セックスやその他の性体験はパートナーとの関係を維持する上で重要な要素です。1回限りの楽しい経験にするにせよ後の楽しみに取っておくにせよ、重要なのはその選択をパートナー同士が対等な立場で一緒に下さなければならない点にあります。また、誰もが避けたいトピックですが、性感染症にかかるリスクがあることも十分に理解していなければいけません。更に、子どもの養育、中絶、子ども養子を出す可能性も想定し、それらにきちんと向き合って誠実に対処できる覚悟が必要です。

方法 1 の 4:
安全なセックスについて学ぶ

  1. 1
    妊娠について理解する 男性でも女性でも異性愛者同士が性行為を行う前に妊娠について理解していなければなりません。性的に活発であれば、以下の妊娠に関する基本的な知識を知っておくべきです。
    • 妊娠は精液が膣内に入ればいつでも起こり得ます。ほぼすべての妊娠は、避妊用具を使わずに男性器を膣内に挿入して行ういわゆる膣性交によるものです。
    • 口腔性交や肛門性交、または男性器を挿入しない性交で妊娠するケースは非常にまれです。[1]
    • カウパー液(男性が興奮した時に男性器から放出される少量の液体)には通常、妊娠を可能にする精子が含まれていません。精液とは異なりカウパー液は妊娠の原因となる可能性が低いと言えます。[2]
  2. 2
    性感染症について学ぶ 膣性交以外にも口腔性交や肛門性交を避妊用具を用いずに行えば、性感染症(STD)に伝染する危険があります。[3]STDは感染者の体液が性器や腸管、口の粘膜に接触することで感染します。しかし感染しても無症状や自覚症状がない場合も多いため、知らずに性行為におよび伝染することもあり、その結果、女性の不妊などの大きな健康問題を引き起こす恐れがあります。性的に活発な25歳未満の女性および、男性間性交渉者に対して米国疾病予防管理センターは毎年STDの検査をするよう推奨しています。[4]男性間性交渉者がSTDにかかるリスクは低いものの、危険な性行為の後には検査が必要でしょう。
    • STDによっては検査後6ヶ月以上経たないと結果が分からない場合いがあります。
    • 性行為のパートナーが1人に限定されている場合には、一度だけ検査をすれば良いでしょう。ただし、パートナーと第三者との性行為が疑われる場合、あるいは2人で同じ注射針を使用して薬物を注入したことがある場合には、再度検査を受けた方が良いでしょう。
  3. 3
    コンドームを使う コンドームはティーンエイジャーの間で最も一般的な避妊方法です。[5]比較的安価で使いやすく、妊娠とSTDの両方を防ぐことができます。ただし、正しく使いましょう。男性用コンドームは正確に使用すれば妊娠の可能性を年間2%にまで低下させますが、通常の使用方法では色々な過失が起こるためその数字は18%に上がります。[6]
    • 女性用コンドームはわずかに効果が低く、正しい使い方をしても5%までにしか妊娠率を下げられません。女性用と男性用のコンドームを同時に使用してはいけません。[7]
    • コンドーム「に加えて」次に挙げる避妊法のいずれかを同時に使うことで、妊娠およびSTDから自分とパートナーをしっかりと守ることができるでしょう。
  4. 4
    経口避妊薬の使用を検討する 経口避妊薬は女性が毎日正しく服用すれば高い避妊効果が期待できます。[8]ただしSTDの感染を防ぐ効果はありません。「ピル(経口避妊薬)」は多くの国では薬局で入手できますが、日本では医師の処方箋が必要です。
    • 米国の例では、ティーンエイジャーのピル使用についてかかりつけ医師が両親に伝えることを法律で禁止しています。しかし、親の健康保険を使って支払いをすれば自然に分かってしまうでしょう。日本では避妊目的でピルを使う場合には保険が適用されませんので自己負担になりますが、通常1シート(28日分)3,000〜4,000円ほどです。パートナーと協力し合えば払える額でしょう。[9]
    • ピルはほとんどの女性が安全に使用することができます。しかし、心臓病や血液に関連する深刻な疾病を抱えている場合には健康に支障をきたす恐れがあります。また、ピル服用時の喫煙も健康被害のリスクを大きくします。
    • ピルを服用すると月経周期が整い、ニキビや腹痛などの副作用も軽くなるでしょう。
  5. 5
    受精周期を記録する 排卵中およびその後の数日間が最も妊娠しやすい時期です。妊娠しやすい時期は28日間の月経周期の初日を1日目として、11〜21日目に当たります。[10]しかし、ほとんどの女性は月経周期が一定していないために妊娠しやすい時期を特定するのは困難だということを認識しましょう。月経周期を記録することで妊娠の確率が特に高い日がある程度予想できるだけにすぎません。しかし、妊娠の可能性が低いと思われる他の日にも避妊を怠ってはいけません。
    • 精液は膣内で数日間生き延びます。つまり、排卵前の性行為でも妊娠の可能性はあります。
    • 月経周期を把握するには月経カレンダーを作り、月経の始まりを記録すると良いでしょう。更に安全策を講じるなら排卵日も記録しましょう。
  6. 6
    他の避妊法について調べる ペッサリーから子宮内避妊器具まで色々な避妊方法があります。日本家族計画協会や産婦人科などで詳しい情報を得ることができるでしょう。ティーンエイジャーたちは避妊やSTDについて多くの誤った通念に晒されている場合があります。聞いた話が全て真実だと受け止めてはいけません。
    • 射精の前に男性器を膣外に出すという避妊法がありますが、ほとんどの専門家は推奨しません。正しく行えば確かに妊娠の確率を下げることができますが、タイミング良く膣外に出せない場合や、性行為の最中に男性が心変わりをする場合もあります。更にこの手法はSTDの感染予防にはなりません。[11]

