優れた司会者になる方法

この記事には:イベントの前に準備をするイベントの最中

司会者(MCとしても知られている)は舞台上のイベントやパフォーマンス、またはパーティーにおける公認のホストです。一般的に司会者は講演者を紹介したり、発表を行ったり、聴衆との間を取り持つことでイベントが滞りなく進行するように見計らいます。 司会者になるのは一見困難なように思えますが、MCとしての役割をしっかり果たす上でいくつかの方法があります。この方法を実践することで、自信を持ってカリスマ性を発揮できればイベントは大成功するはずです。

パート 1
イベントの前に準備をする

  1. 1
    イベントの内容を把握しておく 式典が結婚式や卒業式、誕生日会、または有名人を冷やかすようなイベント等のいかなる物であっても、必ず前もって内容を把握しておきましょう。イベントの内容次第で、MCが創り上げるべき雰囲気は変わります。何が起こっているか、何を話すべきか、次に何が起こるかを知っておくことは有能なMCになる秘訣です。
    • イベントを主催している人とのミーティングを計画します。全体図やイベントの進行に関する詳細を復習しましょう。[1]
  2. 2
    責任を理解する MCにはイベント全体を通じて、ふさわしい雰囲気を作り出すだけでなく、それを維持する責任が伴います。ふさわしい場の雰囲気はイベントの種類により異なりますが、MCを採用する大半のイベントは、楽しく活発な雰囲気を作り出すことを期待しているはずです。MCとしての主な責任には次の物が含まれます。[2]
    • イベントを滞りなく進行し、イベントの合間を繋ぐ。
    • 観客の注意を引き付けて、楽しませる。
    • 観客をなおざりにせず、イベント中に接触を保つ。
    • 講演者に注意が向くようにする。
    • イベントの時間を守る。
    • イベント中に起こっていることを皆に知らせる。
  3. 3
    期待されている役割を果たす MCを務めるには優れたユーモアのセンスを持ち、観客を盛り上げることができるだけでなく、演説家としての経験も求められます。つまり、予想しない事態に直面しても、アドリブでしっかりと対応できなければいけません。例えば、次の講演者がトイレから出るまでの時間を繋いだり、壊れたマイクを交換している間に一時的に観客を楽しませるといったことが求められるでしょう。
    • 笑顔を絶やさないようにしましょう。笑顔はイベントの楽しく和やかな雰囲気を高めるだけでなく、あなたが熱意のあるMCだという印象を強めます。
    • MCであるからといって、あなたがショーの中心人物であるというわけではありません。他の人に、その人がショーのスターであるように感じさせることが仕事です。
  4. 4
    下調べをしておく 主要な講演者と連絡を取って関連する予備知識を仕入れておきましょう。その情報を元に、講演者の紹介文を準備します。この背景調査を行っておけば、個人的で心のこもった紹介文を作成できるはずです。
    • イベント中に言及すべき特定の人が観客の中にいるかどうかを調べておきます。[3]
    • 必要な人々の名前や役職を前もって確認しておけば、ステージ上で言及する際の呼び間違いを防げます。
  5. 5
    しっかりと組織する イベントの予定表を作るか、予定表が手元にある場合にはそれを見直しましょう。こうして分刻みでイベントのスケジュールを管理します。ステージに上り下りするための所要時間、ゲストを紹介する時間、またゲストによるスピーチや祝辞にかかる時間を考慮に入れましょう。[4]
    • イベント中に発言する事柄を簡単に原稿にまとめておいても良いでしょう。原稿は記憶を呼び覚ますようなものであるべきです。タスクに集中できる上で助けになる点を何枚かのカードにまとめたり、イベントの流れを示す企画概要書のようなものを準備しておいても良いでしょう。
    • MCという立場から、自分が一人の責任者以外との打ち合わせはしないという旨を主催側の責任者に伝えておいても良いでしょう。プログラムに何らかの変更が加えられる際には、その人物がそれを認める場合においてのみ可能であるということを意味します。こうすれば、イベント中の混乱や連絡不足といった事態を防ぐことができ、イベントもスムーズに進行するでしょう。[5]

