特定の知識やスキルを身につけたいという強い願望がない限り、全ての集中力を一箇所に向けることは難しいものです。テレビ、スマートフォン、SNS、友人、家族などの影響で気が散ってしまい、学校で良い成績を収めるという目標から遠ざかってしまうこともあります。集中できる環境を作り、勉強時間を長く確保できるような計画を立てましょう。様々な勉強法を試し、休憩を取りながら無理をしないようにします。この記事では、科学者たちが考え出した、勉強に対する集中力を高めるための最も効果的な方法をいくつか紹介します。

方法 1 の 4:
理想的な学習環境を整える

  1. 1
    気が散るものを片付ける 勉強に適した場所を選びましょう。集中するには、気が散るとわかっているものを視界から消す必要があります。スマートフォンを片付けてテレビを消し、勉強とは関係のないウェブブラウザのページを閉じ、大声で話している人々から離れた場所に座りましょう。
    • 背筋を伸ばして椅子に座りましょう。ベッドに横になったり、眠くなるとわかっている姿勢で勉強してはいけません。勉強するためだけの空間を選びましょう。やがて、体がその空間と勉強を関連付けるようになるため、集中しやすくなります。
    • 明るい部屋で勉強しましょう。明るい場所では、本、ノート、パソコン画面を見る際に目の負担が軽くなります。また、明るい光の効果によって、居眠りも防げるでしょう。
    • 座り心地の良い椅子に座りましょう。腰や首に負担がかからないように注意します。痛みがあると、気が散って勉強がはかどりません。
  2. 2
    歌詞のない音楽を流す 静けさに耐えられない人もいるもので、その場合はモチベーションを維持するためのBGMが必要です。クラシック音楽を小さめの音で流してみるのもよいでしょう。音楽の効果で集中力が高まる人もいれば、そうでない人もいます。いろいろと試してみて、自分に最も適した方法を見つけましょう。BGMを小さい音で流していれば、遊びに出かけている代わりに勉強していることを忘れられるかもしれません。
    • 勉強用の音楽は、車の中で聴いて楽しむ音楽とは種類が異なるかもしれません。勉強部屋で音楽を流すのは効果的ですが、邪魔になったりストレスにならない程度にしましょう。様々なジャンルの音楽を試し、集中しやすい音楽を見つけましょう。[1]
  3. 3
    事前準備をする 勉強に必要な道具はすべて準備しておきましょう。鉛筆、ペン、蛍光ペン、紙、教科書、電卓など、勉強をこなす際に必要なものを全て用意し、さらに勉強場所を整理整頓します。きれいに片付いている空間では、気が散るものも少ないはずです。座って勉強に集中する前には、勉強以外のものを全て片付けておくとよいでしょう。そうしておかないと、何度もその場を離れる必要が出てきます。継続して勉強するよりも、何度も中断してから再開するほうが勉強が長引くでしょう。
  4. 4
    電子機器が使えない場所を見つける 教師が生徒に対して抱く最大の不満の1つは、学習内容に集中できない点です。SNSやスマートフォンなどの機器を常に使用していると注意が散漫になり、集中力が低下してしまいます。
    • パソコンを使う必要がある場合は、最も気が散るサイトなどを把握しておきましょう。BlockSiteなどのウェブサイトブロッカーやソフトウェアブロッカーを使用すると、どうしても見たくなってしまうウェブサイトやソフトをブロックすることができます。
    • インターネットが繋がらない場所や、スマートフォンの電波がない場所を探しましょう。または、図書館の自習室などのスマートフォンの使用が禁止されている場所で勉強するという方法もあります。
    専門家情報
    Bryce Warwick, JD

    Bryce Warwick, JD

    法律専門家、Warwick Strategies社長
    ブライス・ワーウィックはサンフランシスコ・ベイエリアにてGMAT(経営大学院適性試験)、LSAT(米国法科大学院適性試験)、そしてGRE(大学院入学共通試験)の受験者に個別指導を提供する会社、「Warwick Strategies」の社長を務めています。ジョージワシントン大学ロースクールにて法務博士号を取得しています。
    Bryce Warwick, JD
    Bryce Warwick, JD
    法律専門家、Warwick Strategies社長

