別れてしまった彼氏とよりを戻したいと思っていますか?一度別れたカップルがよりを戻すことは、珍しいことではありません。ですから、望みを捨てる必要はありません。よりを戻そうと努力する前に、別れることになってしまった原因についてよく考えておくと、2度目は良い関係を築くことができるかもしれません。

パート 1 の 4:
よりを戻したい理由を明確にする

  1. 1
    なぜ別れることになってしまったのかを考える まず最初にすべきことは、別れることになった原因についてよく考えることです。よりを戻したとしても、同じようなことが原因で再び2人の関係に問題が生じてしまわないか、それとも、乗り越えていけるのか、しっかりと考えましょう。[1]
    • 自分がしたことが原因で別れることになったのか、考えてみることが大切です。全ての原因を元彼氏に押し付けるのは、彼とよりを戻すための良い方法とは言えません!
  2. 2
    なぜ彼とよりを戻したいのか考える 彼とは相性が合わなかったといえども、別れを乗り越えるのは決して簡単なことではありません。ですから、彼とよりを戻したいと思う理由をしっかりと考えることが重要なのです。悲しいから、孤独だから、独り身でいるのが嫌だからなどという理由から彼とよりを戻したいと考えているのであれば、考え直したほうがよいでしょう。元彼氏を恋しく思うからといって、彼と一緒にいるべきであるとは限りません。 時間はかかるかもしれませんが、このような感情はやがて消えていくものです。心から彼のことを大切に思っていて、彼との将来が想像できるというのであれば、彼とよりを戻すべく努力をするとよいでしょう! [2]
    • 彼が身体的または精神的に、或いは言葉で暴力を振るうような人であったのならば、彼とよりを戻すのはやめたほうがよいでしょう。たとえ不健全な関係であったとしても、彼を恋しく思うのは至って普通のことです。しかし、「私にはもっと良い恋愛ができる」と自分に言い聞かせることが大切です。
  3. 3
    距離を置く 別れた後は気持ちが動揺しています。関係を修復しようと試みる前に、距離を置くことがお互いにとって最も良いと言えるでしょう。別れた時の辛さを乗り越え、自分が本当に欲しいものは何であるのかを考える必要があります。[3]
    • 同じ学校に通っている場合や、共通の友達がいるのであれば、彼を完全に避ける必要はありませんが、お互いに傷を癒し、気持ちを整理するためにも、しばらくの間は電話をかけたり、会話をしたりするのは避けるべきでしょう。
    • 元彼氏が頻繁にあなたに連絡を取るようであれば、少し距離を置きたいと考えていることを伝えましょう。そうすれば、「自分とは一切かかわりたくないと思っているのではないか」と彼に思われずに済みます。その彼がシャイであったり、心配性の場合は、あらかじめ伝えておくことが特に大切です。
    • どれほどあなたのことを恋しく思っているか気付いてもらうためにも、お互いに距離を置くことは彼にとっても必要かもしれません!
    専門家情報
    Lisa Shield

    Lisa Shield

    デートコーチ
    リサ・シールドはロサンゼルスに拠点を置く恋愛関係コーチングのエキスパートです。スピリチュアル心理学の修士号とライフ・リレーションシップコーチの資格を持ち、17年以上の経験を有します。The Huffintin Post、Buzzfeed、LATimes、Cosmopolitanなどのメディアにも登場しています。
    Lisa Shield
    Lisa Shield
    デートコーチ

    デートコーチのリサ・シールドさんのアドバイスです。「相手と距離を置いている間に、過去のことについて理解を深めましょう。失恋した後は、自分の殻から出ることがとても恐ろしく感じられます。そのため、過去に自分がどのように間違った行動をしたのか、正しく理解できない人が大半です。再度同じ轍を踏まないためにはどうしたらよいでしょう?できれば、デートコーチや恋愛関係専門のカウンセラーやセラピストに相談して、自分の過ちを理解する指導をしてもらうとよいでしょう。過去の過ちがわからなければ、前に進むことが大変難しいからです」

