中止するよう注意喚起が出ています。
    • ビタミンB2(リボフラビン)は偏頭痛の頻度を減らし、症状を抑える働きがあるとして知られています。400mgのビタミンを毎日摂取することで、頻度を半分に減らすことができ、すでに痛みに襲われている場合でも、摂取することで一時的に痛みが和らぐことがあるとされています。
    • すでに痛みがある場合、ナツシロギグ、メラトニン、コエンザイムQ10を摂取しても症状緩和の効果があったりなかったりするでしょう。しかしこれらのサプリメントを継続的に摂取することで、偏頭痛の頻度が減ることもあるでしょう。
    • マグネシウムの効果はまちまちです。マグネシウム500mgのサプリメントを摂取すると、生理由来の偏頭痛に対しては症状緩和の効果があると言われています。しかし、生理由来の偏頭痛でない場合は、その効果については議論の余地があります。ビタミンB2、西洋フキと一緒に、偏頭痛予防対策としてマグネシウムも毎日摂取してみるとよいでしょう。
  2. 2
    ラベンダーなどのハーブでハーブティーを作りましょう。ハーブティーは体をリラックスさせる働きがあり、偏頭痛に伴う体の緊張を和らげる助けになるでしょう。体がリラックスした結果、偏頭痛が早く緩和されることがあるでしょう。偏頭痛に良いと言われているハーブは、ラベンダー、生姜、ペパーミント、カイエンペッパーです。
    • ラベンダーは血管の炎症を抑え、不安、ストレス、ストレス性の偏頭痛にもっとも効果的なハーブと言われています。ラベンダーティーに加えて、偏頭痛が始まったら、乾燥ラベンダー入りの匂い袋や温熱アイピローを目の上に置くと少し楽になるでしょう。
    • 生姜、ペパーミント、カイエンペッパーには天然の鎮痛作用があります。生姜とペパーミントは偏頭痛による吐き気の緩和に有効です。生姜は血液をサラサラする効果があるため、抗血栓薬を服用している場合は摂取を控えるようにしましょう。
    • 偏頭痛に効くハーブティーを作りましょう。作り方は、カイエンペッパー少量、2.5cmの新鮮な生姜、5mlの乾燥ペパーミントを500mlの熱湯に入れ15分間抽出します。
  3. 3
    少量のカフェインを摂取してみましょう。カフェインは偏頭痛に対して、一見矛盾した効果を発揮します。多く摂りすぎると痛みが出ることもありますが、少量のカフェインは痛みの緩和に効果的です。
    • カフェインの摂取は少量にしましょう。カフェイン入りの炭酸飲料1杯、コーヒ1杯、お茶1杯、もしくはチョコレートバー1本で十分です。カフェイン含有量の多いエナジードリンク飲料は控えましょう。
    • 偏頭痛時のカフェインの摂取は、偏頭痛の原因がカフェインでない場合に限り有効です。
  4. 4
    こめかみや首をマッサージしましょう。偏頭痛は体の張りや緊張と関係があります。 自分でできる簡単なマッサージで筋肉や血管がリラックスし、症状が緩和することがあります。[2]
    • 両手の人差し指と中指を使って、こめかみ、首の側面、頭の付け根を優しくマッサージしましょう。しっかりと圧をかけ、優しく小さく丸を描くようにマッサージしましょう。
    • 指を氷水に浸してからマッサージするとより効果的でしょう。冷水で血管が収縮し、血液がどっと頭に流れるのを抑えることができるでしょう。
  5. 5
    偏頭痛の痛みが軽い時は、軽めの有酸素運動をしてみましょう。[3] 痛みが同じ箇所に留まり、耐えられないほどでもない場合は、軽い有酸素運動をすることで、血液が体の他の箇所にも行き届き、結果として偏頭痛が消えることもあるでしょう。
    • 偏頭痛時に試す価値のある有酸素運動として、早歩き、ジョギング、サイクリング、水泳があります。
    • 心拍数が上がってくると血流が良くなり、血液が身体中に均等に行き渡るため、頭に血が上がりにくくなります。
    • 運動は、体をリラックスさせ、偏頭痛の原因となりうるストレスから心を休めるためにも有効です。
    広告

