ペットが何を考え、どのような感情を持っているのか疑問に思ったことはありませんか?ペットが自分に何を伝えようとしているのか知りたいと思ったことはありませんか?または、ペットと会話してみたいと思ったことはありませんか?そうであれば、ペットの思いや感情を理解するだけではなく、同様に自分の意思や指示をペットに伝える方法を模索していることでしょう。動物(人間も含め)は、体や声帯を使って様々な形で考えや感情を相手に伝えます。ペットとコミュニケーションを取る方法を学び、ペットとの絆を深めより良い関係を築きましょう。

方法 1 の 3:
ペットを観察する

  1. 1
    ペットの目、耳、表情を観察する 動物は体のあらゆる部位を使って様々な感情を表します。ペットの体の動きを観察することで、ペットがはしゃいでいる、具合が悪い、または怒っているなどの状態を知ることができます。例えば、馬の目を見れば、警戒している(目が全開)、眠いまたは活気がない(半目)、あるいは片目に問題がある(片目を閉じたまま)などがわかります。[1]
    • 犬が攻撃的になっている時は、目を細めて相手をじっと見詰めることがあります。[2] また、犬が目を合わせない時は、飼い主に服従しているか、敬意を表している証拠です。
    • 飼い猫の耳が後ろに倒れていたら、何かに不安を感じているのかもしれません。
    • 犬や馬が集中している時は、耳を立てて少し前に向けます。[3]
    • 飼い犬が歯を見せずに口を少し開けていれば、リラックスしているか、体温を下げるためにパンティングをしていますが、意識ははっきりとしています。[4]
  2. 2
    歯を見せる時は注意する 人間とは異なり、大抵のペットや他の動物は、嬉しい時や楽しい時には歯を見せません。ペットや動物が歯を見せるのは、恐怖を感じたり、威嚇をしていたり、怒っている状態で、「気をつけろ、噛むぞ」とでも言うように戦う準備をしている時です。または、真剣に遊んだり取っ組み合いをしたりして、楽しい時でも歯を見せる場合があります。 
  3. 3
    脚や尻尾(あれば)の使い方を観察する 目、耳、表情と同様に、脚や尻尾もペットの感情を知る手掛かりになります。例えば、馬はハエを追い払うために尻尾をゆっくりと振りますが、勢いよく振っている時は、怒りやいら立ちを表している場合があります。馬と同様に、猫も尻尾を強く振って怒りを表すことがあります。[5]
    • 犬の尻尾が体と同じ高さまたは少し下になっていたら、友好的になっている証拠です。[6]
    • 馬が遊びたがっている時は、脚を上げることがあります。ただし、不安を感じている時にも、脚を上げる場合があります。
  4. 4
    ペットの姿勢を観察する 姿勢や体の動きでも、ペットの感情を知ることができます。例えば、犬が突然動きを止めて体を固くしたら、何かに不安を感じているか、攻撃の準備をしている可能性があります。[7] 馬がぎこちない歩き方をしていたら、ストレスを感じている、緊張している、または痛みを感じているのかもしれません。[8]
    • モルモットなどの小動物の場合、気が立っていたり興奮している時は、特に落ち着きがなくそわそわしています。
    • 猫が仰向けに寝ている場合は、2通りの意味の可能性があります。リラックスしている(通常はゴロゴロと喉を鳴らす)か、怒りを感じている(通常は唸り声を伴う)かのどちらかです。[9]
    広告

