生きる意味を教えてくれる大切な要素の一つが優しさです。また、優しさは自分だけでなく、周囲の人たちの生きる喜びも促します。優しさはコミュニケーションを円滑に行う要素であり、思いやりを引き出すものであり、人々の生活の中に前向きで明るい雰囲気をつくり出す力でもあります。優しさの源は万人の心の中に存在します。無理なく自然に優しさを発揮できる人もいますが、そうでない人でも優しさを育成するだけで、誰でも優しくなることができます。

パート 1 の 3:
優しい視点を育む

  1. 1
    本気で気遣う 自分の周囲の人たちを本気で気遣うこと、彼らにとって最良の状況・状態を願うこと、彼らが自分と同じように求め、必要とし、憧れると気付くこと、そして自分と同じような恐怖を持っていると気付くこと、これが優しさの基本です。つまり、優しさは温かく、回復や復元を促し、忍耐強く、信頼を持ち、忠実で、有り難いものです。[1] 心理療法士で哲学者のピエロ・フェルッチは、優しさは「無理強いしないこと」と定義しています。無理やり優しくしようとすると、恨み・妬み・勘ぐり・支配などのネガティブな感情や態度が生じる可能性があり、それを防ぐのが無理強いしないことというわけです。[2] 突き詰めれば、優しさは心の奥底から全人類を慈しむことと言えます。
    • 周囲の人に優しさと寛容さを実践してみましょう。練習不足、照れ、他人との接し方を知らないなどの問題は行動することで克服されます。そして、上手にできなくても実践し続けると、人に優しくしよう、手を差し伸ばそうという気持ちが自然に生まれるようになります。
    • 見返りを求めないようにしましょう。最高の優しさは、交換条件も、見返りの要求も、下心も一切ない、純粋なオファーです。
  2. 2
    自分が求めるものを得るために優しくしない 他意のある優しさに注意しましょう。優しさというのは、「私利を画するための礼儀正しさ、計算された寛容さ、上辺だけのマナー良さ」と無縁のものです。[3] ここで好意的に接すると相手から欲しいものが手に入る、相手を操れるというような気持ちが少しでもあれば、それは優しさとは言えないでしょう。また、怒りや軽蔑を隠しながら人を気遣うふりをするのも優しさとは言い難いものです。激情やフラストレーションを内に秘めた社交辞令も優しさとは程遠いものと言えます。
    • 突き詰めると、お人好しと優しい人は違うということになります。お人好しとは、他人との関係性を現状維持するために、自分の考えを押さえ込み、相手の言いなりになる習性もしくは行動様式です。
  3. 3
    自分自身に優しくする 自分自身を優しく扱うことを意識せずに他人に優しくしようとすると上手く出来ないことが多々あります。自分に優しくなれない原因が自分への嫌悪感のこともありますが、多くの場合は自分自身を深く知ろうとしないことに起因しています。残念なことに、自分自身に自信が持てない状態での優しさは、前のステップで説明した下心のある優しさになってしまう可能性が高くなります。また、下心のない純粋な優しさであっても、常に他人を優先し続けるため、幻滅したり、燃え尽きたりする可能性も捨てきれません。
    • 自分を深く探ると自分が苦痛や葛藤を感じる原因を理解でき、自分の中の矛盾や食い違いを容認できるようになります。そして、気に入らない自分の性格と折り合いをつける心の余裕も生まれます。その結果として、無意識に自分の欠点を他人に投影してしまう行動を制御できるようになり、愛情と優しさを持って他人に接する力を得られます。[4]
    • 自分を探ることに十分な時間を費やし、そこでの気付きを糧に自分自身と他人の両方に対する優しさを育てましょう(人間はみな「弱さ」を抱えていると覚えておくことが大事です)。こうすることで、たとえ怒りを感じても、痛みや苦痛として表現せずに他の方法で解消できるようになるはずです。
    • 自分が求めるものや限界を知るために費やす時間、自分自身を見つめる時間を持つことを自己本位な行為と考えないようにしましょう。これは十分な強さと意識を持って他人と接するために必要不可欠な下準備です。自己本位とはかけ離れた行為と言えます。
    • 自分に優しくするとはどういうことかを自問してみましょう。自分に優しくすることとは、心の動きや囁きを観察して、ネガティブに考えないようにすることと多くの人が考えるようです。
  4. 4
    他人から優しさを学ぶ これまでに出会った人で、掛け値なしに優しい人が誰だったかを思い出し、彼らがどのように優しかったかを振り返ってみましょう。その人たちのことを考えると、今でも温かい気持ちになるのではありませんか? それは自然なことです。本物の優しさに触れると、その優しさはいつまでも記憶に残り、人生で一番大変な時期にあっても、その記憶が心を温めてくれます。他人がそのままの自分を受け入れて、好きでいてくれることを知ると、そこで生まれた信頼と互いを受け入れ合う関係は一生涯記憶から消し去ることができないものとなり、その人たちの優しさは永遠に生き続けます。
