元恋人との関係が終わったからといって、お互いのことを忘れる準備ができているとは限りません。まだ相手に恋愛感情を持っており、相手も同じ気持ちでいるか知りたいのであれば、相手のあなたに対する態度とその他の人に対する態度に注目してみるとよいでしょう。しかし、相手の気持ちを知る最善の方法は、相手と本音で話し合うことです。相手の態度から察するだけであなたと復縁したいと思っているかを判断するのは、あまり良い方法とは言えないでしょう。

方法 1 の 3:
自分への接し方を観察する

  1. 1
    元恋人について知っていることを思い出してみる 元恋人の態度を観察し、気持ちを読み取る最も良い方法は、あなた自身のことや相手のこと、そして、2人の関係についてあなたが持つ知識に耳を傾けることです。 過去の2人の関係から、相手は問題にぶつかった時、どのように意思の疎通を行い、対処していたかを思い出してみましょう。彼は遠慮せず単刀直入にものを言う人ですか?だとすると、恐らく彼は自分の気持ちを隠すようなことはしないので、あなたのことを恋しく思っているかすぐに分かるでしょう。彼は怒っている時やイライラしている時、あなたのことを避けていましたか?そのような人であった場合、現在あなたと口を利かないのは、あなたのことを恋しく思っていないからなのでしょう。彼は怒っていてあなたとは話したくないのかもしれません。彼はよく物事を引きずり、過去のことをくよくよ悩むような人ですか?そうであるとすれば、恐らく彼はまだあなたのことを忘れられずにいるでしょう。元恋人の性格に関する知識を踏まえて、あなたに対する彼の態度を読み取ってみましょう。
    • 相手の振舞いを観察するにあたり、(個人的な恋愛関係においては)自分の偏見や望みが邪魔をするため、自分の都合の良いように解釈してしまいがちであることを頭に入れておきましょう。テキストメッセージをよく送る人で、別れて以来1度も連絡が来ていない場合、相手の沈黙を「私のことを恋しく思っているんだ」と解釈してはいけません。あなたのことが恋しければテキストメッセージを送ってくるはずです。より客観的な視点から彼の振舞いを観察するようにしましょう。
  2. 2
    元恋人からの連絡頻度に注目する あなたのことを恋しく思っていないならば、本当に必要な場合(あなたの家から荷物を引き取る日程を決めるなど)を除き、あなたに連絡をすることはないでしょう。あなたのことを恋しく思っているのなら、きっとあなたに電話をしたり、テキストメッセージやメールを送りたい衝動に駆られていることでしょう。
    • 大した理由がなくても、元恋人が連絡してくることもあるでしょう。「こんにちは!元気にしてるか気になって連絡したよ」などと言うかもしれません。
    • 別れを切り出したのは元恋人であり、あなたと友達でいることを望んでいた場合は例外です。その彼女があなたに連絡してきたら、あなたを恋しく思っている可能性も多少はあるかもしれませんが、単に友情関係を維持しようとしているだけかもしれません。
    • もし元恋人から、何杯かお酒を飲んだ夜に酔った状態(感情がそれほど抑制されていない状態)で頻繁に電話がかかってくるようであれば、まだ気持ちの整理がついていない可能性が高いでしょう。
  3. 3
    元恋人が連絡してくる時の態度に注目する 彼があなたに連絡をする時は、何の理由も無しに頻繁に電話をかけていると思われないように、電話をかけるために何かしらの理由を探しているはずです。ある問題についてアドバイスを求めてきたり、一緒に対処してくれないかと助けを求めてくるかもしれません。より深い内容の話題を持ち出してくることもあるでしょう。例えば、人生で成し遂げたい事や、どのような人生を歩んでいきたいと考えているか、あなたに語りかけてくることもあるかもしれません。
    • 彼が連絡をしてくる時、うっかりあなたのことを以前付き合っていた時の愛称で呼ぶことはありますか?ついうっかり口から出てきてしまうということは、あなたに対してまだ恋愛感情が残っているということでしょう。
  4. 4
    返信にかかる時間に注目する 元恋人に連絡をしたら、あなたのテキストメッセージやメールに対しての返事が来るまでにどれくらいの時間がかかりますか?折り返しの電話がかかってくるまでの時間はどのくらいですか? 返事が来るまでに何時間もかかることが1度くらいあっても大した意味はありませんが、何時間、何日間も続けて無視されるようであれば、彼女はそれ程あなたのことを恋しく思ってはいないのでしょう。[1]
    • もし、完全に電話やメッセージを無視されているのであれば、これ以上電話をしたり、メッセージを送るのはやめましょう。彼女のことが恋しいのなら辛いかもしれませんが、「もう彼女には連絡しない」というルールを作ることで、前に進むことができるでしょう。
  5. 5
    ボディーランゲージに注目する 元恋人と同じ場所に居合わせることがあれば、 彼のボディーランゲージ に注目してみましょう。アイコンタクトを避けたり、腕や足を組んでいたり、笑顔を見せていなければ、あなたといても嬉しくはないということでしょう。[2]
    • ボディーランゲージはその人の感情を読み取るために役立つヒントではありますが、ボディーランゲージで全てが分かる訳ではありません。例えば、あなたの元恋人はあなたのことをとても恋しく思っていても、あなたのそばでは「君とは関わりたくない」というような雰囲気を出すかもしれません。再び傷つくことを恐れているからこそ、そのような態度を取ってしまう場合もあるでしょう。
    • 彼のボディーランゲージを観察し、他の情報と組み合わせてみましょう。例えば、彼のボディーランゲージからは、あなたとは一緒にいたくないという様子が伺えるけれど、彼は毎日あなたに電話をかけてくるとしましょう。それは、本当はあなたのことが恋しいのだけれど、あなたがいるところでは、守りの姿勢になってしまう彼の姿を表しているのかもしれません。
  6. 6
    自分がよく行く場所に元恋人が現れるか注目する 元恋人があなたの職場や、あなたがよく行くと知っている場所にふらりとやって来たら、きっとそれは偶然などではないでしょう。[3] 共通の友達がいる場合、相手はその友達からあなたが行く場所を聞き出し、偶然を装ってその場所に現れるかもしれません。
    • 元恋人があなたのいる場所に現れたら、ボディーランゲージを忘れずに観察しましょう。ずっとあなたのほうをちらちらと見てきますか?そうであれば、相手もあなたの行動を観察しようとしているのでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
他の人に対する元恋人の態度を観察する

