別れた彼女とよりを戻す方法

この記事には:じっくりと考える時間を設ける元彼女にアプローチするよりを戻す8 出典

別れとは辛いものであり、時に、非常に残酷なものでもあります。別れを経験して、元彼女とよりを戻したいと思っている自分に気づいたら、以下で紹介するステップに従い、考慮すべき点を頭に入れておくとよいでしょう。残念なことに、その全てが簡単にできるという訳ではありません。しかし、不可能だという訳でもありません。詳しく知りたければ、この記事を読み進めていきましょう。

パート 1
じっくりと考える時間を設ける

  1. 1
    動機を考える 別れは辛い経験です。誰かと別れた後に、その人の存在や、恋愛から得た安心感を恋しく思うことは自然なことです。別れた後に自分1人でいるということは、できることならば避けたい辛い気持ちを味合わなければならないということなのです。その結果、慣れ親しんだ、ある意味心地良い感覚が恋しくなり、物事が今まで通りに戻ってほしいと反射的に感じてしまうのです。[1]
    • 元彼女にアプローチする前に、なぜその彼女との関係が終わってしまったのか、よりを戻したいと思う気持ちは本物であるのか、それとも、単なる反動的な感情なのか、真面目に、そして、正直になって考える必要があります。
    • よりを戻したい動機が反動的感情や卑劣な感情に基づいているならば、やめたほうがよいでしょう。大人のあなたがすべきことは、避けては通ることのできない別れの傷を癒すことに専念することでしょう。
    • よりを戻したいと考える理由が、友達や家族の前で顔を立てたいから、その気になればよりを戻せるのだと周囲に証明したいから、何らかの方法で彼女を傷つけたいから、などというものならば、やめましょう。そのような動機は、特に、元彼女が相手の場合、良いものとは言えません。お互いをさらに傷つけることになり、トラウマになってしまうかもしれません。大人らしく自分の感情に対処できるよう、全力を尽くしましょう。
  2. 2
    別れることになった原因をよく考える これは非常に重要なステップであると言えますが、それには2つの主な理由があります。1つ目は、よりを戻したいと思う理由をよく考える必要があるため、そして2つ目が、何らかの理由があって別れることになったのだから、よりを戻したいと考えるなら、別れることになった原因と向き合う準備を整えておく必要があるためです。[2]
    • 2人の関係についてよく考えたこと、そして、過去の過ちから学ぶ気があることを示せば、あなたの真剣さと、変わりたいという気持ちが伝わるでしょう。過去の問題に思いやりを持って取り組む姿勢や、変わろうとする姿勢を持って彼女にアプローチすれば、2人の関係について考え直してもらえる可能性が高まるかもしれません。例えば、「僕たちが別れた原因を考えてみた。その理由の1つは、僕が遅刻した時に君が怒った理由をちゃんと理解しなかったからだ。君を最優先しなかったことに怒ったんだよね。そういうところを変えていきたいと思ってる」などと言ってみるとよいでしょう。
    • 「もしかしたら自分のこんなところが悪かったのかもしれない」と認めれば、2人の関係を大切に思っているからこそ、自分が犯した過ちの責任は自分で取るべきであると思っていることや、表向きの理由でよりを戻したいと思っている訳ではないことが伝わるでしょう。
  3. 3
    距離を保つ 別れたばかりの頃は、彼女はあなたと距離を置き、自分だけのスペースが欲しいと感じているでしょう。そんな時に彼女を追えば追うほど、復縁のチャンスは逃げて行ってしまうでしょう。[3]
    • 別れた直後にもかかわらず、彼女の生活に入り込もうとして、テキストメッセージや電話、メールをするのは不快に思われるだけでなく、絶望感に満ちているように見えてしまいます。あなたの未練がましいしつこさと未熟さほど、別れると決断したことは正しかったのだと彼女に思わせるものはないでしょう。
    • 彼女の方から来るのを待つ 彼女のほうからあなたの元へ来てくれれば、2人の関係について話をするなど、行動を起こしやすくなります。彼女の心の準備が整っていないうちに無理にでも会話をしようとすれば、彼女はあなたから離れて行き、恐らく戻ってくることはないでしょう。
  4. 4
    自分自身に集中する 彼女との関係や、よりを戻すことばかり考えるのはやめて、自分のことに時間をかけましょう。趣味を再開したり、友達と会ったり、恋愛はひとまず置いておき、自分はどんな人間であったかを思い出してみましょう。
    • 冷静になってみると、実は彼女のことは全く恋しく思っておらず、よりを戻したいと思ったのは感情的な理由からであったということに気付くかもしれません。
    • 1人になることを恐れてはいけません。よりを戻したいと考える理由のうち、最も悪い理由の1つが、1人になることへの不安から、よりを戻そうと考えることです。そのような理由でよりを戻しても、お互いにとって悲惨な状況しか生まず、良い関係になることはないでしょう。