  4. 4
    上手く行かない可能性があることを受け入れる 元彼氏とよりを戻そうとしても、上手く行くこともあれば、そうでない場合もあることを受け入れる必要があります。たとえよりを戻すことに成功したとしても、その関係がずっと続くとは限りません。2度も失恋して傷つくことのないよう、前もって心の準備をしておきましょう。
  5. 5
    自尊心を持つ これを機に、自分に投資し、自分自身を愛する努力をしましょう。自尊心が高ければ高いほど、健全で長続きする恋愛に向けて、気持ちの準備も整うはずです。[4]
    • 絶望感や不安に苦しんでいる場合は、精神科医に見てもらうとよいでしょう。治療を受けることで、自尊心に驚くほどの効果が現れるかもしれません。
    • 毎日、自分の強みや才能について考えましょう。どんなに些細なことであれ、何かを達成した際には祝うようにするとよいでしょう。
    • 自分の強みが何であるか分からない場合は、友達や大切な人達に話し、あなたの最大の強みは何だと思うか聞いてみましょう。
    • 自分が持っているもの全てに感謝しましょう。
    • 瞑想することで、ストレスを軽減し、より健全な人生を歩むことができるでしょう。
    広告

パート 2 の 4:
2度目のチャンスを得る

  1. 1
    彼の友達に話してみる 共通の友達、または、彼の友達が彼には内緒で話をしてくれるのであれば、彼らに、元彼氏があなたとよりを戻したいと思っている可能性はどのくらいあると思うか聞いてみましょう。彼には新しい彼女がいるのか、それともあなたとよりを戻したくて仕方がないと思っているのか、あなたよりも彼らのほうが知っている可能性が高いでしょう。[5]
    • これが彼の気持ちを知る確実な方法である訳では決してありません。友達に伝えていなくても、あなたとよりを戻したいと思っている可能性はあります。
  2. 2
    接触を図る 再び彼と時間を過ごす準備が整ったら、飲みに行く、スポーツイベントに参加する、お互いが好きなゲームをする、映画を見る、ショッピングモールに行くなど、友達として何か一緒にしないか気さくに誘ってみましょう。あくまでも、彼女ではなく友達のように振舞いましょう。[6]
    • あなたとよりを戻す気になってほしいとせがんではいけません。彼と楽しい時間を過ごすことを目的とし、彼にもあなたと素晴らしい時間を過ごしてもらえるとよいでしょう。
    • 彼のほうから話題を持ちかけてこない限り、彼に会うなりすぐに2人の関係について話すのはやめましょう。何度か彼と一緒に過ごすようになり、友達として好印象を持ってもらえるまでは、そのような話題に触れるのは待ったほうがよいでしょう。
  3. 3
    彼に好きになってもらえた自分に戻る 友達として元彼氏と時間を過ごす中で、彼が好きだったあなたの色々な面を思い出してもらいましょう。ユーモアのセンスや人の気持ちを理解することができるところなど、彼が好感を持っていてくれていた部分を際立たせましょう。[7]
    • 彼のそばにいる時は常に前向きに、嬉しい気持ちでいるようにしましょう。「あなたに会えなくて寂しいと思っていたから、またあなたと一緒に話せるようになって嬉しい」などと言い、まだ彼に気があることをさり気なく伝えてみるとよいでしょう。
    • あからさまに昔の話を持ちださなくとも、一緒に過ごした楽しい時間について、それとなく触れ、彼に思い出してもらうことはできるでしょう。以前に褒めてくれた洋服があれば、もう1度その服を着てみましょう。軽い思い出話などもしてみるとよいでしょう。彼に会う機会があるのなら、前によく一緒に行って楽しい時間を過ごした、思い入れのある場所で会うとよいでしょう。
  4. 4
    あなたの変化に気付いてもらう 友達として一緒に過ごす時間を利用して、あなたがどれほど自分を改善するために頑張ってきたか、示しましょう。例えば、いつも約束の時間に遅れて来ることで彼を困らせていたのなら、彼と出掛ける時には約束の時間の数分前には必ず到着しているよう心がけましょう。[8]
  5. 5
    オープンに話す 残念ながら、彼があなたとよりを戻したいと思っているかを知る確かな方法は、実際に彼に聞く以外、存在しません。新しく生まれ変わったあなたの姿を彼に十分見せることができたと感じたら、まだ彼に気があることを正直に伝えてみましょう。
    • 彼とよりを戻したいと思っていることをペラペラと喋り出す前に、彼もまだあなたに気があるか聞きましょう。そうでない場合、あなたにできることはあまりありません。
    • 泣いたり、せがんではいけません。
    • この会話が、別れた原因に関する喧嘩にならないよう注意しましょう。過去を乗り越えたということを示すことが大切です。
    • 邪魔の入らない、静かな場所で会話をするようにしましょう。
  6. 6
    より良い関係を築くことを約束する 彼とよりを戻すことになったら、別れる原因となった問題が再び生じてしまわないよう、お互いに努力する必要があります。過去に起こった問題について話し合い、今後、そのような問題により的確に対処するにはどうすべきか考えましょう。[9]
    • 2人がどれ程真剣に考えているかにもよりますが、より良い関係を築くために、カップルのためのカウンセリングに参加してみるのもよいかもしれません。
    広告

