長い人生では助言を求めたい時期が周期的に訪れます。仕事を探す時、人間関係を上手く運びたい時、いじめ問題に対処したい時、誰かに一目惚れした時などはそのごく僅かな例ですが、そのような際には誰かのアドバイスが欲しくなります。助言を求めるのに手紙を書くことが1つ考えられますが、その場合には事前に色々なことを深く考え必要な情報を全て用意し、的を射た質問しなければならないため、口頭で助言を求めるのとは異なることを覚えておきましょう。

方法 1 の 3:
手紙を書く

  1. 1
    自己紹介をする 助言を求めたい相手があなたを知らない場合には、正式な挨拶の後の本文冒頭で短い段落をとって自己紹介しましょう。自分を正式に名乗り、手紙を書いている理由とそれに関する情報を含めましょう。[1]

    子育てについてのアドバイスを求める場合は、「私は、斎藤ミカと申します。2人の娘を持つ36歳の母親です」などと自己紹介しましょう。フルタイムで勤務しながらの子育てでない限り、生活のためにどんな仕事をしているかを言う必要はありません。

    知らない人に初めて書く場合にはどのように相手を知ったかを簡単に説明しましょう。 例えば、「『知人の名前を挿入』から紹介されて手紙を書いています。私の悩みを解決していただけるかもしれないと聞きました」などと書きましょう。

  2. 2
    手紙の趣旨を述べる 自己紹介をした後(必要な場合)、すぐに要点に入りましょう。つまり、手紙の趣旨を説明します。切り出し方はたくさんありますが、次にいくつか例を紹介しましょう。[2]
    • 「私の悩み聞いていただけないかと思って書いています」。
    • 「〜についてアドバイスをいただけましたら幸甚です」。
    • 「アドバイスをいただけないかと思って書いています」。
    • 「ある問題を抱えています。助言をいただけると幸いです」。
  3. 3
    欲しい助言を具体的に説明する 質問に答える形で助言をもらうようにすると良いでしょう。3〜5つ程質問を考えましょう。答えるのに何時間もかかる複雑な質問をリストにするのは避けましょう。簡潔に且つ要点をついた書き方をすれば返答をもらえる可能性が高まります。[3]
  4. 4
    何故自分1人で解決できないのかを簡単に説明する 解決しようと自分なりに努力したけれども上手く行かなかったためにアドバイスが欲しいなら、どう努力したのか、またどこが上手く行かなかったのかを具体的に説明しましょう。[4]
    • 経緯を説明することで、努力しなかったわけではなく、本当にアドバイスが欲しいことを相手に理解してもらえるでしょう。また、あなたがすでに試したものが分かればそれを提案しなくても済むため、時間と労力の節約になります。
    • 例えば、学校のいじめに対処するためのアドバイスが欲しい時には、「学校にいじめ問題があります。どのように対処すれば良いか悩んでいます。いじめられている子のために立ち上がるには何をすべきでしょうか。どうすればいじめがなくなるでしょうか」などと書きましょう。
  5. 5
    簡潔にまとめる 細かいことを書き連ねて長い手紙にすると、返信してもらえる可能性が低くなるでしょう。相手は状況を理解するのにかなりの時間をかけなければなりません。また仮に返信するとしても、全ての問題に対処しなければならないため、内容が長く、より複雑になるはずです。簡潔にまとめれば、返信してもらえる可能性が高くなるでしょう。特に著名人に書く場合には簡潔にまとめることが大切です。[5]
    • 単語数(英文レター)を300から400の間に限りましょう。相手に長いと感じさせず、且つ自己紹介と質問を十分に含むことができます。
  6. 6
    結びの言葉を添える 手紙を終える前に「よろしくお願いします」といった結びの言葉を含めましょう。また、返信してもらえることを仮定して、いく通りか返信の形を提示すると親切です。結びの言葉では感謝の意を示すことが重要です。
    • 相手に返信の義務がないことを覚えておきましょう。手紙を読んでくれるだけでも感謝しましょう。
    • 例えば、「最後まで読んでいただきありがとうございます。お忙しいと思いますが、ご助言をいただければ幸いです。もし宜しければ、電話で、あるいはコーヒーを飲みながら話すこともできます。私の連絡先を手紙の最後に加えました」などと書くことができるでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
書式を整える

  1. 1
    挨拶の言葉を加える 手紙の冒頭で誰に宛てた手紙かが分かるように、挨拶の言葉として相手の名前を書きましょう。実際に会ったことのない相手に書くなら正式な形式をとりますが、よく知っている人に宛てる場合には、それ程形式ばる必要はないでしょう。ただし、カジュアルな書き方は禁物です。礼儀正しい且つ丁寧な挨拶文句にしましょう。[6]
    • 会ったことのない人への挨拶文句は「Dear 『相手の苗字』」としましょう。
    • 形式に囚われずに書くなら、「Dear 『相手の下の名前』」でも良いでしょう。
    • 誰に宛てる場合でも、必ず「Dear」で始めましょう。
  2. 2
    結びの言葉を添える 結び言葉も手紙の一部です。相手の健康や幸福を祈り、自分の名前を加えます。頻繁に使われる文句には、「Best regards (よろしくお願いします)」「Kind regards(敬具)」「Respectfully yours (敬白)」、または単に「Sincerely(誠意を込めて)」などがあります。
    • 手書きする場合は、結びの言葉の下数行空けて、活字体で自分の名前を書き、結びの言葉と名前の間に署名を加えます。
    • パソコンを使って書く場合には、結びの言葉と名前の間にスペースを設け、印刷した後にスペースに署名を加えて送付しましょう。
  3. 3
    連絡先情報を加える 自分の名前の下に、電話番号、メールアドレス、その他の連絡先情報を加えましょう。メールアドレスや電話番号がある場合は必ず加えましょう。郵送による返信を希望する場合には、封筒に自分の氏名と住所を必ずご記入しましょう。
    • 郵送での返信を希望する場合は、切手を貼った返信用封筒を同封すると良いでしょう。相手は返信を書いた後同封の封筒に入れて送付するだけで済みます。
    広告

