PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

恋愛関係には困難がつきものです。別れる時は特に辛いものです。別れた後、様々な理由から相手に連絡を取り話をしようと考えることもあるでしょう。恋人同士としては上手くいかなかったけれども、友達として今後も付き合っていきたいと思っているかもしれません。あるいは、別れた後も連絡を変わらず取り合っていた場合は、今後はより距離を保ちたいと思っている人もいるでしょう。2人の間に子供がいれば、少なくとも養育に関して話し合わなければなりません。よりを戻したいと考えているので、もう一度会って話したいというケースもあります。ただし、実際に電話をかけたり、メッセージを送る前に、なぜ話したいのか深く考えてみましょう。理由が何であれ、参考になる手順があります。

方法 1
方法 1 の 4:
なぜ話す必要があるのか考える

  1. 1
    別れた相手となぜもう一度話をしたいのか考える 別れた相手と話したい、あるいは話す理由があると思う理由はいくつも考えられます。また、検討すべき複数の視点もあります。別れてから今まで連絡を取っていないなかったから話そうと思っているのかもしれません。あるいは、別れた後も友人関係は続いていて、今以上に距離をあけたいと思っているということもあります。2人の子供について話し合わねばならないのかもしれません。自分の意志を確認するためにも、なぜななのかという理由について考えてみましょう。[1]
  2. 2
    不平を述べるためだけに連絡は取らない 2人の関係は終わってしまったものの、良い思い出もあったはずです。過去の傷や不平を繰り返し持ち出しても何も問題は解決しません。友達として付き合いを続けたいと思っている場合も、何の利点もないでしょう。[2]
    • 2人の間に子供がいる場合は、子供に別れた相手に関する愚痴を述べることが及ぼす影響についても考えてみましょう。何度も文句を聞かせることで自分の親が酷い人間だと思わせてしまうのは不本意でしょう。
  3. 3
    率直になる 回りくどいことはやめましょう。別れた相手と話さなければならない重要な案件がある場合は、ほのめかしたりせずに、はっきりとした態度をとりましょう。遠まわしに述べたり、受身的な言葉を用いるのではなく、明確に、そして率直に述べなければなりません。ある程度の境界線が必要だと思うのであれば(メッセージはして良いのか、メールはして良いのか、など)、それもしっかりと説明しましょう。[3]
  4. 4
    誤解させない 体の関係だけを求めているということがあるかもしれません。もちろん、別れた相手がそうした「気軽な」関係の有力候補になるかもしれませんが、相手はまだあなたに恋愛感情を抱いているという可能性もあります。別れた相手と、これまでとは異なる関係を始める時は、何を求めるのかという明確な理解がなければ、さらに心の傷が増えることになるかもしれません。[4]
  5. 5
    別れた相手を情緒面の支えとして利用しない お互いをよく知っている相手のほうが孤独を感じたり失望した時に頼りやすいものです。励ましてもらいたい時に別れた相手が思い浮かぶかもしれません。このような場面で別れた相手に頼る行為は注意深く避けるようにしましょう。代わりに、他の友達に連絡を取ってみましょう。[5]
  6. 6
    なぜ別れたのかを思い出す どのような結論に至ったにせよ(別れた相手と話す・話さない)、そもそも理由があって別れたのだということを思い出しましょう。上手くいくかもしれないと思っているのであれば、現実的になる必要があります。もう1度2人でデートしたからといって、相手が生まれ変わって別人になるわけではありません。また、あなたや相手の「変わるから」という言葉も、空約束で終わる可能性が高いでしょう。[6]
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
連絡を取る

