動画を編集する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:Windowsの場合Macの場合サードパーティ製のソフトウェアを使用する6 出典

このwikiHowでは、短めの動画を編集することで見栄えを良くする方法をご紹介します。動画の編集は、WindowsとMac、どちらのパソコンでも無料で行うことができます。または、より専門的なソフトウェアを試してみてもよいでしょう。

1
Windowsの場合

  1. 1
    動画をパソコンに転送する 動画がスマートフォン上にある場合、動画を編集する前に、パソコンに転送する必要があります。
    • 動画をビデオカメラで撮影した場合は、USBケーブルを使ってビデオカメラをパソコンに接続するか、カメラのSDカードをパソコンに挿入しなくてはなりません。その後、ファイルエクスプローラーでカメラまたはSDカードを選択して、DCIMフォルダを開き、動画ファイルをパソコンに移します。
  2. 2
    編集したい動画を見つける 編集したい動画があるフォルダまたはパソコン内の場所に移動しましょう。
  3. 3
    動画を右クリックする 動画を右クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
    • マウスに右クリックボタンが付いていない場合は、マウスの右側をクリックするか、2本指を使って、マウスをクリックします。
    • マウスではなくタッチパッド(トラックパッド)を使用している場合は、2本指を使ってタッチパッドをタップするか、タッチパッドの右下を押しましょう。
  4. 4
    ドロップダウンメニューの中にある プログラムから開く を選択する プログラムから開く を選択すると、ポップアウトメニューが表示されます。
  5. 5
    ポップアウトメニューの中にある フォト をクリックする フォト をクリックすると、フォトアプリで動画が開きます。
  6. 6
    ウィンドウの右上にある 編集と作成 をクリックする 編集と作成 をクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  7. 7
    ドロップダウンメニューの中にある テキスト入りビデオの作成 をクリックする
  8. 8
    プロジェクトの名前を付ける プロジェクト名を入力する画面が表示されたら、名前を入力して「OK」をクリックしましょう。
  9. 9
    動画を編集エリアにドラッグする ウィンドウの左上にある動画をクリックして、ウィンドウの下部にある「ストーリーボード」の枠にドラッグしましょう。
  10. 10
    動画を編集する 「ストーリーボード」の枠内に、さまざまな編集オプションがタブとして表示されます。任意のオプションを選び、動画を編集しましょう。オプションには次のようなものがあります。
    • トリミング:「トリミング」をクリックし、ウィンドウの下部にある色の付いたスライダーを移動させて、残しておきたい動画の範囲をスライダーで囲みましょう。スライダーで囲まれた範囲より外の動画がカットされます。「完了」をクリックして、編集内容を保存しましょう。
    • サイズ変更:「サイズ変更」をクリックして、メニューの中から「黒いバーの削除」または「縮小して全体を表示」をクリックしましょう。
    • フィルター:「フィルター」をクリックして、ウィンドウの右側でフィルターを選択し、「完了」をクリックしましょう。
    • タイトル:「テキスト」をクリックして、タイトルを入力し、タイトルテキストの下にあるフォーマットのオプションを選択します。「完了」をクリックして、編集内容を保存し、動画に適用しましょう。
    • モーション:「モーション」をクリックして、ページの右側でモーションのオプションを選択し、「完了」をクリックしましょう。
  11. 11
    テーマを選択する ウィンドウの上部にある「テーマ」をクリックして、テーマを選択し、「完了」をクリックしましょう。テーマを設定すると、音楽とテキストのスタイルが動画全体に適用されます。
    • テーマを使用しない場合は、この手順をスキップします。
  12. 12
    音楽を追加または削除する Windows 10にあらかじめ用意されている曲を使用するか、自分の好きな音楽を使用することができます。
    • 音楽」をクリックします。
    • あらかじめ用意されている曲を選択するか、「音楽」タブをクリックしてから、「音楽ファイルの選択」をクリックし、使用したい曲を保存している場所に移動して曲のファイルを選択しましょう。
    • 完了」をクリックします。
  13. 13
    動画を保存する 動画の編集が完了したら、次の操作を行って動画を保存しましょう。
    • エクスポートと共有」をクリックします。
    • ファイルのサイズを選択します。
    • 完了したら、「エクスプローラーで表示」をクリックしましょう。

