先生をイラつかせる方法

この記事には:作戦を決める言う内容を決める8 出典

先生をイラつかせることは、学校生活における長期の戦略としてはベストなものではないでしょう。しかし時に、そのような誘惑に駆られてしまうことも確かです。それを実行するのに、良い方法もあれば悪い方法もあります。クリエイティブな方法、苛立たせる方法、繰り返す方法、あるいは最も良いものとして、博識な方法があります。どんな方法を用いるにせよ、先生を発狂させようと決めたのなら、上手くやることです。ただし、レポートの高評価は期待してはいけません。

パート 1
作戦を決める

  1. 1
    先生の物真似をします。これは先生をイラつかせる最も簡単な方法です。ほとんどの先生が話し方の癖を持っていたり、言葉の発音が変だったり、独特のジェスチャーをしたり、独特の表情をしたりします。そこで、面と向かって、しかも控えめに物真似をすることによって、先生をイラつかせることができます。一番良いのは、あくまで真剣な顔で真似をすることです。そうすれば先生は、少しの間何が起きているのか分からなくなります。しかしクラスメイトは、ただちに状況を察して笑い出すでしょう。
    • 先生が怒り出したら、素知らぬ顔で、こう言いましょう。「何でしょう?私何かしました?」そして肩をすくめます。ボディランゲージを使いましょう。
  2. 2
    変な雑音を出します。授業を妨害するのに、様々な雑音が考えられます。放屁のような音を出したり、靴で床をこすってみたり、カチカチとボールペンをノックしたり、数秒おきに咳払いをしてみたり、ドラムのように机を叩いたりします。これがクラスメイトの笑いを誘ったら、いっそう上出来です。もう少し微妙で、静かな方法を取りたいなら、繰り返し音を出すことで先生をイラつかせることができます。他にも以下のような音があります。
    • 頃合いを見て、紙を2,3センチほどに引き裂きます。これは先生がボードに向かっている時にだけ実行するようにします。
    • 爪で机を引っ掻きます。
    • 先生が見ていない時に、汁をすするような音を繰り返し出します。
    • ボールペンをカチカチとさせたり、鉛筆でコツコツと叩いたりします。
    • 物を床に落とします。
    • 鼻をかんだり咳をしたりせずに、繰り返し鼻をすすります。
    • 音を立てて脚を掻きます。
    • 不適切な仕方でうめいたりします。
    • ハミングをします。
    • 脚をパンパンと叩きます。これは友達と一緒に実行しましょう。
    • しょっちゅう鉛筆を削ります。
    • 幾度となく鉛筆を床に落とします。
    • 物をこすります。
    • ノートを取る時に先生の言っていることを静かに繰り返します。
  3. 3
    先生の機材に妨害工作を行います。もしも先生が忘れっぽい人であれば、この作戦は上手くいくでしょう。授業で映像を見ていたり、プロジェクターを使っているような時には、気づかれないようリモコンを持ち去る機会を伺いましょう。まったく機能しない代わりのリモコンを置くことができれば、効果は抜群です。それから、先生が見ていない時にテレビの電源を消したり、停止させたり、あるいはプロジェクターの設定を変えたりします。これは間違いなく先生をイラつかせ、授業を台無しにするでしょう。ただし、後で大変な目に合わないとは言い切れません。
    • リモコンを大っぴらに使ってクラスメイトを笑わせても良いでしょう。あるいは机の下に隠して、何を企んでいるのか誰にも分からないようにし、告げ口が出来ないようにしても良いでしょう。
  4. 4
    授業中に居眠りをします。これは教室の後ろの方に座っているか、あるいは授業で映像を見ている時に有効です。することと言えば、ただ頭をがくんと落として目をつぶるだけです。先生が話している時に眠りに落ちることほど、失礼で癪に障ることはありません。本当に寝ることが出来ないなら、寝たふりをしても良いでしょう。[1]