方法 2 の 4:
性行為を実践する

  1. 1
    性行為を実践する前に、自分の覚悟を確かめる 決断を下す前に1人になってじっくりと考えましょう。次の質問に全て「イエス」と答えられると理想的です。[12][13]
    • あなたとパートナーは、妊娠がどのように起こるか、STDがどのように感染するかを理解していますか。そのリスクについて率直に話し合い、複数の避妊法を使うことに2人が同意できますか。
    • あなたとパートナーは互いを信頼し尊敬し合っていますか?あなたの気が変わって「やめたい」と言ったら、パートナーは納得してくれますか。
    • あなたが考えている性経験はあなたの個人的価値観に沿ったものですか。
    • 家族やあなたが属するコミュニティーの人たちもあなたの決断を後押ししてくれると思いますか。「ノー」の場合でもその事実を抵抗なく受け入れることができますか。
  2. 2
    間違った理由からの性行為を避ける 性行為は健全な関係にある2人が絆の深さを確かめ合い、楽しみながら愛情を表現する素晴らしい方法です。しかし残念なことに、性行為に及ぶ理由はこれだけに限りません。なぜ性行為をしたいのかを正直に考えましょう。性行為に及ぶ理由として相応しくないものを理解しましょう。[14][15][16]
    • あなたとパートナーが本当に行いたい時にだけ実践しましょう。片方がもう片方にプレッシャーをかけている場合には中断し、双方の準備が整うまで待ちましょう。
    • 「みんながしている」という理由で性行為に走ってはいけません。ほとんどの高校生は実践していません。実践しているカップルでさえも頻繁には行なっていません。
    • 2人の関係の修復を目的に実践してはいけません。効果はないでしょう。
  3. 3
    パートナーと話し合う 心の準備が整ったらパートナーに気持ちを伝えましょう。過去の性体験や性感染症のリスクについても話し合いましょう。また想定外で妊娠してしまった場合の対処方法、加えて中絶する、養子に出すという選択肢について自分の意見も正直にパートナーに伝える必要があります。性行為をしたい理由を互いに話し合いましょう。これらの重要な問題についてパートナーと話すことができないまま性行為に及んではいけません。話し合いが持てるまで待ちましょう。
    • 2人の関係において性行為がどのような意味を持つのかについて、2人とも同じ意見を持っていることを確かめましょう。ただの快楽のためですか。互いに愛し合っているからですか。2人は1対1の関係ですか。片方または双方に別のパートナーはいないでしょうか。
  4. 4
    事前に計画を立てる 片方または双方にとって初めての場合、あるいは2人がカップルとして初めて実践する場合、プライバシーと時間を確保することが必要です。2人で同意した避妊法や性感染予防法を考えて準備しておけば機会を逃すことはないでしょう。
    • プライバシーを見つけるのは難しい場合がありますが、車内では行わないようにしましょう。一部の国や地域では法律違反です。どちらかの家で家族がいない時間帯を選びましょう。
  5. 5
    時間をかける 焦ってするほど最悪のことはありません。未知の世界を探索するように互いの体をゆっくりと探ってみましょう。性的興奮と安心感を得るためにも前戯は必要です。前戯による性的興奮で膣が滑らかになるので、女性には特に重要です。潤滑剤を使用しないと男性器の挿入の際に大きな痛みが生じる可能性があります。
  6. 6
    安心して寛げている限り続ける 性行為は互いに服を着たまま触れ合ったり、相互マスタベーションを楽しんだり、セックスしたりと様々です。どのような方法でも2人が同意し納得できる方法で楽しみましょう。
    • 新しいことに一度挑戦したら、再び実践しなければならないという規則はありません。日によって心身のコンディションは異なります。それぞれに合った快適さを維持しましょう。
  7. 7
    現実的な期待をする オーガズムに到達できなくても、早い段階で射精してしまっても、恥ずかしがったり悔しがったりする必要はありません。初体験の時や緊張している時にはよく起こることです。一般的な性行為がどのようなものかを理解しましょう。誰かの自慢話、ポルノ雑誌、恋愛小説などから得た情報を鵜呑みにしてはいけません。
    • 一般的に男性は性器を膣内に挿入した後射精するまで5分間ほど我慢できます。[17]
    • 女性は一般的に男性パートナーに比べてオーガズムの到達に時間がかかります。また、男性器を膣内に挿入しただけではオーガズムを経験できない場合もありますが、パートナーとの性行為は十分に楽しめます。オーガズムを経験するにはマスタベーションを手伝ってもらうか男性器を膣内に挿入しない性行為を試してみましょう。
  8. 8
    気分の変化を互いに認める ゆっくりと進みたい、あるいはここで止めたいという場合には率直に相手に伝えましょう。緊張する、不快感を覚える、痛みを感じるなどの症状が出ても何1つ悪いことではありません。このような事態に対処するには、休憩を取り、2人が一緒に楽しめた行為にもう一度戻ると良いでしょう。互いの準備が整ったことを見極めて中断した行為に改めて挑戦しましょう。それは5分後かもしれませんし、来月になるかもしれません。
    • 合意して始めた行為であっても、途中でパートナーが止めて欲しいと頼んだにも関わらず挿入状態を続けるのは、道徳的に間違った行為です。多くの国や地域で、法的に罰せられるレイプまたは性的暴行とみなされます。
  9. 9
    性行為の後でパートナーと話し合う 気持ちよく楽しめたか、特に良かった点は何か、不快に感じた点はあったかなど互いに話し合いましょう。対話を持てば持つほど互いにより寛いでオープンになれ、次の機会が更に楽しいものになるでしょう(もちろん次の機会があると想定した場合です)。
  10. 10
    健康的な肛門性交を理解する 異性愛者のティーンエイジャー間で見られる肛門性交は、男性が女性にプレッシャーをかけるか、女性に強要するケースがほとんどです。[18]したくなければ肛門性交は避けましょう。一般的な膣への挿入よりも痛みを伴うことを理解しましょう。挑戦する場合には、リラックスするための運動を行ったり水性の潤滑剤を使うと痛みの予防になるでしょう。[19]
    • 英国では異性愛者のカップルのおよそ10パーセント、および男性同性愛者のカップルの66パーセントが肛門性交を定期的に実践しています。

