PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

山のように積まれた宿題を前にすると、取り掛かる気力すら失ってしまうかもしれません。しかし、勉強しなくてはならない課題を細かく分けて1つずつ取り組むようにすれば、勉強を始めやすく、全てを終わらせることができるでしょう。勉強を始める前にしっかりと心構えをして、成し遂げるために計画を立てましょう。自分に合わない勉強法で嫌々勉強するのではなく、自分にとって効率が良い勉強法を自由な発想で作り出し、それに従って教材に取り組みます。ぎりぎりになって慌てないように、十分な時間を取って早めに勉強を始めることが大切ですが、ぐずぐずと先延ばしにしたからといって自分を責める必要はありません。

方法 1 の 4:
責任を持って取り組む

  1. 1
    先延ばしにする習慣があっても、自分はダメだと考えるのはやめましょう。物事をいつも先延ばしにする、いつまでたっても勉強を始められないなどの理由で自分を責めても、状況が悪化するだけです。やる気を出す手段として自分を責めたり自分に罰を与えたりするのは避けましょう。疲れ果てて気が散るだけで逆効果です。辛い時こそ自分を労りましょう。自分の行動に問題があることを認めるのは大切ですが、「大丈夫、これから少しずつ直していく」と言い聞かせます。[1]
    • きちんと勉強をしているように見えるクラスメートと自分を比べるのはやめましょう。勉強や仕事の仕方は人それぞれです。自分の能力とやらなければいけないことに集中しましょう。他人の行動を気にする必要はありません。
  2. 2
    勉強の邪魔になる不安や抵抗感を取り除きましょう。勉強に対する不安や気になることがあって勉強を始められない場合は、その気持ちを自由に書き綴ったり日記に書いたりします。[2] または、友達やクラスメートに話して発散しても良いでしょう。ストレスの原因となるものを吐き出したら、否定的な感情を捨てます。深呼吸をし、気持ちを切り替えて勉強を始める時だと自分に言い聞かせましょう。
    • 友達に愚痴を言うとすっきりする場合は、友達をうんざりさせないようにバランスを取りましょう。また、友達の勉強の邪魔をしないように注意することも大切です。
  3. 3
    勉強の計画を他の人に伝えましょう。勉強の計画を立てたら、友達やクラスメート、家族などに知らせます。勉強の計画をざっと説明し、早めに課題に取り組むようにして壁を乗り越えたいという決意を話しましょう。自分の取り組みを見守り、勉強の進み具合を確認してくれるように頼むか、目標をいくつか達成したら報告すると伝えます。[3]
    • 勉強は個人的で孤独な作業ですが、進み具合を確認してくれる人がいるとやる気が出るでしょう。
    • クラスメートやルームメートと組んで、勉強への取り組みをお互いに確認し合っても良いでしょう。
    • 決めた課題を夜9時までに終わらせることができたら、その後は友達と一緒に遊べると約束しても良いでしょう。楽しい集まりに参加したい、キャンセルして友達をがっかりさせたくないという気持ちになり、勉強がはかどるはずです。
  4. 4
    怠けずに勉強するために、グループで勉強するか家庭教師を頼みます。他の人と勉強すると気が散る場合は別ですが、そうでなければ協力し合える仲間と一緒にグループで勉強しましょう。勉強の仕方や好みの勉強法について事前に話し合い、一緒に勉強するのに相性が良いかを確認しておきます。いくつかの目標を一緒に立て、いつどのようにその目標を達成するのかを決めましょう。グループで勉強するのが向いていない人は、宿題をチェックしてくれる家庭教師を探しましょう。家庭教師に来てもらう日にちを決め、その日までに宿題を終わらせるように準備をします。
    • 知り合いに家庭教師を頼むか、家庭教師派遣業者に相談しましょう。
    • グループで勉強する場合はそれぞれが異なる課題に取り組み、学んだ内容を教え合うことができます。[4]
    • 勉強のためにグループで使う部屋を予約する、お菓子を持ち込む、勉強をゲームに見立てる、などするとより楽しく取り組めるでしょう。
    • グループで立てた計画に間に合わない人がいると、その分を自分で勉強し直す時間が必要です。十分な時間を取って早めに取り組みましょう。
    広告