    • 腕を組んで心地好さそうな笑みを浮かべても良いでしょう。あるいはいびきをかいて眠りをいっそう魅了的に見せ、他の学生たちが真似したくなるよう誘惑するのも良いでしょう。
    • 他の方法として、しばらくの間寝たふりをし、それから目を覚まし、「寝ている」間に先生が答えた一連の質問を、改めて尋ねることもできます。
  5. 5
    他の生徒と物を投げ合います。先生を本当にイラつかせる方法として、先生が見ていない時に物を投げ合うというものがあります。まずは消しゴムや、丸めた紙、鉛筆、チョークのような小さな物から始めると良いでしょう。それから少しレベルを上げて、小さな本、りんご、テニスボール、さらには自分の靴を投げましょう。ただしこれは先生を本気で怒らせたい場合です。この作戦を実行する時は、先生が見ていない時に投げて、振り返った時には何事も起きていないかのように見せかけましょう。ただし投げる物によっては、停学させられたり、乱暴さを糾問されたりもするので注意が必要です。このいたずらの犠牲者は仕返しさえしてくるかもしれません。
    • このいたずらは、友人が共犯者になってくれる場合さらに有効です。つまり、教室の中で受け取ったり投げ返してくれる相手のことです。もし見つからなければ、いたずらの道具をあっという間に使い果たしてしまうことでしょう。
  6. 6
    吹き矢を放ちましょう。(ペンの中身を空にし、小さく丸めた紙を吸って、「シリンダー」に突っ込み、ふっと吹きます)
  7. 7
    落書きをしましょう。先生を怒らせたいなら、先生が話している最中に何かを描き始めましょう。明らかに落書きをしているように見せます。これは教室の前の方に座っていて、何をしているか先生に分かる場合に有効です。落書きをしてはいるが、実は先生の話に興味を持っていて、きちんとノートを取っているかのように見せかけるとなお良いでしょう。しかし、本当はただ落書きをしているだけなのです。[2]
    • さらにイラつかせたいのなら、蛍光ペンや色鉛筆を用意して全力で落書きに取り組んでも良いでしょう。30分以内に、入魂の一作を仕上げてしまいましょう。
    • 本当に授業そっちのけであることを示すために、描き上げた落書きを他の生徒に見せびらかしても良いでしょう。
  8. 8
    メモを渡します。次の方法は、メモを手渡すことです。友人やクラスの誰かにメモを渡します。明らかに、膝の上のノートに何かを書いているように見せて、それからメモを四つ折りにするか、ラグビーボール状にして、クラスメイトに投げます。受け取ったメモを読む時は、顔の前に持ち、笑いましょう。明らかに授業の内容以外のことで笑っていると思わせるのです。[3]
    • 先生が話している時に、にやにやと笑って、友達に何か面白いことを書き送ったのだと分からせれば、いっそうイラつかせることができます。
  9. 9
    遅れて登場しましょう。先生は遅刻の常習犯を憎みます。ほぼ1日中頭を机に置いて、昼食が待ち遠しくて仕方がないという風に見せましょう。肩をすくめ、得意げな笑いを浮かべながら、先生の授業に数分遅れて転がり込みましょう。お詫びをすれば先生の心は少し和らぐかもしれませんが、心を込めずに謝罪の言葉を言えばより一層先生をイラつかせることができます。また遅れて登場するだけでなく、本を落としたり、走ってきたり、授業に必要なものを探して延々とカバンをかき回していたせいで、見るからに疲れ果てているように見せかけましょう。あるいは、10分遅れて登場し、あたかもこれが当然であるかのようにしれっと振る舞います。片手にコーヒーを持ち、道草を食っていたせいで遅れたのだと思わせましょう。
  10. 10
    他の生徒の気を散らしましょう。次の方法は、できる限り多くの生徒を授業に集中できないようにさせることです。他の生徒に大量の質問を投げかけ、ジョークを飛ばし、意味もなく爆笑し、グループワーク中に個人的な話をしましょう。生徒たちの気を散らせば教室全体を妨害することになり、疑いもなく先生をイラつかせることができます。[4]
