最高においしいハンバーガーを焼く寸前だったのに、冷凍庫に入れていた牛ひき肉がカチコチに凍っていたなんて経験はありませんか?心配は無用です。素早く安全に冷凍の牛ひき肉の塊を解凍して調理する方法があります。食事時間が遅れても構わなければ、冷凍の牛ひき肉を冷蔵庫に入れるのが最も安全な解凍の仕方です。一方で、急いでいる時に最も効率的に短時間で牛ひき肉を解凍するには、電子レンジと冷水を使用する方法が適しています。細菌の混入を避けると同時に米農務省が承認する方法で、冷凍の牛ひき肉を調理可能な状態にしましょう。

方法 1 の 3:
冷蔵庫で牛ひき肉を解凍する

  1. 1
    冷凍肉を完全に解凍するには1~24時間前から準備する 自宅の冷凍庫で牛ひき肉を約5cm以下の厚さで冷凍した場合は、冷蔵庫内で1時間未満で解凍できるでしょう。[1] それ以外の場合は、包装パッケージ内の牛ひき肉450gあたり解凍時間が24時間かかることを想定して準備をしましょう。[2]
    • 冷蔵庫の温度が低いほど解凍時間が長くなることを覚えておきましょう。冷凍の牛ひき肉を解凍する際に、冷蔵庫の温度が2℃の状態よりも4℃のほうが短時間で解凍できます。
  2. 2
    冷凍の牛ひき肉をビニール袋に入れるか皿に置く 牛肉が解凍される際に包装パッケージから汁が漏れ、血や細菌が付着する場合があります。牛ひき肉は包装パッケージに入れたまま皿に置くかビニール袋に入れ、解凍の際に汁が漏れても大丈夫なようにしておきましょう。[3]
    • 元の包装パッケージ以外のもので牛肉を覆う必要はありません。
  3. 3
    冷蔵庫の下段の棚で牛ひき肉を保管する 冷蔵庫の奥のほうの場所に、包装パッケージに入れたままの牛ひき肉を置きます。上段の棚に置くと牛肉の汁が下段の食材にかかる可能性があるため、下段に置いたほうがよいでしょう。 [4]
    • 冷蔵庫の奥付近に牛ひき肉を置くと、一定の温度に保てます。
  4. 4
    牛ひき肉を使用する前に状態を確認する 清潔な手で包装パッケージの上から優しく押さえます。牛ひき肉の中央にくぼみができれば、肉の大部分は使用可能な状態まで十分解凍されています。[5]
    • 念入りに確認するには、牛ひき肉の塊を半分に折り、中央を押さえます。押さえられる程度に柔らかくなっていれば、全体が解凍されています。牛ひき肉の一部がまだ硬いようであれば、完全には解凍できていません。
    • 必要に応じて、最後の解凍工程を電子レンジで行うこともできます。
  5. 5
    牛肉は1~2日以内に使用する 牛ひき肉の解凍を冷蔵庫で行う方法では、肉を一定の低温度に保つことができるため、最もゆっくりと安全に解凍できます。この方法で牛ひき肉を解凍した場合、冷蔵庫の中で解凍後からさらに24~48時間保管できます。[6]
    • また、この方法で牛ひき肉を解凍した場合は再冷凍も可能です。最終的に牛ひき肉を使用しなかった場合は、解凍後24~48時間以内に冷凍庫に戻しましょう。
    広告

方法 2 の 3:
冷水を使用する

  1. 1
    牛ひき肉450gあたり60分間解凍する 牛ひき肉を使用する予定の最低1時間前までに解凍を始めましょう。こうすると、十分な時間をかけて確実に肉を解凍できるでしょう。[7]
    • 肉の塊が大きいほど、解凍に時間がかかることを覚えておきましょう。約1.5~2kgの牛ひき肉の塊は、解凍するのに2~3時間かかる場合があります。[8]
    • 肉が非常に薄い場合(約1.5cm以下)は、わずか10~20分で解凍できるかもしれません。[9]
  2. 2
    牛ひき肉を再封可能なビニール袋に入れてしっかりと閉める 水分などが漏れないビニール袋(フリーザーバッグなど)に包装パッケージ入りの牛ひき肉を入れます。袋のジッパーを閉め、可能な限りしっかりと密閉します。[10]
    • 袋に水分が入り込むと、食材に細菌が侵入する可能性があります。さらに牛ひき肉が大量の水分を吸収すると、水っぽい牛ひき肉になる場合があります。
  3. 3
    牛ひき肉を冷たい水道水に浸す 袋に入れた牛ひき肉を大きめのボウルか器に置き、冷たい水道水に浸します。牛ひき肉が完全に水に浸かるようにします。水と牛ひき肉の入った器をカウンターの上に置いて解凍しましょう。[11]
    • 冷水のみ使用します。熱湯やぬるま湯、室温の水でさえ、細菌の温床になる可能性があります。水道水がぬるい場合は氷を1~2個入れて少し冷やしましょう。
    • 清潔なシンクに水を溜めてから牛ひき肉を浸すこともできます。解凍を始める前に、シンクが清潔な状態で栓がしっかり閉まることを確認しておきましょう。
  4. 4
    30分ごとに水を交換する 古い水を流し、清潔な冷水をボウルに補充します。この作業により、水に細菌が大量に繁殖するのを防ぐと同時に牛ひき肉の解凍がそのまま続けられます。[12]
    • 水温を低く保つようにします。水がぬるい場合は氷を1~2個入れ続けましょう。
  5. 5
    1時間経過してから牛ひき肉の解凍具合を確認する 清潔な指で牛ひき肉の袋を押さえます。押せる状態まで柔らかくなっていれば、牛ひき肉の大部分は解凍できています。[13]
    • 牛ひき肉の塊を割り、内部の中央を押さえます。牛ひき肉の中央が硬ければ、まだ凍っている状態です。
  6. 6
    牛ひき肉をすぐに使用する 細菌の繁殖を防ぐため、この方法で解凍した牛ひき肉は2時間以内に使用する必要があります。解凍してから2時間後以降に使用するのであれば、その間冷蔵庫に入れておきましょう。[14]
    • 冷水で解凍した牛ひき肉は細菌が繁殖しやすいため、再冷凍してはいけません。解凍後2時間以内に使用しない場合は、再冷凍前に調理するのが最善策です。
    広告

