庭に新しい芽が出てくる切り株がある場合、除去しなければ成長し続けます。半死半生の切り株は、自分で立ち去ることはないため、目障りです。切り株は食塩水を使用したり、日光から遮断したりして枯らすことができます。その後、枯れた切り株に火をつけたり細かく切って処分しましょう。

方法 1 の 4:
エプソム塩や岩塩を使用する

  1. 1
    エプソム塩または岩塩を入手する 切り株を簡単に安価で枯らすことができます。塩を使用した方法では、切り株が枯れるまでに数か月かかるため、急いで切り株を処分したい場合には向いていません。
    • 普通の食卓塩を使用すると、切り株の周りの土に害を及ぼすため使用してはいけません。何も添加されていない100%のエプソム塩か岩塩を使用して、切り株の周りの土に害がないようにしましょう。
    • 頑固な切り株には、塩の代わりに切り株除去剤や除草剤の入ったグリホサートやトリクロピルを使用しましょう。[1]除草剤を使用すると、切り株を素早く枯らすことができますが、周りの木や低木の根も枯らすことになります。
  2. 2
    切り株にドリルで穴を開ける 液剤が沁み込みやすいように、切り株の表面にドリルで一定間隔の穴を開けましょう。穴は直径1.3~2.5cm、深さは最低でも20cm、長いドリルビットがある場合は30cmのものが適当です。深く貫くことにより、食塩水が切り株の下に伸びる根まで届きます。[2]
    • 長いドリルビットがない場合は、斧で木をえぐってできるだけ深い穴を開けましょう。
    • 大きな気根を持つ切り株は、気根にもドリルで穴を開けましょう。
  3. 3
    穴に塩を詰めてロウで塞ぐ 穴の4分の3までエプソム塩または岩塩を入れます。気根に開けた穴にも忘れずに入れましょう。そして、シンプルな無香料のロウソクに火をつけて、穴にロウを垂らして塞ぎましょう。
    • 余分な塩を庭に撒いてしまうと、土や他の植物に害を与えるため、塩を穴から出さないことが重要です。
  4. 4
    切り株に覆いをする ビニールの防水シートやごみ袋、その他通気性のないもので切り株を覆います。栄養である太陽の光と雨を遮断することで、新しい芽の成長を阻害して早く枯らすことができます。時々様子を覗いてみて、切り株が枯れたら手を加えなくてもバラバラになるはずです。
    広告

方法 2 の 4:
太陽の光を遮る

  1. 1
    切り株に覆いをする この方法に費用はかかりませんが、時間がかかります。必要不可欠なものをカットして切り株を時間をかけて枯らすやり方です。濃い色のビニールの防水シートやごみ袋で切り株を覆って、太陽の光と水を遮断します。
  2. 2
    3~6カ月待つ 切り株はゆっくりと枯れていきます。時々様子を覗いてみましょう。腐ってバラバラになるはずです。
    • 枯れて腐り始めたら、工程が早く進むように切り株除去剤を使用しても良いでしょう。園芸用品店等で手に入ります。
    • 切り株に割れ目ができてきたら、エプソム塩を足すか、パート1のドリルで穴を開けて塩を入れ、早く結果を出しても良いでしょう。
  3. 3
    出てきた若木を切り落とす 切り株に覆いをすることで成長を阻害しますが、切り株が枯れるまでは出てきた若木を切り落とすか、トリクロピルが配合された低木防除剤を塗りましょう。古株から1本だけ木を育てたい場合は残りの若木は切り落として、除草剤は使用してはいけません。
    広告

