PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

多くの学校では制服の着用が義務付けられていますが、自分のスタイルや好みに合うように着こなす方法がいくつかあります。服装規定が厳しい学校もありますが、ヘアスタイル、小物、靴、靴下などを最大限に活用して自分らしさを出すことができるかもしれません。一方で服装規定が比較的緩やかな学校では、小物やアクセサリーを加える、服の着方を変える、色を添える、または重ね着をするなど色々な工夫を凝らして自分のスタイルを貫くことができるでしょう。

方法 1 の 2:
女子用制服をかっこよく着る

  1. 1
    学校の服装規定を理解する 各学校にはそれぞれの特徴があり、独自の制服や服装規定が設けられています。自分の通う学校の服装規定を理解しましょう。どんな小物が使えるか、自分流の着こなしができるか、また仕立て直しが可能かが分かれば、快適な服で学校生活が送れるでしょう。服装規定には次のような項目に関して許可されていることと、禁止されていることが書かれているでしょう。
    • スカート、短パン、ワンピースの長さ[1]
    • ジュエリー、メイク、その他の小物類
    • 色の規定
    • 靴の種類
  2. 2
    制服に選択肢があるかを確認する ほとんどの学校では、制服にいくつかの選択肢を設けています。例えば、ワンピース、若しくはスカート、長ズボン、半ズボンに長袖または半袖のシャツを合わせることができます。ブレザー、ベスト、セーターなどが自由に着られる場合もあります。[2]
    • こういった服は、天候や自分のスタイルに合わせ自由な組み合わせで着用できます。また、着方をアレンジしてかっこよく見せることもできるでしょう。
  3. 3
    適切なサイズを選ぶ 服が大き過ぎたりきつ過ぎたりすると見た目が良くありません。自分の体に合ったサイズの服を選びましょう。ただし、何らかの理由で制服のサイズが合わない場合には、次のような手段を取ると良いでしょう。
    • 大きすぎるシャツはズボンやスカートの中に入れる。
    • ベルトをして全体のラインをはっきりと見せる。
    • シャツの裾を結んで体にフィットさせる。
    • 服を若干大きく、または小さくお直しする。
  4. 4
    シャツの上に何かを羽織る 規定でポロシャツ、ブラウス、ボタンダウンシャツの着用が義務付けられていても、その上に何かを羽織れるなら自分のスタイルを取り入れられます。例えば、次のような着方ができるかもしれません。
    • シャツの上に体にぴったり合った、または少し緩めのニットのセーターを着る。[3]
    • 風変わりなカーディガンかベストを着る。[4]
    • 体にフィットしたブレザーかジャケットを羽織る。
  5. 5
    制服の下にインナーを着る この着方は指定のブラウスのボタンをいくつか外すことが許されている場合に効果的です。ブラウスの下にニュートラルカラーか鮮やかな色のTシャツ、タンクトップまたはキャミソールを着用して、ブラウスの襟元から覗かせるとおしゃれに見えます。[5]
  6. 6
    ズボンの裾やシャツの袖口を捲り上げる 長袖のシャツの袖口を肘まで巻き上げる方法や、半袖のシャツの袖口を巻き上げて肩先が少し隠れる程度のスタイル、キャップスリーブスタイルにする方法もあります。また、長ズボンや半ズボンの裾を巻き上げても良いでしょう。[6]
    • 半ズボンの丈に規定がある場合には、裾の捲り上げには注意しましょう。
  7. 7
    制服の代わりに似た服を着る 服装規定が緩やかな学校であれば、味気ない制服の代わりに、それによく似たおしゃれな私服の着用が許されるかもしれません。
    • 規定では、長ズボンまたはスーツ用のフォーマルパンツが義務付けられていても、同じ色でスタイルが少し異なり、フィット感のあるパンツの着用が許されるかもしれません。[7]
  8. 8
    ベルトまたはサッシュをつける シャツをズボンやスカートの中に入れて着る際に、斬新でかっこいいアクセサリーは重宝します。斬新なデザインのベルトが禁止されている場合には、プレーンな形に個性的なバックルのついたベルトで楽しんでみましょう。