方法 3 の 4:
挿入しないセックスを実践する

  1. 1
    男性器を膣内、口内、腸管に挿入しない パートナーと性的に楽しむことを決めてもセックスをする自信がない場合もあります。だとしたら心の準備が十分に整っていないのでしょう。あるいは、結婚するまでセックスは待とうという決意の表れかもしれません。
    • 宗教的または文化的な理由から性行為を控えている場合があるかもしれません。この記事の一部で紹介した慣行が性行為とみなされる場合があることを理解しましょう。
  2. 2
    濃厚なペッティングをする ペッティングとは、肛門性交、口径性交、膣性交を除いた性行為一般を指します。接触の度合いによって異なりますが、ペッティングだけであれば病気の感染や妊娠を完全とは言えないまでも、かなりの高い確率で防ぐことができます。
  3. 3
    男性器を膣内、口内、腸管に挿入しないセックス(非ペネトラーチブセックス)を実践する 非ペネトラーチブセックスには服を着たまま行うセックス手前までの行為から服を全部脱いで互いの体に触れ合うものまで色々あります。相互マスタベーションや性的満足感を得るための相互行為も含まれます。オーガズムもその一部であるために通常これらは全て性行為とみなされ、また妊娠や病気にかかるリスクも多少なりともあると言えるでしょう。しかし実際には妊娠も感染のリスクもほぼ無いと言えます。
    • 性交を避けなければいけないからと、他の性的行為を実践しなければならないなどと感じるべきではありません。
  4. 4
    口径性交を実践する 口径性交は両者にとって楽しい性体験ですがリスクが伴います。妊娠は問題にはなりませんが、感染症の伝染の可能性は依然として残ります。
    • アメリカ疾病予防管理センターは、15歳から24歳までの米国居住者の60%以上が口径性交を経験しているのに対し、膣性交の経験者は約50%だと報告しています。[20]
    • また、同センターの調査によれば、性感染症専門の病院を訪れる患者の5〜10%が咽頭淋病を発症しており、口径性交によってクラミジア、ヘルペス、梅毒、がんに繋がるHPV感染症に感染するリスクが高まるとのことです。口径性交は安全な方法での実践を推奨しています。