    • 誰かに優しくされた日に自然に沸き起こるやる気や元気を思い出しましょう。自分は特別な存在だ、自分が大切にされていると感じた優しさの要因は何かを考えてみます。そして、その要因を自分の心の中でも複製できるのか否かも探ってみましょう。
  5. 5
    自分の健康のために優しさを養成する 心理的な健全さと幸せは前向きな思考から生まれます。そして、優しさは前向きな精神状態と言えます。優しさは人に与えること、人にオープンであることという外向きの行為であるものの、外に向けた優しさは自分自身の健康や安心、他人とのつながりという形で自分に返ってきます。こうして返ってきたものが自分の精神状態を良好にし、肉体的な健康を増進する糧となります。
    • 優しさという能力は、それだけで力強く、良い影響をコンスタントに自分に与える上に、自尊心を育む原動力となります。[5]
  6. 6
    優しさに意識を向ける習慣をつける zen habits主宰者レオ・ババウタは、優しさは習慣で誰もが養成できるものだと言います。彼が提唱する方法は、1ヶ月間毎日優しさに意識を向けて集中すること。こうして優しさを直接刺激するうちに、内側の奥底から大きく人生が変わっていることに気付くと言います。そして、自分を好意的に捉えるようになり、いつの間にか周囲の人々の対応も以前とは変わり、良くなっていると感じるようになります。ババウタ氏の言葉通り、長い目で見ると、優しさというのは常に修行すべきカルマと言えるでしょう。[6] 優しさを養成する方法は以下の通りです。
    • 一日一善を実行します。一日の始まりにその日に行う善行を決めて、実行する時間を意識的に作りましょう。
    • 人と交流するときは、優しく、友好的に、思いやりを持って接しましょう。また、普段顔を合わせると怒りやストレスといった負の感情を刺激する人の場合は、この点をなおさら意識して、優しさを強さとして活用するとよいでしょう。
    • 優しさの小さな行動を大きな慈悲の行動へと拡大させましょう。助けを必要としている人たちのボランティア、他人の痛みを緩和するための行動を率先して起こすといったことが大きな慈悲の行動と呼ばれるものです。[7]
    • 優しさを拡散するために瞑想してみましょう。メッタと呼ばれる瞑想方法をオンラインなどで検索してみるとよいでしょう。
  7. 7
    助けを必要としている人だけではなく、誰にでも優しくする 自分の周りの優しさの輪を広げます。心理博士ステファニー・ダウリックが言う「支援する優しさ」を実践すると、気負わずに優しくできることがあります。[8] 助けを必要としている人々(病気、貧困、精神的な不安定さで苦しむ人や、自分の支援・後援をしたい気持ちを刺激する人たち)に優しく接するときの行為がこれに当たります。親近感を感じる人たち(家族や友達など)、または共通点のある人たち(同郷、同人種、同ジェンダーなど)へ優しくすることも、哲学者ヘーゲルが言う「他者」へ優しくすることよりも、簡単に行えるでしょう。自分と対等だと思う人たちに優しくすることは少し難しいかもしれません。しかし、やってみる価値はあります。
    • 優しくする対象を「やりやすい」対象に限定することで生じる問題は、万人に優しくすべきという点を見失ってしまうことです。相手が誰であっても、富や運の有無、価値観や信念の違い、言動や態度の違い、出身地や自分との類似性の有無など、一切関係なく優しくすることが重要です。
    • 自分が「この人には優しくすべき」と思う人だけに優しくすると、自分の偏見や判断を助長してしまうため、限定的な優しさしか実践できない状態に陥ります。自然な優しさは万人に対して向けられるものです。この広い視野で優しさを実践するときに困難にぶつかることもあるでしょう。しかし、この困難を克服するたびに自分の優しさの奥深さに気付き、それが一生涯続くことでしょう。
    • 自分の理解や助けがなくても大丈夫だろうと考え、特定の人たちに優しさを見せないことは、優しくする対象を選んで実践していることになります。
  8. 8
    判断は最小限に留める 心の底から優しくなりたいのであれば、人を判断することをやめましょう。他人の批判に費やす時間を、前向きな気持ちや思いやりを維持することに費やすとよいでしょう。他人を軽んじる傾向がある人、他人への要求が多い人、自分に対する周囲の人たちの要求が大きいと感じる人、周囲の人々を愚か者だと見下す人などは、一生かけても優しさの本質を理解できないかもしれません。人を値踏みすることをやめるのが一番です。そして、相手と同じ立場でしばらく過ごさないことには相手のことを完全に理解できないと割り切るとよいでしょう。相手の努力が足りないと決めつける代わりに、その人を助けたいと思う自分の気持ちに意識を向けましょう。
    • 一方的な判断を下すことが多い人、ゴシップが好きな人、周囲の悪口しか言わない人は、優しくすると決めても優しさを行動に移すところまで到達できない可能性があります。
    • 優しさというのは完璧を期待するのではなく、全面的に信用できない相手であっても可能な限り好意的な解釈をすることです。
    広告

