茶、黒、黄色っぽい加齢による平らなシミは、首、手、顔に現れます。これらは主に日光にさらされたことが原因で、通常40歳くらいから現れ始めます。加齢によるシミは決して危険なものではないので、医学的見地からは取り除く必要性はありませんが、年齢を感じさせるものなので、男女問わず多くの人が見た目を気にして取り除きたいと考えています。市販薬、処方薬、民間療法、専門家によるスキンケアなど、様々な方法で加齢によるシミを取り除くことが可能です。

方法 1 の 3:
市販および処方の製品を使う

  1. 1
    ヒドロキノンクリームを使います。ヒドロキノンは漂白作用が非常に高いクリームで、シミをかなり薄くできます。[1]
    • 市販のクリームの濃度は最大2%で、それ以上高い濃度のクリームは医師の処方箋が必要です。
    • ヒドロキノンは発がん性が指摘されており、ヨーロッパやアジアの多くの国で使用が禁止されていますが、アメリカや日本では広く使用されています。
  2. 2
    レチンA を試しましょう。レチンA はアンチエイジング効果が高いスキンケア製品で、肌のキメが整い弾力が増し、細かいしわがなくなります。また、日焼け跡や加齢によるシミなど皮膚の変色が目立たなくなります。[2]
    • ビタミンA誘導体の1種であるレチンA は、強度の異なるクリームやジェルの形で販売されています。購入には医師の処方箋が必要になるので、まず医師の診察を受けましょう。
    • レチンA は角質を取り除く作用があり、過度に色素が沈着した皮膚表面の層を取り除いて皮膚の新陳代謝を促します。その結果新しい皮膚が表面に現れるのでシミがなくなります。[3]
  3. 3
    グリコール酸を含む製品を選びます。グリコール酸はケミカルピールによく使われるアルファヒドロキシ酸の1種です。皮膚の角質を除去することで、細かいしわやシミを目立たなくする効果があります。
    • グリコール酸はクリームやローションンの形で市販されており、通常肌に塗って数分おいてから洗い流します。
    • グリコール酸は肌への刺激が強く、発赤や軽い痛みが生じることがあります。そのため、グリコール酸を含む製品を使った後は、必ず肌を保湿しましょう。[4]
  4. 4
    サリチル酸とエラグ酸を含む製品を探しましょう。この2種類を組み合わせると加齢によるシミの改善に役立つことがわかっています。[5] 皮膚科医に相談して適した製品を紹介してもらうか、成分表を確認してこの2つの成分を含む製品を探しましょう。
    • これら2つの成分を含むスキンクリームやローションがあるかもしれません。
  5. 5
    外出前に日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めで今あるシミが薄くなるわけではありませんが、新しいシミを予防する効果があります。シミの主な原因は日差しによるものです。
    • さらに日焼け止めを塗ると、今あるシミがより色濃くなったり目立つようになったりするのを防ぐことができます。
    • 天気や気温に関わらずいつでも日焼け止めを使いましょう。 少なくともSPF15で 酸化亜鉛を有効成分として含む日焼け止めが適しています。
    広告

方法 2 の 3:
民間療法を試す

  1. 1
    レモン汁を塗ります。レモン汁にはクエン酸が含まれており、シミを漂白する作用があります。搾りたてのレモン汁を直接シミに塗り、30分間おいて洗い流します。1日2回行うと1~2か月で効果を実感できるでしょう。
    • レモン汁を塗った肌は日差しに過敏に反応するので、日が当たるとシミが悪化する恐れがあります。レモン汁を顔に塗ったまま外出するのはやめましょう。
    • 痛みが生じることもあるので、敏感肌の場合は水やローズウォーターでレモン汁を倍量に薄めて使いましょう。
  2. 2
    肌をバターミルクで覆います。バターミルクには乳酸が含まれており、レモン汁のクエン酸と同様の効果があります。少量のバターミルクをシミに直接塗り、15分~1時間そのままおいてから洗い流します。1日2回繰り返しましょう。
    • オイリースキンには、バターミルクとレモン汁を混ぜて使うと肌が脂っぽくなりません。
    • トマトには漂白作用があるので、バターミルクにトマト汁を加えるとシミを薄くする効果が増します。
  3. 3
    はちみつとヨーグルトを混ぜてシミに塗ります。はちみつとヨーグルトの組み合わせは、シミを薄くする効果があると信じられています。
    • はちみつとヨーグルトを1:1の割合で混ぜシミに直接塗りましょう。
    • 15~20分間そのままおいて洗い流します。1日2回繰り返しましょう。
  4. 4
    リンゴ酢を使います。民間療法によく使われるリンゴ酢は、シミにも効果があります。シミに直接塗り、30分間そのままおいてから洗い流します。
    • リンゴ酢で肌が乾燥するので、この方法は1日1回だけ行います。およそ6週間でシミが改善します
    • 玉ねぎの搾り汁(みじん切りした玉ねぎをざるに押し付けて抽出します)とリンゴ酢を1:1の割合で混ぜ、シミに塗るとより効果的です。[6]
  5. 5
    アロエベラを塗ります。アロエベラは、シミを含む様々な皮膚症状の改善に使われています。植物のアロエから抽出したジェルを直接シミにこすりつけ、肌にしみこむようにそのままおきます。
    • アロエベラは肌にやさしいので洗い流す必要がありませんが、べたつきを感じるようなら洗い流しましょう。
    • 植物のアロエが手元になければ、健康食品店などで取り扱う生のアロエベラの汁でも同様の効果が得られます。
  6. 6
    カスターオイルで肌をマッサージします。カスターオイルは皮膚症状の緩和に役立ち、シミに効果があることが実証されています。カスターオイル少量をシミに塗って、肌に浸み込むように1~2分間マッサージします。
    • 朝晩1回ずつ行うと1か月ほどでシミが改善します。
    • 乾燥肌には、ココナッツオイル、オリーブオイル、アーモンドオイルのいずれか少量をカスターオイルと混ぜて使うと肌の潤いが増します。
  7. 7
    ビャクダンを試しましょう。ビャクダンにはアンチエイジング成分が含まれると信じられており、シミを薄くするために使われることがあります。
    • ビャクダンの粉1つまみ、ローズウォーター2滴、グリセリン2滴、レモン汁2滴を混ぜます。このペーストをシミに塗り、20分間おいてから冷水で洗い流しましょう。
    • 別の方法として、純粋なビャクダンのエッセンシャルオイル1滴をシミに直接塗ってマッサージしても効果があります。
    広告