  1. 1
    元恋人のSNSをチェックする SNS上ではまだ元彼氏と友達の状態ならば、彼の投稿や交流関係を注意深く観察してみましょう。彼は意味深な投稿をしたり、悲しげな投稿(失恋ソングなど)をしていますか?あなたとの昔の写真にコメントをしたり、「いいね」をしたりしていますか?そのような投稿が見られたら、失恋をなかなか乗り越えられないでいるというサインかもしれません。
    • SNSは、その人の日常で起きていることを必ずしも正確に描写する訳ではないということを覚えておきましょう。まるで完璧な人生を送っているように見える写真をたくさん投稿している人でも、感情的な問題を抱えている場合があるのです。
    • 相手のSNSのチェックのし過ぎには注意しましょう。元恋人のプライバシーを尊重し、相手のSNSをチェックするのは多くても1日1回程度にしておきましょう。
  2. 2
    集まりの場での自分に対する態度に注目する 共通の友達と集まることがあれば、その輪の中で、彼女はどのようにあなたに接するか注意深く(かつ慎重に)観察してみましょう。動揺しているように見えたり、あなたと接するのを避けようとしたら、まだあなたのことを吹っ切れていないということが考えられます。[4]
    • 元恋人が昔の感情に対処しようとしているからといって、それが必ずしもあなたのことを恋しく思っていることを意味している訳ではありませんので、注意が必要です。あなたの取った行動が彼女を非常に傷つけたことが原因で、激怒している可能性もあります。別れた原因や過去のやり取りを踏まえた上で、彼女の態度の意味を判断するようにしましょう。
    • 他の人と接している時でさえも、あなたのほうを何度もちらちらと見てくるようであれば、彼女もあなたの様子を観察しようとしているのかもしれません。
  3. 3
    共通の友達に話す 秘密を守ってくれるであろう、信用できる共通の友達がいるのであれば、元恋人が何かあなたのことについて言っていたか聞いてみましょう。おそらく、元恋人の現在の様子について知る大きなヒントになるでしょう。
    • 共通の友達はいるけれど、元彼氏について話していたことを本人に伝えられてしまうのではないかと心配ならば、それとなく聞いてみるとよいでしょう。例えば、「(元恋人の名前)、元気にしてるかな?大事なテストがあったみたいだけど、上手くいったかな?」などと言えば、あからさまにはならないでしょう。それでも勘づかれてしまう可能性もありますが、「(元恋人の名前)は私のこと何か言ってた?」などと言うよりは控えめの表現になるでしょう。
    • ただし、その話題について何度もしつこく友達に聞くのはやめましょう。1度や2度なら構いませんが、毎回話題に出すと、その友達も面倒に感じてしまうでしょう。
    • 共通の友達が「ごめん、でもこの状況には関わりたくない」などと言ったら、その友達の意見を尊重しましょう。あなたのことを何とも思っていない訳ではなく、あなたとあなたの元恋人の両方を大切に思っているからこそ、どちらかの側について、「彼がああ言った、彼女がああ言った」というような状況には陥りたくないのでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
元恋人と話す

