恋人との別れはつらいものですが、その関係が永遠に終わったと決まったわけではありません!別れた相手が、よりを戻したいと思っているのか分からない場合は、様々なサインを観察して見極めることができます。記事を読み進め、ソーシャルメディアの投稿や、直接かけられた言葉に隠されたサインの意味を知り、恋人が自分のもとへ戻って来るかを確認しましょう。

知っておきたいこと

  • 別れた恋人は失恋から立ち直るために他の人と付き合っている(リバウンドリレーションシップ)、別れが衝動的なものであった、または双方の同意のもとで別れた場合は、相手が戻ってくる可能性があります。
  • 相手があなたの電話を着信拒否しなかったり、ソーシャルメディアを訪問したりする場合は、よりを戻せるチャンスがあります。相手からの連絡があるかもしれません。
  • 再び話をする際、思い出話をしたり、あなたを褒めたり、会いたがったり、または過去の過ちを謝罪したりするかもしれません。

1
電話番号をブロックしない

  1. 相手が着信拒否をしない場合は、連絡を絶ちたくないという証拠です。一般的に、別れた恋人を忘れる最善の方法は、一切の連絡を絶つ、着信拒否をする、または電話番号を削除することです。[1] そのため、別れた相手がそうしていないのであれば、まだ未練があるということかもしれません。すぐにはよりを戻さなくても、後で連絡を再開する可能性を残しておきたいということです。
    • 相手に電話をしたり、メッセージを送ったりして、着信拒否をされているかを確かめることができます。着信拒否をされていたら、どちらも相手の電話には届きません。
    • まず、丁寧で簡単なメッセージを送ってみましょう。着信拒否をされていない場合は、メッセージの下に「送信済み」または「既読」と表示されます。着信拒否をされていれば、メッセージの下には何も表示されません。
    広告

2
何週間経っても、別れを悲しんでいる

  1. 別れた後、長い間落ち込んでいたら、未練がある証拠です。特に、別れを悲しんでいるサインを探しましょう。ソーシャルメディアの投稿を見たり、ばったり会った時に悲しげな様子であるかを観察しましょう。相手の友人と繋がっていたら、様子を尋ねることもできます。[2]
    • 別れにうまく対応できていない場合、友人は充実した生活を伝える代わりに、「大丈夫」または「元気だよ」としか言わないかもしれません。
    • ソーシャルメディアで、寂しい気持ちが滲み出ている暗い投稿があれば、まだ未練がある現れかもしれません。

3
ソーシャルメディアをフォローする

  1. あなたのソーシャルメディアを閲覧したり、あなたについての投稿がある場合は、まだ忘れられないという証拠です。ソーシャルメディアでは、他人に気づかれずに、簡単に誰かと繋がることができます。最近の自分の投稿を見直し、相手が「いいね」をつけたりコメントを書き込んでいないかを確認しましょう。また、Instagram、 Facebook、またはSnapchatを閲覧しているかも調べましょう。投稿を熱心に追いかけるほど、あなたのことを考えているということです。
    • ソーシャルメディア上で、相手からDMが送られてくるかもしれません。面白そうな動画だけであっても、プライベートなメッセージが送られてくるのは、あなたを想っているというサインです。
    広告

4
私物を返さない

  1. あなたの私物を返さない場合は、まだ別れる準備ができていないのかもしれません。別れた恋人を思い出させるものがなければ、それだけ早く忘れられるはずです。返却の約束をしたがらない、または直前で予定をキャンセルすることはありませんか?あなたが残したものを返したくないということは、あなた(そして恋愛関係)の思い出の品を手元に置いておきたいからかもしれません。[3]
    • あなたの昔の写真や動画を、ソーシャルメディアに残しておく場合もあります。ソーシャルメディアから別れた恋人を消し去るのは、必要のないものを捨てるようなものです。昔の写真を残しておくのは、まだ忘れられないということです。

5
友人や家族に連絡をする

  1. あなたの周囲の人達に連絡をするのは、まだ気にしている証拠です。別れた恋人と面識がある友人に、あなたについて尋ねてきたか確認してみましょう。家族にも元恋人から連絡がなかったかを聞いてみましょう。よりを戻したいと思っている(意識的または無意識であっても)場合、定期的に友人に近況を尋ねたり、家族に連絡をしたりする場合があります。[4]
    • 共通の友人であれば、単にその人と楽しむために会っているのか、それともあなたと繋がっていたくて会っているのかを見分けるのは、難しいかもしれません。可能であれば、自分を通して元恋人と友達になった人に尋ねてみましょう。
    • 別れた恋人の友人や家族(特に親)が、時々好意的に連絡をしてくるのであれば、まだ未練がある可能性があります。
    広告

