優秀な生徒になる方法

この記事には:優秀な生徒になるためにはクラスの中で良い生徒になる勉強で成功するには

優秀な生徒は、集中して勉強をする一方で時には休憩を取る必要があることを知っています。時間の管理が上手で、有意義な学習計画を立て、ほとんどの時間を学校の教室で過ごします。そうしている間にもきちんと楽しい時間を持つことも忘れません。新しい知識を得て優秀な成績を取ることも楽しむのです。

パート 1
優秀な生徒になるためには

  1. 1
    勉強を最優先する。優秀な生徒は勉強を最優先させてきたからこそ良い成績をおさめることができたことを理解しています。友達や家族と会ったり、カリキュラム以外の活動をしたり一人で静かな時間を過ごすことももちろん大切ですが、勉強の時間を確保することの大切さを忘れないようにしましょう。重要な試験を控えているのに勉強が足りていないと思ったら、試験2日前のパーティーは断わるべきです。英語の授業にかなり遅れを取っているのならば、話題のテレビドラマはしばらくおあずけにします。別に自分のやりたいことが一生できないというわけではありません。ただ勉強が最優先課題であることを肝に銘じておく必要があります。[1]
    • とは言え、勉強のために世の中の全てを無視できるわけではありません。友達や家族のだれかが絶望的な状況になってしまっているのならば、その人を見捨てて勉強だけをすることもできません。
  2. 2
    規則正しい生活をする。常に時間に気を付けて、遅刻が許されない場には時間に間に合うようにして、目的地への行き方を調べておく習慣をつけます。実際には、時間よりも少し早めに目的地に到着して、着席し、集中して準備万端で勉強に向かう体制が出来ている必要があります。テストを受ける時でも友達と一緒に勉強をする時でも、優秀な生徒を目指すならば時間を守るようにしましょう。[2]
  3. 3
    誠実に行動する。つまり勉強は自分でして、カンニングをしたり欺いたりしてはいけません。勉強で欺いても何も良いことはなく、ちょっとした近道をしたと思ったことが実際にはとんでもないトラブルを巻き起こす可能性もあります。テストでカンニングをするのは無意味であるばかりでなく、カンニングが見つかったりする位ならば、テストで悪い成績を取る方がよほどましでしょう。見つからなかったとしても、カンニングをすることで勉強でも人生でも手っ取り早い近道をしても大丈夫と思うようになり、今でなくともいつの日か何かしらの悪事をしてしまう可能性だってあるのです。
    • 友達からのプレッシャーに負けない。学校によってはカンニング行為が日常的に行われており、周りの皆がやっているから自分も、という気分になってしまうこともあるかもしれません。こうした「皆がやっているから自分も」という集団思考はとても危険な上に、潜在能力を引き出す妨げにもなります。
  4. 4
    目の前のことに集中する。優秀な生徒はその時やるべきことに集中します。歴史の教科書の1章を1時間勉強する必要がある時は、きちんとそれに集中してぼんやりと考え事などしないようにしましょう。休憩が欲しいのなら10分間だけ休みます。だらだらと休憩を続けたせいで、肝心の勉強の時間が10分だけになってしまったなんてことにならないようにします。集中する時間を少しずつ増やしていくことは可能です。15分以上集中するなんて無理と思っていても、徐々に訓練して20分、30分…と増やしていくことができます。[3]
    • とは言え、ほとんどの人は60分か90分以上集中したりひとつのことを行ったりするのは難しいでしょう。1時間か1時間半おきに10分か15分程度の休憩を取ると、気持ちがリフレッシュして再び勉強に集中することができます。
  5. 5
    他人と比べない。優秀な生徒は自分なりのやり方で成功を収めており、兄弟姉妹や、近所の人、勉強仲間が学校でどのようにしているかなんて気にしません。結局のところ、人は自分なりの方法で成功するということを知っています。他人のことばかり気にしていたら、自分に失望してしまうか競争心ばかり強くなって行き詰ってしまいます。他人のことを気にするのはやめて、自分が出来ることに集中するようにしましょう。
    • 「他人と自分を比べないこと。そんなのは無意味よ。」
  6. 6
    少しずつ進歩するように勉強をする。優秀な生徒になりたいのならば、「可」の成績を突然「優」にしようなんて思ってはいけません。「可」から「良」へ、そして「優」へと徐々に成績を上げていくことは可能であり、すぐに成績が上がらないからと落ち込むこともありません。優秀な生徒は急に成績を上げるのは難しいと理解していますし、結果だけにこだわるよりも細部に至る小さな事柄に注意を払います。優秀な生徒になるのならば、徐々に成績を上げていくことを覚えましょう。
  7. 7
    勉強そのものを楽しむ。優秀な生徒は「優」の成績を取ることだけを目標に機械のように勉強することはありません。勉強する内容そのものに興味を持ちますし、知りたいという気持ちがあるからもっと伸びるのです。もちろん植物の光合成から線形方程式に至るまで、勉強する全てのことに興味を持つのは難しいですが、どんな内容でも何かしら自分の関心を引く事柄が見つかるでしょう。興味が持てたら集中できますし、もっと勉強することが楽しくなります。
    • 授業の中で自分が好きなことが見つかったら、それについて書かれた本を探して授業以外でも読んでみましょう。更に興味を持つことができるでしょう。例えば「坊ちゃん」を読んで面白いと思ったら、「明暗」やそれ以外の夏目漱石の作品も合わせて読んでみましょう。