    集中力を高めるには、勉強場所が最も重要な鍵になります。 気を散らすようなものがない、静かな空間が必要です。適切な場所にいれば勉強がはかどり、他のことはしなくなるでしょう。

    広告

方法 2 の 4:
勉強の成果を上げるために計画を立てる

  1. 1
    断るタイミングを学ぶ 勉強とは関係ない約束や用事に追われているために、勉強に集中できないと感じる人々が多いものです。そんなときは、恐れずに断ってみましょう。勉強しなければならない旨を伝え、相手の用事に付き合うことになると、勉強する時間や気力がなくなると、正直に説明すればよいのです。
  2. 2
    計画を立てる 30分~1時間を目安に勉強し、途中で5~10分の休憩を挟みましょう。休憩時間があるとわかっていれば、一定の時間、自分を追い込むのがずっと楽になります。脳には、情報を処理するための休息が必要です。[2]
    • 様々な科目を勉強する計画を立てましょう。同じ内容について長時間勉強していると、退屈になってしまうものです。まずは自分自身を理解しましょう。自分が飽きやすい性格だとわかっていれば、戦略的な時間計画を立てるようにします。
    • 最も生産性が高い時間帯はいつでしょうか?活力が十分あるときに勉強をすると、作業がはかどります。一日の中で特定の時間帯に疲れやすいことがわかっている場合は、その時間帯にはあまり注意を払わなくてもよい課題を割り当てましょう。
    • 一部の人は朝型で、大半の人が一日を始める前に起きて作業を始めます。朝型の人は、この静かな時間を利用して勉強に取り組みます。また、夜型の人は、他の人が寝静まった後に勉強に励みます。夜間の家の中は静かで、集中力も高まります。一方で、早起きも夜更かしも苦手な人もいます。もしかしたら、あなたもその1人かもしれません。もしそうであれば、1日のうちで勉強に専念できる適切な時間帯を見つけましょう。
  3. 3
    リストを作成する その日の学習目標を書き出してみましょう。達成したいこと、達成すべきことは何でしょうか?
    • 実行可能な内容にしましょう。例えば、1週間で10ページ分書く必要があれば、5日間続けて毎日2ページ書く計画を立てましょう。こうすれば、課題をこなすのが面倒に感じることもなく、やる気も持続するでしょう。この方法は、読書、テスト勉強、科学の授業用に何かを作る必要がある場合など、あらゆる課題に適しています。対処しやすい分量に振り分けましょう。
    広告

方法 3 の 4:
効率的に勉強する

  1. 1
    勉強法を変える 教科書を読むだけなど、1つの勉強法に限定してはいけません。学習カードを作る、クイズ形式の問題を作る、課題の詳細に関する動画があれば見る、ノートを書き直すなど、いろいろ試してみます。様々な工夫をすることで勉強への興味が持続し、時間を効率的に使えるでしょう。
    • 脳は、様々な方法で情報を処理することが可能です。異なる勉強方法で学ぶと、脳は異なる方法で情報を処理するため、その結果、情報を維持できる可能性が高まります。
  2. 2
    能動的に勉強する 勉強をより効果的にして集中力を高めるには、アクティブリーディング(音読練習)学習法を試してみます。教科書を声に出して読んだり、ノートに内容を書き出してから声に出して読んでみましょう。脳が情報を異なる方法で処理するため、勉強に集中しやすくなります。
    • 周りの人に協力してもらいましょう。情報を学ぶ際に最も効果的な方法の1つは、他の人に教えることです。パートナー、ルームメイト、友人、家族などに生徒役になってもらい、難しい内容を説明できるかどうか試してみましょう。
  3. 3
    学習内容を自分の言葉で書く 学校の勉強は丸暗記するものではなく、意味を理解するためのものです。授業や宿題の内容を、自分の言葉で書き直してみましょう。
  4. 4
    「あと5個」のルールを試す 勉強を確実にこなすためには、自分との心理戦が必要になるときもあります。勉強を終える前に「あと5つだけやる」または「あと5分だけやる」と自分に言い聞かせてみましょう。それを終えたら、さらに「あと5個」勉強してみるのです。課題を細かく分けると、集中力が続かない人でも実行しやすくなり、やる気も持続するでしょう。
  5. 5
    一番つまらない勉強を最初にこなす 逆に聞こえるかもしれませんが、最も困難な課題を最初に終わらせてしまえば、それに比べて後の課題が全て楽に感じられるようになります。一方で、難しい問題を解く際に、時間を無駄にしてはいけません。ある課題を学ぶ際に、周りの助けが必要かどうか、素早く判断しましょう。
    広告