  1. 1
    本当に話すべきか考える 元恋人があなたのことを恋しく思っているかそうでないかを知るための最も簡単で直接的な方法は、本人に尋ねることです。あいにく、たいていの人にとっては、実際に本人に聞くことはなかなか勇気のいることです。しかし、相手と話すことが、現状を知るための最も手っ取り早い方法と言えるでしょう。
    • 人によっては、あなたに傷つけられることを恐れて自分の気持ちを正直に言わないこともあるということを頭に入れておきましょう。
    • 元恋人と喧嘩にならずに話し合いをすることができないのなら、このような話題について話すのはあまり良い考えとは言えないでしょう。
    • 元恋人に単刀直入に聞くのは怖いと感じるかもしれません。しかし、そのほうが混乱が減るので、長い目で見れば、かえって良いと言えるでしょう。彼の沈黙の意味や、あの笑顔の絵文字は何を意味していたのかをを解釈するために時間をかける必要もなく、彼はよりを戻したいと思っているのかをはっきりと知ることができるでしょう。彼にその気が無いのであれば、自分とはもう付き合いたいと思っていない彼のことはきれいさっぱり忘れて前に進むとよいでしょう。
  2. 2
    彼女に連絡を取る テキストメッセージやメールで連絡を取る方法もありますが、やはり、電話をかけてしまうのが1番早いでしょう。会話はできるだけ軽く、友好的であるよう心がけましょう。話したい事があるので、今度ランチかお茶でもしないかと誘ってみましょう。
    • 断られる可能性があることも理解しておきましょう。あなたに会うことを拒否するということは、あなたのことを恋しく思っていないというサインなのでしょう。もし恋しく思っていたとしても、会うことを拒否されたら、まだあなたに会う心の準備ができていないのでしょう。断られても怒ってはいけません。彼女の意思を尊重しましょう。
  3. 3
    軽い会話を心がける 別れて以来、初めて会うのであれば、少々ぎこちない雰囲気になるかもしれません。あなたから会話を切り出し、できるだけ緊張感のない雰囲気を作るよう心がけましょう。彼の近況(学校や仕事など)について聞き、あなたの事も少し話すとよいでしょう。[5]
    • 軽い話題について話すようにし、いきなり2人の関係について話し出すのはやめましょう。そうすることで明るい雰囲気になり、喧嘩をしようとしている訳ではないということが彼に伝わるでしょう。
  4. 4
    タイミングを見計らう レストランやカフェにいて、食べ物や飲み物を注文する場合は、注文を終えてから相手に話題を持ち出しましょう。注文を取りに来たり、食べ物を運んで来る店員に会話を遮られるのを避けることができます。[6]
    • 飲み物を注文する場合、アルコール類を(普段飲酒する人は)避けましょう。お酒を飲めばリラックスできると思うかもしれませんが、そのせいで言うつもりでなかった事を言ってしまったり、感情的になってしまうこともあるでしょう。
  5. 5
    正直になる 怖いと感じるかもしれませんが、いつまでも会いたかった理由を話さない訳にはいきません。まずは、会ってくれたことを彼に感謝し、「ずっと考えていて話したかったことがある」と伝えましょう。まだ彼に恋愛感情があるのなら、素直になるべきです。[7]
    • 彼のことが恋しいと感じる場合、彼に本音を伝えることでさらに不安な気持ちになるかもしれません。しかし、それと同時に、彼もあなたに心を開いてくれる可能性が高まるでしょう。
    • 例えば、「本当はずっとあなたのことを考えていたの。もう別れてしまったし、あなたの気持ちも尊重するつもり。だけど、あなたが私のことをどう思っているかが知りたくて」などと言ってみるとよいでしょう。
    • 電話やテキストメッセージでこのような会話をすることも可能ですが、面と向かって話をすれば、彼のボディーランゲージや表情を見ることができます。
  6. 6
    次に何をするか決める 元恋人も自分のことを恋しく思っていることが分かったら、次は何をすべきか考えましょう。なぜ別れることになったのか、もう1度やり直す価値があるのかを客観的に話し合いましょう[8]
    • 相手はもうあなたに恋愛感情が無いと分かったら、前に進みましょう。相手はあなたに好意を抱いていないのに、無理に求めてはいけません。
    • 難しいかもしれませんが、よりを戻すことが本当に良いことなのか、論理的に考えてみましょう。お互いのことを恋しく思ってはいるけれど、よりを戻すのは良い考えではないという結論に至ることもあるかもしれません。例えば、基本的な価値観(宗教や、人生の生き方など)が合わない場合、よりを戻したとしても、きっと同じ結末が待っているでしょう。
    広告

ポイント

  • どんな結果になっても平気でいられるよう、心の準備をしておきましょう。よりを戻したくて、相手もあなたのことを恋しく思っているか知りたいのであれば、相手はすでに前に進んでいる可能性があることを視野に入れておきましょう。
  • 元恋人と話をする際は、プライドは捨てましょう。自分に対する相手の気持ちが分からないと、皮肉を言ったり身構えたくなるかもしれません。しかし、そのような態度を取ると、相手はあなたに素直になってはくれないでしょう。

広告

注意事項

  • ずる賢いことを考えてはいけません。なぜ元恋人の気持ちを知りたいのか考えましょう。「勝った」という優越感を味わいたいと思っているからなのであれば、それは良い理由とは言えません。
広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

復讐する

How to

他者に依存しない

How to

泣いている人を慰める

How to

キスが上手になる

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

女性をその気にさせる

How to

男性からの好意に気付く

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

敬意を持って人に接する

How to

落ち込んでいる友達を励ます
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 人間関係
このページは 639 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告