動作の遅いパソコンをクリーンアップする方法

7 方法:WindowsでディスクをクリーンアップするMacでディスクをクリーンアップするWindowsでごみ箱を空にするMacでゴミ箱を空にするWindowsで起動中のプログラムとスタートアッププログラムを調整するMacで起動中のプログラムとスタートアッププログラムを調整するハードディスクのデフラグを行う

このwikiHowでは、パソコンの動作が遅い原因となる古いファイルやプログラム、設定をクリーンアップする方法をご紹介します。ここで紹介する方法をWindowsやMacのノートパソコンまたはデスクトップパソコンで実行した後も、動きが遅いままなら、さらに追加の高速化対策をとることを検討しましょう。

1
Windowsでディスクをクリーンアップする

  1. 1
    スタート メニューを開く 画面の左下にあるWindowsロゴをクリックします。
  2. 2
    ディスククリーンアップ と入力する ディスククリーンアップ と入力して、「ディスククリーンアップ」プログラムをパソコンで検索しましょう。「ディスククリーンアップ」プログラムは、パソコン上の不要なファイルを検索し、削除するユーティリティです。
  3. 3
    ディスククリーンアップ をクリックする ディスククリーンアップ は、スタートメニューの上部に表示されるフラッシュドライブの形をしたアイコンです。クリックすると「ディスククリーンアップ」が別のウィンドウで開きます。
    • ほかのウィンドウを開いている場合、画面の下部にあるディスククリーンアップのアイコンをクリックしてから次に進まなくてはなりません。
  4. 4
    「ディスククリーンアップ」ウィンドウの左下にある システムファイルのクリーンアップ をクリックする クリックすると、ディスククリーンアップで削除すべきファイルの検索範囲をさらに広げます。
  5. 5
    ページ上のすべてのチェックボックスにチェックを入れる パソコンの空き容量を増やすために、ページに表示されたすべての項目を削除する対象に選ぶことができます。
    • メインウィンドウで選択可能なチェックボックスをすべて表示するには、下にスクロールする必要があります。
  6. 6
    ウィンドウの下部にある OK をクリックする 
  7. 7
    ファイル削除の確認画面が表示されたら、ファイルの削除 をクリックする ディスククリーンアップにより、パソコン上の不要なファイルが削除されます。削除が終わるまでしばらくかかるので、待ちましょう。
  8. 8
    不要なプログラムをアンインストールする パソコン上に要らないアプリケーションやプログラムがある場合、アプリケーションやプログラムを削除すると、空き容量が増え、パソコンを全体的に高速化することができます。

2
Macでディスクをクリーンアップする

  1. 1
    Appleメニュー
    Macapple1.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面の左上にあるAppleロゴをクリックしましょう。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  2. 2
    ドロップダウンメニューの上部付近にある このMacについて をクリックする 「このMacについて」ウィンドウが開きます。
  3. 3
    ウィンドウの上部にある ストレージ タブをクリックする
  4. 4
    ウィンドウの右上にある 管理… をクリックする 管理… をクリックすると、ストレージオプションが表示される新しいウィンドウが開きます。[1]
    • Macのバージョンによっては、ここで「詳細...」をクリックする必要がある場合があります。
  5. 5
    「ストーレジを最適化」という見出しの右にある 最適化… をクリックする 最適化… をクリックすると、一時ファイルや不要なファイルが削除され、視聴済みの映画やTV番組はiCloudへ移されます。
  6. 6
    不要なプログラムをアンインストールする Mac上に要らないアプリケーションやプログラムがある場合、アプリケーションやプログラムを削除すると、空き容量が増え、パソコンを全体的に高速化することができます。

3
Windowsでごみ箱を空にする

  1. 1
    ごみ箱を開く 白いごみ箱に青いリサイクルマークが付いたごみ箱の形のアイコンをダブルクリックしましょう。ごみ箱アイコンはデスクトップにあるはずです。
  2. 2
    削除したくない項目を元に戻す 元の場所に戻したい項目があった場合は、項目をダブルクリックして、ポップアップメニューの中の「元に戻す」をクリックします。
  3. 3
    ウィンドウの左上にある 管理 タブをクリックする ウィンドウの上部にツールバーが表示されます。
  4. 4
    ツールバーの左側にある ごみ箱を空にする をクリックする
  5. 5
    確認画面が表示されたら はい をクリックする はい をクリックすると、ごみ箱内のすべてのファイルが削除されます。

