新しい出会いを求める場合は出会い系サイトが便利ですが、プロフィールを作って右にスワイプするだけという手軽さにはある程度の危険も伴います。実際、出会い系サイトのプロフィールの約10%は、ボットやロマンス詐欺師によるものであると推定されています。[1] 偽のプロフィールは巧妙に作られていますが、怪しい兆候に注意すれば詐欺被害を防ぐことができます。この記事を読んで、出会い系サイトで偽のプロフィールを見抜く方法を学びましょう。

方法 1
方法 1 の 13:
プロフィールに空白が多い

  1. 1
    プロフィールが詳しく入力されていない場合は、偽物かもしれません。ほとんどの出会い系サイトやアプリでは、プロフィールの様々な項目に情報を入力するように求められます。偽のプロフィールを使う人や詐欺師は、プロフィール欄の様々な項目を空白のままにして、忘れた、または時間がなかったなどと言い訳をするかもしれません。[2]
    • 名前と年齢、都道府県だけが入力されている場合は、偽物の可能性があります。
    • SNSアカウントが連携されているかどうか確認しましょう。本物のプロフィールは、InstagramやSnapchatと連携する傾向があります。
    広告

方法 2
方法 2 の 13:
写真が1枚しかない

  1. 1
    プロフィール写真が1枚だけの場合は、何か隠している可能性があります。偽のプロフィールを使う人やロマンス詐欺師は、プロフィール写真に本物らしく見える無難な写真を選びます。プロフィール写真が1枚しかなく、「完璧すぎる」場合や偽装されているように見える場合は、プロフィールが偽物である可能性が高いでしょう。[3]
    • 通常、偽のプロフィールを使う人は、Googleやストックフォトサイトから顔写真を盗用します。画像検索で確認してみましょう。まず、写真を右クリックして、デスクトップに保存します。次に、Google画像検索に移動し、「画像で検索」アイコンをクリックしましょう。[画像のアップロード]をクリックし、ファイルから写真を選択して検索します。[4]

方法 3
方法 3 の 13:
友達やフォロワーが少ない

  1. 1
    偽のプロフィールは騙すために作られているので、友達を作る手間を省きます。Instagram、Facebook、Twitterなどでその人のアカウントを調べましょう。出会い系サイトのプロフィールが偽物の場合は、SNSのアカウントも偽物の可能性があります。妥当な数のフォロワーがいるか、もしくは異常に多くの人をフォローしているかなどを確認しましょう。その人をフォローしている人も偽物に見える場合、プロフィールは偽物かもしれません。[5]
    • すべてのSNSで共通のフォロワーがいるか確認しましょう。通常、友達はすべてのSNSで友達をフォローします。
    • フォロワーの投稿でその人がタグ付けされているか確認しましょう。
    広告

方法 4
方法 4 の 13:
外国にいると言う

  1. 1
    外国にいて身動きが取れないと言うのは、偽のプロフィールを使う詐欺師がお金を騙し取るためによく使う手口です。外国に出張したものの帰国するお金がない、もしくは外国にいるので銀行口座からお金を引き出せないと言うかもしれません。これは、お金を騙し取ろうとする詐欺師の決まり文句であり、注意が必要です。[6]
    • 出会い系サイトやアプリで外国の人と知り合うのは悪いことではありません。どこにいる人とでも知り合えるのが出会い系サイトやアプリの良いところです。しかし、繰り返し助けを求めてくるような人は、詐欺師かもしれません。

方法 5
方法 5 の 13:
出会い系サイトやアプリの外で連絡を取ろうとする

  1. 1
    詐欺師は、すぐにメールアドレスや電話番号を聞き出そうとします。出会い系サイトやアプリでのメッセージのやり取りを省略して、別の方法で連絡を取りたがるでしょう。これは、詐欺師が出会い系サイトやアプリを回避して、個人情報を聞き出すために使う手口です。[7]
    • オンラインで知り合った人にメールアドレスや電話番号、その他の個人情報を教えるのはやめましょう。
    • 電話番号などを聞かれたら、断って別の人とつながりましょう。
    広告

方法 6
方法 6 の 13:
メッセージに間違いが多い

  1. 1
    ボットや外国人が偽のプロフィールを操作している可能性があります。コードの間違い、または日本語が母国語でないなどの理由で、プロフィールやメッセージに誤字、脱字、文法のミスが多いかもしれません。誰でも字や文法を間違うことはありますが、間違いが多い場合は偽物の可能性があります。[8]
    • 友達にメッセージを送るときによく間違えることを考えてみましょう。その人が同じような間違いをしているか、それとももっとひどい文章を書いているか確認します。
    • 典型的なメッセージにも注意が必要です。詐欺師は「こんにちは、私の名前は……」というメッセージを送ってくるかもしれません。

