勉強予定表を作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 10 出典

この記事には:予定表を作る予定表を整理する予定表を使う

勉強予定表は勉強時間の管理に役立つ、手軽でお金のかからない道具です。この予定表を使えば成し遂げるべき課題と所要時間の見通しを立てることができます。計画的にやる気を引き出しながら、勉強を最も効率的に進めたい人は、自分に合った勉強予定表を作ってみましょう。

パート 1
予定表を作る

  1. 1
    するべきことを書き出す 行動を適切に予定表に組み入れるためにこれからするべきことを考えて全て書き出しましょう。予定表を埋める前に成し遂げるべき課題をしっかり考えることによって、予定表の行動を円滑に進めることができます。[1]
    • 授業、アルバイト、雑用、部活動や運動といった、勉強以外の定期的に行っているものは全て考慮に入れましょう。
    • 家族や友人の誕生日や祝祭日も忘れてはいけません。
    • 前もって全てを考えることはおそらくできないでしょう。しかし、それは問題ありません。後から追加することも可能です。
  2. 2
    授業と課題の情報を全て集める 全ての授業のシラバスと論文や研究のための課題の一覧表を集めましょう。さらに、Blackboardなどのコース管理システムによって、ネット上で授業の情報を確認するという方法もあります。[2]
  3. 3
    勉強のために最適な時間帯を考える いつ勉強するのが自分にとって最適なのかをしっかりと考えましょう。朝型と夜型のどちらのリズムが自分に合っているでしょうか。ここで自分に合った時間帯を考えることによって、本当に充実した有意義な勉強時間をうまく予定に組み込むことができます。 [3]
    • このステップでは、アルバイトなどの他の予定を考えてはいけません。他にやるべきことは何もないという前提で、どの時間帯が勉強に最適か、ということだけを考えましょう。
  4. 4
    形式を決める 予定表を紙で作るのか、スプレッドシートやスマートフォンアプリのようなデジタル形式で作るのかを決めます。
    • Microsoft ExcelやApple Numbersのような表計算ソフトは間違いのない手段です。また、ワープロソフトの中にも目的に合ったテンプレートが付いているものが多くあります。[4]
    • インターネットを利用する方法もあります。よく雑誌などで取り上げられるアプリとウェブインターフェイスのソフトにMy Study Lifeがあります。
    • インターネットやスマートフォンを多用する場合でも、紙の予定表は重宝します。授業中に携帯電話が使えないときでも、紙の予定表なら確認できます。
    • 紙とデジタル形式の勉強予定表のどちらにもそれぞれの強みがあります。デジタル形式の予定表は簡単にはじめることができ、大きな修正も容易にできます。一方で、紙の予定表は常に携帯が可能で、頻繁に細かい修正を加えることができます。また、紙であれば、簡単にそして楽しく、色をつけたり好みの仕様に変えることもできます。
    • 紙とデジタル形式を組み合わせるという方法もあります。 あらかじめ曜日と時間を打ち込んだ格子網をパソコンで作り、必要な枚数(計画を立てる週の枚数)だけ印刷しましょう。そして、記入は手書きで行います。
  5. 5
    格子網を引く 予定表とは、上段の曜日と縦列の時間軸によって「日付」と「時間」の変化を表している図表です。
    • 紙の予定表を手書きで作る場合、自分で格子網を引く必要があります。普通のノートの紙や白い紙が適しています。見た目をきれいにするために定規を使って線を引きましょう。
    • 紙と鉛筆で作る方法の最大の弱点は、おそらく、後からの変更に手間がかかるということでしょう。全て手書きで作るとしても、横線と縦線の数を調整する作業は本当に手間のかかるものです。また、例えば1ヶ月に1枚のように多くのページ数が必要な場合、この手間を毎回繰り返す必要があります。