パート 2 の 3:
親切心を育む

  1. 1
    他人に対して思いやりを持つ 「親切にしなさい、あなたが会う人たちはみんな、厳しい戦いをしているのだから」を心の片隅に留めておきます。プラトーの格言であるこの言葉は、誰もが多かれ少なかれ、何らかの苦労を強いられているという事実を思い起こす助けとなります。しかし、自分が抱えている問題や他人に対する怒りで頭がいっぱいになると、この格言を簡単に忘れてしまいがちです。他人を嫌な気分にするような言動に出る前に、次のように自問してみましょう。「これは優しさなのか?」と。肯定的な答えにならないのであれば、その言動が間違っている証拠であり、即刻態度を改めましょう。
    • 自分の気分が最悪なときであっても、他の人たちも不安や苦痛、辛さ、悲しみ、落胆、喪失感などを感じていることを思い出しましょう。それによって自分の気持ちが慰められないとはいえ、どんな人でも辛さや苦痛で反発することがあると気付くことができます。優しさこそが相手の反発を諌めて、その後ろ側にある本心と結びつくカギと言えます。
  2. 2
    完璧を期待しない 完璧主義、競争好き、何事も急いでやらないと気がすまないという傾向がある人の場合、自身の野望やせっかちな性格、周囲から怠け者や自己中心的と思われることに対する恐怖心のせいで自分に優しくなれないことがよくあります。[9] 自分の思い通りに物事が運ばないときは、歩みを遅くして、自分の期待に応えられない自分を大目に見ましょう。
    • 間違いを責め立てたり、他人と自分を比べるのではなく、間違いから学びましょう。[10] 自分に思いやりを向けて初めて、他の人たちのニーズを慈悲深い目で見られるようになるはずです。
  3. 3
    その場にいる 他人に対して優しくすることの一番の贈り物は、相手と同じ時間と場所を共有しながら、相手の話を好意的に聞き、相手を心の底から気遣えることです。常に急ぎ足で落ち着きのない人であれば、自分のスケジュールを立て直しましょう。その場にいるということは、その場にいられる時間があるということです。常に急いでいたり、ぎっしりと予定が詰まっていては、そんな時間的余裕を持てないでしょう。
    • 機械的なコミュニケーション手段を控えましょう。SNSやメールは人間味がなく、常に急かされるコミュニケーション・ツールですが、確かにこれはこれで便利なときがあります。しかし、これ以外にもコミュニケーションの手段が存在します。実際に会ったり、電話で話したりする時間を作ってみましょう。また、メールの代わりに手書きの手紙を送ってみてもよいでしょう。わざわざ手紙を書く時間をとってくれたことに相手は驚くことでしょう。
  4. 4
    聞き上手になる  現代は忙しいこと、急いでいることを良しとする世の中です。何事もスピーディーに過ぎ去るこの世界では、人の話を聞くことは口で言うほど簡単なことではないかもしれません。忙しさのあまり相手の話を中断する、時間がなくて相手を急かすなどといったことは日常茶飯事でしょう。しかし、忙しさが習性になることと優しくできないことは別物です。人と話をするときには、全身全霊を傾けて相手の話を聞き、相手が伝えたい感情や内容をすべて吐き出すまで誠意ある態度で意識を集中しましょう。
    • 真剣に相手の話を聞くこと、相手の目を見て、すべての障害を取り除き、その人のためだけに時間を作ることは、優しさを表わす最高の方法の一つです。おざなりの反応で相手の話の腰を折らず、時間をかけてゆっくりと話を聞いて、内容をしっかり咀嚼しましょう。そして、相手のユニークな体験談を聞くことができて嬉しいこと、相手の話を聞くためにそこにいることを態度で示しましょう。
    • 聞き上手な人が必ずしも問題解決が上手なわけではありません。相手の問題の解決方法を思いつかないとわかっていても、そこで相手の話を聞くことが可能な限りの最善を尽くすことになります。
  5. 5