方法 7
方法 7 の 13:
リンクを送ってくる

  1. 1
    リンクに誘導する手口は詐欺でよく使われるので、クリックするのはやめましょう。たとえば、「新しいウェブサイトを作った」「面白い動画を紹介する」などと言って、リンクに誘導しようとするかもしれません。リンクにはマルウェアやスパイウェア、ウイルスが仕掛けられている可能性があるので、クリックする前によく考えましょう。[9]
    • このようなメッセージは無視するか、別の人とつながりましょう。
    • 怪しいリンクをクリックしてしまった場合は、ウイルスを検出するために、Norton、Malwarebytes、HouseCallなどのウイルス対策ソフトを使いましょう。
    広告

方法 8
方法 8 の 13:
お金に関する個人情報を聞き出そうとする

  1. 1
    銀行の口座番号やクレジットカード番号を聞き出そうとする人は詐欺師です。偽のプロフィールを使う人は、できるだけ早く個人情報を聞き出そうとするでしょう。メールアドレスや職場の住所、電話番号、フルネームを聞き出そうとするかもしれません。個人情報を教えると、アカウントをハッキングされる恐れがあります。[10]
    • 偽のプロフィールかどうかわからないので、それを確認するために電話番号を教えてみたいなら、北米ではGoogleボイスを利用するという方法もあります。しかし、残念ながら日本では使えません。

方法 9
方法 9 の 13:
展開が早すぎる

  1. 1
    詐欺師は、お互いをあまり知らないうちに「愛している」と言うでしょう。展開が早すぎると感じたら、そのプロフィールは偽物かもしれません。詐欺師は、愛の言葉を浴びせて信用させ、騙そうとします。その人が単に軽い人なのか、それともあなたのことを運命の人と言っているのかを考えましょう。[11]
    • あまりにも早く距離を詰められて不安を感じたら、自分の直感を信じてプロフィールをもう1度確認しましょう。
    広告

方法 10
方法 10 の 13:
電話やビデオ通話に応じない

  1. 1
    偽のプロフィールを使っている人は、口実を作って直接的な交流を避けるでしょう。通常は、相手を気に入れば直接話したいと思いますが、詐欺師はそうは思いません。あなたが電話をしても出ないでしょう。[12]
    • たとえ電話やビデオ通話に応じたとしても、カメラがオフになっていたり声が聞きづらかったりするかもしれません。もしくは、想像していたのとは全く違う声が聞こえる可能性もあります。
    • 声が思ったより老けている、若い、女性っぽい、男性っぽい、またはトンネルの中で話しているように聞こえるかもしれません。

方法 11
方法 11 の 13:
口実を作って会おうとしない

  1. 1
    直接会うことを避ける場合は注意が必要です。特に、近くに住んでいると言っているのに会おうとしない場合は、偽物の可能性が高いでしょう。あなたとの関係を真剣に考えているのであれば、隠すことは何もなく、会おうとするはずです。[13]
    • 会えない理由として、突然海外に転勤になった、出張することになった、病気の家族の面倒を見るなどと言うかもしれません。
    • 同情を引く作り話には注意しましょう。詐欺師は、家族や親しい友人が亡くなったと言って同情を引こうとするかもしれません。
    広告

方法 12
方法 12 の 13:
言うことがコロコロ変わる

  1. 1
    言うことがコロコロ変わる場合は、嘘をついている可能性があります。作り話をしているので、何を言ったのか覚えていないのでしょう。日によって言うことがコロコロ変わる場合は、あなたを騙そうとしているのかもしれません。[14]
    • 複数の人が偽のプロフィールを操っている可能性もあります。
    • あなたがその人に言ったことを何回忘れたと言うか確認しましょう。

方法 13
方法 13 の 13:
完璧すぎて現実離れしている

  1. 1
    偽のプロフィールは、完璧な人物に見えるように作られています。モデルのような容姿とステイタスの高い職業をアピールして欠点がないように見えますが、全て嘘かもしれません。あまりにも完璧に見える場合は、自分の直感を信じて慎重に考えましょう。あまりにも魅力的なプロフィールは、人を騙すために作られたものかもしれません。[15]
    • 偽のプロフィールは、有名人やお金持ち、国王の一族などを装っているかもしれません。その人の名前をインターネットで検索してみましょう。見つからない場合は、有名人ではありません。
    • LinkedIn、Facebook、Googleなどでその人の職業を調べましょう。
    • その人が本当のことを言っているのなら、職業に関連したLinkedInのアカウントを持っているはずです。
    広告

ポイント

  • 偽のプロフィールを発見したら、他の人が被害に遭わないように出会い系サイトやアプリに報告しましょう。
  • ロマンス詐欺の被害に遭ってお金を騙し取られた場合は、警察に連絡しましょう。[16]
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 人間関係
このページは 85 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告