日常生活が忙しい人がたくさんいる中で、恋人を見つけるために出会い系サイトを使う人が増えてきています。出会い系アプリ、またはウェブサイト(もしくは両方)を使っている場合でも、初めてオンラインで人と出会うのは重大なイベントだと思うかもしれません。この記事では、自分の性格をうまく表現するプロフィールの書き方や、共通の趣味を持った人を探す方法、そして会話の始め方や実際に会うときの方法についてのヒントをご紹介します。人気の出会い系アプリはこちら

ステップ

  1. 1
    自己診断する 自分が探している相手がどのような人なのかについて、自分自身に正直になりましょう。ここで妥協してはいけません。しかし、時に「見た目で物事を判断してはいけない」という言葉はまさにその通りであることを理解しておきましょう。また、その時に気になるプロフィールの人を誰一人探せなくても、人気のあるサイトでは日々新しい人が現れます。
  2. 2
    容姿を見せる 自分の最近の写真を数枚投稿します。室内と屋外の両方で撮った写真、そして全身が写った写真や顔写真を何枚か用意しましょう。カメラを斜め上に構えて可愛く自撮りした顔のアップ写真や、バストを強調したようなセクシー写真を投稿するのは控えます。オンラインに写真を投稿することに不安を感じる場合は、30days Albumなどの、共有相手を限定できるオンライン写真共有サービスを利用することも可能です。また、詳細をあえて隠して相手に興味を持たせるために、自分だと特定できないけれど顔の雰囲気は伝わる程度に写真を編集することも一つの手です。軽く話してみて気になる相手かどうかを判断した後に、実際の写真を見せても大丈夫です。
  3. 3
    活動範囲を広くする 出会い系サイトにのみ力を注ぎ過ぎてはいけません。特別な人を見つけるために、インターネットが唯一最後の望みであると、必死になる必要はありません。自分に相応しい人は図書館やカフェにいるかもしれないし、スーパーで買い物をしているかもしれません。このように前向きな気持ちで取り組みましょう。必死になり過ぎていては、好意を持ってくれる人も現れにくくなってしまいます。
  4. 4
    定期的にチェックする 一週間に2~3回、自分の興味を引く新しい人が現れたかどうかをチェックします。
  5. 5
    ストーカー行為をしない 同じ人に何度もしつこくアプローチしてはいけません。まずは1~2回メッセージを送り、返事が返ってこなければ、その人はおそらく自分に興味がないと判断し、それ以上メッセージを送らないようにしましょう。
  6. 6
    ポジティブ思考になる 自分自身についての紹介文を書くときには、探している人がどんなタイプの人なのかを記します。ユーモアを忘れずに、明るく、そして自分の関心事や好きな人のタイプについては明確に記しましょう。たばこを吸う人、お酒を飲む人、子供がいる人などと付き合いたくなければ、(失礼にならないように)はっきりとプロフィールに記載しておきます。しかし、依然としてそれらに該当する人から(何らかの理由で)連絡がくる可能性があることを覚えておきましょう。
  7. 7
    下調べをする 今日の出会い系サイトは、人々をマッチングする技術に磨きをかけてきていますが、それが必ずしもうまくいくとは言えません。人とデートの約束をする前に、常にその相手を自分で(Google、Yahoo!などを使って)調べるようにします。余計な感情を持たないコンピュータが自分にマッチする相手を見つけたからと言って、本当に自分がその人にマッチするとは限りません。実際に会うことを決める前に、相手のプロフィールを見直して、メール、電話、LINEなどで何回か連絡をとってみましょう。
  8. 8
    電話に出るかどうかを確かめる 初めて実際に会う前に、必ず一度電話で連絡をとります。会う前に電話で話したがらない人や、繰り返して会えない言い訳を言ってくる人には特に用心しましょう。これらのことをしてくる人とは、それ以上関わらないようにします。
  9. 9
    警戒する マッチした相手に自分の情報を教える際には注意が必要です。自分の住所や勤務先について、明確な詳細を伝えてはいけません。
  10. 10
    嘘つきや詐欺師を見破る 相手から聞いた情報について、どんな矛盾点にも敏感になりましょう。たいていの場合、相手が自分を欺こうとしている証拠となります。
  11. 11
    安全第一で行動する 初め数回のデートは、必ず公の場で会うようにし、家族や友人に自分の行き先や誰と会うかを知らせておきます。決して初めてのデートで相手を自宅に招待してはいけません。飲酒もほどほどにし、ウェイター以外の人は誰も自分の飲み物に近づけてはいけません。
  12. 12
    安全策をとる 初めてのデートに出かける際は、友人や家族に度々電話やLINEなどで連絡を入れてもらい、自分の状況を伝えられるようにします。
  13. 13
    詐欺の可能性は至る所にある 繰り返して会う約束をキャンセルする人やお金を要求してくる人、また知り合って直ぐにしつこく個人情報を聞いてきたり、セックス(または裸の写真)を求めてくる人には十分な警戒が必要です。このような人に出会ったら、一切の連絡を絶ちましょう。
  14. 14
    心をオープンにする 明るく前向きに活動する一方で、偽りのないプロフィールや写真でさえ実際に会ったときに同じ印象を受けるとは限らない現実を理解しておきましょう。単に、相性の悪い人同士もいれば、良い人同士もいるものです。出会いには運もなくてはなりません。
    広告