4
Macでゴミ箱を空にする

  1. 1
    ゴミ箱を開く MacのDockにあるゴミ箱のアイコンをクリックしましょう。ゴミ箱ウィンドウが開きます。
  2. 2
    削除したくない項目を元に戻す ゴミ箱からMac上に移動したい項目があれば、ゴミ箱ウィンドウで項目をクリックして、Macのデスクトップへドラッグしましょう。
  3. 3
    ゴミ箱アイコンをクリックして、長押しする アイコンを長押しすると、すぐにポップアップメニューが表示されます。
  4. 4
    ポップアップメニューの中の ゴミ箱を空にする をクリックする 
  5. 5
    確認画面が表示されたら ゴミ箱を空にする をクリックする これで、ゴミ箱フォルダの中身が空になります。

5
Windowsで起動中のプログラムとスタートアッププログラムを調整する

  1. 1
    スタート
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面の左下にあるWindowsロゴをクリックします。
  2. 2
    タスクマーネージャー と入力する タスクマーネージャー と入力して、問題のあるプログラムを終了できる「タスクマネージャー」を検索しましょう。
  3. 3
    スタートメニューの上部に表示される タスクマネージャー をクリックする 「タスクマネージャー」アプリが開きます。
  4. 4
    「タスクマネージャー」ウィンドウの左上にある プロセス タブをクリックする 
  5. 5
    必要に応じてプログラムを終了する 今現在実行する必要がないアプリのメモリの使用量が多い場合は、アプリ名をクリックして、ウィンドウの右下にある「タスクの終了」をクリックします。終了したいアプリやプログラムについて、同じ処理を繰り返します。
    • メモリ」タブをクリックして、メモリの使用量が多い順に並べ替えると、この処理が行いやすくなるでしょう。
  6. 6
    「タスクマネージャー」ウィンドウの上部にある スタートアップ タブをクリックする
  7. 7
    スタートアッププログラムの一覧を見直す この一覧に表示されたプログラムはすべて、パソコンの起動時に自動的に起動されるプログラムで、このプログラムによってパソコンの動作が遅くなっている場合があります。
  8. 8
    スタートアッププログラムを無効にする 自動的に起動させたくないプログラムをクリックして、ウィンドウの右下にある「無効にする」をクリックします。
    • 右下のボタンが「有効にする」である場合、プログラムはすでに無効に設定されています。
    • 無効化が必要なスタートアッププログラムそれぞれについて、この処理を繰り返しましょう。
    • 作業が終了したら、タスクマネージャーを閉じても構いません。タスクマネージャーを閉じると、変更した設定が保存されます。

6
Macで起動中のプログラムとスタートアッププログラムを調整する

  1. 1
    Spotlight
    Macspotlight.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面の右上にある虫眼鏡の形をしたアイコンをクリックしましょう。
  2. 2
    アクティビティモニタ と入力する アクティビティモニタ と入力して、メモリ使用量が多いプログラムを確認し、終了できる「アクティビティモニタ」プログラムをMacで検索しましょう。
  3. 3
    Spotlightの検索結果に表示される アクティビティモニタ をダブルクリックする ダブルクリックすると、「アクティビティモニタ」が開きます。
  4. 4
    「アクティビティモニタ」の上部にある CPU タブをクリックする
  5. 5
    終了するプログラムを選択する メモリ使用量が多いプログラムをクリックして終了しましょう。
    • 現在使用しているプログラム(ブラウザなど)を選択しないようにしましょう。
  6. 6
    ウィンドウの左上にある X をクリックする
  7. 7
    プロセス終了の確認画面が表示されたら 終了 または 強制終了 をクリックする 終了」をクリックする際、実行中のファイルがある場合は、プログラムによるリカバリー用ファイルの作成を許可しますが、「強制終了」をクリックした場合は、該当のプログラムは即終了されます。[2]
  8. 8
    Appleメニュー
    Macapple1.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面の左上にあるAppleロゴをクリックしましょう。クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  9. 9
    ドロップダウンメニューの中の システム環境設定… をクリックする システム環境設定… をクリックすると、「システム環境設定」ウィンドウが開きます。
  10. 10
    「システム環境設定」ウィンドウにある ユーザとグループ をクリックする
  11. 11
    自分の名前を選択する ウィンドウの左側にあるお使いのユーザ名をクリックしましょう。
  12. 12
    ウィンドウの上部にある ログイン項目 タブをクリックする
  13. 13
    スタートアッププログラムを無効にする ページ上の項目のチェックボックスのチェックを外して、ログイン時の自動起動を無効化しましょう。[3]
    • このメニューを変更する前に、ページの左下にある鍵のアイコンをクリックして、パスワードを入力する必要がある場合もあります。