方法 3 の 3:
専門家によるスキンケアを受ける

  1. 1
    レーザー治療によるシミ除去について皮膚科医に相談してみましょう。超短パルス光(IPL )レーザーはシミを薄くするのに特に効果的です。[7] 超短パルス光が表皮に入り込み皮膚を活性化し、熱の作用で色素が分解してシミを壊します。[8]
    • IPLレーザー光治療は痛みはありませんが、多少の不快感が生じることがあるので、施術30~45分前に麻酔クリームを塗り、不快感を和らげます。
    • シミの大きさや数により施術回数が異なりますが、一般的に2~3回の施術が必要となり、1回の施術にかかる時間は30~45分ほどです。
    • 施術後のダウンタイムはありませんが、肌の赤み、腫れ、日光過敏症が起こることもあります。
    • レーザー治療はシミに非常に効果的ですが、主な難点は費用でしょう。Qルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、フラクセル3デュアル(フラクショナルレーザー)など使用するレーザーの種類やシミの数および大きさによって、1回の施術にかかる費用は2万円~15万円ほどです。[9]
  2. 2
    クリスタルピーリングでシミを取り除きます。クリスタルピーリングは非侵襲的(肌に傷をつけない)施術で、ペン型の機器と空気の圧力を使って行われます。クリスタル、亜鉛など剥離効果のある粒子を、ペン型の機器で肌に直接吹き付けて表皮を削り角質やシミを除去します。[10]
    • クリスタルピーリングはダウンタイムや副作用がありません。
    • 施術個所の面積により1回の施術に30分~1時間かかります。また、2~3週間の間隔をあけて複数回の施術が行われます。
    • 通常2~3回の施術が必要で、1回の施術にかかる費用は8000円からとなります。
  3. 3
    ケミカルピーリングの施術を受けましょう。ケミカルピーリングは、古い皮膚層を分解し新陳代謝を促進することで、皮膚表面に新しく輝く肌が現れます。施術方法は、対象個所にジェルのような酸性の物質をまんべんなく塗ります。その後中和剤で酸性物質を中和してピーリング剤の作用を止めます。[11]
    • 肌の赤み、剥け、過敏性が生じるので、場合によってはダウンタイムがあります。
    • 一般的に2回の施術が必要となり、3~4週間の間隔で行われます。1回の施術にかかる費用は15000円からとなっています。[12]
    • 1種類の薬剤を使うより、ジェスナーピールとトリクロロ酢酸(TCA)ピーリングを組み合わせて使ったらニキビ跡に最も効果的に作用したという研究があるので、加齢によるシミにも効果があるかもしれません。[13] この方法が自分のシミに効果があるか皮膚科医に相談してみましょう。
    広告

ポイント

  • 加齢によるシミは、老人性色素斑、肝斑、日光性黒子と呼ばれることもあります。
  • 日焼け止めを塗ったうえで、色の薄い長袖衣類や帽子などを着用し日光から肌を守りましょう。

広告

注意事項

  • 加齢によるシミの大きさや色に変化があれば、皮膚がんの可能性があるので医師の診察を受けましょう。
広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

手術なしで二重を手に入れる

How to

1日のスケジュールに従って行動する

How to

自傷跡を隠す

How to

ミントの葉からオイルを抽出する

How to

顔の角質を除去する

How to

白い肌を手に入れる

How to

アニメ中毒を克服する

How to

体毛を減らす

How to

自傷行為による傷跡を消す

How to

胸を小さくする

How to

肌を黒く焼く

How to

1ヶ月で痩せる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む22人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 235 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告