パート 3 の 4:
別れの原因となった問題に取り組む

  1. 1
    悪い癖を直す 別れの原因となってしまったあなたの振舞いを注意深く見直し、改善したいと思うのであれば、今がその時と言えるでしょう。例えば、あなたが嫉妬深く、けんか腰になることが多かったために別れることになってしまったと感じるのであれば、そのような振舞い方は意識してやめるようにしましょう。[10]
    • 自分が直したいと思う悪い癖によっては、精神科医に見てもらうことで良い結果を得ることができるかもしれません。
    • 自分自身を変えなければならないという訳ではないことを頭に入れておきましょう。お互いの性格が合わないのであれば、あなたという存在に感謝してくれる、新しい彼氏を見つけるのが最も良いと言えます。しかし、直すことができるであろう悪い癖があるのなら、直す努力をしたほうがよいでしょう。
    • 誰かのために自分を変える必要はありません!自分の何かを変えようとするのなら、最終的に自分のためになるからという理由のもとで行いましょう。
  2. 2
    彼を傷つけたのなら謝る 彼を侮辱するようなことを言ってしまった、彼があなたを必要としていた時にあなたは彼のそばにいなかった、など、彼を傷つけるようなことを少しでもしてしまったのならば、謝りましょう。気持ちを込めて謝るのは勇気がいることですが、2人の関係を修復するにあたって非常に役立ちます。[11]
    • 何に対して謝っているのか具体的に示しましょう。ただ「傷つけてごめんね」と言うのではなく、「電話をかけ直さなくてごめんね」と言ったほうが、何について誤らなくてはならないのか、真剣に考えたことが伝わるでしょう。
    • なぜ彼を傷つけるようなことをしてしまったのかを彼に説明し、その経験から学んだ事を知らせるとよいでしょう。
  3. 3
    誠実さを示す あなたの不誠実さが原因で別れた場合、2度と浮気をしないと伝え、彼を説得するにはかなりの努力が必要になるでしょう。そもそもなぜ浮気をしてしまったのか、その原因により問題の対処の仕方も異なりますが、どんな理由であったにせよ、彼にはオープンに、正直に接することが大切です。[12]
    • 彼との関係に不満を抱いていたため浮気してしまった、または、何かが足りないと感じたため、浮気をしてしまったのならば、起こった事を正直に話し、同じ事が起こらないようどうしていきたいのかを正直に伝えましょう。
    • その相手のことを心から好きだと思っていたから浮気をしたけれど、実際はそうではなかったのなら、自分が間違っていたこと、その経験から学んだことを彼に伝えましょう。
    • もしあなたが浮気性で、その原因が分からない場合は、精神科の専門医とのカウンセリングを探すなどして、あなたがいかに本気であるかを見せましょう。
    • 彼に復讐するため、または、懲らしめてやろうという気持ちで浮気をしたのであれば、自分がどれだけ未熟であったか、そのような問題には大人としての対応をすることが大切であることに気付いたと話しましょう。
  4. 4
    遠距離恋愛の問題に取り組む 遠距離恋愛が上手くいかずに別れてしまったとしても、望みを捨ててはいけません!遠距離恋愛は大変ですが、強い精神を持ち、彼のことをしっかりと気にかけていれば、遠距離でも上手くやっていくことは可能です。
    • 普段の会話をする際も気を使い、相手に対して常にオープンで正直に接するよう心がけましょう。彼のそばにいることができない状態であれば尚更、コミュニケーションに力を入れることが大切です。[13]
    • あなたの日常について彼に教え、彼にも同じ事をするよう勧めてみましょう。お互いの日常の一部になったような気持ちになれるでしょう。[14]
    • 遠距離の付き合いが原因で2人の関係が不安定にならないよう、最善の努力を尽くしましょう。このような疑いが生じると、関係が失敗に終わってしまうことがあります。[15]
    広告