    • 重要でかつ難しいのは、少なくともこのナンセンスを面白いと思ってもらい、作戦に協力してもらうために、他の生徒たちに好かれ、尊敬されることです。ただ単に不愉快と思われて、話すこと全てに呆れられるだけなら、彼らの気を散らすことはできないでしょう。
  11. 11
    携帯電話で遊びます。携帯電話を取り出し、テキストメッセージを送ったり、アングリーバードで遊んだり、あるいは時折画面をちらっと見て微笑みます。またウィキペディアを調べて先生の間違いを指摘することもできるでしょう。電話はいずれ取り上げられるでしょうが、ゲームが続いている間は先生をいっそうイラつかせるでしょう。またアラームが授業中に鳴るように設定しても良いでしょう。その際、アラームから出来る限り迷惑で邪魔になる音が出るようにします。[5]
    • 机の下でこっそり携帯電話をいじっているように見せかけるという方法もあります。先生はそのことをよく知っているので、電話を隠そうとすれば、さらにイラつかせることができるでしょう。
  12. 12
    先生のルールを無視します。各先生が自身のルールを持っているので、それを無視すればイラつかせることができます。ただし校長室送りにならない程度にしましょう。ちょっとしたルールでさえ破れば癪に障ります。例えば、論文の書式をわざと間違えたり、課題を1日遅れで出して、あたかもそれが期日通りであるかのように振舞ったりします。授業中にトイレに立つ時のルールがあれば、それを破りましょう。
    • もしもルール違反を指摘されたら、驚いたふりをするか、このように言いましょう。「でも、そのルールって無意味だと思います」あるいは「他の先生のやり方と違います」
  13. 13
    筆記用具を持たずに現れましょう。先生は当然ながら、生徒がノートを持っていて、課題を書き、ほとんどの授業で筆記用具を使うのだと思っています。したがって、手ぶらで登場すれば本当にやる気がないということが伝わります。こう言えばさらにイラつかせることができるでしょう。「誰か鉛筆持ってる?借りたいんだけど」や「書く紙がない!」などです。こうして必要なものを借りている間、完全に授業を妨害することができるでしょう。
    • 間違った教科書を持ってきて大声で笑い、「また違うの持ってきちゃった!」と言っても良いでしょう。
  14. 14
    先生が注意を受けている時は余計にいたずらをします。先生が校長や目上の先生に注意されているなら、できる限りいたずらの度合いを上げましょう。例えば不適切な発言をしたり、大幅に遅刻をしたり、あるいは教室を混沌の渦に巻き込んだりなどです。先生の顔を顰めさせればさせるほど、それは成功と言えるでしょう。
  15. 15
    間違えた箇所に突っかかりましょう。テストの答案が返ってきたら、大声で不平を言い、たとえ抗議するまでもない内容だとしても、間違えた箇所に1つ1つ食ってかかりましょう。もしもテストが選択式か、あるいは数学のように正答と誤答がはっきりしているものであれば、いっそうしつこく、間違っているのは先生だと指摘しましょう。
    • テストのあらゆる問題を点検してもらうことで、授業後の先生の時間を浪費させることができます。
  16. 16
    テストを異常に早く仕上げます。長い試験問題を課されたなら、10分か15分かそこらで、試験用紙を机にたたきつけるか、あるいは先生の机に提出して、「できました!」と言いましょう。加えて、さらにイラつかせるために、「簡単でした!」と言っても良いでしょう。これは他の生徒に、なぜ自分はこんなに時間がかかるのかという不安を起こさせ、教室中を混乱と緊張で包み込むでしょう。言うまでもなく、結果として、色々な意味で成績が下落するということは覚悟する必要があります。
  17. 17
    先生に向かって呆れた表情をします。平然とそんなことをすれば先生は怒り出すでしょう。
  18. 18
    限度を超えないようにしましょう。先生を20分イラつかせることもあれば、1分で終わることもあるでしょう。いたずらは迷惑がらせる程度に抑えて、居残りをさせられないようにしましょう。そんなことは望んでいないはずです!

