あなたが元恋人との別れから立ち直った頃、不思議なことに相手が再び生活に関わってくる場合があります。元恋人から突然メッセージや電話が来ると、少々戸惑ったり緊張してしまうかもしれません。幸いにも、自分が何を望んでいるかを把握することで、冷静さを保ちながら対処法を考えられるでしょう。この記事では、元恋人からのメッセージなどに返信する前に知っておくべき事柄を紹介します。

1
返信する前にいったん立ち止まって考える

  1. 一呼吸置くと気持ちが落ち着き、自分の感情を把握することができます。元恋人から突然メッセージが届くと、いろいろな感情が湧き上がってくるものです。その後、すぐにメッセージの返信をしたり折り返し電話をするのは、よくないことかもしれません。即連絡を取ると、あまりよく考えずに後悔するようなことを口走ってしまう恐れがあるからです。元恋人から連絡が来たときには、必ずいったん間を置くようにしましょう(1時間程度が適切です)。[1]
    • さらに、あまりにも早く返信すると、スマートフォンのそばを離れずに相手からの連絡を心待ちにしていたかのように思われてしまう場合があります。
    広告

2
自分の気持ちを把握する

  1. 折り返し連絡をする前に、相手との会話の中で何を求めているのかを把握しておきましょう。今でも相手のことを思っていて、よりを戻したいと思っているのでしょうか?また、この会話はどのような方向に進むと考えているのでしょうか?自分自身に正直になり、相手に連絡をする前に目的をはっきりとさせておきましょう。[2]
    • 元恋人の気持ちについても想像してみましょう。例えば、数週間前に別れたばかりで、相手がまだ気持ちを切り替えていない場合には、復縁を望んでいる可能性があります。一方で、破局から既に数ヶ月が経っていて、相手に新しい恋人がいる場合には、ただ懐かしくなって連絡をしてきただけなのかもしれません。

3
礼儀正しく気楽に接し、友好的な関係を維持する

  1. 友人として接すると、2人の関係を良好に保つことができます。すぐに質問を投げかけたり、復縁を迫ったりしないようにしましょう。相手からのメッセージに返信する際には、他の人に接するときと同じように返信するようにします。こうすると、元恋人と気楽な関係を築けるようになり、友人関係になりたい場合には効果的です。以下のように返信してみましょう。[3]
    • 「元気?連絡してくれてありがとう。ちょうど相談したいことがあったんだ」
    • 「私もメッセージしようと思ってたの。元気にしてた?」
    • 元恋人にはもう興味がなかったとしても、その事実をはっきりと示しつつ、礼儀正しく連絡を取り続けることは可能です。
    広告

4
相手から連絡が来て混乱している場合は、連絡してきた理由を尋ねる

  1. なぜ連絡をしてきたのか確信が持てない場合は、相手に理由を尋ねるのが真実を知る唯一の方法です。例えば、相手は「やあ!」というような曖昧なメッセージを送ってきただけかもしれませんし、過去の2人の思い出などについてメッセージを送ってきたのかもしれません。どちらにしても、今になって連絡をしてきた理由、そしてそのやり取りの中で何を期待しているのかを聞いてみましょう。[4]
    • 「メッセージありがとう。ところで、どうして連絡してくれたの?」
    • 「前に話してからかなり経つけど、どうして急に今頃私にメッセージをしようと思ったの?」

5
相手が気持ちに区切りをつけたい場合は、最後までしっかりと話を聞く

  1. 元恋人は、謝罪をするため、または物事を明確にするために連絡をしてきたのかもしれません。その場合、過去の恋愛について相手と話したいかどうかは、あなた次第です。相手との恋愛関係が有害なものであったり、まだ相手を許す心の準備ができていない場合は、遠慮なく相手のメッセージを無視するようにします。一方で、過去の出来事について相手と話すことで利益を得られるかもしれないと思うのであれば、是非相手の話に耳を傾けてみましょう。以下のように伝えてみます。[5]
    • 「私たちが別れたことについてどう思ってるか教えてほしいな。そしたら、お互いに気持ちの整理がつくと思う」
    • 「君と話すのは構わないけど、君を許せたかどうかはまだわからない。別れたときのことが今でも辛いんだ」
    広告

6
興味がない場合は気を持たせない

  1. 相手が復縁を望んでいたとしても、あなたは望んでいないかもしれません。その場合には、相手からのメッセージには一切返信しないのが最善策です。今でもあなたのことを思っている人と連絡を取り続けると、相手を傷つけることになる上に、あなたにとっても気分がよいものではありません。[6]
    • あなたが既に別の人と交際している場合は、なおさらです。元恋人を期待させたり、そのようなやり取りの中で新しいパートナーを傷つけたくはないはずです。