  1. 1
    様子を探る しばらく連絡を取っていなかったということもあるでしょう。相手だけでなく、あなた自身の日常も当時とは大きく変わっているかもしれません。まず、SNSを使うなどして小さく始めましょう。ダイレクトメッセージやメールを送り、前回2人で話をしてから起きた前向きなことなどを話題にしてみましょう。ただし、書き方に気をつけましょう。手短に、簡潔に、そして友好的な内容に留めましょう。相手にも、同様に友好的な態度で返事をする機会を与えましょう。[7]
  2. 2
    具体的に誘う 相手から返事があり、さらに会話をする気があるような様子を見せているのであれば、2人が楽しめるような場や良い思い出がある場所に誘ってみましょう。また、案は1つだけでなく、複数提示し、どれが良いか聞いてみるようにしましょう。[8] 直接会うことができない時(遠方に住んでいるということもあります)は、電話で話す手はずを整えましょう。空いている日時を確認し、電話をかけてみましょう。前もって計画することで、忙しくて話せなかったという事態を防ぐことができます。[9]
    • 例えば、2人でよく通っていた思い出のカフェやレストランがあるかもしれません。あるいは、2人では行ったことのない公園やベーカリーという選択もあります。2人で会う場所には、今後の関係の妨げにならないような場所を選びましょう。
    • いがみ合うことが多いものの、例えば子供の養育について会って話をしなければならないという場合は、双方が感情を制御して冷静に話ができるよう、公共の場を選ぶようにしましょう。
    • 遠方の相手とは(もちろん近くに住んでいる相手でも)Skypeを連絡手段として用いると費用もかからず簡単で便利です。双方にパソコンやスマホ、さらにインターネットといった通信環境が整っていればSkypeを使うことができます。カメラは使っても使わなくても良いというのもSkypeの優れた点です。
  3. 3
    親切で思いやりのあることをする 今後も友達として付き合いを続けたいのであれば、思いやりのある言動を示し、相手に好意的な印象を与えることが大切です。具体的にどのようなことをすべきかは自分で決めなければなりませんが、あなたの性格が反映されていて、無理なく行えるようなことが良いでしょう。度が過ぎた行動によって相手に不快な思いをさせないよう注意しつつ、喜び、楽しんでくれるようなことを考えましょう。例えば、相手について覚えていること(特定の店舗でしか買うことのできないチョコレートがお気に入りだった、特別な紅茶にハマっていた、など)を含めると、楽しかった思い出を忘れてはいないということを示すことができるでしょう。[10]
    • 新しくオープンした場所でしか飲むことのできないクラフトビールが好きだったり、フィギュアやスノードームを集めていたかもしれません。このように、お金もかからず、シンプルであるにも関わらず思いやりに溢れた行為で、相手の優れた要素や良い点を忘れていないということを伝えることができるでしょう。
  4. 4
    連絡を取った意図をはっきりと示す 連絡を取ったのには理由があります。何らかの関係を今後も続けていきたいと思ったのだとしましょう。あなた自身が何を求めているのかを明確に理解し、それを相手にも分かりやすく伝えましょう。友達でいたいだけなのであれば、双方がそれを理解し了解していることが大切です。よりを戻したいのであれば、そう伝えましょう。子供の養育についての話し合い以外は連絡を一切取りたくないのであれば、その意志を伝えなければなりません。連絡を受けた相手も恐らく、あなたの意図が何なのか考えているはずで、あなたの不意を突いて質問をしてくる可能性もあります。答えられるようにしておきましょう。[11]
    • 目標を設定しておくと、連絡を取った意図もはっきりとさせやすくなります。相手から求めることが何なのかを決めて、ブレずに維持しましょう。よりを戻したいのであれば、その意思を正直に示しましょう。友達でいたいのであれば、相手にしっかりと伝えましょう。納得しがたい条件が提示された場合は、立ち去ることも真剣に考えましょう。
  5. 5
    拒絶される可能性もあることを理解する そもそも理由があって別れたという点を思い出しましょう。あなたが知らないところで、相手も破局の後、情緒面で苦しんでいたかもしれません。あなたが、それを理解できていなかったということも考えられます。あなたが何を提案するにせよ、善意によるものだったとしても、相手がそれを拒む可能性があるということを理解しなければなりません。拒まれたからといって大騒ぎをすることは控え、後で後悔するような言動も避けましょう。[12]
    • 別れた相手と会ったり話をする前に、相手がどのような反応をするのか(良い反応も悪い反応も含め)考えてみましょう。さらに、なぜそのような反応をするのかについても考えましょう。実際にその場面になって不意を突かれて動揺しないよう、考えられる反応全般に対し自分がどのように応じるのかまで想定して用意しておきましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
話し合う