方法 2 の 3:
薬を試す

  1. 1
    薬局で購入できる市販の鎮痛剤を服用してみましょう。[4] 非ステロイド系の抗炎症作用のある薬や鎮痛剤は、血管の炎症を抑え、偏頭痛の痛みを和らげる働きがあります。
    • 非ステロイド系の抗炎症薬にはナプロキセンやイブプロフェンが含まれます。鎮痛剤には、アスピリンやアセトアミノフェンが含まれます。
    • 薬の効果を最大限に引き出すために、偏頭痛の症状が現れてから30分以内に鎮痛剤を服用しましょう。30分以後に服用しても効果はありますが、偏頭痛の症状が長引くことがあるでしょう。
    • 週に2回以上の市販薬の服用は控えましょう。薬の効果が切れた時に、偏頭痛のリバウンドが起こる可能性があります。[5]
  2. 2
    市販のカフェイン入りの鎮痛剤を試してみましょう。[6] 市販の鎮痛剤に、少量のカフェインが含まれているものもあります。カフェインは血管を収縮させる働きがあり、鎮痛効果が高まります。
    • エキセドリンは、カフェイン、アセトアミノフェン、アスピリン配合の鎮痛剤です。
    • 研究によると、カフェイン配合の鎮痛剤は、カフェイン無しのものに比べて20分早く効くとの報告があります。
    • 他の市販の鎮痛剤と同様、症状が現れてから30分以内に服用し、週に2回以上の服用は控えましょう。
  3. 3
    トリプタンを処方してもらいましょう。[7] トリプタン製剤は血管を収縮させる作用があり、血が頭に一気に流れるのを抑えます。研究や治験によると、トリプタン製剤を服用して1時間以内に症状がかなり改善され、2時間以内にほぼ完全に痛みがなくなるとの報告があります。
    • 1ヶ月に17回以上のトリプタン製剤の服用は控えましょう。1ヶ月に17回以上服用すると、体に耐性ができ、偏頭痛のリバウンドが起こる可能性があります。
    • トリプタン製剤は、血管を収縮させる働きがあるため、心臓発作や心筋梗塞を誘発させる可能性があります。心疾患や血液凝固障害がある場合は、トリプタン製剤の使用は控えましょう。
    • トリプタン製剤は、偏頭痛に最も効果があると証明されています。
  4. 4
    ジヒドロエルゴタミンまたはエルゴタミンについて医師に相談してみましょう。[8] これらの処方薬は脳の血管を収縮させる作用があります。痛みを和らげ、偏頭痛に伴う吐き気や光過敏の症状を緩和させます。
    • 通常、鼻腔スプレーまたは注射薬で投与されます。
    • 注射薬の投与は1度きりの治療となる場合が多いですが、頻繁に偏頭痛を繰り返す場合は、鼻腔スプレーが処方されることもあります。
    広告