パート 2
クラスの中で良い生徒になる

  1. 1
    細心の注意を払う。優秀な生徒になりたいのならば、授業に細心の注意を払う必要があります。勉強していくひとつひとつの内容を好きになる必要はありませんが、先生の話すことに興味を持って聞き、友達にメールを送ったりしてはいけません。きちんと集中して聞けば先生が話していることが理解できますし、また重要なポイントも分かります。
    • 最新の注意を払うために、常に先生を見ているようにします。
    • 何かに気を取られて聞き逃してしまったら、すぐにその部分を分かりやすく説明してもらいましょう。分からないままに授業が進むと、集中することがどんどん困難になってしまいます。
  2. 2
    ノートを取る。授業中は必ずノートを取りましょう。後で勉強をするときに必要になるだけでなく、ノートを取ることでクラスの中に溶け込めますし、授業の内容を自分のことばでノートに書き込むことで理解が深まります。人によっては蛍光マーカーやペンを何種類も使ってノートを作りこみ、内容を理解しようと努めます。ノートを取ることで自分が勉強していることに自覚を持ち、先生の話していることに注意を払うようになります。
  3. 3
    積極的に質問する。優秀な生徒になりたいのならば、必要に応じてきちんと先生に質問をして正しく内容を理解するようにします。授業を妨げるのは良くありませんが、内容が頭の中で混乱してしまったら、質問をして確認しきちんと理解すると、試験にも臨めます。質問をすると話し合いの中でも積極的でいられますし、内容を理解しやすくもなります。
    • 授業が終わったら、自分が取ったノートを読み返して分からないことがあったら次の授業の時に聞けるよう質問を用意しておきます。先生によっては授業が終わってから質問するように言うこともあります。その場合は先生の指示に従いましょう。
  4. 4
    授業に参加する。優秀な生徒になりたいのならば、積極的に授業に参加しましょう。分からないことがある時だけ質問をするのでなく、先生に聞かれた質問に答えたり、共同作業に積極的に参加したり、授業中には進んで先生の手伝いをしたりして授業に積極的に関わって、学習経験を最大限に活用しましょう。授業に参加すると先生とも良い関係を築くことができ、授業に積極的に取り組むことができます。
    • 全ての質問に対して手を挙げる必要はありませんが、意見がある時はつとめて言うようにしましょう。
    • 3つの原理を忘れないようにしましょう。どの授業でも少なくとも3つは答えるようにすると、あなたの授業への参加度がアップします。
    • 共同作業にも積極的に参加しましょう。優秀な生徒は単独でも集団でも活動することに長けています。
  5. 5
    授業に集中する。学習経験を最大限に活用したいのならば、出来る限り授業に集中しましょう。仲の良い友達やおしゃべりなクラスメートの隣に座らないようにして、お菓子や雑誌類、携帯など勉強の妨げになるものは全て遠ざけます。友達とおしゃべりをしたり、雑誌を見たり、お楽しみは後にして、勉強をする妨げにしてはいけません。
    • 他の生徒のおしゃべりのせいで気が散ってしまったり、または先生の話している内容がつまらなくて誰かに話しかけたくなったときは、席を代わっても良いか先生に尋ねましょう。それが無理ならば、出来るだけおしゃべりをしている人を気にしないようにします。ずっと続くようならばおしゃべりを止めるよう、丁寧な態度でお願いしましょう。
    • 授業中は他の勉強について考えないようにしましょう。今受けている授業にだけ集中して、別の授業のことはその時になったら考えましょう。
  6. 6
    先生と良好な関係を築く。良い生徒になるためには、先生と強い絆を持ちましょう。先生にこびたり親友になる必要はありません。先生と強い絆を持つことで、特別な助けが必要になった時はお願いできたり、また勉強する内容にもっと興味を持つようになることもあります。授業には時間通りに出席し、先生の決めたルールに従って勉強に最大限に活用しましょう。
    • 先生の言うことを聞くことで、他の人から先生のお気に入りだと思われないかと心配する必要はありません。あなたはただ良い生徒でいようと努力をしているだけなのです。
    • 先生があなたのことを気に入ったら、もっとあなたを助けたり質問に答えたりしてくれるでしょう。何か問題が起こった場合も、理解を示してくれるようになります。
  7. 7
    前の席に座る。席が決められていないならば、先生に近い席に座ります。授業に集中できますし、先生が近くにいると気が散らなくなり注意をむけられます。近くに座ることで先生との絆がもっと強くなります。そして教室が大きければ大きい程先生たちは前の席に座っている生徒と関わろうとするものです。
    • 先生のご機嫌取りをする奴だと思われるなんて心配は無用です。あなたは取り組んでいる勉強のために最善をつくそうとしているだけなのですから。
  8. 8
    課外の単位を利用しましょう!できるだけ必修以外の課外単位も取るようにしましょう。課外単位を認めている学校はそう多くありません。可能であればそのチャンスを逃さないようにしましょう。

