特に苦手な教科の場合、勉強に集中できないことはよくあります。学校での勉強を楽しめる人は少ないかもしれませんが、勉強をストレスに感じる必要はありません。勉強しようという決意を固め、効率的に勉強するテクニックを覚えれば、集中力が上がり、苦手な教科の勉強も簡単に終わらせることができます。

パート 1 の 2:
勉強に集中するための準備

  1. 1
    勉強する環境を整える 勉強する際には、注意力を妨げるものをできるだけ排除し、目の前の勉強に集中しましょう。心地よく、落ち着いて勉強できる場所を探しましょう。
    • 自分の部屋や図書館などの静かな場所で勉強しましょう。屋外で勉強する方がはかどるのであれば、気を散らせるものが少ない屋外の場所を選びましょう。必要であれば、インターネットに接続できる環境を探しましょう。
    • 人によって、勉強がはかどる環境は異なります。静かな環境で勉強することを好む人もいれば、ホワイトノイズを聞きながら勉強することを好む人もいます。
    • いつでも自分を信じましょう。
    • 自分にとって勉強をする最適の環境がわからない場合は、異なる場所や環境で勉強してみましょう。グループまたは一人で勉強する、音楽を聞きながらまたは聞かずに勉強するなどいろいろな方法を試してみましょう。どのような環境で最も集中し、勉強がはかどるか、すぐにわかるはずです。
  2. 2
    勉強道具をすべて集める ノート、教科書、参考書、ルーズリーフ、蛍光ペンなど、集中して勉強するのに必要なものをすべて用意しましょう。また、チョコレートなどのお菓子や飲み物を手元に置いておくと役に立ちます。[1]
    • すべての勉強道具は手の届くところに置いておきましょう。勉強中、集中力の妨げとならないよう、席を立つ必要をなくしましょう。
  3. 3
    勉強する場所を片付ける 勉強に不必要なものは片付け、気が散らず、集中できるスペースを整えましょう。集中力を高める効果のあるもの以外は、集中力の妨げになるだけです。
    • 片付けには、お菓子の袋や不必要な紙などのゴミを捨てることも含まれます。
  4. 4
    不必要な電子機器の電源を切る 特に、携帯電話や音楽プレーヤーなどの不必要な電子機器の電源を切りましょう。また、勉強に使用しないのであれば、パソコンの電源も切っておきましょう。
    • 集中しようとしているとき、パソコンは集中力を妨げる大きな要因になります。
  5. 5
    スケジュールを決めてそれに従う 勉強時間をあらかじめ決めておき、そのスケジュールに従いましょう。勉強が毎日の習慣になり、計画通りに勉強を進めることができます。スケジュールを立てる際には、一日のうち、午前中や夜中など、どの時間に最も活力に溢れ、集中力が高まるかを考えましょう。[2]最も活力に溢れた時間帯に、苦手な科目の勉強をしましょう。
    • 一日のうち、どの時間帯に最も元気があるかを知り、その時間を勉強に充てれば、集中して勉強することができます。
  6. 6
    勉強を一緒にするパートナーを見つける 時には、誰かと一緒に勉強することで、勉強の孤独感から抜け出し、意見交換を通して、複雑な概念を解明し、新たな側面から物事をとらえることが可能になります。また、パートナーがいれば、勉強に集中し、目の前の課題に取り組むことができます。
    • 誰かと一緒に勉強すると、集中できないと感じる人もいます。一緒に勉強するパートナーを探す場合、授業中も積極的に勉強に取り組むような、分別があり、勉強の目標などをはっきりと持っている人を選びましょう。そうすれば、パートナーの足かせにならないようにという気持ちから勉強にも熱が入ります。
  7. 7
    勉強の励みとなるものを考える 勉強を始める前に、勉強が終わった後の自分への褒美を考えましょう。例えば、歴史の復習を1時間行ったら、友人と話す、夕食を食べる、好きなテレビ番組を見るなどしましょう。[3]集中して勉強した後には、楽しみが待っているという励みがあれば、短時間の集中力を高める効果があります。
    • 大きな課題の場合、自分への褒美もそれに見合ったものにしましょう。[4]
    広告

