PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、WindowsやMacパソコン、iPhoneやiPadで、動画のサイズ(ファイルサイズも含む)を小さくする方法を紹介します。

方法 1
方法 1 の 5:
Windows(Handbrake)

  1. 1
    ブラウザから「https://handbrake.fr/downloads.php 」にアクセスする Handbrakeは、動画ファイルを再エンコードし、解像度を下げて、ファイルサイズを縮小できる無料プログラムです。
  2. 2
    Download Handbrakeボタンをクリックする
  3. 3
    インストーラをクリックする ダウンロードが完了すると、ブラウザ下部にインストーラが表示されます。ダウンロードフォルダ内で見つけることもできます。
  4. 4
    Windowsから要求があれば、Yesをクリックする
  5. 5
    Nextをクリックして、インストールを続行する
  6. 6
    インストールの最後に、 Finishをクリックする
  7. 7
    デスクトップ画面で、Handbrakeをダブルクリックする
  8. 8
    Sourceボタンをクリックする このボタンは、Handbrake画面の左上にあります。
  9. 9
    Fileをクリックする
  10. 10
    サイズを縮小したいファイルを探す
  11. 11
    ファイルが見つかったら、 Openをクリックする
  12. 12
    「Destination」の Browseボタンをクリックする
  13. 13
    出力ファイルの保存先を設定する
  14. 14
    Pictureタブ内の「Size」を探す
  15. 15
    Widthに現在値よりも小さい値を入力する これにより、動画の解像度が下がり、ファイルサイズも劇的に小さくなります。例えば、この数値を1920から1280に変えると、動画の解像度が1080p から 720pに下がり、ファイルサイズがかなり縮小されます。
    • アスペクト比を維持しつつサイズを変更できる値は、他に1024、1152、1366、1600、1920などです。これらの値は、「ワイドスクリーンビデオ」用の共通値であることに注意しましょう。縦長のモバイル動画など、アスペクト比が異なる動画には、異なる値を入力しなければなりません。
  16. 16
    Videoタブをクリックする
  17. 17
    Constant Qualityスライダーをクリックして左にドラッグする 値を増加させれば、画質が下がるため、ファイルサイズを縮小できます。
    • 20は、DVD画質に相当します。動画を小さな画面で再生する場合は、30に設定すればよいかもしれません。大きな画面で再生する場合は、22~25の範囲内に設定します。
  18. 18
    x264 Presetスライダーをクリックして、右にドラッグする このスライダーで設定を遅くするほど、ファイルサイズは小さくなります。動画ファイルの取扱いに支障が出ない程度に、この設定を遅くしましょう。
  19. 19
    Previewボタンをクリックする このボタンは、画面上部にあります。
  20. 20
    Use system default playerにチェックを入れる
  21. 21
    Playをクリックする
  22. 22
    プレビューを見て、画質を確認する
  23. 23
    必要に応じて設定を調整をして、再度プレビューで確認する
  24. 24
    調整に満足したら、 Startボタンをクリックする エンコーディング処理が開始されます。エンコーディングにかかる時間は、動画ファイルのサイズ、エンコーディング設定、パソコンの処理速度などにより、大きく異なります。
  25. 25
    再エンコードしたファイルを開く 新しい動画ファイルは、出力先に設定したフォルダ内にあります。動画をテスト再生して画質を確認し、エンコーディングが円滑に行われたかを確かめましょう。ファイルサイズが全く違うことに気づくでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 5:
Mac (Handbrake)

