処女を守る方法

この記事には:自分のバウンダリーを定めるパートナーとバウンダリーについて話す同調圧力に屈しない

セックスの話題ばかりの世の中で、処女で居続けることはたやすいことではないでしょう。その中で、健全でしっかりとしたバウンダリー(自分と他者との心の境界線)を築くことは、自分の意思で自分の体を守ることになります。さらに、自分とは何か、彼氏やパートナーと一緒にしたいこと、したくないことは何か線を引く鍵となることでしょう。

1
自分のバウンダリーを定める

  1. 1
    処女でいる理由を考えましょう。処女を守るという決断があなたにとってなぜ大事なのか、理由を明確にすることで意思が長続きします。時間をかけて理由を掘り下げてみましょう。処女でいるのは、両親のため、宗教的理由、パートナーのため、ウィキハウに書いてあったからではなく、それがあなたにとってベストな在り方だからであるべきです。[1] 日記に想いを綴っておくとあとで読み返すことができます。考えうる処女を守る理由を以下に挙げてみます。[2]
    • 宗教、スピリチュアルなどの信仰の中で、時期が来るまで待つまたは禁欲の教えが含まれている。
    • まだ心の準備がない、または興味がない。[3]
    • アセクシュアル(性欲がなく、セックスに興味がない、または汚らわしいと感じる人のこと)である。[4]
    • 初体験は特別な人と行いたい。
    • 避妊具が手に入らない、性に関する相談機関がどこかわからない。
    • まだセックスをするには年齢的に早すぎると感じている。
    • セックスへの恐怖がある。妊娠や性病にかかるのではないかという恐怖や家族が厳しく、もし見つかった場合に、精神面や安全が脅かされるのではないかという恐怖がある。[5]
  2. 2
    処女でいる期間をどれくらいにするか考えましょう。どのくらい処女でいようと考えていますか?生涯処女を貫いている女性はほとんどいません。明確かつ妥当なゴールを決めるとよいでしょう。どれくらい処女でいるか考えると同時に、一度決めたことを臨機応変に変更してもよいことにしましょう。[6]
    • あまりに長い間処女を守ると決めるとプレッシャーに感じることもあります。「今月一杯」などと期間限定にし、月の終わりに見直し、場合によっては延長するのもよいでしょう。
    • 結婚するまで処女でいるべきだという考えであれば、結婚にふさわしい年齢になり、大切だと思える人に出会うまで待ちましょう。処女でいると決めても決めなくても、結婚していない者同士のセックスが珍しくない年齢がやってくるでしょう。セックスへの心の準備が整ったら、素敵な人を見つけて結婚しましょう。
  3. 3
    セックスへの誤解を取り除きましょう。セックスは悪いことではありません。また、処女でいることがピュアな証である、道徳的に上だということもありません。セックスはお互いの同意があり、心の準備がある大人にとっては美しい行為とも言えるのです。セックスをしたからといって体が変わってしまうとか[7] 、良い人間ではなくなってしまうというようなことはありません。[8] 処女でいる理由が恐怖心に基づくのではなく、健康的且つ、さまざまな情報を得た上の自己判断であるようにしましょう。
    • ほとんどの人が人生のどこかの時点でセックスを経験します。準備ができたと感じる時が来た時は、セックスに対して罪悪感を感じることはありません。
  4. 4
    自分の言葉で定義しましょう。 「処女」と「セックス」は人によって定義がかわってきます。[9][10] バウンダリーをきっちりと引く前に、自分でそれらの言葉をどのように定義するか決めておきましょう。[11]
    • セックスをどのように定義するか考えてみましょう。どこまでの密接な行為はOKで、どこからが行き過ぎなのか考えてみましょう。あなたにとっての処女とは何を意味しますか? それはスピリチュアル的に、メンタル的にもしくは肉体的に、またはそれらを組み合わせたものでしょうか?