方法 2 の 4:
勉強のスケジュールを立てる

  1. 1
    最も成果が上がる勉強法について考えましょう。どのような環境でどのように勉強したら学んだことがしっかり身に付き、試験で良い成績を取れるのかを考えます。静かな環境で1人で勉強するのが良いか、図書館やカフェのような大勢がいる場所のほうが勉強を続けやすいのかを考え、勉強する場所を決めましょう。[5] 自分で取った授業のノートを見直すのと教科書や過去の宿題を見直すのを比べ、どちらが覚えやすいかを考えましょう。勉強する環境と勉強法の中から最も実用的で効率が良く集中できる組み合わせを見つけ、これからはその組み合わせで勉強に取り組むようにします。[6]
    • 過去を振り返り、特に成果が上がった時と全くできなかった時とを比べ、何が勉強の役に立ち何が勉強の邪魔になるのかを突き止めましょう。
    • 自分に合った勉強法を確立できれば、勉強のストレスが大幅に軽減されるでしょう。
  2. 2
    長期的な目標と勉強で何を達成するかに目を向けましょう。毎日勉強を続けるのは大変ですが、そのような否定的な側面を嘆くのではなく、勉強に一生懸命取り組むことで得られる素晴らしいことを想像して前向きに考えましょう。テストで良い点を取った様子、先生に褒められている自分の姿、学年末の成績に満足している気分を想像します。このような良い気分にひたりながら、勉強に対する考え方を前向きな視点から見直しましょう。
    • 大学入学や奨学金の授与を希望している場合は、毎日勉強すれば夢に1歩近付けると考えてみましょう。
    • 長期的な目標を立て、それをモチベーションにして勉強を続けましょう。
  3. 3
    勉強すべきことを小さな課題や目標に分けましょう。毎回の勉強に具体的な目標を立てます。[7] 勉強の大きな目標を取り組みやすい小さな目標に分けましょう。無理なく達成できる具体的な目標を立て、1度に1つずつ取り組みます。[8] こうすると、少しずつ勉強を進めることができます。毎日の勉強で1つの課題を終わらせることができるので、達成感を味わえるでしょう。
    • 大量の宿題やいつまでも終わらないような課題を前にすると気が遠くなるかもしれませんが、「こんな量の宿題どうやって終わらせるんだ?」と心配するより「2時間でどれくらいできるだろう?」と考えるようにしましょう。
    • 1冊の本を1度に読もうとするより、1章や50ページずつ読むように計画しましょう。
    • 期末テストの勉強をする場合は、第1週目の授業のノートを1日で見直し、次の日には第2週目のノートを見直しましょう。
  4. 4
    易しい課題から難しい課題、短い課題から長い課題という順序で取り組みます。抵抗感の大きさや科目の難しさにもよりますが、ストレスを軽減し、前に進めるような順序で勉強を進めましょう。短時間で解ける課題から時間のかかる課題、最も簡単な課題から最も難しい課題という順序で取り組みます。逆に、勉強を進めるうちに楽になるように最も難しい課題を最初に終わらせる、もしくは学校の授業のスケジュールに合わせて課題に取り組むなどの方法でも良いでしょう。[9]
    • このように論理的な方法で勉強を進めると意思決定疲れが減り、1つの課題から次の課題へとスムーズに進めるようになるでしょう。
  5. 5
    それぞれの課題に時間制限を設けるか、スケジュールの中で時間を割り当てましょう。勉強すべきことを達成しやすい小さな目標に分けたら、自分に合ったスケジュールに組み込みましょう。きっちりとしたスケジュールを好む場合は、それぞれの課題に開始時間と終了時間を設定します。多少の融通が利くほうが好みに合うなら、課題ごとに時間制限を設け、どの順序で取り組むかはその時の気分で決めましょう。[10] どちらの方法を選ぶ場合でも、毎日決まった時間帯を勉強に割り当てましょう。
    • 「今週中に勉強する」と計画すると先延ばしにする可能性が高くなりますが、「月、火、木の6時から9時に勉強する」と決めればそのスケジュールを守りやすくなるでしょう。[11]
    • 定期的なスケジュールに従ったほうが勉強に取り組みやすくなりますが、必要に応じて変更しても構いません。たとえば土曜の夜はぐっすりと眠りたいと思ったら、日曜日の朝5時に目覚ましをセットして午前中に勉強をします。前もって計画を立てておくと、起きてすぐ勉強を始められるでしょう。
    • 勉強のスケジュールをより具体的かつ意図的に立てたほうが、勉強と時間管理の面でより多くの成果を上げられるでしょう。
    広告