パート 3
勉強で成功するには

  1. 1
    勉強会ごとに計画を立てる。勉強で成功を収めるには、まずは勉強会の前にきちんとした計画を立てましょう。計画を立てることで集中して目標を達成し、勉強会を実り多いものとすることができます。時間を15分から30分で区切り、どの時間に何の勉強をするのかのリストを作成します。単語帳を使う、ノートを読み返す、実践テストを受ける、などです。このように時間を分けることで勉強することに圧倒されたりやる気をなくすことを避けられます。
    • チェックリストを作るとやる気が出やすくなるでしょう。ひとつの勉強が終わったらリストにチェックを付けることで達成感が得られますし、何を勉強したかが明確になります。
  2. 2
    勉強会をスケジュールに組み込む。勉強で成功するためには、勉強時間をあらかじめ予定に組み込んでしまいましょう。平日はできれば毎日、必要に応じて週末にも勉強のための時間を確保しましょう。自分の能力以上のことはしたくないと思うかもしれませんが、予定表を遊びやパーティー、課外活動でいっぱいにして勉強する時間がない、とはしたくないでしょう。
    • 勉強のための時間を確保すれば、その間は人との付き合いで終わってしまって勉強できない、なんてことにはなりません。勉強のための時間を確保しようとしてみて初めて自分のスケジュールが付き合いのための予定ばかりであることに気づく場合もあります。
    • 一か月のスケジュールを作って、各週の学習計画を練るのも良いでしょう。大きな試験を控えている場合は特に効果的です。
  3. 3
    自分にあった学習方法を見つける。学習方法にはいくつかの種類があります。単語帳を使う、徹底的にノートを取る、といったやり方が必ずしも万人に向いているわけではありません。自分に合った学習方法を知り、それに合わせて勉強をすることが大切です。ほとんどの人がいくつか好みの方法を持っていますから、それらを組み合わせると良いでしょう。よくある学習方法や勉強のコツを以下に挙げておきます。
    • 視覚学習者の場合。目で見て勉強をした方が効率良く結果が出せる人の場合、画像や写真といった空間的なもので理解するようにしましょう。図表やグラフ、色分けされたノートといったものを使うのが向いています。ノートを取る際は、単語のかたまりを書くよりも、フローチャートやそれに類似の図を描くと効果的です。
    • 聴覚学習者の場合。音を聞いて勉強をした方が効率よく結果が出せる人の場合、授業を録音して繰り返したり、先生の話を集中して聞き後でノートを取るといった方法が向いています。また取ったノートや授業の内容を自分で繰り返して言ったり、内容について良く知っている人と話す、あるいはグループディスカッションに参加するといったやり方が効果的です。
    • 運動感覚型学習者の場合。あなたは自分の身体や手、触覚を使って勉強する方法が向いています。勉強内容を文字でなぞったり、歩きながら覚えたり、あるいは勉強をしながら動いて物に触るという行動をすることで効果的に学習ができます。
  4. 4
    休憩を取る。驚くかもしれませんが、休憩を取った方が効率的に勉強できます。どんなに強靭な意志の持ち主でも、血液中にコーヒーを点滴してもらったとしても、8時間ぶっつづけで勉強できる人はいません。事実休憩を取ることで脳を休ませて、再び意欲と熱意を持って勉強に取り組むことが可能になります。1時間か1時間半に一度は休憩を取り、目を休ませて何かを食べたり新鮮な空気を吸うといったことをあらかじめ決めておきましょう。
    • 休憩を取ることで、勉強して覚えた内容をパーツ分けすることができます。
    • 休憩中には次のようなことをしてみましょう。
      • 音楽を聴く
      • 本を読む
      • 昼寝をする
      • シャワーを浴びる
      • ビデオゲームをする
      • SNSをチェックする