方法 4 の 4:
禁欲を実践する

  1. 1
    セックスを控える これは健全なセックスライフを送るという主旨から逆行するように思えるかもしれません。しかし3分の2のティーンエイジャーがセックスを実践しているとすれば3分の1はしていないことになります。また禁欲とは性的な感情を持たないことではありません。単にセックスをしないということです。パートナーと2人で「セックスをしない」と決断を下したのであれば、恥ずかしく思う必要などありません。また、パートナーを前に性的衝動に駆られることがあっても恥ずべきことではありません。ないとしたら逆に不自然でしょう。性的衝動に駆られた時にその欲求を鎮める方法がいくつかあります。禁欲してもなお2人の親密度はこれまでと変わらなく維持できます。
  2. 2
    2人で決めたイチャイチャタイムを楽しみつつ限度を守る 相手の手が彷徨い出し触れてはいけない場所に伸びてきたら、単に態度で「ノー」と示すのではなく、自分の手で相手の手を遠ざけて「まだ、その準備はできていないの」と優しく伝えましょう。相手はすぐに約束を思い出し、あなたの意思を尊重して衝動を抑えるはずです。
  3. 3
    どちらかが抑えきれない程性的に興奮し出したらイチャイチャタイムを中断する 欲求を感じるのは至極当然のことですが、欲求のままに行動してはいけません。セックスをしばらくの間控えることを固く誓ったにも関わらず、欲求が急に起こり抑えきれなくなったら、少し身を引いて「うわー。本当に熱くなっちゃった。これ以上深入りはできないから、映画でも見に行かない?」などと相手に伝えましょう。
    • パートナーが約束の意味をきちんと理解していない、またはしつこくプレッシャーをかけてくることがあっても驚いてはいけません。あなた程固くセックスを控えるという覚悟ができていないのかもしれません。あるいは多少動揺しているかイライラしているのかもしれません。しかし、執拗にプレッシャーをかけ続けて来たり激しく要求したり、あるいは「僕を愛しているならするべきだ!」などといった脅迫めいたことを言って来るようなら、冷静になってもらうために、ひとまず家に帰ってもらいましょう。また再び同じような状況になった時に耐えられるかどうかも再考しましょう。
  4. 4
    リスクを理解する 驚くことに、禁欲生活はコンドームに比べてSTD感染や妊娠の予防率が著しく低いと言われています。とは言ってもキスするだけで妊娠するということではありません。これが意味するものは、禁欲生活を決断しても多くのティーンエイジャーがその決断を軽視して性的興奮が高まった時に避妊用具を使わずにセックスをしてしまうということです。妊娠とSTD感染についてきちんと理解することが重要です。妊娠や性感染症に感染するリスクがあることを十分に理解できれば、計画どおりに実践することを厭わないでしょう。また心変りがあれば、コンドームを買いに行くことも忘れないで済むでしょう。

ポイント

  • 性行為をしている間は、パートナー同士のコミュニケーションを密にとり感情を伝えあったりアドバイスを出し合ったりしましょう。パートナーはあなたに喜んでもらいたいと思っていますが、どうすればより楽しいひとときになるか、気持ち良いと思ってもらえるかのアドバイスを欲しいのも事実です。
  • 同性愛者同士のカップルの場合には、1人が「挿入」に、そしてもう1人が「受け入れ」に徹する必要はありません。多くのカップルが両方の役割を代わる代わる果たします。[21]
  • 手の指を使ったマスタベーションでは性感染症が伝染することはほとんどありませんが、性感染症以外の健康問題のリスクを減らすためにも、事前に石鹸とお湯で手を洗いましょう。
  • 多くの国や地域では、18歳未満の人とのセックスは違法であり、法的に罰せられる可能性のあるレイプとみなされます。性行為を行う前に法律を理解しましょう。

注意事項

  • 男性でも女性でも、膣性交をしないと決めたなら前もってパートナーに伝え、その決意を理解し尊重してもらいましょう。
  • 禁欲生活に期限を設けると、パートナーが期限を過ぎたらセックス解禁だと期待する可能性があります。心が変わる可能性を考えて余裕ある計画を立てましょう。
  • 子供が欲しくない場合には、セックスを避けることが最も安全な選択です。必ずしも単純な決断ではありませんが、セックスをすれば適切な予防措置を講じていても妊娠の可能性があることを知っておくことが重要です。
  • プレッシャーをかけられているから、自分を愛してくれているから、格好良いことだと思うからなど、いずれの理由でも決してセックスをしてはいけません。後に心が傷つくだけです。

必要なもの

  • プライバシーが確保できる部屋
  • タオル(行為後の清潔を保つため)
  • 男性用および女性用のコンドーム
  • 経口避妊薬
  • 上記以外の避妊および性感染症予防のための避妊用具
  • 水性の潤滑剤(任意)

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: ティーン
このページは 421 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?