方法 3 の 4:
勉強への心構えと環境を整える

  1. 1
    散歩をしたり体を動かしたりして、前向きな気持ちに切り替えましょう。数分間体を動かし、憂鬱な気分を吹き飛ばします。外に出て10分ほど歩き、新鮮な空気を吸いましょう。自分の部屋でジャンピングジャックを数回行ったり、好きな曲に合わせてダンスを踊ったりして、体をほぐしても良いでしょう。
    • 体を動かすと活力がみなぎって気分がすっきりします。また、脳の感受性が高まるので、より効率的に勉強できるでしょう。[12]
    • これを習慣にするとすんなりと勉強を始められ、成果も上がるでしょう。
  2. 2
    リフレッシュして、着心地の良い服を着ます。くたびれてやる気が出ないのなら、冷たいシャワーを浴びるか顔を洗って頭をすっきりさせましょう。タグがチクチクする服やウエストに食い込む服を着ると気が散るので、サイズがピッタリで着心地が良く、柔らかな素材の普段着を選びます。気温に合わせた服装をして、必要に応じて羽織るものを用意しましょう。長い髪は後ろで1つに結んで目にかからないようにします。[13]
    • パジャマのような格好で勉強すると居眠りをする可能性があるので、避けたほうが無難です。
  3. 3
    勉強する場所を片付けて、必要なものを揃えましょう。自室の勉強机やカフェのテーブルなど勉強する場所にかかわらず、初めにゴミを捨てて勉強に不必要なものを全て片付けます。[14] 場合によっては、机の上のものをどこかに移動して、片付けは後回しにしても良いでしょう。机の上をきれいにしたら、教科書、ノート、プリント、鉛筆、蛍光ペン、付箋など、必要なものを並べます。[15]
    • できるだけ気が散らない場所で勉強しましょう。冷蔵庫や窓の外が見えると気が散る場合は、それらに背を向けて座ります。友達とは別のテーブルを使うようにすると、お互いに集中しやすいでしょう。
    • 勉強の時間が楽しみになるように、勉強する場所を心地良く魅力的な場所に整えましょう。自分や友達の写真を壁に飾り、やる気を引き出すような観葉植物を机に置きます。座り心地の良い椅子を用意しても良いでしょう。
  4. 4
    コンピューターのスイッチを入れ、勉強を始める前に不必要なタブを閉じましょう。コンピューターを使って勉強する場合は、初めに不必要なウィンドウやタブを全て閉じます。そのうえでオンライン学習アカウントにログインし、PDFファイル形式の資料をダウンロードして準備を整えましょう。バッテリーの残量が少なくなって席を移動すると集中力が途切れてしまうので、コンセントの近くに座ってコンピューターの電源ケーブルをコンセントにつなぎます。
    • 資料を読んだり調べたりするためにコンピューターを使う必要があるものの、どうしても気が散ってしまうという場合は、必要な資料をあらかじめ印刷しておくと集中できるかもしれません。[16]
    • 文書作成やPDFファイルを見るためだけにコンピューターを使う場合は、インターネットの接続を切るかインターネットがつながらない場所で勉強すると、インターネットの誘惑に負ける心配がありません。
    • 勉強にコンピューターが必要ないのなら、電源を切って片付けましょう。
  5. 5
    勉強の邪魔にならないように、携帯電話の電源を切るかサイレントモードにします。勉強をしている時に友達からのグループメッセージを確認したり家族からの電話を受けたりすると集中できません。必要であれば、勉強に集中するために携帯電話を切ることをあらかじめ他の人に知らせておきましょう。そのうえでサイレントモードに切り替えるか、できれば電源を切ります。[17]
    • 携帯電話が見えるとつい手を伸ばしてしまうので、視界に入らない場所に片付けましょう。
  6. 6
    水と軽食を用意しましょう。勉強中喉が乾かないように、水筒を用意して適宜水分を補給します。小腹が空いた時やエネルギー補給のために、ピーナッツの小袋やグラノーラバー、切った果物などを用意しましょう。[18]
    • たっぷり食べた後に勉強するのは避けたほうが無難です。お腹がいっぱいだと眠くなり、リラックスしたくなるでしょう。
    • 勉強が終わるまで空腹を我慢するのは避けましょう。胃が痛くなって気が散ります。小腹が空いたときに食べられるように、軽食を用意して勉強しましょう。
    • 勉強中は砂糖たっぷりのお菓子やファーストフード、菓子パンなどを食べないようにしましょう。このような食品を食べると一時的に活力が湧くかもしれませんが、すぐに眠くなってしまいます。
  7. 7
    気分を盛り上げるために音楽を聴きながら勉強しましょう。歌詞のない曲や歌詞をよく知っている曲を選ぶと、BGMになるので気が散りません。選曲で時間を無駄にしないように同じアルバムを繰り返すか、ラジオスタイルのプレイリストを聴きましょう。
    • 適切な音楽を選べば気分がリラックスして集中力が高まります。[19]
    • 現代音楽をピアノで演奏した曲、ギターソロ曲、好きな映画のサウンドトラックなどを聴きましょう。
    • エレクトロ・スウィングのプレイリストをかけて気分を盛り上げたり、ローファイヒップホップをかけて落ち着いた気分で勉強したりしても良いでしょう。
    • 好みの音楽アプリで、勉強に集中できるように作られた「勉強用BGM」「勉強がはかどるビート」などのプレイリストを検索しましょう。
    広告