    • 優秀な生徒はいつ休憩を取るべきかを知っています。疲れてしまいこれ以上続けてもはかどらないなという時が分かります。休憩を取るなんて怠けていると考えないようにしましょう。休息は勉強には欠かせないのです。
  5. 5
    勉強の妨げになるものを避ける。勉強をして成功を収めたいのならば、勉強の準備ができた時点で妨げとなるものは排除しましょう。邪魔ばかりする友人を避け、携帯の電源を切り、インターネットは勉強に必要な際にのみ使用して有名人のゴシップをチェックするために見ないようにしましょう。勉強の妨げとなるものを完璧に避けるのは難しいですが、少なくとも勉強するために机に向かう前に出来るだけのことをすれば、勉強に集中して脱線することはないでしょう。
    • 勉強の際に不要ならば、インターネット回線をオフにしておけば集中しやすくなります。必要なければ携帯の電源も切っておきましょう。
    • 心配事がある場合は、可能なら時間を取ってそれを解決してから勉強をしましょう。一日中心配をしていると、結局勉強の方もはかどりません。
  6. 6
    勉強に適した環境を選ぶ。適した環境で勉強することで、勉強がはかどり優秀な生徒になれるでしょう。しかしどんな環境が勉強に適しているかは人によって違います。静まり返った自分の部屋で勉強したい人もいますし、野外で敷物をしき音楽を掛けながらやったほうがはかどる人もいます。ベッドの上で、あるいは図書館やカフェで同じように勉強している人に囲まれてしたい人など様々です。いろいろな場所で実際勉強をしてみて、自分に合ったやり方を見つけましょう。
    • 近頃は騒々しいカフェで勉強をするとはかどらなくなったという人は、静かな自分の部屋や、あるいはひとりになれる公園などで勉強をしてみましょう。
  7. 7
    持っている資源を活用する。勉強会を最大限に活用するには、可能な資源を十分に活用しましょう。勉強して分からない内容は、先生や図書館員、知識の豊富な友達の助けを借りましょう。図書館やインターネットで調べて知識を補うのも良いでしょう。教科書の巻末に載っている問題を調べて、もっと知識を深めましょう。利用できるものは何でも活用して勉強をしましょう。
    • 優秀な生徒はクリエイティブです。必要な回答が教科書から得られない時は、人に聞いたり様々な場所に行ったりインターネットをチェックするなどして調べます。
  8. 8
    共に勉強する仲間を作る。人によっては一緒に勉強する友達やグループがいる方が上手くいくことがあります。他の人と勉強することでやる気が出たり、ひとりぼっちでなく共に努力して勉強をしているという共感を得ることもできます。人から教えてもらうこともできますし、時には自分を知っていることを人に教えることで自分自身も学ぶこともあります。ただし他の人と勉強をするのが向かない人もいますから、まずは試してみると良いでしょう。[4]
    • 人と一緒に勉強するのには向き不向きがあります。まずはひとりの友人と勉強をしてみて、大丈夫そうなら徐々に友達の数を増やしてみましょう。
    • グループで勉強をする場合はきちんと管理して勉強をし、最後にはテーマから外れたことになってしまった、なんてことにならないようにします。皆が他のことをし出したなと感じたら、勇気を出してその旨を伝えましょう。
  9. 9
    楽しい時間を過ごす。優秀な生徒になるためにはお楽しみは関係ないと思うかもしれませんが、楽しい時間を過ごしてこそ勉強もできます。勉強会の合間にしっかりと休憩を取ることで勉強に集中できるようになります。休憩中には勉強から離れてヨガをしたり、友達と過ごしたり、一人で映画を見たり、あるいは単にリラックスをするだけで再びエネルギーをチャージして、最終的には学校で良い成績を収めることができます。
    • 楽しい時間を過ごしても勉強の妨げにはなりません。適度に楽しい時間を過ごすと以前にも増して勉強がはかどります。
    • 友達と一緒にいる時間を持つと、成績のことについてくよくよと悩んだりせずリラックスすることができるでしょう。勉強だけに気を取られていると、ストレスが増えやすくなります。