方法 3 の 3:
電子レンジを使用する

  1. 1
    牛ひき肉を包装パッケージから出す 包装パッケージが電子レンジ対応かどうか不明な場合は、牛ひき肉を包装パッケージに入れたまま解凍するのは避けたほうがよいでしょう。一部の包装の端には金属の紐がついており、電子レンジ内で火花が散る可能性があります。[15]
    • この方法では肉を短時間で解凍できるため、調理を始める直前に解凍できます。解凍を始める時間を事前に気にする必要はないでしょう。
    • 発泡スチロールのトレイ上で牛ひき肉が完全に凍っている状態では、外すのが困難な場合があります。食品トレイなどの底面から牛ひき肉をはがすのが難しい場合は、再封可能なビニール袋に牛ひき肉を入れ、ジッパーを閉めます。牛ひき肉の食品トレイ部分に冷たい水道水をかけてトレイを浮かせると、取り外しやすくなるでしょう。
  2. 2
    牛ひき肉を電子レンジ対応のガラスの器に入れる 生の牛ひき肉を器に入れます。解凍時に出る汁がこぼれないように、側面の高い器を使用するようにします。器に蓋をするか、別の皿を蓋の代わりに上にのせます。[16]
  3. 3
    電子レンジの出力を50%に設定して牛ひき肉を解凍する 牛ひき肉450gあたり3分間温めます。電子レンジの出力を100%ではなく50%に設定し、肉が調理が始まらないようにしましょう。[17]
    • 電子レンジによっては解凍専用の設定があります。この設定では、自動的に肉の解凍時間と出力が計算されます。電子レンジに解凍設定があれば、解凍する肉のグラム数を入力して活用しましょう。
  4. 4
    特に最初の1分が経過してからは、45秒ごとに肉を確認する 解凍設定を使用しても、肉が均等に解凍されない場合が多いものです。45秒ごとに裏返し、解凍具合を確認するとよいでしょう。[18]
    • 大抵の電子レンジにはターンテーブルがあり、電子レンジに入れたものが継続的に回転します。ターンテーブルがない場合は、牛ひき肉を確認する度に器の向きを変えましょう。
  5. 5
    牛ひき肉を手で押さえて十分解凍できているかを確認する 手をきれいにしてから始めましょう。牛ひき肉の中央を押さえ、まだ硬く凍っている部分があるかどうかを確認します。生肉に触れた後は、手を再度洗うのを忘れないようにしましょう。[19]
    • 必要に応じて肉の塊を割り、内部に触れてまだ凍っている固形の塊部分があるかを確認しましょう。
  6. 6
    牛ひき肉をすぐに使用する 電子レンジで牛ひき肉を解凍した場合は、温かくなっている部分に細菌が繁殖する可能性があるため、念のため2時間以内に使用する必要があります。しばらく使用しないのであれば、冷蔵庫に入れましょう。[20]
    • 電子レンジで解凍した生の牛ひき肉は、再冷凍してはいけません。ただし、牛ひき肉を調理した後に再冷凍することは可能です。
    広告

ポイント

  • 肉が凍った状態のまま、または部分的に凍った状態から直接調理してみましょう。牛ひき肉をバラバラにしてからタコス、スキレットのキャセロール(オーブンの鍋料理)、伝統的なキャセロールなどに使用する場合は、肉を崩す、解凍、調理を同時に行ってもよいでしょう。調理時間が5割増しになるかもしれないことを覚えておきましょう。[21]

広告

注意事項

  • 牛ひき肉を室温で解凍してはいけません。牛ひき肉を4~16℃の間で長時間放置すると、危険な細菌が繁殖しやすくなります。
広告

必要なもの

  • 器(任意)
  • 大きめのボウル(任意)
  • 冷水(任意)
  • 再封可能なビニール袋(任意)
  • 電子レンジ対応のガラスの器(任意) 

関連記事

How to

傷んだ鶏肉を見分ける

How to

鶏肉料理を温め直す

How to

豚肉に火が通ったか確認する

How to

豚肉を柔らかくする

How to

開けにくい瓶のふたを開ける

How to

ソーセージを解凍する

How to

ロティサリーチキンを温め直す

How to

鶏肉を柔らかくする

How to

鶏肉を茹でる

How to

ブライン液チキンを作る

How to

鹿肉を調理する

How to

豚すね肉を調理する

How to

オーブンでスペアリブを作る

How to

ラムシャンクを調理する
広告

このwikiHow記事について

VT
共著者 ::
Vanna Tran
料理家
wikiHowコミュニティーの信頼できる共著者の一人、Vanna Tranがこの記事を共著しています。家庭料理の名人であるヴァナ・トランは、幼少の頃から母親と一緒に料理をしてきました。5年以上にわたりサンフランシスコ・ベイエリアにてフードイベントやポップアップレストラン(空き店舗を活用して期間限定でオープンするレストラン)を主催しています。
カテゴリ: 肉・加工肉・デリ
このページは 126 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告