人気の出会い系アプリ

参考として、評判の良い出会い系アプリを以下に紹介します。基本的にはどのアプリも、アプリストアからダウンロードしてアカウントを登録し、プロフィールを作成して利用を開始します。そして、他のアプリ利用者を検索して気になる人を見つけ、アプリ内でメッセージを送り、個人のメールアドレスやLINEなどを交換して、実際に会ってデートするのが一般的な流れです。出会い系アプリの中には、Facebookと連動して安全性が高いもの、男女とも有料会員でないと相手にメッセージが送れないものも登場しています。本気な相手に出会えるアプリ、気軽な相手に出会えるアプリなど、それぞれに特徴があるため、自分に合うアプリを選びましょう。

ポイント

  • 出会い系サイト、アプリ内でメッセージのやりとりを開始して直ぐに、相手のLINEなどを聞くのは控えましょう。お互いのことをまだ何も知らないのに個人の連絡先を交換するのは早過ぎると考える人が多いため、そのタイミングを見極めることが必要です。
  • 出会い系サイト上に、自分の小さい子供と写っている写真を載せてはいけません。子供を利用していると思われたり、また、子供のもう一方の親にとっては不公平です。子供と同居しているとだけ記しておきましょう。
  • 趣味が似ている相手とマッチングするために自分の趣味を記載する場合は、自分に素直になり、メインの趣味だけでなくすべてを書き出します。例えば、夜に墓場を散歩することが好きなど、人と変わった趣味を持っている場合は、それも含めるべきかもしれません。デートをする相手には、結局いつか知られることです。
  • 前に付き合っていた相手との写真は(その相手の顔や体を隠している場合でも)使用してはいけません。誰かの腕の中にいる写真では、(その相手の顔や体を消していても)、忘れられない相手がいるか、または現在の写真を撮る気がない怠け者だという印象を与えてしまうでしょう。
  • 写真は自分自身が写っている、最近撮ったものを使用します。全身写真を最低1枚は用意し、自分のペット、車、バカンスの風景のみのような、自分が写っていない写真は使わないようにします。
  • 後に何かで驚かせて問題にならないように、付き合う相手には適当なタイミングで徐々に自分をすべてさらけ出していきましょう。
  • 常に広い心と謙虚さが大事です。「わたしは好みのタイプにうるさくて、、、収入は○○以上で身長は○○以上(または、バストサイズ○○以上)、、、」のようなプロフィールを書いてしまっては、軽薄で気難しく、大人げない人だと思われてしまいます。

広告

関連記事

How to

XMLファイルを開く

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

EMLファイルを開く

How to

ワイヤレスマウスを接続する

How to

キズの付いたCDを修復する

How to

VCFファイルを開く

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

コマンドプロンプトでファイルをコピーする

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

DLLファイルを開く

How to

DVDプレーヤーを接続する

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

Facebook Messengerでメッセージを削除する

How to

winmail.datを開く
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む47人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は10,809回アクセスされました。
このページは 10,809 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告