方法 3 の 4:
切り株を燃やす

  1. 1
    切り株にドリルで穴を開ける 切り株が枯れた後に火をつけるのは、除去するには良い方法です。まずは切り株の表面にドリルで穴をたくさんあけましょう。穴は直径1.3~2.5cm、深さは最低でも20cm、長いドリルビットがある場合は30cmのものが適当です。深く貫くことにより、切り株の根の先まで燃やすことができ、除去する作業も楽になります。[3]
  2. 2
    穴に灯油を注ぐ 灯油を切り株にしみ込ませると、火をつけて灰にすることができます。切り株に灯油をいっぱいまで入れないと、根の先まで燃える前に消えてしまう場合があります。
    • 他の方法としては、炭を切り株の上に乗せて火をつける方法があります。炭はゆっくりと切り株を燃やします。また、この方法を使用すると、近くの植物を燃やしてしまう危険性を減らすことができます。
    • 近くの物に火が燃え移るのが心配な人は、この方法は使用しない方が良いでしょう。切り株に火をつけて燃え上がっている最中は、切り株の周りに十分なスペースがないと危険です。
    • 火を燃やすことが、違法に当たらないか法令や地方自治体による規制を調べてみましょう。警察や市役所等に相談してみるのも良いでしょう。
  3. 3
    切り株の上部に火をつける  切り株の上に廃材を乗せて発火具で着火しましょう。火が燃え上がると、切り株に燃え移ります。切り株に燃え移るかどうかしっかりと監視して、必要に応じて木をくべましょう。[4]
    • 切り株が灰になるまで見届けましょう。火が手に負えなくならないように、その場を離れないようにしましょう。
    • 切り株の大きさ次第では、燃やすのに数時間かかる場合があります。
  4. 4
    灰を掘り出して穴を埋める シャベルを使って根があった場所まで灰を全て取り除き、新しい土で穴を埋めましょう。
    広告

方法 4 の 4:
細かく切る

  1. 1
    切り株を砕木する 切り株を砕いて取り除いても良いでしょう。この方法には、切り株砕木機が必要です。ホームセンター等でレンタル可能です。この機械には、切り株に穴を開けて入り込み粉砕するロータリーカッターが備わっています。大きくて頑固な切り株を除去するには良い方法です。切り株砕木機をレンタルするのが一番賢明な方法ですが、処理する切り株が多い場合は、購入した方が良いでしょう。[5]
    • 保護具を必ずつけましょう。ゴーグルやマスクでおがくずや飛んできた木片から身を守りましょう。
    • 重機を扱うのが心配な時は、造園業者に連絡して、切り株を除去したいと相談しましょう。費用を払って作業してもらうのも一つの手です。
  2. 2
    地面に近い位置で切り株を切る チェーンソーで地面から数センチのところを切ります。地面から遠い所の枝や根は切り落として、切り株の表面を水平にし、切り株砕木機での作業がしやすい良いにしましょう。[6]
  3. 3
    切り株を砕く ゴーグルとマスクを装着して、切り株の上に砕木機を乗せます。使用方法に従って、切り株の表面で砕木機をゆっくりと動かし少しずつ粉砕していきましょう。木根も砕木して切り株を完全に細かく砕きましょう。
    • 砕木機が進む方向に足を出さないように気を付けましょう。保護ブーツを履いて、不慮の事故から身を守りましょう。
    • 作業を始める前に、子供やペットが安全な距離にいるか確認しましょう。
  4. 4
    木くずをシャベルで掘り出して穴を埋める 木くずを全て取り除いて処分し(または植物の根覆いとして使用する)、穴を土で埋めましょう。
    • 根が残っている場合は、斧で処理しましょう。
    広告

ポイント

  • 除草剤を塗る前にステインや染料を購入して、除草剤に混ぜても良いでしょう。ステインや染料を塗ると目につきやすいため、処理している切り株がどこにあるか一目瞭然になり、見逃したり行き過ぎた処置をしたりすることがなくなります。また、周りの木を危険にさらす可能性も減らすことが来ます。

広告

注意事項

  • 同じ種類の木が隣り合って生えている場合、根接ぎによって維管束組織が根で繋がってネットワークを形成していることがあります。木の根接ぎが発達していると、一つの木に除草剤を塗布すると他の木にも行き渡ります。
  • 切り株を砕木した後に新しい芽が出てくようなら、予防策を摂る必要があるかもしれません。頑丈な木は残った切り株から芽を出して成長します。
  • 根接ぎされていないとしても、根のネットワークを通して除草剤は放出されます。除草剤が外に放出されると、周りの全ての植物がそれを吸い上げることになります。
広告

関連記事

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

カタツムリを駆除する

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

コンクリートを仕上げる

How to

バラを種から育てる

How to

衣服に付いたロウを落とす

How to

ドライバーを使わずにネジを外す

How to

ツタを取り除く

How to

ヒューズをチェックする

How to

木に防水加工をする

How to

木の高さを測る

How to

プラスチックについた傷を消す
広告

このwikiHow記事について

Andrew Carberry, MPH
共著者
フードシステム専門家
この記事の共著者 Andrew Carberry, MPH. アンドリュー・カーベリーは2008年よりフードシステム(食物の生産から消費に至る過程)関連の仕事をしています。テネシー大学ノックスビル校にて公衆健康栄養と公衆健康計画・管理の修士号を取得しています。 この記事は14,103回アクセスされました。
このページは 14,103 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告