方法 4 の 4:
教材に取り組む

  1. 1
    不安な気持ちを抑えるために、無理をしてでも数分間は勉強に取り組みましょう。取り組まなくてはならない勉強の量を目の前にしてパニックになりそうなら、とりあえず始めてみればそれほどのストレスを感じなくなります。一番簡単ですぐに終わるような課題から始めれば、取り掛かりやすいでしょう。たとえば、5分間英単語を暗記します。もしくは、ポモドーロ・テクニックを試してみましょう。ポモドーロ・テクニックとは、25分にタイマーをセットしてそれぞれの課題に取り組む方法です。あっという間に時間が過ぎて、達成感を味わえます。
    • 勉強を始めて5分もすれば、最初に感じていた抵抗感もなくなるでしょう。
    • ポモドーロ・テクニックでは、25分間の作業時間をポモドーロと呼び、各ポモドーロの間にもアラームをセットして5分間の短い休憩を取ります。
    • 25分間が短いと感じる場合は、タイマーが鳴っても勉強を続けましょう。とにかく勉強を始めることが大切です。
  2. 2
    科目ごとに独自の教材を作りましょう。先生が学習教材を配布しない場合や、既存の教材が自分の勉強法に合わない場合に便利です。自分に最も役立つ教材を自由に作りましょう。単元ごとに覚えることを箇条書きにした表や暗記カードを作る、試験に出そうな問題をまとめる、教科書を参考に復習問題を作る、各単元の見出しを問題に変えるなどの方法があります。[20]
    • たとえば教科書の見出しが「おとぎ話における擬人化について」ならば、「おとぎ話における擬人化について説明せよ」という問題を作ることができます。
    • インターネットで学習ガイドの見本や例を探し、それを真似しても良いでしょう。
  3. 3
    内容を理解して暗記するために、図を使いましょう。視覚で覚えるタイプの人は、勉強する内容をマインドマップ(頭で考えていることを図式化したもの)やベン図(複数の集合の関係や集合の範囲を図式化したもの)にまとめると暗記しやすいかもしれません。図を描き、色や矢印、アイコンなどを用いて、教科書に書いてある内容を図で表します。もしくは、主題や考え方を関連付けられるように、ノートを色分けして書いても良いでしょう。[21]
    • プリントや教科書を見て英単語を覚えようとするより、英単語とその意味を書き直したほうが忘れにくくなります。色ペンを使ってカラフルに書いてみましょう。
  4. 4
    暗記法を活用して覚えましょう。暗記法は、覚えやすいように語呂合わせなどを使う方法です。単語や物事を覚えるために、自分で語呂合わせを作ってみましょう。歴史の出来事や年号、宿題に出た本のあらすじなどを覚えるために、リズムに乗せて言葉を並べたりラップを作ったりしても良いでしょう。[22] インターネットで「~を暗記する方法」と検索するか、暗記法を自分なりに考えましょう。
    • たとえば、歴史の年号を覚える方法として「なくよ(794)うぐいす平安京」や「いいくに(1192)作ろう鎌倉幕府」などの語呂合わせが有名です。自分なりの語呂合わせを作って覚えましょう。
    • 「I before E, except after C(Cの後を除いてIはEの前)」と覚えると、英単語の綴りのヒントになります。
  5. 5
