この記事では、動画ファイルを高画質(HD)の形式に変換して動画ファイルの画質を上げる方法や、iPhone、iPad、Androidのカメラ設定を変更して見栄えの良い動画をできるだけ高画質で撮影する方法についても紹介します。

方法 1 の 4:
WindowsやmacOSでHandbrakeを使う

  1. 1
    パソコンで「HandBrake」を起動する 「HandBrake」は、低画質の動画クリップの画質を簡単に上げることができる無料の動画編集ソフトです。「HandBrake」をまだインストールしていない場合は、以下の手順でインストールしましょう。
    • ブラウザからhttps://handbrake.fr/downloads.php(英語のみ)にアクセスします。
    • 該当するOSのDownload(ダウンロード)リンクをクリックします。
    • ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
    • Macを使っている場合は、「HandBrake」アイコンを「アプリケーション」フォルダにドラッグします。Windowsの場合は、画面の指示に従って「HandBrake」のインストールを完了しましょう。
  2. 2
    ソースをクリックする 画面の左上の領域にあります。
  3. 3
    動画ファイルをインポートする 動画ファイルを「ここにファイル・フォルダをドラッグ」という欄にドラッグするか、ファイルをクリックしてファイルを選択します。[1]
  4. 4
    「プリセット」メニューから高画質のプリセットを選択する このメニューは画面上部や、Macを使っている場合はメニューバーにも表示されます。「プリセット」とは、特定の種類の画面で最適に表示されるように動画の画質を調整できる設定のことです。
    • 例えば、動画を1080pのフルHDに上げたい場合は、「HQ 1080p30」というプリセットの中から1つを選択しましょう。
    • 画質が高いほど動画ファイルのサイズも大きくなります。本当に必要な場合を除いて、超高画質は選択しないようにしましょう。[2]
    • 画質を微調整するには、動画タブをクリックして、「品質の基準」というスライダーを右(画質を上げる)または左(画質を下げる)に動かします。
  5. 5
    プレビューをクリックする ウィンドウの上部にあるボタンのことで、クリックすると画質調整の簡単なプレビューが表示されます。
  6. 6
    その他の編集オプションについては、フィルタータブをクリックする 画質を上げるだけでなく、「Sharpen(シャープ)や「インターレース解除」などのツールを使って、元の動画を補完することもできます。変更を加えたら、もう一度プレビューをクリックして、どのように表示されるかを確認しましょう。
  7. 7
    保存先を指定する 画面の一番下にある「保存されるファイル」というテキストボックスには、デフォルトの保存先が入力されているので、そのままにしておくか、参照をクリックして別のフォルダを選択します。いずれにしても、変換した動画を後で見つけられるよう、この保存先は必ず覚えておきましょう。
  8. 8
    変換開始をクリックする 画面上部のツールバーにあるボタンのことで、クリックすると動画がその新しい高画質の形式に変換され、完成したファイルは前のステップで指定(メモ)したフォルダに保存されます。[3]
    広告

方法 2 の 4:
iPhoneやiPadを使う

  1. 1
    HDまたは4Kで撮影する iPhoneやiPadで新しい動画を撮影する前に、カメラ設定で動画の画質をより高画質に変更しましょう。これが、高画質の動画を最初から撮影できる一番の方法です。設定を変更するには、以下の操作を行います。[4]
    • 設定を開きます。
    • 下にスクロールして、カメラをタップします。
    • ビデオ撮影をタップします。
    • より高画質を選択します。例えば、フルHD動画を撮影したい場合は、4Kオプションを選択しましょう。
  2. 2
    「iMovie」を起動して、動画クリップの画質を変更する 希望の画質よりも低い画質で撮影された動画クリップがすでにある場合は、「iMovie」で画質を変更しましょう。「iMovie」は白い星が付いた紫色のアイコンで、通常、ホーム画面に配置されています。
    • 「iMovie」がインストールされていない場合は、「App Store」から無料でインストールしましょう。
  3. 3
    +をタップして、新規プロジェクトを作成する
  4. 4
    ムービーをタップする 最初のオプションのことで、タップするとスマートフォンやタブレットにある動画ファイルの一覧が表示されます。
  5. 5
    動画を選択して、ムービーを作成をタップする 画面の一番下にあるボタンのことで、タップすると編集用の動画が開きます。
  6. 6
    完了をタップする 画面の左上にあります。
  7. 7
    「共有」
    Iphoneshare.pngというタイトルの画像
    をタップする 
    画面の中央下部にある上向き矢印が付いた正方形のことです。[5]
  8. 8
    動画を保存をタップする メニューの一番下にあるオプションのことで、タップすると画質サイズがいくつか表示されます。
  9. 9
    任意の画質を選択する 画質の上がった動画が「写真」アプリに保存されます。
    広告