パート 2 の 2:
勉強中の集中力を保つ

  1. 1
    効果的な勉強方法を探す 自分に合った効果的な勉強方法を選べば、集中して勉強することができます。効果的な勉強方法は人によって異なるため、様々な方法を試し、集中力を保つ最適の方法を探す必要があります。基本的には、様々な方法を用いて学ぶと、課題への集中力が続き、勉強した内容が記憶に残る可能性が高くなります。時には、教科書やノート、練習問題を読み直すことも、効果的な勉強方法となります。他の勉強方法には次の方法などがあります。
    • 単語カードを作る 英単語や重要用語を覚える場合、単語帳や単語カードを作りましょう。繰り返し見直すことで、単語やその意味などを覚えることができます。
    • 図表を書く 構造式や図表を見直す場合、これらの構造式や図表を書き写すと、その内容を自分の手で視覚化するため、記憶にも残りやすくなります。
    • アウトラインを作成する アウトラインを作成すると、詳細を含んだ複雑な概念を精密にまとめることができます。また、視覚的に概念やその他の情報をまとめたアウトラインは、試験前の見直しに役立ちます。
    • 理由を尋ねる勉強方法を使用する 理由を尋ねる質問とは、ある事柄がなぜ事実といえるのかを問う質問をいいます。あるいは、ある事実や主張がなぜ重要であるか、その根拠となる理由を述べることともいえます。[5] また、この方法を使い、ある概念や事象の重要性を裏付け、説明することで、その概念や事象に対する知識を深めることができます。
  2. 2
    積極的に学ぶ姿勢をとる 授業を聞いたり、教科書を読んだりする際、積極的に学ぶよう心がけましょう。ただ単に授業を聞き、教科書を読むだけでなく、常にその内容を自分に問いかけます。授業の内容で大切な個所はどこか、実生活と関連する点はないか、これまでに学んだ情報と比較するとどうかといった質問を自分に投げかけ、他の人に新しく学んだ内容を説明できるようにしましょう。
    • 積極的に学ぶ姿勢をとると、有意義な学習になり、また興味が深まれば、集中力も高まります。
  3. 3
    精神的に集中力を高める方法の練習をする 集中力を高めるには時間と労力が必要です。以下の方法を練習すると、数日で集中力の上昇に効果がみられるでしょう。[6]
    • 今に集中する 次の簡単な方法で、目の前の状況に集中を戻すことができます。勉強への集中力が削がれ、違うことに空想を巡らしていると気づいたら、「今に集中」と心の中で唱え、空想を断ち切り、目の前の勉強に集中力を戻しましょう。
    • 例えば、授業中、教師の言葉が頭に入らず、コーヒーが飲みたいなどと考えている時には、「今に集中」と唱えます。授業内容に意識を引き戻し、できる限りその集中力を維持しましょう。[7]
    • 空想にふけった回数を記録する 目の前の勉強から集中力が移り、空想にふけってしまった際には、その度に記録を残しましょう。目の前の課題へと集中力を戻す方法を学べば、集中が削がれる回数も減るでしょう。[8]
  4. 4
    悩みや心配事に費やす時間を取る 悩みや心配事について考える時間をきちんと確保すると、悩んだり、心配したりする時間が4週間で35%減少すると、研究によって明らかにされています。[9] よって、悩みや心配事について考える時間をきちんと確保すれば、ほかのことに集中すべき時に、悩みや心配事で気が散る時間が減少するといえます。
    • 集中しようとしている時に、悩みや心配事で気が散る場合には、後で考える時間があることを思い出しましょう。また、「今に集中」と唱え、集中力を目の前の勉強に引き戻しましょう。
    • 例えば、勉強前の30分間に、次の試験や家族のことなどの心配事について考える時間を作りましょう。勉強する必要がある時には、心配事について考えるのはこの時間だけにとどめ、この時間は思う存分、その心配事について思いを巡らしましょう。[10]
  5. 5
    勉強の目標を定める 勉強する課題のトピックにあまり興味を惹かれなくても、視点を変えれば、集中して勉強することができます。自身で目標を定めると、勉強から得られる経験を、課題を「とりあえず終わらせる」から、目標の達成に変えることができます。また、勉強を続けると、目標の達成を継続することにもつながります。[11]
    • 例えば、「今日中に第6章をすべて勉強しなければいけない。」と考える代わりに、「4時半までに第1~3節を終わらせて、散歩に出かける。」という目標を立てましょう。そうすることによって、実現が困難な課題から、達成可能な小さな課題へと変えることができます。このように、時間を区切って勉強を行うと、集中し、目標を達成する意欲がわきやすくなります。
    専門家情報
    Ashley Pritchard, MA
    Ashley Pritchard, MA
    スクールカウンセラー

    勉強中は小さな目標とご褒美を設定します。20分間勉強したら小休止を取り、何か食べましょう。さらに20分間勉強したら、小休止をしてInstagramをチェックします。するべきことができたことに対して、ちょっとしたご褒美をあげましょう。

  6. 6
    小休憩をはさむ 一般的に、1時間勉強したら、5~10分間の休憩を取ると、集中力を保ち、効果的に課題に取り組むことができると言われています。適度な休憩で頭を休ませ、頭がきちんと働き、情報を吸収できる状態にしましょう。
    • 体を動かしましょう。1時間座って勉強をしていたなら、立ち上がってストレッチを行いましょう。ヨガや腕立て伏せなどの軽い運動をして、血液の循環を活性化させます。勉強の途中で軽い休憩を取ることで、実際に勉強している時間の集中力が高まり、生産性も上昇します。
    広告

ポイント

  • 集中力を高めるためには、ほかの人との会話はできるだけ避けましょう。
  • 勉強内容が何であれ、頭の中で想像してみましょう。そのイメージがそのトピックを思い出すきっかけとなります。
  • 勉強内容を視覚化したり、実生活と関連付けて考えたりすると、詳細を覚えやすくなります。
  • 教科書や参考書などを、声に出して読みましょう。文字ではなく音にすることで、複雑な内容が理解しやすくなるかもしれません。
  • 勉強を2時間するたびに、最長20分間の休憩を取りましょう。リラックスする時間を作ると、集中力が高まります。おやつを食べたり、水分補給をしたり、外の空気を吸って、リラックスしましょう。
  • 情報を記憶するには、できるだけ多くの感覚機能を働かせましょう。
  • 別の教科へと移る際には、時間が必要です。例えば、科学の勉強を1時間行った後、すぐに英語の勉強をしようとすると、最初の10分間は新しい教科に順応することに費やされます。この時間は、簡単な練習問題などを行いましょう。

広告

注意事項

  • 試験前の一夜漬けはやめましょう。一夜漬けで覚えた内容は、すぐに忘れてしまいます。また、精神的なストレスとなるので、勉強ははかどりません。
広告

関連記事

How to

ずる休みをする

How to

夢精を止める

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

勃起を隠す

How to

女の子らしい女の子になる

How to

背を高くする

How to

学校を楽しむ

How to

彼があなたのことを好きかどうか知る

How to

見つからないようにこっそり家を抜け出す

How to

こっそりとコンドームを買う

How to

ありのままの自分に満足する

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

宿題がしたくなる

How to

未来の自分に手紙を書く
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む103人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,668回アクセスされました。
カテゴリ: 学校・大学 | ティーン
このページは 1,668 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告