    • 自分の中に基準を持っておくことが大切です。自分の中でどこまでは大丈夫なのかという基準があれば、他人にもそう伝えることができます。
    • 自分のバウンダリーが分かっていると、どこまで大丈夫で何が嫌なのか自信を持って他者に伝えることができ、自分のバウンダリーを尊重してもらうこともできるでしょう。そうすることで、力が湧いてきて、自分にとって正しい行いをすることができるようになります。[12]
  5. 5
    ポジティブな選択とはなにか定義しましょう。セックスの悪い点ばかりに目を向けるのではなく、良い点についても考えてみましょう。[13]
    • 性的な関係を持つつもりがない場合、自分の時間にどんなことをしたいか考えてみましょう。
    • ある時期が来るまで処女でいようと思っている場合は、そのゴールに向かって努力しましょう。例えば、もっと自分に自信がつくまで待ちたいと思っているならば、自分の意見をはっきりと主張できるようなトレーニングを受けたりして、自分に自信をつけましょう。
  6. 6
    バウンダリーを設定しましょう。肉体的、感情的、精神的なバウンダリーを自分で決めましょう。誰もあなたのバウンダリーを侵害したり、不当に扱う権利はありません。[14]
    • 感情のバウンダリーを設定しましょう。どの程度の感情の動きならば心が乱されないでいられますか?また、どんな行動に心を乱されたりしますか?他人の気持ちよりも自分の気持ちが一番大事なのだと自分に言い聞かせましょう。[15]
    • 精神のバウンダリーを設定しましょう。他者の考えや意見をどの程度ならば受け入れられますか?自分の考えや思想をバカにされているように感じるのはどんな時でしょうか?どの程度まで、心が乱されることなく、自分の考えを伝えたり、反論したりできますか?[16]
    • 肉体のバウンダリーを設定しましょう。いつ・どこで・どんな時ならは他者に体を触られても大丈夫ですか?どんな種類の肉体的な接触に不快に感じますか?自分のため、または他者のためにも、自分のバウンダリーの定義をしっかり設定しましょう。
    • 自分にとってOKまたは不快なものを知るために、バウンダリーのチェックリストをインターネットで検索してみましょう。[17]
  7. 7
    自分自身と自分の体に誇りを持ちましょう。私たちは常に見た目や思考、行動において、「こうあるべきだ」という情報に晒され続けています。こういった情報に晒されていると、自分の考えを正しいと信じること、自分に自信を持つことが難しくなっていきます。ですが、自分と自分の決断に自信を持つことができれば、自分の考えや選択を他者に尊重してもらうことに迷いがなくなります。[18]
    • 他者からのプレッシャーに負けて自分を犠牲にする必要はありません。あなた自身やあなたの体の美しさや高潔さがわからない人は、あなたの人生には必要ありません。大抵の場合、両親はあなたを誇りに思い、決断をサポートしてくれるでしょう。どこまでがOKでどこからがNOかはっきり線を引いて、周りの人にもそれを理解してもらいましょう。[19]
  8. 8
    抑圧された気持ちの健康的な吐き出し口を見つけましょう。アセクシャルでなければ、性的欲求が顔を出すことがあるかもしれません。その気持ちを受け止めて、自分にとって適切な方法で解消しましょう。
    • 運動しましょう。散歩に行く、スポーツをする、家族とジョギングをする。
    • 処女でもマスターベーションを行う人もいます。
    • 体が興奮してきた時は、シャワーを浴びたり、温熱パックもしくは冷却剤などを当てましょう。[20]
    • セックス以外のこと、[21] 例えば、アート、文章を書くこと、友達、家族、ボランティアや学校などに集中しましょう。