パート 2
言う内容を決める

  1. 1
    先生が話している最中に話します。講義の最中や、何かを説明している時に話し始めることほど、先生を怒らせるものはありません。友達にささやいたり、大っぴらに話してみても良いでしょう。先生の講義にまったく関心がないふりをしたり、あるいは先生がそこにいて、一生懸命しゃべっていることすら気づいていないかのように振舞いましょう。クラスメイトの1人に、先生が答えるべき質問を投げかけるというのも効果的でしょう。これは間違いなく先生をイラつかせますが、そうそう長くやり過ごすことはできません。この際話す内容は重要ではなく、何でも構いません。
    • 授業が遅れている場合、終わらないように妨害したりするとさらに効果的です。
  2. 2
    知ったかぶりをします。先生を本当に困らせたければ、先生が持ってくるあらゆる話題に対してエキスパートであるかのように振る舞うことです。しかも、ほとんど、あるいは全く根拠もなしにです。先生が何かを説明しようとしていたら、それがたとえ基礎的で自明な事実だとしても、明らかに釈然としない表情を見せ、あなたは何もかも間違っている、と言わんばかりに振る舞いましょう。先生が業を煮やして、何か言いたいことでもあるのかと言ってくるまで、しかめっ面をし、じっと見据えます。このような絶え間ない懐疑の中に置かれれば、先生は思考を掻き乱され、困惑するでしょう。
    • 先生が何かをおおよそ言い終えた後に、このように言います。「それを説明して頂けますか?」
    • もしも先生が真に受けて詳しい説明をしようとしたら、このように言いましょう。「私たちは見解の相違を認め合うべきではないでしょうか」
  3. 3
    題材について、他の人の方がよく知っていると伝えます。知ったかぶりの効果がいまひとつであれば、次のような発言で先生の時間を空費させることができます。「父に話したんですが、父はまったく違うことを言っていました」あるいは過去に教わった先生、それどころか他教科の先生まで持ち出して、その先生たちの考えとは違うということを伝えます。こうすることで他の人の方がよほどその題材について知っているということを仄めかすことができます。それが頑張って成果を出そうとしている若手の先生であれば、いっそう苛立ちは募るでしょう。[6]
    • テレビ番組や本に言及して、他の科学者や教育者の方がその主題について知っていると伝えることもできます。このように言いましょう。「ディスカバリーチャンネルで見たんですが、こう言っていました……」
  4. 4
    絶え間ない質問を浴びせかけます。大体の場合質問は悪いことではありませんが、生徒が数学の方程式を理解できず、それを10回も説明するはめになれば、先生のフラストレーションは募ることでしょう。他にも、「ジョージ・ワシントンの髪は何色ですか?」のような無意味な質問を投げかけても効果的です。質問をする時はなるべく真面目さを装って、それが冗談なのか見分けられないようにしましょう。もしも真面目だと判断すれば、先生は躍起になってこちらの質問に答えようとするでしょう。
    • 先生が100万回も答えたような質問を投げかけ続けても良いでしょう。もうたくさんだと言ってきたら、こう言います。「あれ、本当ですか?もう答えてもらいましたっけ?聞いてなかったのかもしれません」
  5. 5
    出来る限り妨害をすれば、無礼で癪に障る態度を取ることができるしょう。先生が何か大事なことを話している時に、手を上げて、全く関係のないでたらめなことを言ったり、あるいは一層話がこんがらがってしまうような質問をします。さらに、あくまで「礼儀正しく」妨害していることを示すために、何度も手を上げて、待っていなさいと言わせ続けても良いでしょう。[7]
    • タイミングを考えずに発言すれば、特に軽口を叩いたり授業を邪魔しようとしている場合、どんな状況であろうとイラつかせます。
  6. 6
    簡単な質問に対して、だらだらと答えを引き延ばしましょう。もしも先生がフロリダの州都はどこかとか、10掛ける15はいくつかといったような至って簡単な質問をしてきたら、手を上げて、家族でフロリダに行った思い出とか、10という数字がこの地上でいかに完全無欠な数字であるかについて、長々と話を展開しましょう。先生が苛立ちや困惑した様子を見せたら、いっそう話のテンポを緩めて、話し終えるのに相当な時間がかかるようにしましょう。
    • 間違ったことをしているということに、全然気づいていないかのように振る舞いましょう。
  7. 7
    内容を先取りして質問します。テキストの先の部分を読んで、1週間後に習うはずの内容について質問しましょう。先生は言うでしょう。「まだそこまでは行っていません」あるいは「それは後で説明します」しかしあくまで食い下がって、クラスメイト全員を困惑させましょう。
    • この作戦は、国語の授業で、まだ他の生徒がストーリーについて知らないうちに、話の結末を明かしてしまえばより効果的でしょう。
  8. 8
    廊下にいる生徒に呼びかけます。始業のチャイムが鳴った後に、友人や誰か他の人が廊下を歩いているのを見かけたら、「元気?」や「このあとすぐメールするね!」のように呼びかけます。こうすることで、目の前の授業に大して関心がないということを示せます。これは先生をイラつかせるでしょう。なぜならあからさまに授業のルールを無視しているからです。
  9. 9
    途轍もなくゆっくりしゃべります。手を上げて質問に答える際に、もぐもぐとつぶやき、「あー」や「えー」という言葉を繰り返します。そうして今言おうと思っていたことを忘れてしまったかのように振る舞うのです。その際、永遠に答えにたどり着かないようにしましょう。出来る限りゆっくりしゃべり、しかもそれをわざとやっているように見せかければ、先生をイラつかせることができるでしょう。
    • テキストを読むように言われたら、非常に遅いテンポで読み、文章の途中途中でもたもたと突っかかると良いでしょう。