    • スカートの中にシャツを入れる場合には、サッシュやリボンでウエスト部分を締めてみましょう。
    • フォーマルなシャツをスカートの上に出して、その上から太めのベルトでウエストを締めても良いでしょう。
  9. 9
    色々なスカーフを試す 制服の仕立て直し、自分流の着こなし、私服の重ね着が全て禁止されている場合には、小物をあちらこちらに使って楽しめるかもしれません。
    • スカーフやマフラーは防寒になる上に見栄えも良くする最適な小物です。制服に色が加わって楽しい気分になれるでしょう。
  10. 10
    個性的なカバンを学校用に使う カバンの規定がない学校がたくさんあります。カバンに独自性を出してみはどうでしょうか。学校用に使えるカバンには次のような物があります。
    • ショルダーバッグ(メッセンジャーバッグ)[8]
    • パッチワーク、飾りピン、バッジが施された通常のバッグ[9]
  11. 11
    ジュエリーをおしゃれに使う ジュエリーの着用が許可されているかは学校によって異なりますが、ジェエリーは見た目を華やかにする効果が抜群です。
    • 片方の手首にブレスレットを何層にも重ねましょう。
    • 指輪の重ね付けをしましょう。
    • ネックレスは通常のものでも洗練さを上げますが、カラフルなネックレスは外見を180度変えます。
    • ジュエリーが禁止されている場合には、手首にヘアバンドやおしゃれなヘアー用ゴムを巻き付けてみましょう。[10]
  12. 12
    斬新でかっこいい靴を選ぶ 靴は学校の規則に反せずに自分のスタイルを出せる優れたアイテムです。しかし規定がある場合には、僅かにヒールのある、または装飾があまりあしらわれていない光沢のある黒い靴を選びましょう。[11] 自由に選べるなら、次のような靴を考えましょう。
    • ハイソックスにハイトップまたはロートップのスニーカー[12]
    • 楽しい気分になる靴紐のついたブーツ
    • フラットシューズまたはバレエシューズ
    • おしゃれなフォーマル靴
    • 明るい色のまたは個性的なランニングシューズ
  13. 13
    おしゃれな靴下やタイツを試す 楽しい気分になる靴も禁止されている場合には、色々な靴下、レギンス、タイツで楽しんでみてはどうでしょうか。模様のあるソックスやハイソックス、ぶかぶかのソックス、折り目加工のタイツや網タイツ、その他フリルや模様のついたレギンスなどを試してみましょう。[13]
  14. 14
    色々なヘアスタイルを試す 制服姿を一変させるおしゃれでトレンディなヘアスタイルがたくさんあります。思ってもみないヘアスタイルで登校できることに驚くでしょう。ただし髪を尋常ではない色に染めるのは避けましょう。
    • 長い髪の毛は、三つ編みにして片側に下ろす、おだんごにする、頭のてっぺんで捻るなど色々なスタイルを試しましょう。
    • 鮮やかな色のヘアバンドや、花飾り、リボン、カチューシャなどをつけて髪に色を添えたり面白みを加えたりしましょう。[14]
    • ミディアムの長さでウェーブのかかった髪には、そのまま垂らす、髪の毛を立たせてワイルドなイメージを作る、寝癖のほつれ感をだす、あるいはオールバックにして「できる女性」のイメージを作るなどの方法があります。
  15. 15
    薄いメイクをする メイクの規定を設けている学校はたくさんありますが、薄いメイクをあちらこちらに忍ばせる程度であれば気づかれないでしょう。次のようなメイクを試してみましょう。
    • 薄い色付きのリップグロスを塗る。
    • 薄めのチークを入れる。
    • 肌のキメを整えるファンデーションを塗る。
    • ブロンザーで小麦肌を作る、または目のくぼみ部分にニュートラルカラーのアイシャドーを入れる。
    • 目の縁に薄いまたは光沢のあるアイシャドーを入れる。[15]
    • マニキュアを塗る。
    広告