    楽観的であれ 幸福、喜び、感謝の気持ちは優しい心の中にあります。これがあれば、他人や世界の良い点に目を向け、自分が目撃・経験したチャレンジ、失望、残忍な行為を押し退ける力を得て、人間性を信じる気持ちをコンスタントに補充できるでしょう。楽観的な態度を維持すると、義務感やサービス精神で渋々行う優しさとは異なる、本物の喜びと朗らかさが行為に伴います。そして、ユーモアセンスを維持するとシリアスになり過ぎずに、矛盾や対立が起きても前向きな心持ちで対処できるようになります。
    • 嫌なことがあった日などは楽観さを維持するのが難しいことがあります。しかし、十分な訓練を積むと、ネガティブなことから意識を逸らし、ポジティブなことに意識を向けて楽観さを引き出すことが可能になります。幸せな未来を想像したり、悲しみよりも喜びの多い生活を心がけましょう。また、物事の明るい側面に意識を向けてもお代を取られることはないと覚えておくとよいでしょう。
    • 楽観的で前向きな態度は、優しい心構えを強化するだけでなく、自分の周囲にも喜びをもたらします。文句を言うことが多い人の場合、周囲の人を幸せにするのは難しいでしょう。
    • 幸せになるを読んでみましょう。また、愉快になる方法や感謝する方法をオンラインや書籍などで探してみて、自分の楽観さを補強するとよいでしょう。
  6. 6
    フレンドリーであれ 優しい人はフレンドリーな傾向があります。彼らが全員社交的というわけではなくても、初めて会った人と積極的に会話をし、くつろげる雰囲気作りに努めます。自分の学校や職場に新入生や新人が来たときには、その人に話しかけて、学校や職場の説明をしたり、集まりやイベントに招いたりしてみましょう。社交的でなくても、笑顔を向け、少しお喋りをすることがフレンドリーさを獲得する第一歩となります。そして、このタイプの優しさは誰もが気付き、感謝するものです。
    • フレンドリーな人たちは、常に他人の良い点を引き出そうとするので優しいと言えます。彼らは初めての人も知り合いも別け隔てなく、気楽で安心感を持たせるやり方で話しかけるので、話しかけられた方は簡単にリラックスできるわけです。
    • 生まれつき恥ずかしがり屋の人でも、性格を全部変える必要はなく、他人に注意を払う、挨拶をする、相手への興味を示すなど、少しだけ友好的になる努力をするとよいでしょう。
  7. 7
    礼儀正しくあれ 礼儀正しさ自体は優しさを示すものではないのですが、本心の礼儀正しさは会話している相手に対する尊敬や尊重を表わします。礼儀正しい態度は人々の注意を促して、自分の言葉を効果的に伝える穏やかな方法です。シンプルなやり方をいくつか紹介しましょう。
    • 自分のリクエストや反応を言い換える方法をいくつか持っておきましょう。例えば、「〇〇してもいい?」ではなく「〇〇してもいいですか?」、「それはフェアじゃない」ではなく「驚きました」、「それを言いたいわけじゃない」ではなく「説明の仕方を変えましょう」と言ってみます。同じ意味でも違う言い方にすることで言葉の重みが違ってきます。
    • 最高のマナーを身につけましょう。他の人のためにドアを開けて待つ、直接会うときに無作法にならない、初めて会った人に馴れ馴れしくしない等。
    • 嘘のない賛辞を人に伝えましょう。
    • 作法や優しさを実践するための方法をオンラインや書籍で探して、色々なアイデアを収集してみましょう。
  8. 8
    感謝の心を忘れない 本心から優しい人はいとも簡単に感謝の意を表わします。彼らは何事も当たり前とは捉えず、自分を助けてくれた人々に常に感謝しています。彼らは「ありがとう」の言い方を知っていて、その言葉に嘘はありません。また、感謝を伝えるカードを送り、他人から助けられたときには素直に謝意を表現します。感謝の気持ちを忘れない人たちが他人に感謝を表わす理由は、特定の仕事や役割を完遂してくれたことに対する気持ちを表わす他に、感謝の気持ちを持って明るい雰囲気で生活するためです。周囲の人たちに感謝することを習慣づけると、優しさの許容量が大きくなることに気付くことでしょう。
    • 他人が自分にしてくれた親切や嬉しいことに敏感になると、他の人たちに優しく接する準備が整います。他の人の優しさが自分の気分を良くすると気付くため、その優しさや愛情をもっと広めたいと思うようになるでしょう。
    広告