  1. 1
    コミュニケーションの取りかたについて考える コミュニケーションの取りかたは人それぞれ少しずつ異なります。コミュニケーションの取りかた次第で、相手の理解度が変わることもあるでしょう。自分自身のコミュニケーションの取りかたがある程度理解できているのであれば、相手がどのように解釈する可能性があるのか事前に想像することができます。これによって誤解やいさかいを防ぐことができるかもしれません。いつもの方法では相手が好意的に受け止めないということが分かっているのであれば、少し変えることもできます。[13] 例えば、普段はかなり単刀直入に、はっきりと述べるものの、相手はすぐに怖がってしまうだろうということが分かっているのであれば、少なくとも初めのうちは、やんわりとした言い方を試してみたほうが良いでしょう。
    • 肯定的なコミュニケーションを取る人は、協調や共同作業を好む傾向があります。何か決断しなければならない時は、複数の人から様々な意見を集め結論を出します。つまり、こうした人物は相手の意見に耳を傾け、参考にして最終的な決定をするでしょう。
    • 対抗的なコミュニケーションを取る人は影響力を持ち支配できることを好みます。他人と力を合わせることなく一人で判断を下します。また、自己主張が強い傾向があり(攻撃的とは限りません)、はっきりと物を言います。自分と意見の異なる人に真っ向から挑むこともあります。
    • 直接的なコミュニケーションを取る人は、文字通り「直接」物を言います。思ったことをそのまま述べ、回りくどい言い方もしません。要求があれば、そう伝えるでしょう。気に入らないことがあれば、そうだということが分かります。こうした人物の伝えようとしていることは理解しやすく、意図が誤解されることも少ないでしょう。ただし、強引、攻撃的といった印象を与えることも時にあります。
    • 間接的なコミュニケーションを取る人は、思っていること、望んでいること、必要としていることを上手に伝えられない傾向があります。はっきりとは伝えずにほのめかし、相手が理解し、行間を読んでくれることを期待しています。混乱や誤解が生じることが多い一方で、攻撃的に見えることはあまりないでしょう。
  2. 2
    積極的傾聴を心がける 聞くという行為もコミュニケーションの大切な要素です。別れた相手が伝えようとしていること(言葉、さらに、それが実際に意味していること)に注意を向ける姿勢は、積極的傾聴とみなされます。会話の最中でも気を散らせる要素はたくさんあるということを踏まえると、かなり重要な姿勢だと言えるでしょう。携帯電話、車のクラクション、テレビ、言い争っている人の声などはどれも、あなたの関心を相手から逸らします。ただし、意識を集中させて、より良い聞き手になるために自分を訓練する方法もあります。[14]
    • 相手が話した内容を自分の言葉で言い換え、要約してみましょう。内容がよりはっきりと簡潔に伝わるような言葉があれば、臆せずに用いてみましょう。聞いた内容を言い換えたり要約したりすることで、あなたが注意を向けているということだけでなく、内容をしっかりと理解しているのだということが相手に伝わります。
      • 例えば、「つまり毎週交代で子供の面倒をみるのではなく2週間ずつにしたい、ということだよね」といった要領で確認してみましょう。
    • 相手の言葉を遮らないようにしましょう。相手が何かを伝えようとしている時は、目を見つめ、うなずいたり、小さな相槌をはさみながら、話し続けるよう促しましょう。無理に中断させると、何を言おうとしていたのか忘れてしまうことがあるので、言いたいことを言わせましょう。これには、相手が何かを考えている時や、言葉を考えている時は自分も静かに待つということも含まれます。
    • 質問しましょう。よく分からない点や、さらに説明が必要な点があれば質問しましょう。何らかの考えや気持ちについて、表面的な内容しか話していないと感じたのであれば、もっと詳しく話すよう頼みましょう。
      • 質問は、「はい」「いいえ」で終わってしまうことがないよう工夫しましょう。例えば、「私たち2人は、今後どのような付き合い方をしてると思う?」といった問い方を心がけましょう。
    • 相手の感情を否定しないようにしましょう。相手が話す内容に共感しましょう。大変な状況だった様子がうかがえる時は、苦労したんだね、と言いましょう。あなたに心を開いて打ち明けて良かったと思えるような言葉をかけましょう。ここまで伝えるのは簡単ではなかったことが明らかに分かる内容であった時は、共有してくれたことに謝意を示しましょう。
  3. 3
    対話の余地を残しておく 自分のコミュニケーションの取りかたや積極的傾聴の組み合わせによって相手が伝えようとしている内容が損なわれないよう注意しましょう。コミュニケーションが取りづらい、コミュニケーション不足といった要因で別れた2人であれば、特に注意すべき点でしょう。これまで用いたコミュニケーション手法が上手くいかなかったのであれば、今回は異なる方法を採用しなければ、話は前に進まないでしょう。別れた相手と話をする際は、次のような間違いをおかさないように気を配りましょう。[15]
    • 「なぜ」と問いただすような質問ばかり投げかけないよう注意しましょう。「なぜ〇〇してくれなかったの」といった内容は特に避けるようにしましょう。こうした質問は相手を身構えさせ、話し合いではなく口論になる可能性があります。
    • 相手の気持ちを軽視するような発言(「そんなこと心配しても仕方ない」「そんなことい、いちいち気にしていられない」など)は控えましょう。相手が何を心配すべきか、気にすべきかを決めるのは、あなたではありません。それを決める権利は本人にあります。
    • さらなる説明を求めたり、相手により詳しく話させようと問いただしたものの、相手が躊躇している時は無理強いしないようにしましょう。言いたくないことを無理に話させるのは得策ではありません。話したいことがあれば、心の準備ができた時に自分から話すはずです。
    • 相手の気持ちを分かっているような気にならないよう注意しましょう。相手が話す内容一つ一つを自分の話に置き換える行為も好ましくありません。例えば、何か起きて動揺していた時のことを相手が話しているのであれば、自分が動揺していた時の話を被せるような話し方は禁物です。
  4. 4
    1人称視点で話をする 自分がどのように感じているのか(あるいは感じていたのか)を別れた相手に伝えようとしている時は、「いつも(あなたは)私を無視していた」「(あなたは)私と一緒の時間を過ごそうとしなかった」「(あなたは)私とではなく友達とつるむことをいつも好んだ」といった、相手を責めるような話し方で自分がいかに傷ついたかを訴えることは控えましょう。その代わりに、1人称視点で話をしましょう。「(私は)無視されているように感じていた」「一緒に過ごすことができない時(私は)いつも寂しく思っていた」「置いてけぼりにされた気分だった」といった言い方を用いましょう。[16] 「いつも〇〇だった」「一度も〇〇することはなかった」といった誇張するような表現も控えたほうが良いでしょう。
  5. 5
    話し合いを口論に変えない 常に自分が正しくある必要はありません。また、相手が常にあなたに同意しなければならない(あるいは、あなたが相手に同意しなければならない)というわけでもありません。大切なのは、会話とは口論や討論のように一方が勝つものではないということです。会話とは相手と重要な内容について知的で前向きな話を交わす場です。勝者も敗者も存在しません。[17]
    • もちろん、相手の気持ちや考えについて感情を抱いてはならないというわけではありません。イラついたり腑に落ちない言動もあるでしょう。感情が生じても、態度で示す前に一度考えましょう。なぜ相手がこのようなことをしたのか、言ったのか考え、言動を正当化することはできるか自分に問いかけてみましょう。
  6. 6
    自分の感情がどこから生じているのか考える あなたも相手も人間です。時には不快な感情も生じます。そうした感情を抱いてはならないというわけではありません。何らかの考えや感情が生じるのは間違っていませんが、その感情を他人に投影してしまっていることに気づき認めることは大切です。なぜこんな考えや感情が生じたのか説明がつく(恐らく過去の経験が起因している)真っ当な理由もあるかもしれません。[18]
    • 例えば、過去に付き合った相手に浮気をされ、その時に「仕事で遅くなる」といった嘘をつかれていたことがあり、「仕事で遅くなる」と言われると理性的に考えられなくなるのかもしれません。この経緯を相手にも説明しましょう。どうしてこのような考え方をしてしまうのかを伝えましょう。そして過去の恋人はこうして嘘をついたけれども、目の前の相手は信頼を裏切るようなことは何もしていないということが分かっているということ、それでも過去の経験が原因でこのような考えが頭をよぎってしまう、ということを説明しましょう。
    • 感情や考えは時に理不尽なものを含むかもしれません。例えば、よりを戻したいわけではないにも関わらず、別れた相手にはすでに新しい恋人がいるという事実に嫉妬するかもしれません。こうした感情を抱くのは、相手があなたにとって大切な人だからなのかもしれません。こうした感情や考えを抱くのことも間違ってはいません。
  7. 7
    心を開いて正直になり、相手に敬意を示す 特定の目標や目的があって別れた相手とこの会話を持とうとしているので、できる限り分かりやすく、簡潔かつ率直に話し、早期にこの会話の場を設けることが大切です。自分が相手や2人の関係から求めることを説明しましょう。この会話からどのような答えを得たいと思っているのか明確に伝えましょう。なぜこのような気持ちになっているのかを話しましょう。要望があることを認め、要望があっても良いのだということを認識しましょう。
    • 相手があなたに対して敬意を欠いていても、理解を示し率直さを保ちましょう。ひどい扱いを受けたり、傷つくようなことを言われた時は、こういう反応も予想はしていたということを思い出しましょう。この経験もいつか乗り越えられる日がやってきます。相手に合わせるために自分の価値を下げ、あなたまで相手に敬意を欠く態度を取る必要はありません。後で悔やむかもしれません。[19]
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
別れを乗り越える

