春といえば、やはりチューリップです。庭や花屋で手に入れた色鮮やかな美しいチューリップを飾りたくなる季節でしょう。チューリップは丈夫な花で、正しく扱えば切ってから10日は持ちます。新しい花を選ぶことが肝心です。適切な場所に飾って水をたっぷり与えれば、長く楽しむことができます。いけたチューリップを日持ちさせるコツをステップ1からご紹介しましょう。

パート 1 の 2:
チューリップを用意する

  1. 1
    若いチューリップを選びます。花屋ではよく開いた色鮮やかなチューリップを購入したくなるかもしれません。一晩限りの観賞用ならばこの選択も結構ですが、日持ちさせたいのであれば、花が固く閉じており、緑色のつぼみもまだ完全に色づいていないものを選びましょう。2~3日もすれば花が開き、その後もしばらくの間は楽しめます。
    • 庭のチューリップを切り、花瓶にいけてできるだけ長く楽しむには、花が完全に開く前に切ります。なるべく地面に近い位置で切りましょう。
  2. 2
    濡れた布かペーパータオルで切り口を包みます。チューリップを花屋で買って家に持ち帰るときには、ペーパータオルか布タオルに清潔な水を含ませて包みましょう。移動距離が短い場合も同様です。少しでも水から出すと、チューリップはすぐに萎れてしまいます。
  3. 3
    茎の端から約5ミリのところを切ります。[1] 小さなはさみで斜めに切ります。こうすれば、チューリップが吸水しやすくなります。
  4. 4
    茎の下部に付いている余分な葉を取り除きます。チューリップを花瓶にいけたときに水に浸かる葉があれば、取り除きます。水に浸かった葉が腐ると、花が早く枯れる原因になります。
    広告

パート 2 の 2:
チューリップを飾る

  1. 1
    適切な花瓶を選びます。高さがチューリップの丈の半分以上ある花瓶を選びましょう。高さのある花瓶ならば、茎が花瓶にもたれかかることができるため、曲がりません。浅い花瓶にいけると、茎が次第に曲がり始めます。曲がったチューリップを好む人もいますが、こうした花は長持ちしません。
  2. 2
    花瓶を洗います。前回使用したときの汚れが残っていないことを確認しましょう。石鹸と温水で綺麗に洗い、タオルで水分をしっかりふき取ります。こうすれば、大切なチューリップが早く萎れる原因となるバクテリアを除去できます。
  3. 3
    花瓶に冷水を入れましょう。冷水を与えると、茎が活力を得てしっかりと立ちます。温水やお湯では茎が弱り、ぐったりと倒れます。
  4. 4
    茎を花瓶の縁に沿わせて、花をいけます互いが重ならないように、花瓶の中で1本1本に若干のスペースを確保しましょう。そうすると、花が押しつぶされて花弁が落ちることもなく、長持ちします。
  5. 5
    花瓶に清潔な水を常にたっぷり入れておきます。チューリップは大量に吸水します。絶対に水を枯らしてはいけません。水が無いと花はあっという間に萎れ始めます。
  6. 6
    栄養剤を加えましょう。栄養剤または延命剤は花屋で購入できます。こうした栄養剤は切り花の延命に大変効果的です。花瓶に水を足す際に説明書に従って適量を加えると、生き生きと真っすぐに伸びたチューリップを最大限に楽しむことができるでしょう。
    • 花瓶にレモンジュースや10円玉などを入れる手もあります。この方法で効果があったと言う人もいますが、研究では栄養剤の方がさらに効果的であると証明されています。[2]
  7. 7
    花瓶は日光の当たらない場所に置きましょう。強い日差しが当たる高温の場所に花瓶を置くと、チューリップは熱で萎れてしまいます。
  8. 8
    チューリップをスイセンの仲間と一緒にいけてはいけません。スイセン類が放出する物質は花の寿命を縮めます。チューリップだけで飾るのが最良です。[3]
    広告

ポイント

  • チューリップを花屋で購入するときは、花が開いていないものを買いましょう。
  • 花首(花と茎の境目)を中太の針で貫通しましょう。オランダ発祥のこの方法で一週間は必ず持ちます。
  • チューリップをラップで包み、花瓶に2時間ほど入れておくと、茎を真っすぐに保ちやすくなります。
  • チューリップは光に敏感で、光の方向に曲がる性質があります。茎を真っすぐに保つには、花瓶の向きを毎日変えましょう。
  • チューリップは切り取ってからも伸び続けるので、花瓶の形に合わせて曲がりがちです。必要に応じて、濡らした新聞紙でチューリップを包み、ぬるま湯に2~3時間置いておくと真っすぐになります。
  • 茎を切るときは、水平方向ではなく、斜めにはさみを入れましょう。
  • スイセン以外であれば、チューリップはたいていの花と一緒にいけることができます。
  • 茎のねじれや湾曲を楽しみたければ、不規則な形の花器にいけるとよいでしょう。

広告

注意事項

  • チューリップをスイセンと一緒に、あるいはスイセンを飾っていた水にいけてはいけません。
  • アスピリンやレモンジュース、10円玉、炭酸水などを水に加えるとチューリップを延命できるというのは、ただの俗説にすぎません。
  • 茎を水切り(水中で切ること)した後は、茎が乾燥する前に花瓶などの花器にいけましょう。
広告

関連記事

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

ヘアピンでドアの鍵を開ける

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

ガラスの傷を取る

How to

木に防水加工をする

How to

衣服に付いたロウを落とす

How to

ドライバーを使わずにネジを外す

How to

プラスチックについた傷を消す

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

コンクリートを仕上げる

How to

ヒューズをチェックする

How to

ペーパークリップで鍵を開ける

How to

絵画を壁に掛ける

How to

バラを種から育てる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む14人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は16,129回アクセスされました。
このページは 16,129 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告