  1. 1
    ブラウザから「https://handbrake.fr/downloads.php 」にアクセスする これは、動画ファイルのサイズを変えられる無料のHandbrakeユーティリティのウェブサイトです。[1]
  2. 2
    Download Handbrakeボタンをクリックする Mac用のHandbrakeインストーラーがダウンロードされます。
  3. 3
    ダウンロード完了後に、インストーラーをクリックする これは、デスクトップ画面の右下に表示されます。ダウンロードフォルダ内で見つけることもできます。
  4. 4
    Handbrakeをデスクトップかアプリケーションフォルダにドラッグする
  5. 5
    Handbrakeをダブルクリックする
  6. 6
    Openをクリックする
  7. 7
    変換したい動画を探す Handbrake を起動すると、すぐにファイルブラウザが開きます。
  8. 8
    ファイルを選択して、Openをクリックする
  9. 9
    Destination内に、変換ファイルの新しい名前を入力する 名前を変更しない場合は、元の動画ファイルが上書きされます。
  10. 10
    Picture Settingsをクリックする このボタンは、画面上部にあります。
  11. 11
    「Width」に現在値よりも小さな値を入力する 解像度を下げると、画面に表示される動画のサイズが小さくなり、ファイルサイズも劇的に縮小します。動画をモバイル端末で見るならば、おそらく解像度が変わったことに気づかないため、サイズを縮小した動画を見るには適した手段となるでしょう。[2]
    • 「Width」が1920ならば、1280に変更してみましょう。これにより、動画の解像度を1080pから720pへと下げることができます。ワイドスクリーンビデオの「Width」として他に取り得る値は、1024、1152、1366、1600、1920などです。
    • 「Keep Aspect Ratio」にチェックが入っていることを確認しましょう。これがチェックされていれば、入力した「Width」に応じて、自動的に「Height」が変更されて、動画のアスペクト比を維持できます。
  12. 12
    Xボタンをクリックする  「Picture Settings」画面が閉じて、新しい設定が保持されます。
    • 動画の解像度を変更すると、必ずしもファイルサイズが小さくなるとは限りませんが、とても役に立つ可能性があります。
  13. 13
    Constant Qualityスライダーをクリックして左にドラッグする 数値が高いほど画質が低下して、ファイルサイズが小さくなります。何度か設定の調整を繰り返して、自分に最適な設定を見つける必要があるかもしれません。[3]
    • 20は、DVD画質に相当します。恐らく30くらいまで画質を低下させても、小さい画面であれば問題なく見ることができるでしょう。
    • 大画面で動画を見る予定ならば、スライダーの値が22~25の範囲を超えないように設定しましょう。
  14. 14
    Encoder Options Presetスライダーをクリックして、「Slow」方向にドラッグする 可能であれば、「Slow」以上に遅いオプションを選択しましょう。圧縮設定を遅くするほど、最終的なファイルサイズは小さくなります。
  15. 15
    Preview Windowボタンをクリックする
  16. 16
    Live Previewをクリックする
  17. 17
    エンコード完了後に、動画のプレビューを見る
  18. 18
    必要に応じて設定を調整する プレビューで確認した画質に応じて、満足できる設定に再調整しましょう。
  19. 19
    Startボタンをクリックする  選択した設定で、動画のエンコーディングが開始されます。エンコーディングにかかる時間は、動画の長さや選択した画質設定によって大きく異なります。
    広告

方法 3
方法 3 の 5:
Mac(iMovie)

  1. 1
    iMovieを開く iMovieは、Mac OSに同梱されている動画編集ソフトです。アプリケーションフォルダ内にあります。
  2. 2
    「プロジェクト」ボタンをクリックする
  3. 3
    「+」ボタンをクリックする
  4. 4
    「ムービー」をクリックする
  5. 5
    「テーマなし」をクリックする
  6. 6
    新しいファイル名を入力する
  7. 7
    動画が入っているフォルダを開く
  8. 8
    iMovie画面の左上のフレームに動画をドラッグする
  9. 9
    左上のフレームから、その下にあるタイムラインに、動画ファイルをドラッグする
  10. 10
    「ファイル」をクリックする
  11. 11
    「共有」→「ファイル」の順でクリックする
  12. 12
    「解像度」をクリックして、低解像度を選択する 低解像度を選択すると、動画フレームのサイズが縮小して、ファイルサイズも小さくなります。動画を小さい画面で見るのであれば、解像度を下げても気づきません。
  13. 13
    「品質」をクリックして、低品質を選択する 画質が低下して、ファイルサイズが小さくなります。
  14. 14
    「圧縮」をクリックして、小さなファイルサイズを選択する
  15. 15
    「次へ…」をクリックする
  16. 16
    ファイル名を入力する
  17. 17
    「保存」をクリックする
  18. 18
    動画の変換が完了するのを待つ 動画のサイズが大きい場合は、しばらく時間がかかるかもしれません。
    広告

