ホタテ貝はさっぱりとしてジューシーな貝です。高級レストランでも用いられている一方で、自宅でも比較的簡単に調理することのできる食材です。冷凍ホタテ貝は生のものよりも低価格で、正しく調理すれば新鮮なホタテ貝のような味を楽しむことができます。まず解凍し、フライパン(スキレット)、あるいはオーブンで調理しましょう。美味しいホタテ料理があっという間に完成します。

材料

スキレットで焼く

  • 殻をむいたホタテ680グラム
  • 塩コショウ
  • オリーブオイル大さじ1
  • レモン果汁小さじ1(お好みで)

この分量で4人前出来上がります。

オーブンで焼く

  • 殻をむいたホタテ680グラム
  • 溶かしバター120ミリリットル
  • ニンニクみじん切り大さじ1
  • 細かいパン粉180ミリリットル分
  • 塩小さじ半分
  • コショウ小さじ4分の3
  • きざんだ新鮮なパセリ小さじ2
  • レモン1個
  • 白ワイン大さじ1(お好みで)
  • レモンタイム小さじ半分(お好みで)

この分量で3人前出来上がります。

方法 1 の 3:
ホタテを解凍する

  1. 1
    殻付きのまま冷凍されている場合は洗う 殻の間にバターナイフを差し込み、こじ開けましょう。開いたら、身の部分を冷水で洗い、砂や粒を取り除きましょう。ナイフを使って、白く大きな貝柱の部分を切り離します。[1]
    • 殻をむいた状態で冷凍されていれば、この手順は必要ありません。
    • ホタテを洗う際は、食感や形状を保つためにも必ず冷水を使いましょう。
  2. 2
    調理する24時間前からホタテを冷蔵庫に移しておく ホタテの身の部分を大きなボウルに入れてラップをします。調理する少なくとも24時間前からボウルごと冷蔵庫に保管しておきましょう。翌日、ホタテが解凍されているか確認します。まだ充分に柔らかくなっていなかった場合は、さらに1時間待ちましょう。[2]
    • 解凍して生じる水気も充分収まるような大きさのボウルを使いましょう。
    • 冷蔵庫に移動して1~2日以内にホタテを使いましょう。
  3. 3
    同日中に調理する場合は、調理の1時間前にホタテを冷水に浸す ボウルあるいはシンクを冷水で満たし、ホタテをパッケージごと中に浸します。パッケージ内部に水が侵入してはまずいので、必ず密閉されているようにしましょう。1時間ほどかけて、ゆっくりと室温に戻していきます。[3]
    • 水が侵入すると、食感に影響します。
    • パッケージに入っていないホタテは、ジップロック式の袋に入れてから水に浸しましょう。
  4. 4
    すぐに使いたい場合は電子レンジで解凍する 電子レンジ可の容器にホタテを入れます。飛び散りを防ぎ、均等に加熱したいので上からペーパータオルをかけましょう。「解凍」に設定し、30秒ずつ加熱をしていきましょう。[4]
    • 解凍(あるいは類似した文言)の設定がない場合は、低出力(30%)に下げて加熱しましょう。
    広告