    YouTubeの動画やポッドキャストを参考にして理解を深めましょう。完全に理解できないような複雑な単元に取り組んでいる場合は、インターネットを利用して役立つ情報を集めましょう。複雑な内容をわかりやすく説明した動画を20分観たり、授業の内容に沿った生物学のポッドキャストをスマートフォンにダウンロードしたりします。人によって説明の仕方が異なるので、わかりやすく説明されたものを見つけるまでいろいろと試してみましょう。[23]
    • だらだら検索しないように、時間制限を設けましょう。やらなくてはならない勉強を終えてから、ご褒美として好きな動画を観るようにします。
  6. 6
    勉強の目標を達成したら自分にご褒美を与えましょう。目標を達成した時に、自分に小さなご褒美を与える方法を考えます。勉強の途中であれば、少し休憩を取って散歩をする、グラノーラバーを食べる、音楽を聴くなどがご褒美になるかもしれません。少し長めに休憩を取って、YouTubeの動画や好きなテレビ番組を1本だけ観たり20~30分間趣味に没頭したりしても良いでしょう。勉強の時間が終わったら、ゲームをする、SNSをチェックして友達とつながる、出かけるなどしてのんびり楽しみましょう。
    • 食べ物は良いご褒美になりますが、勉強を始めて間もなく甘いものを食べすぎると血糖値スパイクが起こる可能性があるので控えましょう。甘いものは我慢して、最後の追い込みの時にエネルギー補給として食べるようにします。
    • ご褒美として休憩する場合は、また勉強に戻る必要があることを覚えておきましょう。時間制限を設け、「もう少しだけ」という悪魔のささやきに耳を貸さないようにします。
    広告

ポイント

  • 疑問点があれば、先生や教授に遠慮なく質問しましょう。休み時間に職員室に行くか、放課後に質問します。授業中にも質問しましょう。質問するのは意欲の表れで、良い成績を取りたいという熱意が先生にも伝わります。
  • 勉強したことを覚えておくには、夜しっかりと寝ることも大切です。少なくとも8時間の睡眠を取りましょう。
  • 授業中はきちんとノートを取り、バインダーやノートにまとめておきましょう。ノートを参考にして宿題や課題に取り組み、試験に備えます。
広告

関連記事

数独の問題を解く数独の問題を解く
銀が本物かどうか調べる銀が本物かどうか調べる
円の直径を算出する円の直径を算出する
華氏と摂氏の温度を換算する華氏と摂氏の温度を換算する
右利きが左手で文字を書く右利きが左手で文字を書く
友達に手紙を書く友達に手紙を書く
陽子、中性子、電子の数を求める陽子、中性子、電子の数を求める
面積(㎡)を計算する面積(㎡)を計算する
調子を聞かれた時に正しく答える調子を聞かれた時に正しく答える
読むスピードを上げる読むスピードを上げる
メールで指導教員に推薦状を依頼するメールで指導教員に推薦状を依頼する
論文の要旨を書く論文の要旨を書く
三角形の面積を計算する三角形の面積を計算する
パーセンテージを計算するパーセンテージを計算する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む98人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,787回アクセスされました。
このページは 1,787 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告