パート 3 の 3:
行動に移す

  1. 1
    動物と生物界を好きになる 動物を愛し、ペットを愛することは優しさを発揮していることになります。人間が支配している世界において、他の種族を慈しむ以上に人の心を強く動かすことはないでしょう。また、動物を愛し、動物の存在意義を尊重すること自体が、深い優しさの表われとも言えます。同様に、自分を生かし、維持する自然環境に対しての優しさ、健康的な生活を確保するために自然破壊を行わないことは、優しさだけでなく神経の細やかさも表わします。
    • ペットを受け入れて育てましょう。愛情と喜びを与えてくれる他の生き物を迎えることで、優しさへのご褒美を得ることができます。
    • しばらく家を空ける友達のペットの世話を進んで行いましょう。友だちのペットを大切に思う自分が不在中に世話をすると伝えて友だちを安心させましょう。
    • 世話をしている動物を大切にしましょう。人間が動物を所有しているのではなく、一緒に暮らす動物が快適に過ごせる空間を提供する役割を担っている関係と捉えます。
    • 地元のコミュニティと協力して、住んでいる場所の環境を修復する時間を作りましょう。家族や友だちと、または自分ひとりで、自然の中を散歩して、自分が一部を担う世界と親しくしてみましょう。自然に対する愛情を他の人たちと共有し、彼らの中にある自然との結びつきを刺激してもよいでしょう。
  2. 2
    共有する 優しい人々は他の人と共有することを厭いません。お気に入りのセーターを共有する、美味しい食べ物を分け合う、年下に仕事の助言をするなど。ここで重要なことは、自分にとっても大切な物事を共有していること、不要のものを渡すことではないという点です。不要なセーターを友だちにあげるよりも、お気に入りのセーターを貸すほうが友情の深さを表わします。他の人と共有すると自分の寛容さが大きくなり、優しさも増すと言えるでしょう。
    • 自分が手を貸すと間違いなく助かる人がいたら見逃さないようにしましょう。相手が助けを求めてくるとは限りません。助けを求められなくても、自発的に手を差し伸べましょう。
  3. 3
    よく微笑む 笑顔はシンプルな動作ですが、優しさの効果が高い行為です。友だちや知り合いだけでなく、見知らぬ人にも笑顔を向ける習慣をつけましょう。外出中ずっと笑顔をキープする必要はありませんが、大抵の人は笑顔を向けられると笑顔で応えてくれます。また、予想外の笑顔を向けられて小さな幸せを感じることもあります。加えて、笑顔になるとその前よりも幸福感が増すという素敵な効果も期待できます。笑顔ひとつでみんなが幸せな気分になり、自分の懐もさらに深くなるでしょう。
    • 笑顔は相手の緊張を解き、親近感を促します。これも優しさの表現方法のひとつと言えます。また、他人を歓迎する行動や、微笑みで相手を安心させる行為も優しさの表現方法です。
  4. 4
    人に興味を持つ 本当に優しい人というのは、純粋に他の人々に興味を示します。何かを得たい、何かを頼みたいという下心があって優しいわけではありません。彼らが優しいのは、自分の周囲の人々を気にかけていて、彼らに幸せで健康でいて欲しいからなのです。優しくなるには他の人に興味を示す能力を鍛えましょう。そして、相手を気遣い、質問をし、注意を払って、相手に対する興味を態度で示しましょう。ここで人に興味を示す方法を幾つか紹介します。
    • 彼らの調子を本気でたずねましょう。
    • 趣味、興味、家族について聞いてみましょう。
    • 親しい人が重要な出来事を経験したら、その様子について聞いてみます。
    • 近々大切な試験や面接がある人には、がんばれと励ましましょう。
    • 人と話をするときは、相手と自分のお喋りの割合が半々になるように意識しましょう。一方的に喋らずに、自分のことよりも相手の話に意識を向けるようにします。
    • 誰かと話している最中は相手の目を見ましょう。携帯電話やスマートフォンはバッグやポケットに入れるなりして、相手を優先していることを示しましょう。