2
パートナーとバウンダリーについて話す

  1. 1
    デートする相手には隠さずに何でも伝えるようにしましょう。 セックスなしの関係はあり得ないと感じる人もいます。あなたのセックスに対する考えを言わないのはお互いにとってフェアではありません。[22] 真剣な交際に発展する前に伝えておけば、別れることになっても誰も悲しまずに済みます。
    • 処女を守りたいことを隠したい気持ちになるかもしれませんが、やめましょう。遅かれ早かれわかることです。後々になって判明すると、避けることのできた痛みや混乱を双方とも経験することになります。
    • 相手があなたと同じようには考えられず、セックスのない関係が無理だというなら、それはそれで仕方のないことです。相手がそういう選択をしたまでのことです。相手からのプレッシャーを感じることはありません。お互い相手の考えを尊重すべきです。2人が同じ考えではないのなら、深刻にならず自分の道を貫いて良いのです。[23]
  2. 2
    あなたのバウンダリーについてパートナーと話す時間を持ちましょう。大丈夫なこととダメなことを伝え、相手にも同様に話してもらいましょう。この時にどうして(今だけまたは一生)処女を守ることが自分にとって大事なのかを話す機会にするのもよいでしょう。相手は混乱して質問をしてくるかもしれません。話しても良いと思うなら、時間をかけて説明しましょう。
    • パートナーがバウンダリーの譲歩を持ちかけて来たら、自分にとって本当に大切なことだから譲れないと伝えましょう。パートナーはあなたのバウンダリーを尊重すべきです。
    • 処女を守りたい理由を話したくない場合は、「そのことは話したくない。」と言えば大丈夫です。
  3. 3
    キスやタッチに関して同意のある関係でいましょう。 それらの行為においてお互いの同意があることは大切です。どのように同意を示すか、取り下げるか、同意のあるなしの表し方を知る必要があります。[24]自分がしたいこと、したくないことに正直でいることが大事です。双方がしっかり話し合い、お互いの気持ちを聞くことができるのが理想的な関係です。[25]
    • 嫌だと思ったら、相手に嫌だ、急がないでほしいと伝えましょう。「それは嫌だ。」「まだ無理。」「今じゃない。」などと短くシンプルに伝えましょう。
    • OKなことははっきり伝えましょう。あなたがどこまでなら大丈夫なのか、パートナーは知っておくべきでしょう。言葉でOKと伝え、笑顔、アイコンタクトをし、あなたもリードすると良いでしょう。
    • OKかどうかわからない時は、「ノー」と言いましょう。シンプルに、「わからない。」という言葉でも大丈夫です。もしくは、「わからないけど、私を説得できる?」と駆け引きをしてみるのも良いでしょう。
    • パートナーに質問してみましょう。「これ好き?」「こうしたらどう?」「いちゃいちゃしたい?」など。
  4. 4
    「ノー」という練習をしましょう。嫌なのかOKなのかわからないと思うことがあったら、「やめてほしい」、「急がないでほしい」と伝えましょう。理解あるパートナーだとしたら、あなたの気持ちを真剣に受け止めて、やめてくれるでしょう。
    • 「ノー」はいつでも使って大丈夫です。5分前にはOKと言ったことでも、先週はOKだったとしても、もしくは他の人が普通にしていることだとしても、いつでも嫌だという気持ちを伝えて大丈夫です。[26]
    • プレッシャーに負けそうになったら、壊れたレコードのように「ノー」や「したくない」を繰り返し言いつづけましょう。
    • 恥ずかしがり屋な人は、「ノー」という練習をしましょう。この記事にでてきた言葉やフレーズをノートに書き留め、声に出す練習をしましょう。「ノー」と言えることは大事なライフスキルです。
  5. 5
    プレッシャーをかけられても屈しないようにしましょう。理解あるパートナーはあなたを無理やり変えようとはしないでしょうが、みんながそういう訳ではありません。自分の体に関することは、自分で決めてよいのです。それを理解しない人は、あなたのことを大事にしてくれないでしょう。[27] 簡潔に一言「いやだ」と言うだけで十分なはずです。ですが、それが効かない時は、何度か押し問答があるだろうと念頭にいれておきましょう。[28] 自分に都合の悪いことは耳に入ってこない未熟な人もいるのです。
    • 相手に対する返答は、短く、正直に、丁寧(最初は)にし、繰り返し言わなければならないこともあると覚えておきましょう。[29] プレッシャーを感じる時は、「いや」「したくない」と繰り返し言い続ける、壊れたレコード方法で乗り切りましょう。
    • 例えば、「嫌だってことは、俺のことが嫌いってことでしょ。」と言われた場合には、「大好きだよ。でも今は触ってほしくないだけ。(またはそういう触り方は嫌)」と伝えましょう。
    • また、「前は嫌がらなかったじゃないか。」と言われたら、「その時々でどうしたいかは私の自由よ。」と言うと良いでしょう。[30]
    • 「お堅いなあ。(冷たい、我慢するな等)」と言われた時には、「私のことと体のことは自分で決めるから。尊重してもらえると嬉しい。」と伝えましょう。[31]
    • 相手がバウンダリーを理解してくれず、簡単にはいかないと感じた時は問題です。その相手と関係を続けていきたいか自分に問いましょう。
  6. 6
    うまくいかない場合は離れましょう。相手がバウンダリー(感情、精神、肉体のいずれでも)を理解せずあなたの考えを拒否する場合は、相手から離れましょう。落ち着いて、毅然とした態度で関係を終わりにすることを学びましょう。その相手との関係を終わらせることが一番の目的ですが、できることなら落ち着いて、毅然とした態度で、相手が取り繕うとしても無駄だということが伝わるようにしましょう。
    • パーティーなどの集まりで上記のような状況に遭遇した時は、相手を避け友達のそばにいるようにしましょう。相手と1対1に近い状況の場合は、他に人がいる場所か必要があれば助けを求められる場所へ移動(交番へ向かう、タクシーを捕まえるなど)しましょう。
    • 離れながら、相手にぶつけられた言葉をくしゃくしゃに丸めて捨てるイメージをしましょう。
    • 言葉を丸めて捨てた後に、自分自身を勇気付けるポジティブな言葉を言いましょう。[32]
  7. 7
    相手に離れてもらいましょう。遠回しに言っても伝わらない、もしくは話を終わらせたがる場合は、強めの言葉を使って相手に去ってもらいましょう。
    • パーティやバー等で、嫌だと伝えているのにしつこい場合、相手の目を見ながら「嫌だと言ったでしょ。つきまとわないでください。」と言いましょう。
    • 相手が危険な人物ではなく(危険を感じた場合は、直ちにその場を去り、助けを呼びましょう)、冗談めかして断りたい場合は、「私、肉体関係を持った相手への執着が半端ないの。覚悟してね。」や「まだ私がヘルペス持ちだってことを打ち明けるのには早いと思ってるんだけれど。」などと伝えてみましょう。[33]