パート 2
予定表を整理する

  1. 1
    毎回共通の予定表なのか、仕様を変えるのかを決める 毎週同じ内容の共通の予定表を作る方法と、詳細な予定の変化に応じて毎週仕様を変えた予定表を作る方法があります。さらには、仕様の異なる予定表をまとめて一度に作る場合も考えられます。
    • 毎週仕様を変える予定表の場合、やりづらいものからはじめましょう。手間のかかる宿題や期末試験対策からはじめて、通常とは逆の優先順位で勉強を進めましょう。勉強の予定は手間のかかる宿題の量に応じて変える必要があります。[5]
    • この過程で、事前に書き出しておいた、するべきことを全て記入しましょう。勉強時間を記入する前にこの作業をしましょう。スポーツの練習時間のように習慣的にしていることは、ここで全て記入します。勉強時間をどこに入れるかを把握するために、この作業をまずはじめにする必要があります。
    • 毎週仕様を変える予定表の場合、誕生日や祝祭日のような特別な予定は忘れずに入れましょう。
  2. 2
    勉強時間を確保する 1回につき2時間から4時間というかなり長めの時間の確保を目指しましょう。これにより勉強のやる気が高まり、そして、時間を有意義に使うことができます。[6]
    • まとまった時間が取れない場合でも、勉強時間が確保できなくなるわけではありません。例えば45分間や1時間の有意義に使える空き時間があるのであれば、勉強時間として利用しましょう。
    • 難しい課題に取り組むときは、難易度に応じて勉強時間を長く確保しましょう。[7]
  3. 3
    休憩時間を予定に組み込む 休憩時間は成功するために欠くことのできないものです。人間はロボットではないので、休憩なしで何時間も勉強し続けることはできません。一定の間隔で休憩を取ると、全体的に見て、勉強がはかどります。[8]
    • 45分の勉強と15分の休憩を繰り返す方法を推奨する専門家が多くいます。しかし、人それぞれの方法があるため、勉強をしながら自分にとって最適の方法を見つけましょう。[9]
  4. 4
    できるだけ具体化する Part1で集めたシラバスと課題の一覧表を、ここで使います。確保した勉強時間を各科目について振り分け、課題を書き入れます。予定表の時間通りに課題に取り組みましょう。
    • もちろん、時間の経過とともに状況は変わります。たとえば、2ヶ月前に立てた計画はもはや適用できない可能性もあります。しかし、そこで計画の遂行を止めてはいけません。予定表は、課題を忘れずに進めたり、大きな課題を細分するための有効な指針となります。
    • 毎週一定の量の授業の宿題がある場合、積極的に予定表に加えましょう。たとえば、常に数学の宿題が毎週20問出される場合、問題を数問ずつに分けて計画表に組み込むことができます。
  5. 5
    1回の勉強時間に複数の科目を組み込む 1回の勉強時間の中で異なった科目に取り組むことで、特定の科目をやりすぎて燃え尽きたり、無気力にならないようにします。[10]
    • もちろん、試験期間中に特定の1科目に集中して取り組む必要があるときは、予定変更は可能です。
  6. 6
    見やすい予定表を作る 授業や課題に応じて色分けすると、使いやすく、見た目の良い予定表になります。何回も見返したくなるような自分だけの予定表を作りましょう。
    • 紙の予定表には色鉛筆を使うと効果的です。また、パソコンの画面上で強調すべき部分を色分けして印刷するという手もあります。アプリをインターネット上でのみ使う場合、すでに予定表は色付けされていますが、ある程度は色の変更ができる場合があります。

パート 3
予定表を使う

  1. 1
    継続する 予定表を使い慣れるまでには時間がかかります。しかし、慣れるまで継続しましょう。日常生活の一部になってしまえば、大変役に立つものです。
  2. 2
    柔軟に予定変更する 正確に時間通り予定の行動をしなければならないと考える必要はありません。予定表は学校の成績を上げるためのちょっとした工夫です。予定表を時間の目安にしつつも、予定変更を柔軟に受け入れましょう。
  3. 3
    修正する 予定通りできたこととできなかったことを見直しましょう。そして、できないことがある場合は修正しましょう。予定表は苦労をして作ったものです。簡単な修正を加えることで有効に活用できるものならば、捨ててはいけません。常に予定表に従った行動を心がけましょう。

ポイント

  • 大きい課題を優先させたり毎週仕様を変えて予定表を作ろうとするものの 、現状では負担が大きすぎると感じるときは、もっと簡単に標準的な勉強予定表を作るという手があります。たとえ毎週同じ内容であっても、予定表に従って行動することで時間をはるかに有効に活用できます。
  • 無料で使える予定表の例やテンプレートを探すためにインターネットの画像検索を利用したり、FlickrやPinterestを利用しましょう。
  • 授業時間の変更があった場合はそれに従いつつ、予定表通りの行動を心がけましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 教育 | 学び・コミュニケーション

他言語版:

English: Make a Study Timetable, Español: hacer un calendario de estudios, Italiano: Fare una Tabella di Marcia per lo Studio, Português: Fazer um Cronograma de Estudos, Русский: составить график учебы, Deutsch: Einen Lernplan machen, Français: établir un planning d'étudiant, Bahasa Indonesia: Membuat Jadwal Belajar, Nederlands: Een studierooster maken, 中文: 制作学习时间表, Čeština: Jak si vytvořit studijní plán, العربية: عمل جدول زمني للمذاكرة, ไทย: ทำตารางเรียน, 한국어: 공부 시간표 만드는 방법, Tiếng Việt: Làm thời gian biểu học tập, हिन्दी: पढ़ाई के लिए टाइम टेबल बनायें (Study Time Table Kaise Banaye)

このページは 2,855 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?