牛乳を冷凍庫に入れて凍らせておくと、いざというときに便利です!お買い得品の牛乳をまとめ買いしたときや、急に牛乳が必要なときのために冷凍保存しておきたい場合には、牛乳を安全に解凍する方法を知っておくことが非常に重要です。幸いにも、時間さえかければ牛乳の解凍は簡単にできます。

1
冷凍してから1ヶ月以内に解凍する

  1. 冷凍した牛乳は、早めに解凍して使うと質感が損なわれません。凍らせた牛乳を飲んだときに、舌触りにザラつきがあるのに気づいたことがあるかもしれません。これは、冷凍期間が長いほど、脂肪分と液体が分離してしまうためです。最高の状態を保つには、冷凍した牛乳は1ヶ月以内を目安に解凍するようにしましょう。[1]
    • 1ヶ月以内に使い切ることができなくても問題ありません。最長4ヶ月は、安全に冷凍保存できます。
    広告

2
冷凍した牛乳は、冷蔵庫で一晩かけて解凍する

  1. 1~2日間かけて解凍すると、最もよい状態で飲めるでしょう。牛乳を別の容器に移し替える必要はなく、そのまま冷蔵庫に入れておきます。1~2日間かけて一定の温度で解凍すると、急速解凍した場合よりも滑らかな舌触りになります。[2]

3
冷水で牛乳を解凍する

  1. 急ぎの場合は、凍っている牛乳を冷水に浸して解凍します。冷凍した牛乳を冷蔵庫に入れておくのを忘れてしまっても、全く問題ありません! 大きめのボウルに冷水を入れ、凍らせた牛乳を完全に浸します。そのボウルを冷蔵庫に30分ほど入れます。その後は水を交換し、さらに30分間冷蔵庫に入れておくと、完全に解凍できるでしょう。[3]
    • この方法は、約2Lよりも小さいサイズの牛乳パックに最適です。日本ではあまり見かけませんが、約4Lサイズの牛乳を解凍する場合は、この方法を使うと数時間かかる場合があります。
    広告

4
製氷皿で凍らせた牛乳を、使用する分だけ電子レンジで解凍する

  1. 製氷皿で凍らせた牛乳を解凍する際は、必要な分だけ電子レンジにかけると、最も早く解凍できます。少量のみ必要なときのために牛乳を製氷皿で凍らせておいた場合、氷状の牛乳をいくつか取り出して電子レンジ対応の容器に入れます。牛乳が液状になるまで、15秒間隔で電子レンジで加熱しましょう。[4]
    • 牛乳を電子レンジにかけると加熱されるため、細菌が繁殖しやすくなります。解凍後の牛乳は室温で放置したり冷蔵庫に戻したりせず、すぐに飲むか使い切るようにしましょう。

5
室温で解凍しない

  1. USDA(米国農務省)は、牛乳をキッチンカウンター上などの室温で解凍すると、細菌が繁殖する可能性があると警告しています。これは、細菌が4〜60°Cの間で増殖するためです。危険を避けるためには、冷凍した牛乳は冷蔵庫または冷水を入れたボウルに入れるか、電子レンジで解凍するようにしましょう。[5]
    広告

6
解凍した牛乳は、使用前に振るか混ぜる

  1. 解凍した牛乳を混ぜると、舌触りがなめらかになります。ほとんどの牛乳は均質化されており、機械によって強い圧力がかけられているため、牛乳に含まれる脂肪分と液体が混ざり合った状態になっています。そのため、牛乳の上部に脂肪分が浮いていることはありません。一方で、冷凍された牛乳を解凍すると、脂肪分が分離してしまいます。解凍した牛乳を飲みやすくするには、泡だて器で混ぜる、振る、またはなめらかになるまで混ぜるなどの方法を試してみましょう。[6]
    • 解凍後の牛乳は放置しておくと再び乳脂肪が分離してしまうため、早めに飲み切りましょう。

7
解凍後は2~3日以内に飲み切るか使用する

  1. 牛乳を解凍した日付のラベルを貼っておくと、処分する時期を把握することができます。元の容器に記載されている消費期限は無効になっているため、冷凍庫から取り出した日から3日以内に使い切ることが大切です。[7]
    • 牛乳は一度しか冷凍できないため、解凍後は使い切るか処分しましょう。
    広告

8
ザラつきが残っている牛乳は、お菓子作りや料理に使用する

  1. 牛乳にザラつきが残っている場合は、お菓子作りや料理に使用しましょう。解凍した牛乳を振ったり混ぜたりしたものの、完全になめらかにならないからといって、処分する必要はありません!ザラつきが残っている場合は、牛乳を使用するお菓子や料理のレシピで使用しましょう。調理後は、ザラつきは全く気にならないはずです。[8]
    • 解凍した牛乳は、スムージーやミルクシェイクなどにも使用できます。

ポイント

  • オートミルク、アーモンドミルク、豆乳などの乳成分不使用の製品を解凍する方法も簡単です。牛乳と同じ要領で、お好みの非乳製品を安全に解凍できます。
広告

関連記事

ワインオープナーを使わずにワインを開ける
腐った牛乳を見分ける腐った牛乳を見分ける
栓抜きを使わずにボトルを開ける栓抜きを使わずにボトルを開ける
ペットボトルを開けるペットボトルを開ける
牛乳を温める牛乳を温める
オーツミルクが腐っているかを確認するオーツミルクが腐っているかを確認する
シャンパンに再度栓をする方法 - wikiHow専門家からのアドバイス
ビールを一気飲みする
折れたコルクを抜く折れたコルクを抜く
アマルーラリキュールを楽しむアマルーラリキュールを楽しむ
透明な氷を作る透明な氷を作る
シャンパンボトルをサーベルで開ける
ミルクシェイクを作る
浄水器を手作りする
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は3,947回アクセスされました。
カテゴリ: 飲み物
このページは 3,947 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告