6
定期的に連絡してくる

  1. 別れた相手からの頻繁な連絡は、よりを戻したい証拠です。区切りをつけるために1、2度連絡するのは普通のことですが、定期的な電話やメッセージは、他に何かを望んでいる証拠です。頻繁に様子を尋ねてきたり、あなたを思い出す度にメッセージを送ってきたりするかもしれません。定期的な連絡は、まだ気にかけていて、時々思い出している証拠です。
    • よりを戻したいと思っている人は、相手に心を開く傾向があります。秘密を打ち明けたり、アドバイスを求めたりしますか?そうであれば、あなたはただの友達ではなく、大切な人だという証拠です!
    • 相手に未練があれば、連絡をするとすぐに(そして熱心に)返信してくるでしょう。
    • 相手から連絡がきたら試してみましょう。「元気にしてる?」などの簡単なメッセージを送り、どれだけ早く返信がくるか確かめましょう。

7
思い出話をする

  1. 過去を懐かしく思うのは、まだふたりの関係を大切に思っており、未練があるということです。ふたりの幸せな思い出を語ったり、一緒に撮った昔の写真を送ってきたりしますか?あなたの誕生日やふたりの記念日など、大切な日を覚えていますか?愛情を込めて過去を振り返るのであれば、一緒に過ごした時間を未だに思い出し、大切にしているという証拠です。
    • 例えば、ふたりの写真と一緒に、「Facebookの[思い出]にこの写真が出てきたんだ!この日は楽しかったね😊」などのメッセージが突然送られてくるかもしれません。
    • 相手は、あなた(そしてふたりの関係)を恋しがっていると、正直に告げるかもしれません。その場合は、復縁したいと思っている確実なサインです。
    広告

8
「偶然」会う

  1. 別れた恋人があなたに会いたがっていたら、よく行く場所に通うかもしれません。最近、相手にばったりと会った時のことを思い出してみましょう。いつも同じイベントや場所に現れますか?そうであれば、あなたに会うために、意図的にその場所に来ているのかもしれません。毎回ひとりで来ていて、話しかけようとするなら、よりを戻したいと思っている証拠です。[5]
    • 例えば、お昼休みにいつも行くカフェで頻繁に遭遇する場合は、あなたのスケジュールを覚えていて、会いに来ているのかもしれません。

9
会いたいと言う

  1. 有意義な時間を一緒に過ごしたいと思うのは、復縁を望んでいる証拠です。会うことを提案したり、何か楽しい行事に誘ってきたりしますか?あなたの身近にいようとしたり、尋ねて来る口実を作ったりしますか?一緒に過ごすために必死になっているようであれば、まだあなたを想っていることを伝えようとしているのです。相手はいつもあなたのことを考え、とても会いたいと思っているのでしょう。
    • 別れてから一緒に時を過ごすようになるまでには、時間がかかる場合がありますが、それは好ましいことです!
    • 別れた直後には話をしなくても、徐々に距離を縮めてくるのは、時間をかけて別れを見つめ直し、関係を修復したいと心から思っているということです。
    広告

10
称賛する

  1. 相手が褒めるのは、あなたのことを肯定的に考えているからです。別れには恨みの感情がつきまとう場合がありますが、親しみのある好意的な態度であれば、とても良いサインです!あなたの功績(特に変化したり、改善したことに対して)を褒めたり、喜んだりする場合は、それを好ましく思っている証拠で、別れたことを後悔しているのかもしれません。[6]
    • 例えば、別れた恋人は「私達が付き合っていた頃と比べて、あなたは本当に変わったわ」などと言うかもしれません。
    • 「その髪型、すごく似合ってるよ!前と全然違うけど、すごくいいね!」または「あれから昇進したのね。あなたにはすごく才能があるわ」など、新しい何かを称賛する場合もあるでしょう。