  5. 5
    特に用事がなくても友だちに電話する 友だちに電話するのに特別な理由が必要とは限りません。一週間に一度は友だちに電話するという目標を立ててみます。一人でも二人でもいいでしょう。そして、近況報告をしながら相手の様子をたずねます。このとき、何かを計画する、何かを依頼するというような用事はないほうがよいでしょう。つまり、声を聞きたかった、どうしているかと思っていたという気持ちで連絡するということです。突然、友人から電話をもらった相手はその気遣いに嬉しくなり、電話をかけた側もよい気分になるはずです。これは優しさと心遣いを表わす行為と言えるでしょう。
    • 週に一度電話する暇もないほど忙しい場合には、友人の誕生日に電話することから始めてみます。メールやSNSへの投稿で済ますのはよしましょう。その代わりに電話で直接、心のこもったお祝いを伝えてみましょう。
  6. 6
    慈善事業に寄付する 持っている物を慈善団体に寄付することも優しさを表わす行動です。捨てたり、ガレージセールで捨て値で売ったりする代わりに、必要としている人たちへ届くように不用品を寄付しましょう。まだ使用できる洋服、本、日用雑貨があるのであれば捨てたりタンスの奥で眠らせずに慈善団体に寄付することを習慣にします。これは優しさを他の人に拡散する素晴らしい方法と言えます。
    • 自分が持っている洋服や本を欲しがっている友だちがいるのであれば、躊躇せずにその友だちにあげましょう。これも優しさを示す方法です。
  7. 7
    別け隔てなく優しさを発揮する 「見返りを求めずに、誰にでも親切にしてください。いつの日か、誰かがあなたに同じことをしてくれるかもしれないのだから」は故ダイアナ妃の有名な言葉です。分け隔てなく親切にする慣習は、優しさを拡散するという意識的な努力を伴う行為として今でも健在です。文明人としての義務を果たすためにこの慣習を実践するグループを設立した人たちもいます。以下に、分け隔てない親切のヒントをいくつか紹介しましょう。
    • 自分の玄関前だけなく、隣人の玄関前の雪かきをする
    • 友だちの車を洗う
    • 超過したパーキング・メーターに小銭を入れる
    • 重い荷物を持っている人を手伝う
    • 見知らぬ人の玄関にプレゼントを置く
    • これ以外の別け隔てのない親切行為についてオンラインなどで調べてみる
  8. 8
    優しさで人生を変える 生き方を変える、世間の見方を変えることは簡単にできないかもしれません。そこで次のオルダス・ハクスリーが遺した人生を変えるための処方箋を読んでみましょう。「人生を変えるための一番効果的なテクニックをよく聞かれます。何年も研究と実験を行ってきて、こんなことを言うのは少し恥ずかしいのですが、一番の答えは……少しだけ優しくなることです。」[11] ハクスリーが何年も研究を重ねて得た答えを心に刻み、優しさで人生が変わることを受け入れましょう。そして、敵意、憎しみ、軽蔑、怒り、恐れ、卑下などの負の感情を超えたところに優しさを置き、失望で疲弊した生きる力を取り戻しましょう。
    • 優しくすることで、自分にとっての正しい生き方は他人を慈しむこと、環境を大切に思うこと、自分を気遣うことだと態度で示すことになります。[12] しかし、これは一朝一夕で実現できるものではありません。優しさというのは生き方の選択肢の一つであり、自分が考えて実現する一挙手一投足と常に共にある人生の伴奏のようなものです。
    • 優しくすることで、他人が自分よりも恵まれている、自分よりも上だ下だなど、自分と他人を比較することを手放しましょう。そうすると自分を含む全員に価値があると当然と思えるようになります。
    • 優しくすることで、自分も他人も連帯していることを実感しましょう。つまり、誰かを傷つけると、それは自分自身も傷つけることになり、その逆に、誰かを支援することは自分自身を支援することになります。
    広告

