PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

プレゼントを包むのは楽しい一方で、特に丸いものなど特殊な形のプレゼントを包むのは難しいものです。このような形には角がないため、包み紙を折る場所を決めるのが難しく、シワになったり、かさ張って不格好になったりしないように包むのは一苦労です。しかし、包み紙を計画的に切って折れば、丸いボール状のものや円柱形のものでもデパートの店員のように包めるでしょう!

方法 1
方法 1 の 3:
球体のプレゼントをねじって包む

  1. 1
    包み紙を長めに切る 包み紙の幅よりも長めの紙が必要になりますが、プレゼントを完全に包める程度の十分な幅も必要です。プレゼントを包み紙の中央に置いた時に、包み紙の両側が最低5~8cm程度余るようにしましょう。
    • 包み紙の正確なサイズはプレゼントの大きさによります。余った包み紙は最後にいつでも切り落とせるため、慎重に大きめに切ったほうがよいでしょう。
  2. 2
    包み紙の下にボウルを置き、その上にプレゼントを置く ボウルか大きめの包装用テープなどの上にプレゼントを置くと支えができてプレゼントが自立し、包みやすくなります。ボウルを包み紙の下に入れたらプレゼントを上に置き、紙の中央にくるように動かしましょう。[1]
    • 包み紙の短い側がプレゼントの左右になるように置き、長い側が前後になるようにします。
    • 小さめのボウルか包装用テープなどを使用し、プレゼントが滑り落ちないように固定します。
  3. 3
    包み紙をプレゼントの上部に持ち上げる プレゼントの向こう側に手を伸ばし、包み紙の長い側を手に取って手前に向けて引き寄せ、プレゼントの上へと折り上げます。包み紙がプレゼントの中央にくるようにして、余りの紙は横に出したままにしておきます。[2]
  4. 4
    球体の周りを包みながら紙に優しく折り目をつける 片手でプレゼントの上部に包み紙を寄せて紙の端を持ちます。もう片方の手で残りの紙を徐々に寄せ集め、上部に向けて折っていきます。プレゼントを動かしながら片手で包み紙を集めていきましょう。[3]
    • 折り線の幅は、プレゼントの大きさや出来上がりの見た目に応じて大きくしても小さくしてもよいでしょう。
    • 球体の反対側にきたら手を入れ替え、まだ折り目をつけていない紙に近いほうの手で折るようにしましょう。

    ポイント: 美しい見た目に仕上げるには、プレゼントにぴったり沿うよう、包み紙をきつく引き寄せて折り目をつけましょう。

  5. 5
    上部の余分な包み紙をリボンで結ぶ 包み紙を上部に全て集めたら、リボンを結んでその場でまとめます。テープを貼ってさらにしっかりと固定してもよいでしょう。その後は上部の余分な包み紙を5~8cm程度残して切るか、最もきれいに見える状態にして切り落としましょう。[4]
    • プレゼントを包み始める前にリボンを切っておけば、包み紙を持ったままの状態で同時にリボンを切る必要がないでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
紙を折って球状のプレゼントを包む

  1. 1
    包み紙の中央に球状のプレゼントを置く まず最初にプレゼント全体を包めるように包み紙のサイズを測って切りましょう。次に、プレゼントを包み紙の中央に置いて長い側が前後に、短い側が左右になるようにします。[5]

    ポイント: この包み方を試す際は、単に箱状のものを包んでいるつもりで包装します。包装が少々緩くなりますが、素早く簡単に仕上がるでしょう。

  2. 2
    包み紙の長い側をプレゼントに被せて折り、テープで固定する 自分から最も遠いところの包み紙の長い側を持ち、プレゼントの上部まで引き寄せてからもう片方の長い側も同じようにします。隙間ができないように両側の紙を重ね、3~10cm程度の長さのテープで適切に固定しましょう。[6]
    • 大きめのプレゼント場合は、長めのテープか小分けにしたテープがいくつか必要になるかもしれません。うまく見極めてどの方法が最適かを判断しましょう。
  3. 3
    プレゼントの片方の端のところに三角形の折り目をつける 包み紙が開いている片方の端で、プレゼントにぴったり沿わせながら包み紙を下に引っ張ります。次に片方の側を内側に折り、中央に向けて三角形の折り目をつけます。反対側でも同じ工程を繰り返し、とがった紙の先端が飛び出している状態にしましょう。[7]
    • 側面の紙をできる限りきつく引っ張ると、包装がきれいに仕上がります。
  4. 4
    底面の紙を上に引き上げてテープで固定する 引き続き側面の紙を中央に向けてきつめに押さえます。次に底面の紙を持ち、プレゼントに沿うように押し上げます。短めのテープできちんと固定しましょう。[8]
  5. 5
    反対側でも同じ工程を繰り返す プレゼントの反対側でも同様に紙を押さえて折り、テープを貼る工程を繰り返して包装を仕上げます。角にシワがある場合は優しく引っ張り、全体の見た目をきれいに整えましょう。[9]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
円柱形のプレゼントを包む