7
ハードディスクのデフラグを行う

  1. 1
    デフラグ(デフラグメンテーション)処理を理解する ハードディスクのデフラグが必要なのは、使用頻度が高いWindowsパソコンだけです。ハードディスクを長く使用していると、データの断片がハードドライブのあちこちに散らばり、その結果、データを取り出すのに時間がかかるようになります。ハードディスクのデフラグを行うと、すべての「断片(フラグメント)」がハードディスク上のまとまった箇所に配置し直されます。
    • SSD(ソリッドステートドライブ)を使用しているパソコンではデフラグを行なってはいけません。
    • ハードディスクの空き容量が少ないパソコンでは、デフラグの効果がほとんど無い可能性があります。
  2. 2
    スタート
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面の左下にあるWindowsロゴをクリックします。
  3. 3
    ドライブのデフラグと最適化 と入力する ドライブのデフラグと最適化 と入力して、ドライブの最適化アプリを検索します。
  4. 4
    スタートウィンドウの上部に表示される ドライブのデフラグと最適化 をクリックする
  5. 5
    ハードディスクドライブを選択する 最適化したいハードディスクドライブをクリックしましょう。ほとんどのパソコンで、メインのハードディスクドライブ名は「OS (C:)」となっています。
  6. 6
    ウィンドウの右側にある 最適化 をクリックする ディスクデフラグが始まります。
  7. 7
    ディスクデフラグが中断されないようにする デフラグが完了するまで数時間かかる可能性があります。パソコンを電源に接続し、外部要因によって処理が中断されないようにしましょう。

ポイント

  • 数日おきにパソコンの電源を落とす、パソコンが充電された状態を保つ、といった簡単な操作を習慣にすると、パソコンの動きを大きく改善できます。
  • 時々、アンチウィルスソフトウェアを使ってパソコンをスキャンしましょう。ウィルスやその他のマイナーなマルウェアにより、パソコンの動作が遅くなる場合があります。
  • 使用年数の経過と共に、パソコンの動作は遅くなります。お使いのパソコンの動作速度の低下は、経過年数によるものに過ぎない可能性があります。

注意事項

  • パソコンに2つ以上のアンチウィルスソフトを同時にインストールすることは推奨されていません。Windowsには、Windows Defenderプログラムが最初からインストールされているため、パソコンにアンチウィルスプログラムをインストールする必要はないはずです。
  • SSD(ソリッドステートドライブ)を使用している場合、パソコンのデフラグを行なってはいけません。デフラグを行うと、ファイルが破壊され、ハードディスクの動作が永久に遅くなってしまう可能性があります。

記事の情報

カテゴリ: パソコン・電子機器

他言語版:

English: Clean Up a Slow Performing Computer, Italiano: Pulire un Computer Lento, Español: limpiar una computadora lenta, Deutsch: Einen langsamen Computer bereinigen, Português: Melhorar a Performance de um Computador Lento, Français: nettoyer un ordinateur lent, Русский: почистить медленный компьютер, 中文: 清理运行缓慢的电脑, Bahasa Indonesia: Membersihkan Komputer Yang Lamban, Nederlands: Een trage computer opschonen, हिन्दी: धीमी गति से कार्य करने वाले कंप्यूटर को क्लीन अप करें, Čeština: Jak vyčistit zpomalený počítač, العربية: تنظيف جهاز كمبيوتر بطيء الأداء, ไทย: ล้างคอมที่ทำงานช้า, Tiếng Việt: Dọn dẹp máy tính chạy chậm

このページは 102 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?