  1. 1
    理由があって別れたということを思い出す 誰かとの別れを経験すると、真剣に好きだった相手であれば特に、世界が終わってしまったかのような気持ちになります。人間関係が終わる時は、かなり真っ当な理由があるものだということを思い出しましょう。どん底にいる時は思い出せないかもしれませんが、別れて当然と思えるような原因があったのでしょう。機能しない人間関係を追い求めるのはやめましょう。[20]
  2. 2
    痛みを感じることを許す 喪失感や悲しみで心が一杯になってしまっても構いません。無理をすることはありません。1日中ベッドで過ごし、仕事を休んでしまっても良いのです。チョコレートを食べ過ぎたことを気にする必要もありません。大切なのは、気分を晴らすために別れた相手に連絡を取りたくなった時、その衝動に負けないようにすることです。不可能ではありません![21]
  3. 3
    自分を信じる 自分が思っている以上にあなたは強い人間です。今は想像もつかないかもしれませんが、この辛いな局面も乗り越えられるでしょう。何かを思い出したり、なぜ上手くいかなかったのか、くよくよと考えてしまうこともあるかもしれません。問題は、今となってはそれを知る由もないということです。納得のいく理由など、そもそもないかもしれません。ただし、破局の理由が分からなくても、乗り越えることはできます。1時間、1日、1週間を1歩ずつ前に進みながら生きていきましょう。[22]
  4. 4
    助けを求める 悲しみを無理に切り抜けようとしないよう注意しましょう。友達や家族、専門家の助けを借りましょう。自分の気持ちについて打ち明け、悲しんで良いのだ自分に伝えましょう。あなたが苦しんでいるということを周囲の人に知らせておくことは大切です。自分以外の人も知っているということに安堵するかもしれません。相談することが難しいのであれば、自分の考えや気持ちを日記に書き、友達や家族は気心知れた存在として一緒に過ごしてくれることに感謝しましょう。[23]
  5. 5
    起きたことから学ぶ 辛い時期を乗り越え、思考もはっきりとしてきて生産的に過ごせるようになったのであれば、この経験をどのようにして自分の糧にすることができるのかという点について考え始めましょう。まだ傷ついてはいるものの、ついこの間よりもかなり気分が上向いているということに気がつくでしょう。あなたは前進したのです。傷は少し癒えました。これから、さらに癒えるでしょう。[24]
  6. 6
    自分を大切にする 心の傷が癒え始めたのであれば、いつもの日常生活も再開しましょう。その中に、散歩、読書、泡風呂といった、純粋に楽しむことができるようなアクティビティも含めて肩の力を抜きましょう。必要に応じて断る勇気も持ちましょう。自分の気持ち次第で、外出したり、家でゆっくりと過ごしましょう。睡眠もたっぷりととり、健康的な食事を心がけましょう。[25]
    広告