  1. 1
    円柱形のプレゼントを横向きにして包み紙の中央に置く プレゼントを包み紙の端に寄せて置き、紙をプレゼントの平らな円形の面に向けて折り上げた時に、紙がちょうど中央までくるようにします。包み紙を切る際は、プレゼントの周りを完全に包める程度の十分な長さを確保し、最低でも2.5cm程度は紙が重なるようにしましょう。[10]
    • プレゼントの円形の面を包み紙の長い側に向けましょう。

    ポイント: この包み方は、長い円柱形のプレゼントや平たくて丸いものに適しています。

  2. 2
    包み紙の短い端でプレゼントを包んでテープを貼る 短い端を片方持ちあげて湾曲している円柱の側面を包みます。反対側で同じ作業をする際にも紙をしっかりと押さえておきましょう。次に、包み紙が重なっている部分と同じ長さのテープでしっかりと固定します。[11]
    • きれいな見た目に仕上げるには、両面テープを使用するのもよいでしょう。プレゼントを包む前に包み紙の片方の端の裏面に両面テープを貼ってからプレゼントを包み、きれいにテープを貼りましょう。
  3. 3
    平らな面で包み紙の上部の端を折る プレゼントが紙の筒の中央にあることを確認し、片方の円形の面で包み紙の上部の端を慎重に折り込んでいきます。可能な限りきっちりとプレゼントに沿って折り目をつけましょう。[12]
  4. 4
    中央に向けて斜め三角形の折り目をつける 包み紙の上部を適切な位置で押さえます。次に包み紙を片方の側に向けて少々つまんで優しく引っ張り、タックをとります。円形の面の中央に向けて、きちんとした斜めの折り目をつけましょう。[13]
  5. 5
    斜めの折り目に重ねて次の折り目をつける つけたばかりの折り目の横の余っている紙を少しつまみ、同じ工程を繰り返します。折ったばかりの箇所に重なるように、きれいな斜めの折り目をつけましょう。[14]
    • 片手で2つの折り目をきつく押さえます。
  6. 6
    円形の周り全てに折り目をつける 折り目が重なるように円の周りを折り続け、徐々に包み紙の下半分に移動していきます。可能な限り折り目をきつくして、プレゼントを動かしても折り目が動かないようにします。全ての折り目がついたら、円形の面はらせん状に見えるはずです。[15]
    • 楽に折れるように、プレゼントを回しながら作業をしてもよいでしょう。
  7. 7
    テープで中央を固定する 折り終わったら、全ての折り目が集まっている円の中央を短いテープで固定します。反対側の円形の面でも同じ工程を繰り返し、包装を仕上げましょう。[16]
    • 折り目の中央を隠したい場合は、リボンを結ぶかリボン飾りをつけて目立たないようにしましょう。
    広告

ポイント

  • 可能であれば強くて丈夫かつ複雑な模様の包み紙を選ぶと、包装が失敗しても目立たないでしょう。[17]
  • 丸いものや特殊な形のものはティッシュのような緩衝材と一緒にプレゼント用の袋に入れましょう。
  • このような包み方は、円形以外の様々なプレゼントにも役立ちます。例えばねじって包む方法はぬいぐるみやワイングラスを包む際に使用できます。
広告

必要なもの

  • 包装紙
  • ハサミ
  • テープ
  • リボンまたはリボン飾り

関連記事

風船ガムを膨らませる
プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く
自分で身長を測定する自分で身長を測定する
風船を膨らませる
勝手に沈むオフィスチェアを修理する勝手に沈むオフィスチェアを修理する
革を染める
六角形を描く六角形を描く
紙でじょうごや円錐を作る
アルミ風船を膨らませる
息を長く止める息を長く止める
プラスチックに塗装する
数独の問題を解く数独の問題を解く
剥がれた合成皮革を修復する剥がれた合成皮革を修復する
プラスチックを溶かすプラスチックを溶かす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 536 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告