方法 4 の 4:
休憩を取る

  1. 1
    休憩を取る 脳はスポンジのようなもので、多くの情報を得ると情報が「溢れ出て」しまいます。休憩を取って脳を休めましょう。
  2. 2
    自分にご褒美を与える やる気を持続するには、時には刺激が必要です。好成績だけではご褒美にならない場合は、集中力を持続するための他のご褒美を用意しましょう。例えば、甘いものを食べながらテレビを見て過ごす、ショッピングを楽しむ、または、マッサージや昼寝などもよいかもしれません。どんなご褒美があれば勉強する気になれるのかを考えてみましょう。
  3. 3
    間食を摂る 眠気を覚まして勉強意欲を保つには、栄養補給が大切です。近くに軽食を準備しておきましょう。一握りのナッツ、ブルーベリー、ダークチョコレートなど、食べやすいものを用意して、近くに水も置いておきます。コーヒー、カフェイン入りのお茶、エナジードリンクなどは飲みすぎないようにしましょう(寝むれなくなるかもしれません)。カフェイン飲料に体が慣れてくると、最終的にはあまり効果がなくなってしまいます。
    • スーパーフードを食べましょう。研究によると、ブルーベリー、ほうれん草、カボチャ、ブロッコリー、ダークチョコレート、魚などが脳を活性化させることがわかっています。ジャンクフードや甘いお菓子などの栄養価の低い、または全く栄養のないものは食べないようにしましょう。体はエネルギーを分解しながら消費しますが、利点はありません。健康的な食生活を心がけると活力が増し、脳が働きやすくなります。
  4. 4
    運動をしてリラックスする 運動は、体と脳に素晴らしい効果をもたらします。運動によって、記憶力、気分、注意力、感情が向上します。勉強中に硬くなってしまった体の部位をほぐすストレッチをしてみましょう。他にも、前屈や軽いダンベル運動、長めのジョギングが効果的です。
  5. 5
    昼寝をする 睡眠によって、学習した情報が脳に記憶されます。睡眠が足りないと、せっかくの勉強が無駄になってしまいます。十分な睡眠をとるとホルモンが調整され、苛立ちが抑えられるでしょう。[3]
    広告

関連記事

陽子、中性子、電子の数を求める陽子、中性子、電子の数を求める
銀が本物かどうか調べる銀が本物かどうか調べる
右利きが左手で文字を書く右利きが左手で文字を書く
華氏と摂氏の温度を換算する華氏と摂氏の温度を換算する
価電子数を求める価電子数を求める
化学反応式に係数をつける化学反応式に係数をつける
論文の要旨を書く論文の要旨を書く
二進法を十進法に変換する二進法を十進法に変換する
英語の論文・レポートで引用をする英語の論文・レポートで引用をする
調子を聞かれた時に正しく答える調子を聞かれた時に正しく答える
関数の定義域を求める関数の定義域を求める
円の面積を求める円の面積を求める
ペーパーバックとハードカバーのどっちにするか決めるペーパーバックとハードカバーのどっちにするか決める
面積(㎡)を計算する面積(㎡)を計算する
広告

このwikiHow記事について

Bryce Warwick, JD
共著者 ::
法律専門家、Warwick Strategies社長
この記事の共著者 : Bryce Warwick, JD. ブライス・ワーウィックはサンフランシスコ・ベイエリアにてGMAT(経営大学院適性試験)、LSAT(米国法科大学院適性試験)、そしてGRE(大学院入学共通試験)の受験者に個別指導を提供する会社、「Warwick Strategies」の社長を務めています。ジョージワシントン大学ロースクールにて法務博士号を取得しています。
このページは 147 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告