ポイント

  • 目先のことだけを考えないようにしましょう。今日、自分が親切にした人が、その体験から他人に優しくすることの大切さ、優しくする術を学ぶかもしれません。また、優しさというのは、波紋のように始点からどんどん広がる特性を持っています。何年も経ってから、自分の小さな親切が他の人が素晴らしいことを成し遂げた原動力になっていたこと、その人が自分自身を信じるきっかけになったことなどを、偶然教えられることがあります。優しさは決して消えないことを覚えておきましょう。
  • 年配の人が近くを歩いていたら、通り過ぎるときに「失礼します」と声をかけましょう。時間が許すのであれば、その人を助けて行きたい場所まで同伴してもよいでしょう。
  • 重いスーツケースを苦労して運んでいる人を見かけたら手伝ってあげましょう。
  • 目の不自由な人が道路を横切ろうとしていたら手伝ってあげましょう。
  • 老人ホームを訪問して、訪問者が少ない入居者とトランプやゲームをして1時間過ごしてみましょう。
  • 「心を鬼にする」という格言を熟考してみましょう。この格言が有名な理由は何でしょうか? この言葉が正しいと思いますか? 自分の知り合いに教訓が必要な人がいるとき、特に彼ら自身が問題を解決しなければいけない状況の場合、自分の判断を保留して、自分が彼らの状況を変えようとせず、彼らが自ら状況を変えられるきっかけや変えるための自信を得られるように、彼らを支えることが最大限の優しさでしょう。人を変えることは不可能です。しかし、優しさによって周りの環境を変えることは可能です。環境が少し変われば、彼ら自身が必要な変化を起こせるでしょう。つまり、そういうときの優しさは「鬼になる」のではないということです。彼らのために間接的に手伝っているのです。
  • 知らない人が笑顔を向けてきたら、躊躇せずに笑顔を返しましょう。これが優しさのジェスチャーです。
  • 周りに人がいたら笑顔を向けましょう。それで彼らの一日が明るくなるかもしれません。
  • 側にいる人に「元気ですか?」と声をかけてみましょう。そして、彼らの返事をしっかりと聞きます。優しさは心遣いと思いやりです。誰もが自分に耳を傾けて欲しいと思うものです。
  • お店の販売員から自分の上司まで、会う人全員に挨拶して、明るく居心地のよい環境を作りましょう。これは毎日練習するとよいでしょう。
  • 大変な状況の友だちに夕飯を作ってあげましょう。
  • 隣人が体調を崩しているなら、スーパーに行く前に彼らに必要なものがないか聞いてみましょう。
  • 好きになれない人がいるのは自然なことです。地球上で一番気立ての良い人であっても他人に苛立つことはあります。ただ、好きになれない人がいても礼儀正しくし続けましょう。
  • 見返りを求めずに優しさを与えましょう。情けは人のためならずのことわざ通り、いつか自分に返ってきます。
  • 自分の感情を制御しましょう。怒りを感じているときは、人を傷つけるような言葉は言わないようにするとよいでしょう。
  • 誰かが何かを落としたら率先して拾ってあげましょう。
  • 友だちが休暇で自宅を空けるときはペットの面倒を見てあげましょう。
  • 負け惜しみは言わないようにしましょう。
  • 助ける対象は隣人だけではありません。家族も同様に大切です。母親にコーヒーをいれる、兄弟の寝室を掃除する、ペットを散歩に連れて行くなど、ほんの些細なことでも喜ばれると覚えておきましょう。
  • 寂しそうな人がいたら、立ち止まって話しかけ、コーヒーをおごってあげましょう。
  • スーパーで食べ物を買ってホームレスに分け与えてあげましょう。
  • 一日一善カレンダーを作り、その日に意識して行った親切を書き留めておきましょう。自然に優しく出来るようになり、カレンダーが優しさで溢れるようになるまで続けてみます。
  • ひとりぼっちで寂しそうな人を見かけたら、近づいて行って、話を聞いたり、助けたり、元気づけたりしましょう。