3
同調圧力に屈しない

  1. 1
    同調圧力について理解しましょう。思春期になると、友達や周りからの同調圧力に悩まされることは想像に難くないですが、その中にはセックスに関する圧力も含まれます。圧力に屈しないためにも、同調圧力の存在、同調圧力とは何かを理解することが大事です。誰かが圧力をかけようとしていることがわかれば、それに屈しないよう準備することができます。よくある同調圧力とは以下の通りです。[34]
    • わかりやすい同調圧力。これはもっともわかりやすい形の同調圧力です。直接的で含みのない表現で、「まだセックスしてないの?みんなしてるのに!」などというものです。
    • こそこそとした同調圧力。これは少しわかりにくく、「それ何?」と聞かざるを得ないような変な雰囲気になります。例えば、「気にしないで。○○はまだ処女だもんね。意味わからないと思うから。」と言われたり、「バージンちゃん」や「潔癖さん」などというニックネームをつけられたりします。
    • 支配的な同調圧力。 このタイプの同調圧力は、周りと同じことをしないと仲間はずれにしたり、友達関係をやめるなどと脅して、相手を強制させる同調圧力です。例えば、「処女の子とは友達になれない。」や「処女とはつるまないから。」などと言われるでしょう。
  2. 2
    疑ってかかりましょう。話を大きくするのがうまい人は、大抵は誇張しているだけだったり、真っ赤な嘘をでっちあげている場合もあります。[35][36]
    • 本当のことを言っているように聞こえるかもしれませんが、周りの人の経験談を鵜呑みにしないようにしましょう。あえて真実を追求する必要はありませんが、「たぶん嘘」くらいに思っておきましょう。
  3. 3
    「本当のことではない」という言葉をものにしましょう。メディア、ポップカルチャー、友達、家族、権威ある人からのネガティブな反応を目の当たりにすると、プライドや自信がぐらつくことがあるかもしれません。
    • 「それ間違っているよ」などとネガティブな言葉であなたを試そうとしてくる人がいたら、しっかりと自分を持ちましょう。「それは本当のことではない!」という言葉を、自分に向けて、または相手に向けて、心に染み込むまで繰り返しましょう。[37]
  4. 4
    セックスをすることの意味を定義しましょう。大きな同調圧力の中では、セックスをするということが特別なこと、例えば大人になった証拠や自立の証などとして捉えられていることがあります。[38]
    • 自分の性に関する信念を他人にとやかく言わせないようにしましょう。特に仲間からのセックスの圧力が強い高校生にとって重要なことです。「○○は魅力がないから処女なのよ。」とか「○○は臆病だからね。」などと言わせてはいけません。セックスをしない理由はそのどちらでもありません。セックスをしない理由は、あなたの信念に基づく決断によるもので、誰もその決断を奪う権利はありません。
  5. 5
    ポジティブな人と一緒にいるようにしましょう。ネガティブな同調圧力をかけられないようにするには、そういうことを言う人の近くにいかないことです。[39]
    • 上からごちゃごちゃと言ってきたり、からかったり、セックスの圧力をかけてくるような友達には、穏やかに、しかし毅然とした態度で「やめて」と言いましょう。それでもやめてくれない場合は、そういう友達と一緒にいるのはやめるようにしましょう。
    • あなたの選択を受け入れて、ありのままでいることを尊重してくれる友達を見つけ、一緒にいるようにしましょう。
  6. 6
    友達から離れましょう。パートナーの項で述べたように、あなたのバウンダリーを尊重してくれない友人からは離れましょう。
    • 落ち着いて、毅然とした態度で離れましょう。相手から離れることが一番の目的ですが、もし可能であれば、落ち着いて、毅然とした態度で相手から離れるようにしましょう。対話をしながら離れていけば、相手の思うようにあなたを操ることができなくなります。
    • 離れながら、相手にぶつけられた言葉をくしゃくしゃに丸めて捨てるイメージをしましょう。
    • 言葉を丸めて捨てた後に、自分自身を勇気付けるポジティブな言葉を声に出しましょう。[40]
  7. 7
    選択の権利を尊重し、自分と違った選択をする人を馬鹿にしないようにしましょう。セックスを恥ずべきものと考えたり、セックスをしないように周りの人に圧力をかけたりしてはいけません。性的行為は特に個人の選択が尊重される行為です。セックスライフを楽しむ人々を尊重すると同時に、セックスをしないという選択をする人も尊重されるべきなのです。