7
まだ話す気になれない場合は無視する

  1. 元恋人に返信する義務はありません。いまだに破局を乗り越えようとしていたり、相手とはもう関わりたくないときは、メッセージを読むだけにしてその後は削除しましょう。相手と再び会話をするかどうかは完全にあなた次第で、相手と関わりたくない場合はメッセージや電話を無視するのが得策です。[7]
    • あなたが元気に過ごしている事実を元恋人が知った場合、再びあなたの人生に入り込もうとする可能性があります。あなたが幸せに暮らしている一方で、元恋人が元気ではない場合、あなたと別れたことを後悔して連絡を取ろうとするかもしれません。
    • また、あなたには既に新しい恋人がいるのであれば、元恋人からのメッセージを無視するのが得策です。新しい恋人にとっては、あなたが元恋人に連絡をしているのを見るのは心が痛むもので、新たな恋愛が順調な場合には恋人を傷つけたくはないはずです。 
    広告

8
復縁したい場合は期待しすぎない

  1. 元恋人から連絡があったとしても、よりを戻したいと思っているわけではないのかもしれません。元恋人が連絡してくる理由は様々で、復縁も理由の1つです。一方で、区切りをつけたいため、友人関係になりたいため、または最後にもう一度肉体関係を持ちたいと思っているため、連絡をしてきた可能性もあります。[8]
    • 元恋人から突然メッセージや電話をもらうと驚くものです。いろいろな思いが頭の中を駆け巡っているかもしれませんが、相手にはっきりと言われるまでは、相手が何を求めているかを勝手に想像するのはやめましょう。

9
復縁したい場合は、会う約束をする

  1. 自分の気持ちを話す際には、直接会って話すのがよいでしょう。元恋人から連絡が来たときに、嬉しくないようで実は嬉しいと感じる場合は、まだ相手のことを思っているのかもしれません。また一緒に出かけたり、話したりしたい旨を伝え、相手の反応を探ってみましょう。相手も同じ気持ちであれば、復縁に前向きになってくれるかもしれません。[9]
    • 「連絡してくれてありがとう。今週、お茶でもしない?」
    • 「メッセージうれしいよ、ありがとう。ちょっと話したいことがあるんだけど、近日中に家に来てもらえるかな?」
    広告

10
復縁する前に問題をすべて解決する

  1. 問題を解決しない限り、復縁を試みても別れてはよりを戻す繰り返しになる恐れがあります。元恋人と再び恋愛をしたくなる気持ちもあるかもしれませんが、当時別れた理由について考えてみましょう。同じような問題が再び起きる可能性があるのであれば、復縁すべきではないのかもしれません(特にそのことについて話し合っていない場合)。[10]
    • 恋愛の押し引きをするような関係になると、精神的な負担が大きくなります。常に恋愛に対して疑問を持ち、心配し続けるようでは、健全かつ良好な関係を築くことはできないでしょう。

11
深夜にメッセージを受け取った場合は、翌日返信する

  1. 相手が深夜にメッセージや電話をしてくるのは、酔っているか寂しいからなのです。仕事や学校が終わったばかりの金曜日の夜などに、酔っぱらっている元恋人と会話をするのは嫌なものです。さらに、翌日の朝には相手は話した内容を覚えていない可能性があります。午後10時以降にメッセージが来た場合には、読むだけにして翌朝までそのまま返信しないでおきましょう。[11]
    • 「まだ起きてる?」というメッセージには絶対に返信してはいけません。相手は肉体関係を期待している可能性があります。
    広告

関連記事

誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
女性を甘やかす女性を甘やかす方法14選—愛されていることを実感してもらうために
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける
メッセージで男性をムラムラさせるメッセージで男性をムラムラさせる
彼女に嘘をつかれたときの対処彼女に嘘をつかれたら、どう対処すべき?
男性からの好意に気付く男性からの好意に気付く
ベッドで夫を感激させるベッドで夫を感激させる
彼が本当に愛してくれているか知る彼が本当に愛してくれているか知る
映画館でイチャイチャする映画館でイチャイチャする
お互い好きなまま別れた状況を乗り越えるお互い好きなまま別れた状況を乗り越える
牡牛座の男性に自分を恋しく思わせる牡牛座の男性に自分を恋しく思わせる
男性が自分への興味を失ったことを見分ける男性が自分への興味を失ったことを見分ける
広告

このwikiHow記事について

Connell Barrett
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Connell Barrett. リレーションシップエキスパートのコネル・バレットは、2017年にニューヨーク市にて自身で開設した恋愛コンサルティングサービス「Dating Transformation」のエグゼクティブコーチ、そしてデートアプリ「The League」のデートコーチを務めています。Dating Transformationでは、Authenticity (信頼性)、Clarity(明晰さ)、 Expressiveness(表現力)を柱としたA.C.E. Dating Systemをもとに恋愛に関するアドバイスを提供しています。その業績はコスモポリタン、The Oprah Magazine、そしてTODAY (テレビ番組)で取り上げられました。
カテゴリ:
このページは 136 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告