方法 2 の 3:
ペットの鳴き声を聞く

  1. 1
    馬の鳴き声を聞く 馬は様々な鳴き声を出します。それぞれの鳴き声の違いを理解すると、馬の感情を知ることができます。馬は自分の存在を示すため、または不安を感じた時など、様々な理由でいななきます。[10] いななく以外にも、初めて会った馬に対して鳴き声を上げることがあります。[11]
    • 馬は安心した時やリラックスしている時には、ため息をつく場合があります。[12]
    • 若い馬(仔馬や乳離れしたばかりの仔馬)は、成馬が近くにいる際、危害を加えられないように歯をカタカタ鳴らすことがあります。
  2. 2
    猫の鳴き声に注意を払う 「ニャー」と言うのは猫の一般的な鳴き声ですが、猫は様々な理由でこの鳴き声を発します。例えば、飼い主に挨拶する時、お腹が空いていたり喉が渇いている時、または飼い主がしていることをやめてもらいたい時などです。[13] 猫が唸る、または「シャー」と強い調子で鳴いたら、構わずにそっとしておいた方ががよいでしょう。[14] これは、猫が何かに対して非常に怒っている証拠です。
    • 猫がゴロゴロと喉を鳴らしていたら、通常はリラックスして満足している状態です。ただし、自分を落ち着かせようとしている場合もあります。[15]
    • 何かから抜け出せない時など、窮地の際に猫が遠吠えのような声を出すことがあります。また、認知症のある老猫であれば、混乱している時にこの鳴き声を出す場合があります。[16]
  3. 3
    犬の鳴き声を理解する 一般的な犬の鳴き声として、吠える、唸る、そして遠吠えがあります。犬が攻撃的になったり、縄張りを主張したりする時は、短く大きく、そして高い声で吠えます。[17] ただし、親しみを感じている時や遊びたい時も高い声で吠えることがあり、その場合は「キャンキャン」または「クンクン」という鳴き声を伴います。[18]
    • 犬は、距離を置いて欲しい時に唸ることがあります。また、猫が喉を鳴らすのと同様に、満足している際にも唸る場合があります。全般的なボディーランゲージに注意を払い、犬が何を望んでいるのかを判断しましょう。
    • 寂しい時や隔離不安症がある場合、犬は長い遠吠えをすることがあります。また、いつもより頻繁に遠吠えをしていたら、怪我をしているか、気分が悪いのかもしれません。[19]
  4. 4
    モルモットの鳴き声を区別する モルモットはよく鳴き声を出す動物です。興奮している時や、楽しい事(餌や遊びの時間など)の前には、「キー」や「ヒュー」などの高い鳴き声を発します。このようなモルモットの特徴的な高い鳴き声は、英語では「wheeking」と呼ばれています。[20] モルモットは、満足している(低くリラックスした声)、興奮している(高い声)、または恐怖を感じている(短く不安げな声)時など、様々な状況の際に喉を鳴らします。
    • モルモットが「チュンチュン」と鳴くのは、攻撃的になっていたり、怒っていたりする時です。遊んでいる際にこの鳴き声を聞いたら、モルモットから離れてそっとしてあげましょう。
    広告

方法 3 の 3:
ペットとコミュニケーションを取る

  1. 1
    ペットに話しかける ペットは飼い主の言葉が完全には分からなくても、声の調子やボディーランゲージの意味を理解することはできます。例えば、厳しい口調で話すと、飼い主が自分の悪い行いに不満があることを察します。また、コマンドを出す際に威厳のある口調で命令すると、飼い主の指示に従う必要があることを理解するでしょう。[21]
    • 話しかけて慰めると、ペットの不安や恐怖を和らげることができます。
    • トレーニング中に声を出して褒めるてあげると効果的です。
  2. 2
    ノンバーバル(非言語)コミュニケーションを使う ノンバーバルコミュニケーションは、バーバルコミュニケーションと同様に重要な手段で、しばしば特定の行動を教えるために使われます。例えば、乗馬の際、首を回して方向を変える指示を出す時は、足と手を使います。また、犬に「お座り」を教える際、バーバルとノンバーバルコミュニケーション(ハンドシグナル)の両方を使って「お座り」のコマンドを出します。
    • 無言で立ち上がって猫のそばを離れ、猫が悪い行いをしたことを理解させましょう。[22]
    • ペットが好まないノンバーバルコミュニケーションに注意しましょう。例えば、飼い犬はお腹を撫でられるのを嫌うかもしれません。犬が唸ったり、逃げようとしたら、そっとしておいてあげましょう。
  3. 3
    ペットに罰を与えない ペットを叱りつけたり、体罰を与えたりするのは、決して好ましい行為ではありません。罰を与えることで、ペットは飼い主を怖がるようになったり、飼い主に対する信頼や尊敬を失ってしまうかもしれません。また、猫など、種によっては罰と悪い行いの関連性がわからない動物もいます。
    • ペットが好む困った行動をあまり楽しくないものにしたり、良い行いをより楽しいものにしたりすると、ペットの問題行動を止められるかもしれません。例えば、猫が家具を引っ掻く場合、家具に両面テープを貼ると、猫はその家具への興味を失います。[23] また、爪とぎにキャットニップを振りかけておくと、そこで好んで爪をとぐようになります。
    広告