パート 2
元彼女にアプローチする

  1. 1
    正しいことをする 元彼女にアプローチをする前に、彼女が誰とも付き合っていないことと、自分は彼女を心から思っていることを確かめましょう。
    • 彼女が他の誰かと付き合っているのであれば、邪魔をするようなことをしてはいけません。誰とも付き合っていない状態になるまで待ちましょう。
    • 本当に彼女のことを想い、彼女の幸せを願うのなら、嫉妬心や恨みなどは捨てましょう。
  2. 2
    人脈を利用する 自分の意図は真面目なものであると分かっており、彼女の友達と仲が良いのであれば、彼らに手助けしてもらうのも1つの手かもしれません。
    • その際には、用心深く行動しましょう。もし、彼女の友達があなたの代わりに出過ぎた真似をすれば、思わぬ面倒を招くことになります。[4]
    • 彼女の友達に手を貸してもらえるのであれば、それは非常に貴重な助けとなるでしょう。
  3. 3
    慎重に進める 彼女と別れてから十分な時間が経ち、再び彼女にアプローチをする準備ができたら、落ち着いて行動しましょう。
    • 「どうしても君とよりを戻したいんだ」と言ったり、こわばった表情で「話をしよう」などと言うなど、感情むき出しの状態でアプローチしてはいけません。
    • よりを戻したいと必死にせがんだり、過去の不満をぶちまけるためではなく、お互いの近況を知るために友達として会いたいと思っていることを明確にしましょう。
    • お互いにとって中立的で、プレッシャーを感じることなく過ごせる場所で会うようにしましょう。ランチやカフェに誘ってみましょう。よく一緒に行ったカフェや、初めてのデートで行ったレストランなど、感情を掻き立てるような場所は避けましょう。そのような場所のほうが良いと思うかもしれませんが、それではせっかくの再会が台無しになり、初めから彼女は守りの姿勢に入ってしまうでしょう。
  4. 4
    気軽な雰囲気を出す 最初の再会が上手く行き、お互いにまた会いたいと感じるのであれば、同じような状況で再び会うようにするとよいでしょう。この時点では、よりを戻すことを期待している訳ではなく、友達としてまた仲良くなれたら良いと思っていることを明確にしましょう。
    • 落ち着いた状況である程度の時間を一緒に過ごした後、お互いにまだ強い絆を感じるのであれば、よりを戻したいと思うかどうか、2人の関係を話題に出してみるとよいでしょう。「僕たちの別れの原因について考えていたんだけど、そうなってしまった理由が分かった気がするんだ。そのことについて、話をしたい?」などと聞いてみましょう。
    • この提案について、彼女が良い反応を見せない場合は、引き下がりましょう。彼女にその気がない時に積極的に出れば出るほど、自分の首を絞めることになってしまいます。一旦時間を置き、彼女が受け入れる準備ができたのではないかと感じたら、再びその話題を出してみましょう。まだ彼女の準備が整っていないようであれば、よりが戻る可能性は低いということを受け入れたほうがよいかもしれません。