方法 2 の 2:
男子用制服をかっこよく着る

  1. 1
    服装規定を読む 男子の場合にはネクタイの着用やボタンの留め方についての規定を確認しましょう。また、許可されている靴の種類や襟付きのシャツの義務付けがあるかも確かめましょう。
  2. 2
    制服の選択肢を確認する 制服として、ワイシャツに長ズボンまたは半ズボンを合わせるのが通常のスタイルですが、ブレザー、ベストまたはセーターなどをシャツの上に着用できるかを確認しましょう。これらのアイテムは他のものとの組み合わせによって違ったルックスを実現できます。また、それぞれを独創的に使うことで色々なスタイルを楽しむことができ、制服姿を少々個性的なものに変えられます。
    • 服がダブダブのスタイルはほぼ流行遅れで、きついと快適に着られないため自分にあったサイズを選びましょう。
  3. 3
    ワイシャツの上にかっこいいアイテムを重ねる リラックスしたスタイルを目指すなら、90年代にパンクロック歌手、カート・コバーンが着用した型のカーディガンを着ましょう。フォークミュージック系のスタイルを試したいなら、ベストまたはニットベスト、体にぴったり合うブレザーなどを選びましょう。カジュアルなドレスアップスタイルなら、シャツの上にセーターを着ると良いでしょう。
  4. 4
    襟を立てる 制服をおしゃれに着こなしたいなら、ワイシャツまたはポロシャツの一番上のボタンを外して襟を立てましょう。[16] ブレザーやジャケットの襟も同じように立てることができます。ただし、襟を立てるのはインナーかアウターのどちらかにしましょう。シャツとブレザー両方の襟を立てるのは避けましょう。
  5. 5
    シャツを中に入れる シャツを中に入れると長さが調節でき、ダブダブ感が軽減されて体にフィットしたスタイルになります。シャツを完全にズボンの中に押し込んだら、ゆっくりとほんの少し引き上げふっくらとしたシルエットを作りましょう。シャツの丈を長めにしたい時には、もう少し引き上げた後で余分な部分を折ってウエストの上にかかるように出しましょう。
  6. 6
    「腰パン」スタイルでズボンを履く ズボンをウエストまで引き上げずに、ベルトの位置を腰よりやや低い位置に下げて履きましょう。[17]
  7. 7
    袖口を捲り上げる シャツの袖口に加えてブレザーの袖も捲り上げましょう。立てた襟によく似合います。
  8. 8
    かっこいいアクセサリーを選ぶ 年代物の時計[18] 、学校用のカバンにブリーフケース[19] 、風代わりな若しくは上品なネクタイ、さらに帽子などを組み合わせるとおしゃれ度が上がります。帽子には、アイビーキャップ、フェルト素材の中折れ帽、ポークパイハットなど色々あります。好きなものを試しましょう
    • シャツの上にネクタイをして、その上にセーターかカーディガンを羽織りましょう。[20]
    • ネクタイの結び目を通常より少し緩めにしましょう。[21]
  9. 9
    ヘアスタイルを考える 今流行りのユニークなヘアスタイルがたくさんあります。どのスタイルでも、かっこいいネクタイ、時計、帽子と合わせるとハツラツとした印象になるでしょう。参考になるヘアスタイルを次に紹介しましょう。試してみてはどうでしょうか。 [22]
    • フェードスタイル
    • アンダーカット
    • ポンパドール
    広告

ポイント

  • 何を着ていても自信を持ちましょう。かっこよく見せるには、自信溢れる堂々とした振る舞いが最も大切です。魅了的な印象を作りかっこよく見えます。実際には服そのものよりも自信ある態度の方が遥かに重要です。自分流に制服が着られないとしても「これが最高にかっこいい着こなしだ」と自分に言い聞かせ堂々と振る舞いましょう。着心地も自然に良くなります。[23]
  • 裏編み込みや三つ編みは髪の毛が顔にかからない便利なヘアスタイルです。また魅力的に見え快適さもあります。
  • 襟付きシャツの上にファスナー付きジャケットをファスナーを外して羽織りましょう。
  • 長い髪の女子の場合には、ラフなお団子ヘアーにジージャンを羽織り、薄い色のリップクリームを塗ると素敵に見えます。厳しい服装規定にも問題ないでしょう。
  • メイクが禁止の場合には、肌のケアを怠らずきれいな肌を保ちましょう。
  • 男子の場合、クルーカットにすると常に落ち着いた良い印象を与えます。
  • シルバーのネックレスをして髪に小さなリボンをつけましょう。髪は分け目をつけず三つ編みにして両サイドに垂らすか、高い位置でおだんごにしましょう。靴ひもを明るい色に変えて茶色のブレスレットをしましょう。
  • 男子は思春期に顎ひげが成長します。顎ひげを生やして魅力を上げることもできますが、ひげを禁止している学校では、剃毛を余儀なくされる場合があるでしょう。しかし、きれいにカットされたあごひげやファッションとしての無精ひげは、毎日の手入れを欠かさなければ驚くほど効果があります。
広告

関連記事

ずる休みをするずる休みをする
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
夢精を止める夢精を止める
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
勃起を隠す勃起を隠す
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
見つからないようにこっそり家を抜け出す見つからないようにこっそり家を抜け出す
学校を楽しむ学校を楽しむ
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
女の子らしい女の子になる女の子らしい女の子になる
未来の自分に手紙を書く未来の自分に手紙を書く
彼があなたのことを好きかどうか知る彼があなたのことを好きかどうか知る
こっそりとコンドームを買うこっそりとコンドームを買う
親を説得して学校をズル休みする親を説得して学校をズル休みする
広告

このwikiHow記事について

Christina Santelli
共著者 ::
ワードロブスタイリスト
この記事の共著者 : Christina Santelli. クリスティーナ・サンテリはフロリダ州タンパを拠点とし、ファッションアイテムの揃え方やコーディネートのアドバイスをする会社「Style Me New」の設立者です。スタイリスト経験は6年以上、その活躍はHSN、パシフィック・ハイツワイン&フードフェスティバル、月刊誌ノブヒル・ガゼットで取り上げられました。 この記事は1,394回アクセスされました。
このページは 1,394 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告