パート 2
イベントの最中

  1. 1
    平静を保つ MCには多くのプレッシャーがかかります。イベントの成功は、MCがどのように物事を導くかに大きく関わっています。イベントは目まぐるしく進行する場合がありますが、平静さを保ってMCとしての役割に徹することが重要です。冷静さを保つ上で次の点を実施してみましょう。
    • ミスしても続ける 止まってしまうと、失敗が誰の目にも明らかに写ってしまうでしょう。柔軟に対応して、ミスした状態から立ち直りましょう。これが上手くできれば、恐らくあなたがミスしたことを観客は忘れてしまうでしょう。
    • 話している際に視線を向ける先を見つける 話している最中に特定の人物を見つめると、より落ち着かない気持ちになる恐れがあります。むしろ、観客の頭上部分に視線を向ければ、一対一で誰かと視線が合うことを防げます。
    • ゆっくりと喋る あまりにも早く喋り過ぎると、あなたが緊張していることが誰の目にも明らかになってしまいます。また早く喋り過ぎるあまり、発音を間違えたり、どもってしまう恐れもあります。そうなると観客はあなたが話している内容を理解できなくなります。時間を取って、節の合間に空白を置いてみましょう。
  2. 2
    イベントのオープニングの準備をする 自己紹介をしてから観客へ歓迎の言葉を向けます。特定の主要なグループを見極めてから個別に歓迎しましょう。この歓迎の言葉を長くする必要はありませんが、心をこめるようにしましょう。
    • 例えば、「はるばる北海道から、熊がいる地域を抜けてここまで来てくださった、日本ハムファイターズファンである酪農家の皆さんを心より歓迎いたします」といった風に言うこともできます。[6]
  3. 3
    講演者を紹介する MCには、ステージ上に上がる様々な講演者やイベント関連者を紹介する役割があります。ゲストがイベントに深く関与している場合には、より詳細な形で適切に紹介する必要があります。[7]講演者を紹介した後に、講演者がマイクに到達するまで観客が拍手を送るように促します。講演者が話し終えた際には、講演者がステージを降りて自分の席に戻るまで観客が拍手を送り続けるように促しましょう。
    • MCの大切な責任は、イベントを時間通りに進行することです。そのため、講演者が持ち時間を超過して話し続けているようであれば、勇気を持ってその旨を知らせましょう。メモを手渡したり、「巻いて下さい」といった感じで指を上向きに回すようなジェスチャーをしても良いでしょう。
    • 次の部分の紹介を始める前に、講演者に感謝の言葉を述べましょう。それに加えて、講演者が触れた内容について軽く触れても良いでしょう。面白かったり、興味深かったり、感動したような点について言及することができます。[8]こうすれば、あなたが注意深いMCであることが明らかになるだけでなく、講演者によるプレゼンテーションの価値を際立たせることができます。
  4. 4
    合間を繋ぐ 1つの部分から次の部分を繋ぐ際には、ユーモアを交えると簡単に繋げます。イベント開始前に、区切りの合間に使えるような意見や逸話、または冗談をいくつか仕込んでおきます。[9]また、その場で起こったことについてコメントしても良いでしょう。直前の講演者やパフォーマンスに関連した面白い点や、意義深い点を見つけておくように努めます。そしてそこから次の講演者やパフォーマンスに繋げてみましょう。
    • 気まずい雰囲気になっていることに気付いたら、観客に質問をしてみても良いでしょう。質問は「はい」か「いいえ」で回答できるようなものにしましょう。質問を投げかければ、観客も参加するため集中力を持続できます。またMCとしての役割を際立たせることもできます。
    • ステージ上で起こったことについて何も触れないのはMCとして失格です。MCが事態を把握していないような印象を与えてしまうでしょう。
    • イベントが数時間に及ぶような場合には、パフォーマンスや講演に関する短いおさらいを合間に含めても良いでしょう。また次に控えている内容についての情報を知らせることもできます。
  5. 5
    あらゆる事態に備えておく 前述したように、優れたMCは常に対応できる準備ができていなければいけません。イベントが生で進行する場合には、様々な理由が原因で中断する場合があります。給仕人が飲み物をこぼしてしまったり、間違った音楽がかかったり、出るべき講演者がトイレから戻ってこなかったりといった事態が起こり得ます。仮に注意を乱すような様々な事柄や事故が起きたとしても、何事もなくイベントを進行してコントロールできれば、雰囲気は和やかなものになるでしょう。
    • 何かミスが起こったり誰かが無作法に振舞い始めたとしても、MCは常に楽観的でなければいけません。
    • 誰かを叱責する責任はありません。あなたの仕事は不測の事態においても物事をスムーズに進行することです。MCが否定的な態度を示すと、場が非常に不愉快な雰囲気になるため、不適切であると言えるでしょう。
  6. 6
    イベントを終了する イベントを終了する際には、オープニング時と同様に、熱意や心をこめる必要があります。イベントを終了する際に、一般的にMCは参加者、講演者、およびパフォーマーの全員に感謝を伝えます。またイベントを実現するのに貢献した全ての人に感謝を伝えるのもふさわしいでしょう。イベントで起こった事柄や学習した事柄について要約します。またイベントの内容次第では、観客に行動を促すこともできるでしょう。[10]
    • これには、次の集まりに再度来るように促したり、寄付をすることを勧めたり、特定の分野において先駆者として活動し続けるように励ますことが含まれます。いずれにせよ、観客に行動を取るように励ましましょう。

ポイント

  • 自信を持ち、観衆と接触を保つようにします。
  • 笑顔を作ります。そこにいられて嬉しいという印象を与えましょう。
  • 前もって準備をすることは大切ですが、原稿を丸読みしているような印象を与えてはいけません。
  • 時間に遅れが見られる場合には、事実に基づく話や冗談、時事問題を交えることで、気まずい沈黙を防ぎましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む37人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 仕事・職業

他言語版:

English: Be a Good Master of Ceremonies, Italiano: Essere un Buon Maestro di Cerimonie, Español: ser un buen maestro de ceremonias, Deutsch: Ein guter Zeremonienmeister werden, Português: Ser um Bom Mestre de Cerimônias, Русский: быть хорошим ведущим мероприятий, 中文: 成为优秀的主持人, Français: être un bon maître de cérémonie, Nederlands: Een goede ceremoniemeester zijn, ไทย: เป็นพิธีกรที่ดี, العربية: أن تصبح مقدم حفلات جيد, Tiếng Việt: Trở thành người dẫn chương trình giỏi

このページは 216 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?