ポイント

  • 授業中に口をふさいだり、頭を机の上に置かないようにしましょう。そんなことをしながら、自分が雑音の犯人だとは思われないと考えるとしたら、それは考え直した方が良いでしょう。
  • 1人で実行しないようにします。友人や他の生徒と手を結び、一致団結して先生をイラつかせましょう。こうすれば誰か1人を捕まえて罰することが難しくなります。
  • 事あるごとにごねたり、不平を言ったりしましょう。
  • ペットボトルを持ち込み、ぐしゃぐしゃにしましょう。
  • 先生の言ったことと正反対のことをしましょう。例えば座りなさいと言われたら、じっと立ったままでいます。
  • たくさん生徒がいる大きな教室で実行しましょう。そうすれば捕まる可能性はずっと低くなります。
  • 本当に厳格な先生であれば、いたずらは時々にしましょう。あまりにイラつかせれば、大目玉を食らい、悪い評判が広まってしまいます。
  • クラスに告げ口屋がいる場合、いたずらをしているのは自分だけではないということを分からせましょう。
  • 先生の全ての質問に手を上げ、間違えましょう。
  • 言葉を変えながら、同じ質問を何度もしましょう。
  • 突然笑い出したり、適切でない時に、適切でない発言をしましょう。
  • 先生が「私の言ったことを繰り返してください」と言ったら、授業中の先生のあらゆる発言を繰り返しましょう。もしも注意されたりイラついているようだったら、「あれ?繰り返してくださいって言いましたよね?」と言いましょう。
  • 授業中に他言語で話しましょう。[8]
  • 言うこと全てに突っかかりましょう。例えば「なぜですか?」や「どうやってですか?」や「本当ですか?」などです。
  • 何かの機材を持ってきていたら、それを使っているふりをして、先生が使おうと思った時に、探すはめになるようにしましょう。こうすれば授業の時間が削れます!
  • 宿題をロッカーに放置し、取りに行かなければならないようにしましょう。それからトイレに行っていいか尋ね、戻ったら、水を汲んできていいか尋ねましょう。
  • 十分に調査されたものであっても、先生の言うことを信じないふりをしましょう。
  • 当てられてもいないのに、黒板に答えを書きましょう。また先生の言っていることを聞かないようにしましょう。
  • 授業の間ずっと、ぼんやりと先生を見つめ、何か尋ねてきたら、ただ含みのある顔を見せましょう。
  • 突然飛び上がり、ダンスを始めましょう。
  • グループになって大声で質問に答え、もしも注意されたら、なるべく無実であるかのように振る舞いましょう。
  • わざと眠る際は、授業の大事な場面で友人に起こしてもらい、先生に何か尋ねられたら、半睡状態でふらふらしているように見せかけましょう。
  • 先生がすぐに許してくれるとは思わないようにしましょう。
  • テキストを読むように言われたら、適当にページをぱらぱらとめくり、それから止めます。あたかも本当にページを読んだかのように見せるのです。
  • 授業の内容の代わりに先生自身のことを尋ねましょう。

注意事項

  • クラスメイトをスケープゴート(身代わりの人間)として使ってはいけません。事態がややこしくなってきたら、立ち上がって自分がやりましたと言いましょう。
  • 見つかった時は、先生の言う通りにしましょう。乱暴で反抗的に振舞ってはいけません。
  • 先生が怒り出したら、真摯にお詫びをするようにします。
  • やりすぎて深刻な事態にならないようにします。やりすぎなくても、先生をイラつかせれば何かしらトラブルに陥る可能性は高いでしょう。
  • 皆に慕われるようにして、クラス全体がトラブルになった場合でも、名前を漏らされないようにしましょう。
  • 授業に真剣に臨んでいる生徒だっています。仲良くしようとしているまさにその生徒から、敬遠されてしまう可能性もあります。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む162人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 学校・大学

他言語版:

Español: molestar a tus profesores, Português: Irritar Seus Professores, Italiano: Infastidire i Tuoi Insegnanti, Français: embêter tes profs, 中文: 惹恼你的老师, Bahasa Indonesia: Membuat Jengkel Guru Anda, Nederlands: Je leraren irriteren, Tiếng Việt: Chọc tức giáo viên, العربية: إزعاج مدرسيك

このページは 145 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?