広告

注意事項

  • 相手にとっては余計なお世話になり得ることもあるので、自分の親切さが必要とされているかを確認しましょう。世の中には「正直者が馬鹿をみる」ということわざがあります。自分は相手を助けているつもりでも、状況をよく知らずに行えば、相手にとっては状況を悪化させるだけということがあり得ます。
  • 誰かに対して憤慨している場合、優しさは相手に恩義を感じさせこそすれ、悪意や復讐心を生まないということを覚えておきましょう。悪事を行うと人はそれを正当化するものです。しかし、優しさで許されると、人は自分の悪事を認めざるを得なくなります。
  • 自分の善行をほくそ笑むようなことはやめましょう。謙虚さが大切です。周囲の好意を得るために優しくするのは本当の優しさではありません。相手が気付かないように助けてあげましょう。
広告

関連記事

How to

壁の向こう側の会話を聞き取る

How to

げっぷする

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

他者に依存しない

How to

復讐する

How to

キスが上手になる

How to

笑ってはいけない時に笑いを止める

How to

泣いている人を慰める

How to

笑い方を変える

How to

男性からの好意に気付く

How to

自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する

How to

相手が自分を本当に好きかを知る
広告

出典

  1. Piero Ferrucci, The power of kindness, p. 8 (2007), ISBN 978-1-58542-588-4
  2. Piero Ferrucci, The power of kindness, p. 9 (2007), ISBN 978-1-58542-588-4
  3. Piero Ferrucci, The power of kindness, p. 7 (2007), ISBN 978-1-58542-588-4
  4. Stephanie Dowrick, Choosing Happiness, p. 55, (2005), ISBN 1-74114-521
  5. Stephanie Dowrick, Choosing Happiness, p. 4, (2005), ISBN 1-74114-521
  6. Leo Babauta, 7 Little Habits That Can Change Your Life and How to Form Them, http://zenhabits.net/7-little-habits-that-can-change-your-life-and-how-to-form-them/
  7. Leo Babauta, 7 Little Habits That Can Change Your Life and How to Form Them, http://zenhabits.net/7-little-habits-that-can-change-your-life-and-how-to-form-them/
  8. Stephanie Dowrick, Choosing Happiness, p. 357, (2005), ISBN 1-74114-521
  9. Stephanie Dowrick, Choosing Happiness, p. 341, (2005), ISBN 1-74114-521
  1. Stephanie Dowrick, Choosing Happiness, p. 279, (2005), ISBN 1-74114-521
  2. Piero Ferrucci, The power of kindness, p. 11 (2007), ISBN 978-1-58542-588-4
  3. Piero Ferrucci, The power of kindness, p. 271 (2007), ISBN 978-1-58542-588-4

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む113人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は4,742回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係 | 健康 | 哲学・宗教
このページは 4,742 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告