方法 4
方法 4 の 5:
Android

  1. 1
    Android端末でPlayストアを開く Playストアは、アプリ一覧かホーム画面にあります。このアプリのアイコンは、Google Playのロゴが入った、買い物袋のような形をしています。
  2. 2
    検索バーをタップする
  3. 3
    ビデオ圧縮 と入力する
  4. 4
    検索結果の中から、ビデオ圧縮をタップする
  5. 5
    インストールをタップする
  6. 6
    開くをタップする  アプリをダウンロードして、インストールが完了すると、このボタンが表示されます。
  7. 7
    同意するをタップする これにより、アプリに動画ファイルへのアクセスを許可します。
  8. 8
    動画ファイルのあるフォルダをタップする 一般的に動画は、「カメラ」フォルダに入っています。
  9. 9
    縮小したい動画をタップする
  10. 10
    Compress Videoをタップする
  11. 11
    圧縮後のファイルサイズを選択する 各オプションには、圧縮後の解像度とファイルサイズが表示されています。希望するオプションを選択しましょう。
  12. 12
    動画の圧縮が完了するのを待つ
  13. 13
    新しい動画を探す 圧縮された動画は、端末ストレージ内の「Super Video Compressor」フォルダ内にあります。新しいファイル名前は、元のファイル名の前に「video compress」がついたものです。
    広告

方法 5
方法 5 の 5:
iPhoneとiPad

  1. 1
    App Storeを開く
  2. 2
    検索 タブをタップする
  3. 3
    検索フィールドに compress video と入力する
  4. 4
    「Video Compressor」横の 入手をタップする
  5. 5
    インストールをタップする
  6. 6
    開くをタップする  ホーム画面で、この圧縮アプリをタップすることもできます。
  7. 7
    OKをタップして、動画へのアクセスを許可する
  8. 8
    圧縮したい動画をタップする
  9. 9
    Chooseをタップする
  10. 10
    Target Sizeスライダーをタップしてドラッグする  既定値では、Target Sizeは、元のファイルサイズの50%に設定されています。スライダーをドラッグしながら、圧縮後の推定サイズを確認しましょう。
  11. 11
    Saveをタップする
  12. 12
    動画の圧縮が完了するのを待つ 画面上部に進捗状況が表示されます。
  13. 13
    圧縮された新しい動画を探す 圧縮された動画は、「カメラロール」内の「最後に追加した項目」にあります。
    広告

関連記事

画像をJPEGに変換する画像をJPEGに変換する
Dellパソコンでスクリーンショットを撮るDellパソコンでスクリーンショットを撮る
Cheat Engineを使用するCheat Engineを使用する
Spotifyの再生時間を確認するSpotifyの再生時間を確認する
Excel でアルファベットの小文字を大文字に一括変換する
JPGをPDFに変換する
ペイントで背景を透明にするペイントで背景を透明にする
7 Zipでファイルを高圧縮する7 Zipでファイルを高圧縮する
OutlookからログアウトするOutlookからログアウトする
Adobe Illustratorでハイパーリンクを挿入するAdobe Illustratorでハイパーリンクを挿入する
WinZipを使わずにZIPファイルを開くWinZipを使わずにZIPファイルを開く
コマンドプロンプトでプログラムを実行するコマンドプロンプトでプログラムを実行する
画像ファイル(JPEG)のサイズ変更画像ファイル(JPEG)のサイズ変更
DWGファイルを開くDWGファイルを開く
広告

このwikiHow記事について

Travis Page
共著者 ::
ブランド・製品スペシャリスト
この記事の共著者 : Travis Page. トラヴィス・ペイジは「Cinebody」にて制作責任者を務めています。コロラド大学デンバー校にて金融学の学士号を取得。ユーザー志向の動画コンテンツソフトウェア「Cinebody」は、本格的なビデオ動画を即時に制作し、インターネットを通じて世界中の人達に向けて発信するためのアプリケーションです。 この記事は14,885回アクセスされました。
このページは 14,885 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告