パート 3
よりを戻す

  1. 1
    責任を取る よりを戻したいのなら、まず、自分がしてしまったことの落とし前をつける必要があります。[5]
    • 過去の不満などについて、落ち着いて、大人らしい話し合いをしましょう。
    • 自分が犯してしまった過ちを素直に認め、責任を取りましょう。最小限にとどめようとしたり、否定しようとしてはいけません。何が悪かったのか理解していること、今後は同じ間違いを犯さないつもりであることを示しましょう。例えば、「僕が良い聞き手じゃなかったのは分かっているし、僕がいけない。仕事(や学校など)のことで頭が一杯で、君のことを疎かにしていた。悪かったと思っているし、変わりたいと思っている」などと言いましょう。
  2. 2
    前に進むことに集中する これは、元彼女とよりを戻しても、戻さなくても、言えることです。[6]
    • 上手いことよりを戻せたら、過去に執着したり、過去の問題についてお互いを責め合うのはやめましょう。この関係から何を得たいのか、そのためにはどのようにお互いを助け合っていけばよいのかを話し合いましょう。過去にしたこと、しなかったことに気を配るのではなく、前進したい部分に集中しましょう。例えば、「僕が友達と出かけることを事前に伝えずに、そのまま出かけちゃったから、怒ったんだよね?」などと言い、平日の夜に出かける時は、少なくとも出かける5時間前には知らせるなどと決めて、揉め事にならないようにする方法を考えましょう。
    • よりを戻すことに成功しなくても、失敗したことをくよくよ悩んだり、彼女にされた嫌な事をいつまでも思い返すのはやめましょう。彼女との関係で上手くいったこと、いかなかったことから学び、前に進みましょう。
  3. 3
    計画を立てておく よりを戻すことに決めたのなら、前に進むための計画を練っておきましょう。
    • お互いの要望を具体的に出し合っておきましょう。「前に付き合っていた時に足りていなかったと感じるところは?」「どうしたらその点を埋めていけると思う?」などと聞きましょう。同様に、非難がましくならないよう、あなたの要望も彼女に伝え、お互いの要望を叶えるためにはどうすればよいか話し合いましょう。
    • 要望を叶えるにあたって、それなりの目標を設定しましょう。
    • 話す機会をしっかりと儲けましょう。2人の関係や満足度について定期的に話す機会を持ちましょう。これらについて真っ正面から話し合うことは、1度失敗に終わった関係にとって特に大切です。

ポイント

  • 時には、元恋人は過去の人にとどめておくことが1番の選択肢であるということも頭に入れておきましょう。別れがどれほど辛かったにせよ、よりを戻すことでさらに辛い思いをすることもあります。本当によりを戻したいのか注意深く考えましょう。失敗したとしても、結果的に自分をさらに悪い状況に置くことから救えたのかもしれないと考えるとよいでしょう。[7]
  • 元恋人から身体的、感情的、精神的な暴力を受けていたのならば、彼女とよりを戻すのは絶対にやめましょう。[8]

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む42人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ:

他言語版:

English: Win Your Girlfriend Back After a Break Up, Español: volver a ganar el cariño de tu novia después de un rompimiento, Italiano: Riconquistare la Tua Ragazza Dopo Esservi Lasciati, Русский: вернуть бывшую девушку после расставания, Deutsch: Deine Freundin nach einer Trennung zurückgewinnen, Français: reconquérir sa petite‐amie après une rupture, Nederlands: Je vriendin terugkrijgen als het uit is, Bahasa Indonesia: Memenangkan Mantan Kekasih (Wanita) Anda Kembali Setelah Perpisahan, हिन्दी: ब्रेकअप के बाद फिर से अपनी गर्लफ्रेंड का दिल जीतें (Kaise, Girlfriend, Pyar, Kare), ไทย: พิชิตหัวใจแฟนเก่ากลับมา หลังจากการเลิกรา, العربية: استعادة صديقتك الحميمة بعد الانفصال عنها, Tiếng Việt: Chinh phục lại bạn gái sau khi chia tay, 中文: 在分手后跟女朋友复合

このページは 42 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?