加重平均は、互いに相対的な重要性を持つ投資や得点の正確な測定方法です。資産運用の構成や成績の評価、その他の統計に使用されることがあります。このガイドでは加重平均を計算する方法をご紹介します。

パート 1 の 4:
準備

  1. 1
    計算するデータ、紙、そして鉛筆を手元に用意しましょう。問題に取り組む前に、数字や重みを把握するため、レポートや文章題を読む必要があるかもしれません。
  2. 2
    計算機を用意します。パーセンテージの掛け算は、計算機を使うと早く計算できるでしょう。
    広告

パート 2 の 4:
値を特定する

  1. 1
    重みを付ける値を特定します。紙に表を書き、そこに値を書き込んでいくとよいでしょう。
    • 例えば、ある教科について成績の加重平均を出したい時は、各テストの得点を書き込みましょう。
  2. 2
    それぞれの重みを特定します。通常、重みにはパーセンテージを用います。先ほど挙げた数字の隣にパーセンテージを書いていきます。
    • 重みは、合計が100になる割合で表すことが多いため、一般的にパーセンテージが使用されます。成績や投資、その他の財務データの加重平均を出したい場合は、100の中から発生の割合を求めましょう。
    • 成績の平均を出したい場合は、各テストやプロジェクトに対して重みを特定しましょう。
  3. 3
    パーセンテージを少数に変換します。少数にパーセンテージを掛けるのではなく、常に少数には少数を掛けるようにします。
    広告

パート 3 の 4:
加重平均を求める掛け算

  1. 1
    各数値に重みを掛けましょう。
    • 掛けた結果は、それぞれ表の外側に書き足すか、または式として1行にまとめて書きましょう。例えば、特定の得点の加重平均を出す式を書く場合、90%という得点に、全評価のうちの25%を掛けるという意味で0.9(0.25)と書きます。
  2. 2
    重みを付けた得点をすべて合計します。
    • 例えば、0.9(0.25) + 0.75(0.50) + 0.87(0.25) の場合、この教科の重みを付けた得点の合計は、0.8175です。
  3. 3
    パーセンテージを使用している場合、重みの合計は必ず100であることに注意しましょう。異なるタイプの重みを使った加重平均へ対応するためには、このままこのガイドを読み進めてください。
  4. 4
    100を掛けてパーセンテージを出しましょう。この成績の例では、81.75%となります。
    広告

パート 4 の 4:
パーセンテージを使用しない加重平均

  1. 1
    答えがパーセンテージを含まないように式を調整します。
    • 各値に対して数値の重みを特定します。パーセンテージを用いて計算したときと同じように値に重みを掛けます。
  2. 2
    重みを掛けた値を全て足します。
  3. 3
    重みを全て足します。
  4. 4
    値の合計値を重みの合計値で割ります。この計算結果が平均値です。
    広告

ポイント

  • 加重平均の式に変数を使うことで、テストで取らなければならない成績を調べることができます。例えば、上の例で80%の評価を得るために必要な得点を出す場合、0.9(0.25)+ 0.75(0.50)+ x(0.25)= 0.80と書きます。そして、xについて解いてみましょう。その授業で80%を取得するためには、テストで80%が必要になるでしょう。

広告

注意事項

  • 加重平均は平均と同じものではありません。 90%、75%、87%の平均をとった場合、84%という答えになるでしょう。これは、25%、50%、25%の重みを考慮に入れた場合は正しくない答えです。答えは81.75%になるはずです。
広告

必要なもの

  • 計算機
  • 鉛筆
  • レポート/データ

関連記事

How to

英語の論文・レポートで引用をする

How to

銀が本物かどうか調べる

How to

陽子、中性子、電子の数を求める

How to

華氏と摂氏の温度を換算する

How to

数独の問題を解く

How to

論文の要旨を書く

How to

価電子数を求める

How to

円の直径を算出する

How to

パーセンテージを計算する

How to

化学反応のエンタルピーを計算する

How to

英文エッセイの結論を書く

How to

成長率を計算する

How to

右利きが左手で文字を書く

How to

レビュー論文を書く
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む9人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は8,478回アクセスされました。
このページは 8,478 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告