ポイント

  • 勉強をしている間は、ものを覚えやすい動作をして、テストやクイズをして繰り返します。例えばガムを噛んだり、飴をなめながらだと、ものを覚えやすい場合もあります。
  • 夜はしっかりと眠りましょう。睡眠は非常に大切です。4時間の睡眠と8時間の睡眠の後では、脳の働きは異なります。年齢別の推奨睡眠時間は次の通りです;小学生以下は1日10時間から12時間、中学生から高校生までは最低でも7~8時間の睡眠を取りましょう。
  • 朝食のための時間を確保しましょう。朝食は一日の食事の中で最も重要です。車でも他の機械でも、1日しっかりと動くためには燃料が必要なのと一緒です。お腹をすかせて学校に行くと、眠くなったり、お腹がすきすぎて集中できなかったり、気分が悪くなったりだらけたり、力が出なくなど、様々な問題が起きてしまいます。

記事の情報

カテゴリ: 学校・大学 | ティーン

他言語版:

English: Be a Successful Student, Italiano: Essere uno Studente Modello, Português: Ser um Estudante Bem Sucedido, Español: ser un estudiante exitoso, Русский: быть преуспевающим студентом, Deutsch: Ein erfolgreicher Student sein, 中文: 做一个成功的学生, Français: être un élève brillant, Bahasa Indonesia: Menjadi Murid yang Berhasil, Nederlands: Een succesvolle student zijn, العربية: أن تكون طالبًا ناجحًا, Tiếng Việt: Trở thành học sinh giỏi, ไทย: ประสบความสำเร็จในการเรียน, 한국어: 성공적인 학생이 되는 방법

このページは 1,523 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?