方法 3 の 3:
助言を求める人を選ぶ

  1. 1
    助言ができそうな人のリストを作る 特定の問題でアドバイスが必要な場合には、その問題に関連する経験や知識を持った人を考え書き出しましょう。健康問題についての助言が必要なら、知っている看護師や医師に手紙を書くことができるでしょう。
    • ノンフィクションの作家になりたいと思っているなら、著名な作家、仲介人、出版社に書くことができるでしょう。
    • 個人的な知り合いに加えて、あまりよく知らない人も書き出しましょう。例えば、お世話になった先生、元の職場の上司や同僚、経験や知識を元に助言ができそうな有名な人、あるいは人生相談欄担当のコラムニストなどが挙げられるかもしれません。
    • 家族も忘れてはいけません。祖父母などは人生で多くを経験しています。それだけでもアドバイスをするのに十分です。誰に助言を求めるべきか分からない場合には家族を考えましょう。
    • 有名人に書くこともできますが、返事をもらえる可能性は低いでしょう。仮にもらったとしても、研修生か広報部員による返信かもしれず、内容はいたって一般的なもので問題の核心をつくものではないかもしれません。
  2. 2
    助言が欲しい本当の理由を理解する 誰に書くかを決める前に、何故助言を求める手紙を書きたいのか、その本来の趣旨を考えましょう。単に助言が欲しいだけなのか、若しくは抱えている問題に詳しい人と知り合いになって、ネットワークを広げたいのでしょうか。
    • 例えば、助言してくれる人は関連資料を指し示したり、関連施設や団体あるいは適切な人を紹介することができるかもしれません。若しくは、直接やり方を教えてくれる、または書面で回答することもできるでしょう。
    • 世の中には、広い人脈を持ち何かを始める際のきっかけ作りが得意な人がいます。単にアドバイスだけが欲しい場合には、個人的によく知っている人か、新聞の人生相談欄の担当者宛に手紙を書きましょう。
  3. 3
    助言を求めたい人の経歴を調べる よく知っている人に書く場合には、経歴を調べる必要はありません。しかし、あまりよく知らない人であれば、経歴などをよく調べて助言できるかどうかを見極めましょう。
    • 人間関係についてのアドバイスが欲しい場合には、助言してもらいたい相手が夫婦あるいは恋人同士からの相談を受けたことがあるか、あるいはアドバイスをする上で適切な教育を受けているかを確認しましょう。
    • 経歴を調べることで時間の無駄が省けます。例えば、人生相談欄担当のコラムニストに手紙を書くなら、その人の得意分野を理解しなければなりません。コラムニストの中には、人間関係に強い人、日常生活のちょっとした困り事を解決するのが得意な人など様々な分野の専門家がいます。
  4. 4
    相手があなたに助言しなければならない理由を考える 学校の進路指導相談の先生なら、生徒にアドバイスを提供することが仕事ですが、あなたが選んだ人は日常的に人にアドバイスすることに慣れていないかもしれません。選んだ人が何故あなたの悩みを一緒に考えて助言しなければならないのかを考えましょう。いきなり助言して欲しいと頼むのは失礼かもしれません。その人が時間と労力を費やすだけの価値があると感じられるように、自分がすべきことを考えましょう。相手の無償のボランティア精神に訴えたり、助言をしてもらう代わりに相手のためにできることを申し出たりしましょう。[7]
    • よく知っている人に助言を求めるなら、「人にアドバイスすることがお仕事ではないと分かっています。しかしながら、私を救ってくれるのはあなたをおいて他にいないと信じています。お礼に、都合の良い時に何か料理を作らせていただければと考えています」などと言ってみましょう。
    • 知らない相手には可能であれば相手の時間に見合う報酬を払うこともできるでしょう。
    広告

ポイント

  • 郵送する場合は、封筒に宛名と住所を正しく丁寧に書きましょう。返信が必要な場合には、返信用封筒を同封しましょう。適切な額の切手を貼ることを忘れてはいけません。
  • 手書きする場合は、丁寧に書きましょう。ずさんな手紙に返信をしてくれる人はあまりいません。書き終えたら、見た目が綺麗になるように文書作成プログラムを使って書くことを検討しましょう。
  • 電子メールで送る場合も、郵便で送るのと同じ手順に従いましょう。

広告

注意事項

  • 毎日何百通もの手紙や電子メールを受け取る著名人や人生相談欄担当のコラムニストに書いても、返信をもらえる可能性は低いでしょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 作文技術
このページは 106 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告