方法 3 の 3:
環境を整える

  1. 1
    電気を消しましょう。 偏頭痛の多くは、明るい、またはチカチカするなどの光の感覚刺激によって引き起こされます。電気を消し、ブラインドを下ろすか、暗い部屋に移動するなどして神経を落ち着かせましょう。[9]
    • 偏頭痛が和らぐまで、できるだけ長く暗い部屋にいましょう。
    • 必要に応じてサングラスをかけましょう。外出中に、明るすぎない、または暗い場所にいることができない場合は、偏光サングラスをかけて光から目を守りましょう。暗い部屋に留まるほどの効果はないかもしれませんが、それでも助けにはなるでしょう。
  2. 2
    ノイズをできるだけ遮断しましょう。光と同じように、音も偏頭痛を引き起こす感覚刺激です。ラジオ、テレビなどの音を消し、静かで落ち着いた部屋に移動しましょう。
    • 落ち着ける部屋がない場合、ノイズキャンセリングヘッドフォンをして、外部の音を遮断しましょう。
    • 静寂がストレスになり、恐怖を感じるという人もいます。その場合は、ホワイトノイズマシンを使うか、空気清浄機をつけるなどして落ち着いた音環境をつくりましょう。穏やかな音楽を聞くのも良いですが、大きな音や刺激的な音楽は避けましょう。
  3. 3
    横になって休みましょう。ストレスと睡眠不足は、偏頭痛を誘発するよくある原因です。偏頭痛に襲われた時は、目を閉じ数分横になりましょう。
    • 5~30分休息をとると、偏頭痛の症状緩和に役立つでしょう。
    • 過剰な睡眠が偏頭痛を誘発していることもあります。その場合は、横にならないようにしましょう。[10]
  4. 4
    深呼吸をしましょう。深呼吸をすることで体がリラックスし、偏頭痛を引き起こしている体の緊張や張りが緩むこともあるでしょう。[11]
    • 仰向けに寝て、頭と膝の下に枕を置きましょう。足は少し曲げましょう。
    • 利き手を胸の上に置き、もう片方の手を脇腹の下に置きましょう。
    • 脇腹に置いた手をお腹で押し上げるように、ゆっくりと鼻から息を吸い込みましょう。
    • 口をすぼめたまま、お腹が凹むまでゆっくりと息を吐き出しましょう。
    • 深呼吸を行なっている間は、利き手は胸の上に置いたままにしましょう。
    • 5分程度繰り返し行いましょう。
  5. 5
    タオルやアイスパックで冷やしましょう。[12] 冷たいタオルを痛みのある箇所に当てると血管が収縮し、頭にどっと血が上るのを抑えることができるでしょう。
    • 清潔で柔らかいタオルを冷水で湿らせ、額や首の後ろに当てましょう。痛みが消えるまで、10~15分当て、10~15分外すという動作を繰り返しましょう。
    • 冷やすと偏頭痛が悪化することもあります。冷やし始めて5分間の間に痛みが増す場合は、ただちに中止し、別の方法を試しましょう。
  6. 6
    冷たいシャワーを浴び、涼しい部屋で寝ましょう。最低15分、冷たい水を頭のてっぺんから浴びましょう。シャンプーをしながら頭をマッサージしましょう。頭のマッサージをすると、体の緊張が和らぎ、頭にこもった熱を発散させることができるでしょう。
    • 髪の毛の水気は少し絞る程度で、濡らしたままにしましょう。髪の毛を乾かさないようにしましょう。
    • 濡れた髪のまま涼しい部屋で横になり、少し眠ってみましょう。寝具が濡れるのが気になる場合は、枕にタオルを敷くとよいでしょう。
  7. 7
    食事を見直しましょう。[13] 食品が偏頭痛の誘発因子になることがありますが、誘発因子となる食品は人によって異なります。偏頭痛に襲われたら直前に食べた食べ物を記録し、同じものを食べると偏頭痛が起きるのかどうか、観察してみるとよいでしょう。偏頭痛の誘発因子とされる食品は以下の通りです。
    • アスパルテーム(人工甘味料)、グルタミン酸ナトリウム(うまみ調味料)が含まれている食品
    • アルコール
    • チョコレート
    • チーズ
    • サラミ
    • カフェイン
    広告

ポイント

  • 偏頭痛日記をつけましょう。[14] 偏頭痛が起きた時の環境要因を記録しましょう。感覚刺激(明るい照明、うるさい音楽、不快な匂いなど)、ストレス要因、食事習慣、睡眠習慣などを書き留めましょう。偏頭痛が数回起きてから日記を見直し、偏頭痛時に共通する要因を突き止めましょう。それら偏頭痛を誘発する要因は、予防のために避けるか、なるべく控えるようにしましょう。
  • 通常の治療法では対処できない偏頭痛は、ペインクリニックでトリガーポイント注射や、神経ブロック注射、ボトックス注射(偏頭痛治療としては日本では保険適応外)などを試してみるとよいでしょう。
  • お茶を飲んでリラックスしましょう。
  • 冷たいタオルやアイスパックで頭を冷やしましょう。
  • 偏頭痛が起きている時は、職場や学校を休むことも検討しましょう。休息を取り、リラックスすることが最善の治療になることもあります。

広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

吐き気を止める

How to

自分で身長を測定する

How to

お酒の酔いを早く覚ます

How to

勃起を抑える

How to

生理をはやく終わらせる

How to

割れた足の爪を処置する

How to

声を低くする

How to

キスマークを偽造する

How to

胸骨をポキッと鳴らす

How to

嘔吐を誘発する

How to

マスターベーション依存症の克服

How to

体温計を使わずに熱があるか知る
広告

このwikiHow記事について

Shari Forschen, NP, MA
共著者 ::
ナース・プラクティショナー
この記事の共著者 : Shari Forschen, NP, MA. シャリ・フォーシェンはノースダコタ州にある医療センター、「Sanford Health」に勤務する正看護師です。2003年にノースダコタ大学にてナース・プラクティショナー(家庭医学専門)の修士号を取得後、正看護師として働いています。 この記事は1,189回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 1,189 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告