PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

出来合いのフロスティングは便利ではあるものの、味、濃さ(質感)、あるいは色が必ずしも希望通りの状態に仕上げられているとは限りません。幸い、こうしたフロスティングは簡単に調整することができます。例えば、シロップ、粉糖、あるいは着色料を用いる方法があります。簡単な工夫をすることで出来合いのフロスティングをデザートの主役に変身させましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
味を改善する

  1. 1
    シロップを加える ゴムベラやスプーンを使い、容器に入ったフロスティングを大きめのボウルに移します。小さじ1のシロップ(キャラメル、ラズベリー、ヘーゼルナッツ、チェリー、マンゴーなどお好みの味のもの)を加えます。電動ミキサーあるいは泡だて器を使い、よくかき混ぜます。味見をして、必要に応じてシロップを足しましょう。[1]
  2. 2
    クリームチーズを加える フロスティングをボウルに移し、225グラムのクリームチーズを加えてみましょう。電動ミキサーを使い、よくかき混ぜましょう。泡立て器を用いることも可能です。クリームチーズを加えると質感と風味が、より濃厚なものになります。[2]
  3. 3
    食用エキスで風味を加える ゴムベラを使って容器に入ったフロスティングをボウルに移しましょう。小さじ半分の食用エキス(バニラ、チョコレート、オレンジなどお好みのもの)を加えます。味見をして、必要に応じてさらに小さじ半分を加えましょう。[3]
  4. 4
    ホイップドトッピングと混ぜ合わせ甘さを抑える ホイップドトッピングとは植物性脂肪も混合されたホイップクリームです。225グラムのホイップドトッピングをボウルに入れ、さらにフロスティングも加えましょう。泡立て器あるいは電動ミキサーでよくかき混ぜます。甘さが抑えらられるだけでなく、より軽くふんわりとした質感になります。[4]
  5. 5
    果汁で味をつける 容器に入ったフロスティングを、ゴムベラやスプーンを使ってボウルに移します。大さじ2の果汁(絞りたてのレモンやライム果汁など)を加えましょう。泡立て器あるいは電動ミキサーでよくかき混ぜます。味見をし、必要に応じて大さじ1~2ほどの果汁をさらに加えて風味を強くしましょう。[5]
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
質感を調整する

  1. 1
    大さじ1の粉糖を加える 粉糖を加えると、より重たい質感になります。まず、ゴムベラやスプーンを使って容器の中のフロスティングをボウルに移しましょう。大さじ1の粉糖をボウルに加え、泡だて器あるいは電動ミキサーでよくかき混ぜます。よりしっかりとした質感を求めているのであれば、さらに大さじ半分の粉糖を追加しましょう。
  2. 2
    小さじ半分の牛乳を加えて薄める スプーンやゴムベラを使ってフロスティングをボウルに移しましょう。小さじ半分の牛乳を加えます。電動ミキサーや泡立て器を使ってかき混ぜます。まだ濃すぎるという場合は、さらに小さじ半分を加えましょう。[6]
    • 牛乳の代わりに水で薄めることも可能です。
  3. 3
    フロスティングをより軽く、ふんわりとさせる フロスティングを大き目のボウルに移します。泡立て器や電動ミキサーで見た目の量が2倍になるまで泡立てます。量が膨れ上がったのであれば、それ以上かき混ぜ続ける必要はありません。ダマになる恐れがあります。[7]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
色を変える

  1. 1
    白のフロスティングをボウルに移す ゴムベラやスプーンを使って白色のフロスティングをボウル移しましょう。着色料を加えすぎてしまった場合に備え、ある程度を分けて残しておくと便利です。[8]
  2. 2
    食用着色料を加える 人工着色用よりも天然の食用着色料が好ましいでしょう。1色のみ用いることも、複数の色を用いることもできます。2~3滴をフロスティングに加え、泡だて器や電動ミキサーでかき混ぜましょう。食用着色料は100滴で、およそ小さじ1になります。[9]
    • 赤11滴、黄色3滴でピンク色になります。
    • 青5滴、赤5滴を混ぜ合わせるとラベンダー色になります。
    • 青3滴と緑3滴を混ぜ合わせるとミントグリーン色になります。
  3. 3
    必要に応じて色を調整する 色が濃すぎた場合は、白のフロスティングを増やしましょう。色が薄すぎる場合は、着色料をさらに1~2滴足してみましょう。もう一度よくかき混ぜます。お好みの色になるまで調整を続けましょう。[10]
    広告

関連記事

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算するミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する
クリームチーズを柔らかくする
シチューにとろみをつける
たくさん食べるたくさん食べる
スパゲティーソースにとろみをつける
生アーモンドをローストする
生卵とゆで卵を見分ける
ローズマリーオイルを作るローズマリーオイルを作る
バサ(白身の淡水魚)の調理バサ(白身の淡水魚)の調理
ホエイプロテインを作るホエイプロテインを作る
ロックキャンディを作る
缶詰のマッシュルームをおいしく食べる缶詰のマッシュルームをおいしく食べる
ガーリックバターソースを作る
クラフト・マカロニ・アンド・チーズを作るクラフト・マカロニ・アンド・チーズを作る
広告

このwikiHow記事について

Craig Watson
共著者 ::
焼き菓子職人
この記事の共著者 : Craig Watson. 焼き菓子職人兼起業家のクレイグ・ワトソンは、ニューヨークにある、ナッツ不使用ベーカリー「Baked Cravings」の設立者です。8年の経験を生かし、専門はナッツ不使用施設での高品質の焼き菓子作り。過去に「Baked Cravings」は、ベスト・オブ・マンハッタン賞を受賞。ニュージャージーシティ大学にて会計学の学士号を、ウィルミントン大学にてマーケティング学の経営学修士号を取得。
カテゴリ: レシピ
このページは 606 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告