方法 2 の 3:
スキレットで調理する

  1. 1
    ペーパータオルで水気を取る ホタテの表面の水気を拭き取りましょう。水気が残っていると調理する前に縮んだり、蒸されてしまう可能性があります。ペーパータオルを半分に折りたたみ、ホタテの両面の水気を拭き取ります。再び水気がついてしまわないよう、新しい皿に並べていきましょう。[5]
    • 水気を拭き取っておくと、こんがりとした焼き色がつきやすくなります。
  2. 2
    1つずつ塩コショウをふりかける 塩とコショウを指でつまみ、ホタテの表面にふりかけましょう。すり込み、味を染み込ませます。[6]
  3. 3
    オリーブオイルをスキレット(鋳鉄製の分厚いフライパン)に敷き、強めの中火にかける 大さじ1のオリーブオイルをスキレットに加えて熱します。水を少し加えてみて、油に触れた瞬間に蒸発すれば、充分に熱されています。[7]
    • オリーブオイルの代わりにバターを使うこともできます。
  4. 4
    2.5センチずつ離してホタテを並べる トングを使ってスキレットにホタテを並べていきましょう。1つ目のホタテがスキレットに触れた時に、「ジュー」という良い音がしていれば問題ありません。2つ目以降も並べていきます。無理に詰めて並べないよう注意しましょう。[8]
    • 必要に応じて複数回に分けて焼きましょう。
  5. 5
    片面ずつ2~3分焼く 焼き色をつけたいので火を通している間は動かさずにそっとしておきましょう。トングで持ち上げた際に簡単に剥がれれば裏返す良いタイミングです。反対側も2分ほど火を通し、触った時の感触がしっかりとしたら、スキレットから取り出しましょう。[9]
    • 火を通し過ぎると、硬くなり、なかなか噛み切れなくなるため注意しましょう。
    • 肉用の温度計を使い、内部の温度が63度であることを確認しましょう。
  6. 6
    皿に盛り付ける 1人前4~5つを目安に温かい皿に盛り付けましょう。レモン果汁を数滴たらすと、さらに風味が豊かになります。[10]
    • 温かい状態で食卓に並べられるよう調整しましょう。
    • 残ったホタテは密閉容器に入れて冷蔵庫で3~4日間保存することができます。[11]
    • 皿は電子レンジで30秒間加熱して温めたものを使いましょう。
    広告

方法 3 の 3:
オーブンで調理する

  1. 1
    オーブンを200~210度で予熱する ラックを中段に配置されているようにしましょう。しっかりと余熱をします。 [12]
  2. 2
    溶かしバターをオーブン可の容器に加える バターを電子レンジで30秒加熱して溶かし、天板に注ぎます。みじん切りにしたニンニクも加え、底全体にまんべんなく伸ばしましょう。[13]
    • 白ワインを大さじ1加えると、さらに風味が増します。
  3. 3
    ホタテを並べる 天板いっぱいにホタテを1つずつ並べていきましょう。必ず溶かしバターとニンニクの上に置き、味や香りをしっかりと染み込ませましょう。[14]
  4. 4
    パン粉、塩、コショウ、パセリを上からふりかける 材料を大き目のボウルに入れて泡だて器でよくかき混ぜます。これを指先でつまみ、ホタテの上にうっすらとふりかけましょう。[15]
    • ハーブと柑橘系の風味も楽しみたいという場合は、小さじ半分のレモンタイムも加えてみましょう。
  5. 5
    18~20分ほど加熱する 天板をオーブンの中段に置き、加熱しましょう。調理中はオーブンの扉を開けないようにしましょう。熱が逃げてしまいます。20分ほどが経過して、パン粉がこんがりとした色になったら取り出しましょう。[16]
    • 内部温度を確認します。63度が目安です。届いていない場合は、もう少し加熱を続けましょう。
  6. 6
    冷めないうちに盛り付けて食べる 1人前4~5つが目安です。盛り付けている時に急激に冷めてしまわないよう、皿を温めておきましょう。最後にレモンの薄切りも加えると、ほのかな酸味も楽しめるでしょう。[17]
    • 残ったホタテは密閉容器に入れ、冷蔵庫で最大4日保存できます。[18]
    • 皿は電子レンジで30秒加熱し温めましょう。
    広告

注意事項

  • 内部温度が必ず63度に届いているようにしましょう。
  • おかしな臭いがしたり、ねばねばしているホタテは捨てましょう。
広告

必要なもの

解凍する

  • バターナイフ
  • 冷蔵庫
  • ボウル
  • 電子レンジ
  • 電子レンジ可の容器

スキレットで調理する

  • 計量スプーン
  • スキレット
  • ガス台
  • トング

オーブンで調理する

  • オーブン
  • オーブン可の容器
  • 計量スプーン
  • ボウル
  • 泡だて器

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

オートミールを作る

How to

塩気の強いスープの味を調整する

How to

ベーキングパウダーの代用品を作る

How to

ご飯を温め直す

How to

固ゆで卵をひびを入れずに茹でる

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

フロスティングを作る

How to

シチューにとろみをつける

How to

圧力鍋を使う

How to

アイシングシュガーを使わずにアイシングを作る

How to

ラザニアの冷凍保存

How to

自家製ワインを造る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 181 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告