パート 4 の 4:
よりを戻すべき時期を知る

  1. 1
    しっかりとした理由があってよりを戻したいと思っているのか確かめる 本当にまだ彼に恋していますか?そうであれば、よりを戻す価値はあるかもしれません。まだ彼に気があり、次はもっと良い関係を築く自信があるということを示してみるとよいでしょう。別れを経験することで、何よりもただその相手と一緒にいたいのだとお互いに気付くこともあります。しかし、他の理由で元彼氏とよりを戻したいと考えているのであれば、2人の関係を復活させようと試みることは本当に良い考えであるのか、もう1度しっかりと考えるべきでしょう。
    • 例えば、彼がいないと孤独に感じるという理由から、よりを戻したいと思っているならば、それは十分に良い理由とは言えません。寂しい気持ちは時間と共に消えていきます。
    • または、彼が他の誰かと付き合っているのではないかと考えると嫉妬してしまう、という理由から彼とよりを戻したいと思っているのであれば、もう1度考え直しましょう。別れた後に嫉妬心を感じることは普通のことであり、これもまた、時間と共になくなります。
  2. 2
    彼がすでに他の人と付き合っていないか考える 彼がすでに他の人と付き合っているのなら、手を出してはいけない相手とみなしましょう。彼が前に進んだ後も彼のことを手放したがらない、そんな人になってはいけません。他の誰かと幸せになったのならば、あなたが邪魔をすることで、彼や彼のパートナー、そして、あなた自身をも傷つけてしまうことになるかもしれません。
  3. 3
    有害で虐待的な関係だったならば、よりは戻さない 彼と別れた後は一時的に孤独さを感じたり、退屈になるかもしれませんが、彼のもとに戻ろうとするのではなく、その感情を乗り越える努力をしましょう。恋愛とは、いつの時代も不健全になってしまうことが多いのです。彼とは一緒にいないほうがよいと分かっているのならば、よりを戻したいという誘惑に打ち勝たなければなりません。
    広告

ポイント

  • 友達と時間を過ごしたり、新しい趣味を見つけるために時間を費やすことに集中すれば、元彼氏のことを恋しく思うことも少なくなり、孤独だからという理由だけでよりを戻そうとすることもないでしょう。[16]
  • 彼をストーカーしてはいけません。常に電話をかけたり、テキストメッセージを送るのもやめましょう。必死さが丸出しになってしまいます。彼はどうしたいのか、考える時間を与えましょう。
  • 何か言いたいことがあるのならば、気持ちを込めて言いましょう。そのほうが彼にあなたの思いがよく伝わります。しかし、押しつけがましい態度を取ったり、何かを要求したりするのはやめましょう。
  • 話をする時は、彼の好きなものや、あなたの好きなものについて話しましょう。そうすれば、彼の好き嫌いを知りたいと思っていること、そして、彼のことを信用していることが伝わります。
  • 自分の犯した過ちは認めましょう。別れた原因は自分にあったことを認め、自分を許し、彼にも許してもらえるよう努力しましょう。カッとなって思ってもいない事を言ってしまったら、直ちに気を取り戻し、誠意を込めて謝りましょう。謝ることは弱いことでもなければ、自分の品位を傷付けることでもありません。その反対で、謝れる人は強さと良い性格の持ち主です。謝る時は、心の底から謝らなくてはなりません。誠意のない謝罪をするくらいならば、初めから謝罪などしない方が良いでしょう。
  • さり気なくであれば親しくしても構いませんが、あくまでも、さり気なさがポイントであることを忘れないようにしましょう。
  • 彼の気持ちがあなたに無いのなら、努力しても時間の無駄になるだけです。さらに悪いことに、自分は愚か者であるかのように感じるでしょう。
  • 彼に焼きもちを焼かせようとしても、裏目に出るだけです。彼のほうから別れを切り出してきたのであれば、あなたが前に進んだ姿を見て彼は嬉しく思うでしょう。
  • 彼に出くわした時は微笑みましょう。そうすることで、あなたがまだ彼を好きであり、彼に会えて嬉しく感じていることが伝わります。
  • 彼の注意を引きたいからといって、彼が嫌がると分かっていることをしてはいけません。彼はさらに遠くへ離れて行ってしまうでしょう。

広告

関連記事

How to

壁の向こう側の会話を聞き取る

How to

げっぷする

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

他者に依存しない

How to

復讐する

How to

キスが上手になる

How to

笑ってはいけない時に笑いを止める

How to

泣いている人を慰める

How to

笑い方を変える

How to

自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する

How to

男性からの好意に気付く

How to

相手が自分を本当に好きかを知る
広告

このwikiHow記事について

Lisa Shield
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Lisa Shield. リサ・シールドはロサンゼルスに拠点を置く恋愛関係コーチングのエキスパートです。スピリチュアル心理学の修士号とライフ・リレーションシップコーチの資格を持ち、17年以上の経験を有します。The Huffintin Post、Buzzfeed、LATimes、Cosmopolitanなどのメディアにも登場しています。
カテゴリ: 人間関係
このページは 826 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告