11
過ちを謝罪する

  1. 謝罪は、別れを反省し、問題を解決したいという現れです。別れの原因になった行動に対して、相手が謝罪をしましたか?問題を建設的かつ素直に話し合うと、恋愛関係はうまくいきます。話し合いを望み、過去の間違いを正そうとする場合は、復縁を真剣に考えている証拠です。[7]
    • 心からの謝罪は、「ごめんなさい」の言葉だけでは足りません。相手が、何が起こったのか、あなたがなぜ傷ついたのか、その時どのような気持ちになったか、そして、どのようにその問題を解決するのかを認識する必要があります。
    広告

12
以前にも別れたことがある

  1. 破局と復縁を繰り返す関係であれば、よりを戻せる可能性があります。別れた相手が遊び人である、または恋愛関係がいつも安定しないサインを探しましょう。これまで、何度相手と別れ、復縁しましたか?相手に別れた恋人が何人もいたり、その関係にいつも疑問を持ったりしていますか?破局と復縁とを繰り返す関係であれば、別れた相手はすぐに戻ってくる可能性があります。[8]
    • 相手が別れについて思い悩んでおり、後悔していることを告げてきたら、それは、よりを戻したいという確かな証拠です。
    • しかし、自分がそのような不安定な関係を望んでいるのかを、よく考えたほうがよいかもしれません。相手に、過去の問題に向き合い、関係を安定させる努力をする意思があれば、復縁してもよいでしょう。そうでない場合は、もっと健康的な関係を見つけたほうがよいかもしれません。

13
失恋から立ち直るために他の人と付き合う

  1. リバウンドリレーションシップは、別れから立ち直っていない証拠です。これは、別れた後、破局の痛みを紛らわそうとして、誰かと付き合うということです。元恋人が不自然な早さ(破局後1、2週間)で新しい相手を見つけた場合は、落胆する必要はありません。実際には、別れを乗り越えて前に進むのには時間がかかります。別れた相手がすぐに新しい関係を持ったなら、それはリバウンドリレーションシップと言えるでしょう。[9]
    • リバウンドリレーションシップは、大抵の場合長くは続きません。別れた恋人に注意が向き、新しい相手より元恋人を想い続けているためです。
    広告

14
相手が性急に別れを決めた

  1. 口論の末に別れを決心すると、後で後悔することがよくあります。感情が高ぶっていたり、傷ついていたり、怒っていたりすると、勢いで別れを切り出すことがあります。互いに感情的になり、本心ではないことを言ってしまう場合もあります。それでも、少しの口論後の破局であれば、関係を修復するのは可能です。
    • 別れの場面で感情的になりすぎたのであれば、「あの時は怒っていたけど、思い返してみて、できれば話し合いたいと思ってるの」と言うこともできます。

15
円満な別れであった

  1. 外的要因で互いに納得して別れたのであれば、憤りは少ないでしょう。別れた時の状況を思い出してみましょう。別れは、互いに納得し、節度を持ったものでしたか?または、自ら望んだのではなく、自分ではどうにもならない理由がありましたか?まだ互いに好意を持って、尊敬していますか?双方が抱えていた問題による恨みつらみがなければ、復縁はより簡単にできるでしょう。
    • 例えば、別れの原因は、遠距離恋愛や多忙な勤務スケジュールかもしれません。どちらか一方がストレスを抱えていたり、落ち込んでいたりして、気持ちを落ち着ける時間が必要な場合があるかもしれません。
    • 円満な別れは、もう愛し合っていないということではなく、状況によって別れを避けられなかったということです。そのため、よりを戻す機会があれば、別れた相手は喜んであなたのもとに戻ってくるかもしれません。しかし、実際のところ、別れて前に進むのが賢明な選択かもしれません。
    広告

関連記事

このwikiHow記事について

Connell Barrett
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Connell Barrett. リレーションシップエキスパートのコネル・バレットは、2017年にニューヨーク市にて自身で開設した恋愛コンサルティングサービス「Dating Transformation」のエグゼクティブコーチ、そしてデートアプリ「The League」のデートコーチを務めています。Dating Transformationでは、Authenticity (信頼性)、Clarity(明晰さ)、 Expressiveness(表現力)を柱としたA.C.E. Dating Systemをもとに恋愛に関するアドバイスを提供しています。その業績はコスモポリタン、The Oprah Magazine、そしてTODAY (テレビ番組)で取り上げられました。 この記事は1,069回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 1,069 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告