関連記事

女性を甘やかす女性を甘やかす方法14選—愛されていることを実感してもらうために
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける
映画館でイチャイチャする映画館でイチャイチャする
ベッドで夫を感激させるベッドで夫を感激させる
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
お互い好きなまま別れた状況を乗り越えるお互い好きなまま別れた状況を乗り越える
彼女に嘘をつかれたときの対処彼女に嘘をつかれたら、どう対処すべき?
メッセージで男性をムラムラさせるメッセージで男性をムラムラさせる
牡牛座の男性に自分を恋しく思わせる牡牛座の男性に自分を恋しく思わせる
蠍座の女性を口説き落とす蠍座の女性を口説き落とす
自分に興味のない女の子を振り向かせる自分に興味のない女の子を振り向かせる方法(女の子の気を惹く方法16選)
彼女に自分のことをもっと好きになってもらう彼女に自分のことをもっと好きになってもらう
広告

このwikiHow記事について

Sarah Schewitz, PsyD
共著者 ::
精神科医
この記事の共著者 : Sarah Schewitz, PsyD. セーラ・シェウィッツ心理学博士は恋愛関係における行動パターンの改善方法を指導しており、10年以上にわたり個人やカップルのカウンセリングを行ってきました。オンラインカウンセリングサービス「Couples Learn」を設立し、カップルや個人の相談者の恋愛関係や人間関係における行動パターンを改善する手助けをしています。2011年、フロリダ工科大学にて心理学博士号を取得。
カテゴリ:
このページは 801 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告