方法 3 の 4:
Androidを使う

  1. 1
    HDまたは4Kで撮影する 動画を撮影する前に、カメラ設定をチェックして、できるだけ高画質の形式で撮影していることを確認しなければなりません。この手順は端末によって異なりますが(すべての端末が同じ画質に対応しているわけではありません)、通常は以下の手順でカメラ設定を確認することができます。[6]
    • ホーム画面またはアプリ一覧画面(アプリドロワー)にある「カメラ」アプリを起動します。
    • 設定(歯車アイコン)をタップします。どちらも表示されない場合は、メニューのようなアイコンをタップしてから設定を選択しましょう。
    • フロントカメラまたはバックカメラを選択します。
    • より高画質を選択します。例えば、フルHD動画を撮影したい場合は、4Kオプションを選択しましょう。
  2. 2
    動画ファイルをHDに変換する動画変換アプリをインストールする 動画変換アプリは「Google Playストア」から無料でインストールできるものが多くありますが、たいてい1080p(フルHD)などの高画質の形式に変換するのに別料金がかかります。また、評価の高い無料の動画変換アプリにKeerby社開発の「Video Format Factory」がありますが、HDまたはフルHDに変換したい場合は、4.49ドル(約460円)を支払ってアップグレードしなければなりません。
    • 低画質のファイルを720p(通常のHD)に変換するだけでよい場合は、完全無料のオープンソースアプリに「Video Transcoder」があります。「Video Transcoder」は、こちらのリンクからインストール可能です。[7]
  3. 3
    動画変換アプリで動画を開く 例えば、「Video Format Factory」をインストールした場合は、アプリを起動し、左上にある+ Add(+追加)をタップして、変換したい動画を選択しましょう。
  4. 4
    任意の解像度を選択する どのアプリを使っていても、変換したい出力サイズは選択しなければなりません。例えば、画質を1080pに上げるには、通常、1080pまたは1920 x 1080 を選択します。
    • 高画質変換が有料のアプリを使っている場合は、画面の指示に従って支払い手続きを行いましょう。
    • 画質が高いほどファイルサイズは大きくなります。
  5. 5
    ファイルを変換するオプションを選択する チェックマークまたは変換という文字になっているかもしれません。ファイルが変換されると、その画質は更新されます。
    広告

方法 4 の 4:
動画変換ソフトで画質を上げる

  1. 1
    シャープフィルターを動画に適用する 通常、フィルター(エフェクト)メニューにはシャープフィルターがあり、このシャープフィルターで映像の輪郭を認識して引き締めると映像がより鮮明になります。鮮明度を調整するオプションがある場合は、その鮮明度を上げて画質を上げましょう。
  2. 2
    ぼかし・ソフト・平滑化フィルターを適用する これらのエフェクトも動画編集ソフトのフィルター(エフェクト)メニューにあり、アナログ動画ファイルのざらつきや色ノイズなどの不要なアーティファクトを除去するのに効果的です。これらのフィルターを試してみて、どのフィルターが最も高画質になるかを判断しましょう。おそらく少し適用するだけで済みます。
  3. 3
    色補正フィルターを使って色を調整する 明るさ、コントラスト、レベル補正、色相、彩度フィルターなどの色補正フィルターで、動画ファイルの光影やカラーバランスを補正することができます。動画編集ソフトは、フィルター(エフェクト)メニューにこれら、もしくは同様の機能があるものがほとんどです。それぞれ個別に適用して、どのフィルターの組み合わせが最も高画質になるかを判断しましょう。
  4. 4
    ノイズ低減・除去を使って動画の画質を上げる ノイズ除去とは、点や線、退色などの不要なアーティファクトなどのアナログ「ノイズ」を低減または除去できる処理のことです。通常、映像ノイズ除去フィルターは動画編集ソフトのフィルター(エフェクト)メニューにあります。
  5. 5
    手ぶれ補正効果を使って動画のぶれを抑える この機能は、動きながら撮影した動画のぶれを抑えるためのものです。全体的なぶれは、フレーム全体を動かして動画のぶれを補正することで補正されます。
    • 動画編集ソフトに手ぶれ補正ツールがない場合は、https://video-stabilize.com/(英語のみ)からオンラインで無料で動画のぶれを抑えることができます。
  6. 6
    インターレース解除オプションを使う インターレースとは、画像を1本おきにスキャンして1フレームごとに交互に表示する処理のことです。一方、1フレームごとに1本ずつ表示するプログレッシブスキャンでは、画像がより高画質になります。なお、どの動画形式に適しているのかは、インターレース解除オプションによって様々です。インターレース解除オプションは、フィルター(エフェクト)メニューにある場合もあれば、動画をレンダリング(エクスポート)するときに選択するオプションの場合もあります。
  7. 7
    後処理フィルターを使って補間を自動的に調整する 動画編集ソフトは、通常、フィルター(エフェクト)メニューやその周辺に後処理ツールがあるものがほとんどです。動画の画質を上げるには、この後処理ツールを探して選択しましょう。
  8. 8
    H.264コーデックを使って動画をMP4形式でレンダリングする 動画の編集が完了したら、その動画をレンダリングしましょう。通常、「ファイル」メニューには動画をレンダリング(エクスポート)するオプションがあります。動画をレンダリング(エクスポート)するときに、ファイル形式の選択を求められますが、最も一般的なファイル形式はH.264コーデックを使ったMP4形式です。
    広告

関連記事

How to

DATファイルを開く

How to

JPEG画像の画質を上げる

How to

DWGファイルを開く

How to

大きいサイズのファイルを圧縮する

How to

dllファイルを編集する

How to

SWFファイルを開く

How to

GmailにGIF動画を挿入する

How to

PDFファイルを編集する

How to

JPG画像をベクター画像に変換する

How to

Gmailで別のフォルダにメールを移動する

How to

Spotify Premiumを無料で使う

How to

Zipファイルの作成

How to

Gmailで連絡先を追加する

How to

CDAをMP3に変換する
広告

このwikiHow記事について

Nicole Levine, MFA
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Nicole Levine, MFA. ニコール・レヴィンはwikiHowに勤務するテクノロジーライター兼編集者です。技術文章の作成に関し20年以上の経験があり、現在まで大手のウェブホスティング会社やソフトウェア開発会社のチームリーダーを務めてきました。ポートランド州立大学にてクリエイティブライティングの修士号を取得し、様々な教育施設にて作文、小説創作、Zine(個人制作の冊子)の作り方について講義を行っています。
カテゴリ: マルチメディア
このページは 226 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告