ポイント

  • 「ノー」と言っても聞いてくれない人は、あなたの意思やあなたの体に対して敬意を払わない人の可能性があります。最悪の場合、暴力的な人のこともあるので、信頼できる人に助けを求める準備をすることも考慮に入れましょう。[41]
  • 自分のバウンダリーは自分で決めてよいのだと覚えておきましょう。バウンダリーを尊重してくれない人には、尊重するようにお願いするか、必要な時は自分に近づかないようにと伝えましょう。
  • レイプとセックスは異なるものです。レイプは支配的な暴力を指し、セックスは願望によるものです。レイプの被害に遭いながらも、処女でいることもできるのです。
  • 見知らぬ人とデートに行くことはもちろん、その人の家やホテルで会うことはやめましょう。

出典

  1. http://www.scarleteen.com/article/politics/does_abstinence_make_the_heart_grow_fonder
  2. http://www.scarleteen.com/article/politics/dont_want_to_have_sex
  3. http://www.scarleteen.com/article/relationships/ready_or_not_the_scarleteen_sex_readiness_checklist
  4. http://www.asexuality.org/home/
  5. http://www.scarleteen.com/article/politics/dont_want_to_have_sex
  6. http://www.scarleteen.com/article/politics/does_abstinence_make_the_heart_grow_fonder
  7. http://www.scarleteen.com/article/bodies/you_cant_test_for_virginity
  8. http://www.scarleteen.com/article/bodies/20_questions_about_virginity_scarleteen_interviews_hanne_blank
  9. http://www.scarleteen.com/article/politics/magical_cups_bloody_brides_virginity_in_context
続きを 表示する… (33)

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む138人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 人生計画・ライフスタイル | ティーン

他言語版:

English: Stay a Virgin, Español: permanecer virgen, Português: Não Perder a Virgindade, Italiano: Restare Vergine, Русский: остаться девственником или девственницей, Deutsch: Jungfrau bleiben, Français: rester vierge, Bahasa Indonesia: Mempertahankan Keperawanan, العربية: الحفاظ على العذرية, ไทย: รักษาพรหมจรรย์, 中文: 保持贞操, Tiếng Việt: Giữ gìn sự trong trắng, Nederlands: Maagd blijven, हिन्दी: वर्जिन बने रहें (Stay a Virgin)

このページは 1,198 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?