ポイント

  • ひとつの記事では書ききれないほど、動物はたくさんの方法でコミュニケーションを取ります。書店やペットショップを訪れ、動物のコミュニケーションや行動を深く学べる書籍についてスタッフに尋ねましょう。
  • ペットとのコミュニケーションは双方向でこそ成り立ちます。ペットと飼い主がお互いのボディーランゲージや声の意味を理解する必要があります。
  • ペット(またはどの動物でも)とのコミュニケーションの取り方を理解するのは時間を要します。焦らずにゆっくりと学びましょう。
  • ペットの言動の意味を理解できない場合は、獣医師や動物行動の専門家に尋ねましょう。
  • 犬の「後ろめたい」表情を誤解する飼い主がたくさんいます。飼い犬は、家具を破壊しても罪の意識は感じません。飼い主が大きな声で叱ったり、厳しくしつけたりするのを恐れているだけです。
  • ペットに指示する際は毅然とした態度で接しましょう。ただし、ペットが怖がるため、あまり厳しくするのは禁物です。やさしく話しかけ、ペットが好きな場所を撫でてたっぷりの愛情を注ぐと、ペットもそれに応えて特別な関係性を築くことができます。
  • ペットに罰を与えてはいけません。ペットの健康に留意し、適切な世話を心がけましょう。悪い行いをした時でも体罰は与えずに、直ちに(2、3秒以内)厳しい声で「ダメ!」と言い、二度とその行動をしないようにしつけましょう。その場でしつけをしないと、ペットは飼い主が怒っている理由がわかりません。
  • ハムスターは、何かを要求する時や満足している時に「キーキー」や「チュンチュン」という鳴き声を出します。
  • ペットが良い行いをした時は、たくさん褒めてあげましょう。
広告

注意事項

  • コミュニケーションを取ろうと、野生動物に近づいてはいけません。特にその動物のボディーランゲージや鳴き声の意味を知らない場合は危険です。
  • ペットが「シャー」と強い調子で鳴いたり、唸ったり、噛みついたり、引っかいたりしそうな時は、その場を離れて厳しく「ダメ!」と言いましょう。
広告

関連記事

ソファに付いたペットのおしっこ臭を取るソファに付いたペットのおしっこ臭を取る
猫が妊娠しているか調べる猫が妊娠しているか調べる
鶏の性別を見分ける鶏の性別を見分ける
ベタの性別を見分けるベタの性別を見分ける
野良猫を捕まえる野良猫を捕まえる
犬と猫を仲良く同居させる犬と猫を仲良く同居させる
マイクロチップを使って行方不明のペットを探すマイクロチップを使って行方不明のペットを探す
猫のおしっこの臭いを取る猫のおしっこの臭いを取る
コオロギを捕まえるコオロギを捕まえる
水槽のアンモニア濃度を下げる水槽のアンモニア濃度を下げる
猫の性別を見分ける猫の性別を見分ける
モルモットを楽しませるモルモットを楽しませる
猫を飼えるよう両親を説得する猫を飼えるよう両親を説得する
モルモットの妊娠を見分けるモルモットの妊娠を見分ける
広告

このwikiHow記事について

Pippa Elliott, MRCVS
共著者 ::
獣医
この記事の共著者 : Pippa Elliott, MRCVS. 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。
カテゴリ: ペット・動物
このページは 966 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告