ローンの支払額が確定していて、利子としてどの程度までなら支払うことができるのか分かっていれば、これらの情報を元に利率の上限を計算して求めることができます。また、1年後に利子として支払った金額を確認して年率を把握することも可能です。利率の計算は簡単なだけでなく、投資に関わる決断を下す場面では出費の削減につながります。

方法 1 の 2:
利率を計算する

  1. 1
    数字を に当てはめる 基本的な数値がすでに把握できていれば簡単です。利子が発生した後、支払った(あるいは受け取った)金額を当てはめましょう。この短い公式を使うことで基本の利率を算出することができます。
    • I:その月(年)に支払った利子の金額を意味しています。
    • P:元金、つまり利子が加えられる前の金額を意味しています。
    • T:期間(週、月、年など)を意味しています。
    • R:利率(小数)を意味しています。[1]
  2. 2
    利率に100をかけてパーセントに変換する 0.34といった数値は利子を求める際あまり意味を成しません。そこで100をかけてパーセントに変換しましょう。元金に対する利子の割合を示します。つまり、0.34の場合は34パーセントの利子を支払うということを意味しています()。[2]
  3. 3
    直近の請求額の数値を公式に当てはめる 支払った利子の金額、期間(支払いの対象となった期間)、さらに元金は簡単にわかります。例えば去年、120万円の金額に対して利子を23万4400円を支払ったと仮定します。この数字を元に毎月の利率を算出したい場合、次のように求めることができます。
    • 利子の公式:
    • 数字を当てはめる: 利率
    • 公式を単純化させる: 利率
    • 100をかけてパーセントに変換する 1.6パーセント(1か月の利率)
  4. 4
    期間と利率の単位を合わせる 1年後に毎月の利率を計算すると仮定しましょう。この時、期間として毎月支払ったので「1(1か月)」と当てはめてしまうと「1年」ということになってしまい、算出される利率も年率となります。毎月の率を求めたいのであれば経過した期間を正しく表す必要があります。この場合は12(12か月)となります。
    • 期間は、利子が支払われた回数というように考えましょう。1年分の毎月の利子の支払いを算出するのであれば、支払回数は12回ということになります。
    • 毎月、毎年、毎週など、利子の計算の元となる期間を銀行に確認しましょう。[3]
  5. 5
    抵当権付き住宅ローンといった複雑なローンの場合はオンラインの自動計算機能を活用する ローンやクレジットカードに申し込む段階で、そのローンの利率が明記されているはずです。ただ、APR(年率)や変動金利といった用語が混じると、それぞれの意味を理解することすら難しくなります。こうした変動制の利率は自分の手作業で計算することはほぼ不可能ですが、オンラインの無料の計算機能を活用することで、複雑なローンの詳細も理解できるようになります。例えばBankrate.com(英語)やCalculatorSoupe(英語)などは特定機関との提携関係がないので信用できます。[4]
    • 「支払っているローンの種類、利子、計算機」という組み合わせで検索するとよいでしょう。例えば「住宅金利、計算機」、「複利金利、計算機」、「変動制APR、利率、計算機」といった検索キーワードが考えられます。
    広告

方法 2 の 2:
自分の利率を理解する

  1. 1
    銀行の担当者と交渉して利率を下げる 利率を下げることができるかどうかは交渉次第です。準備が交渉の成功の鍵となります。どれくらいの金額を希望していて、どの程度までなら支払うことができるのか、利率の上限などを事前に考えておきましょう。米国の場合、財政状況が安定していて、クレジットスコア(その人の金銭面の信用度)が650を上回っていると、思い通りの交渉を成功させる可能性も高まります。[5]
    • クレジットカードの会社に連絡し、より有利な利息のカードを他社で見つけたと伝えましょう。これまで支払いの滞りなどがない利用者であれば、顧客損失という事態にならないよう交渉に応じる可能性があります。
    • 最低金利はどれくらいになるのか銀行の担当者に聞いてみましょう。他の選択肢も提示できるように事前に調べておきましょう。
    • 変動制の年率や金利は一見すると好条件のように感じられるかもしれませんが、最初の1~2年が経過すると、信じられないような利率に跳ね上がるので注意が必要です。[6]
  2. 2
    繰入利息の頻度が少ないローンを選び、利子を抑える 繰入利息とは、一定期間で元金に利子が加えられることを意味しています。つまり、繰入利息が頻繁に発生する場合(毎日など)、期限までに支払われていない利子が元金に加えられることになります。その都度元金額が上がるので、翌月に支払う利子額も増えるということになります。例えば、¥10,000,000の元金に4パーセントの複利の利子がつく場合、繰入のタイミングによって次の3通りの金額になります。
    • 1年: ¥11,041,217
    • 1か月: ¥11,051,224
    • 1日::¥11,052,128[7]
  3. 3
    利率に関係なく、払える時は利子以上の額を支払う 利子は元金を元に計算されるということを思い出しましょう。借りている元金の額が高いほど利子も高くなります。つまり、利子と合わせて元金の額も少しずつ返済すれば、利率は変わらないとしても返済額そのものが下がります。[8]
  4. 4
    ローンを組む前に利率の相場を把握する 利子とはお金を借りる対価と考えることもできます。貸主に支払ったり、融資を受けている銀行に対して預金口座から支払うなど様々です。どちらの方法を選択するとしても、書類に署名する前に金利の相場を把握しておきましょう。例えば米国では下記が平均的な相場となります。
    • 自動車: 4-7% [9]
    • 住宅: 3-6%
    • 個人ローン: 5-9%
    • クレジットカード 18-22%
    • ペイデーローン(米国の消費者金融が給料を担保に貸し出すローン): 350~500% [10]
  5. 5
    いかなる投資をする際も利息を理解し賢く運用する 預金口座、譲渡性預金、国債のようにリスクが低くなるほど利率による利益も小さくなります。つまり、このような成長は鈍くてもある程度の保証がある選択肢は、老後資金の運用手段としてかなり有力ということになります。その他の高金利の投資先は成功すれば大きな利益を手にすることができますが、リスクや規則も伴います。例えば米国では次のような相場になっています。
    • 預金口座: 1~2%[11]
    • 譲渡預金 1~2%
    • 米国債(30年以上:) 3~4%
    • 確定拠出年金、IRA(個人年金): 6~10%[12]
    広告

ポイント

  • 契約を交わす前に必ず利息についてよく読み条件を理解しましょう。支払い義務を負う前に、支払いの内訳を知る必要があります。

広告

注意事項

  • 重要な計算を行う際は必ず答えを再度確認しましょう。不明な点がある場合はオンラインの計算機能を利用したり、銀行の担当者に問い合わせましょう。
広告

必要なもの

  • 鉛筆
  • 計算機
  • 銀行やローンの残高

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 892 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告