2
Macの場合

  1. 1
    動画をパソコンに転送する 動画がスマートフォン上にある場合、動画を編集する前に、パソコンに転送する必要があります。
    • 動画をビデオカメラで撮影した場合は、USBケーブルを使ってビデオカメラをパソコンに接続するか、カメラのSDカードをパソコンに挿入しなくてはなりません。その後、FinderでカメラまたはSDカードを選択して、DCIMフォルダを開き、動画ファイルをパソコンに移します。
  2. 2
    編集したい動画を見つける 編集したい動画があるフォルダや場所に移動しましょう。
  3. 3
    動画を選択する 編集したい動画を1回クリックしましょう。
  4. 4
    画面の左上にある ファイル をクリックする ファイル をクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  5. 5
    「ファイル」ドロップダウンメニューの中にある このアプリケーションで開く をクリックする このアプリケーションで開く をクリックすると、ポップアウトメニューが表示されます。
  6. 6
    ポップアウトメニューの中の iMovie をクリックする iMovie をクリックすると、iMovieで動画が開きます。
  7. 7
    動画を編集エリアに移す ウィンドウの左上にある動画をクリックして、ウィンドウの下部にある編集ツールバーの中にドラッグしましょう。
  8. 8
    必要に応じて音楽を追加する 音楽は、どのような動画にでも良い印象を与えます。以下のように、iTunesのライブラリにある曲を直接追加することができます。
    • iMovieの上部にある「オーディオ」をクリックします。
    • 使用したい曲を探します。
    • 動画の下にある編集エリアに曲をドラッグしましょう。
  9. 9
    テキストを追加する タイトルや字幕などのテキストを動画に追加することができます。テキストを追加する方法は次のとおりです。
    • タイトル」タブをクリックします。
    • 使用したいタイトルのフォーマットを決めます。
    • タイトルを動画の上にある編集エリアにドラッグします。
    • 「タイトルを入力」というテキストボックス内のテキストを変更します。
    • タイトルバーの左右の端をドラッグして、テキストの表示時間を延長または短縮しましょう。
  10. 10
    動画の一部を削除する 動画の一部をカットしたい場合は、以下の操作を行います。
    • カットしたい部分の開始位置をクリックします。
    • Command+B を押します。
    • カットしたい部分の終了位置をクリックして、再び Command+B を押します。
    • カットしたい部分を右クリック(または、Control-クリック)して、ドロップダウンメニューの中にある「削除」をクリックしましょう。
  11. 11
    動画の長さを調整する 動画の開始位置や終了位置を変更するには、以下の操作を行います。
    • 動画をクリックして選択します。
    • 動画の左端または右端をクリックして、動画の中央に向かってドラッグします。
    • 動画が希望する長さになったところでドラッグを止めます。
  12. 12
    動画を保存する iMovieのプロジェクトを、再生可能な動画ファイルとして保存するには、iMovieの右上にある「共有」 アイコンをクリックして、以下の操作を行います。
    • ポップアップウィンドウ上の設定(「解像度」など)が正しいことを確認します。
    • 次へ...」をクリックします。
    • 「名前」テキストボックスに名前を入力します。
    • 「場所」ドロップダウンボックスで動画を保存する場所を選択します。
    • 保存」をクリックします。

3
サードパーティ製のソフトウェアを使用する

  1. 1
    高品質のプロ向けノンリニア編集システムを使用する ノンリニア編集(NLE)とは、ビデオテープを手で編集せずに、デジタルデータをパソコンで編集するという現在主流になっている編集方式のことです。そのため、ノンリニア編集という言葉で、堅牢な機能と操作性を備えた高品質のビデオ編集ソフトウェアを意味するようになりました。広く知られているソフトウェアには、以下のようなものがあります。
    • DaVinci Resolve(ダビンチ・リゾルブ):新しい、無料でオープンソースの動画編集プログラムです。仕様が変わり続ける可能性がありますが、試す価値のある価格です。
    • Adobe Premiere(アドビ・プレミア):定番ソフトのひとつで、MacとWindowsで動作します。Photoshopなど他のAdobe製品を使用していれば、直感的に操作でき、Premiereに慣れるのは簡単かもしれません。
    • Final Cut Pro X(ファイナルカット・プロ・テン):Final Cutのこの特定のバージョンは、長い間、業界標準ソフトと考えられてきましたが、アップデートを重ねるにつれて評判が落ちてきています。Macユーザーには、非常に人気のあるソフトです。
    • Avid(アビッド):プロの映像編集者の標準ソフトであるAvidは、競合ソフトが持つ機能をすべて備えており、大規模なチームでプロジェクトに取り組めるようにインターフェースが設計されています。[1]
  2. 2
    動画の要点を考える 動画を作成する理由を理解することで、どの部分を残し、どの部分を削除する必要があるか判断しやすくなります。
    • また、現時点での動画の長所と短所をよく考えてみるのもよいでしょう。長所は強調し、短所は隠すか躊躇なく削除すべきです。
  3. 3
    動画をトリミングして、品質を落とすことなく可能な限り短くする 物語に何の意味ももたらさないショットや間、映像は捨てましょう。優れた動画は、一つ一つのフレームが意図的なものでなくてはなりません。
    • 連続した映像だけを使用している場合でも、テキストや音楽をうまく配置することで、ミスや間延びした部分を隠すことができます。[2]
  4. 4
    映像と映像の切り替わりを可能な限りスムーズにする 派手で品が無いトランジション効果を使うのが、編集が下手な人の特徴です。映像間を切り替える時は、派手なフラッシュ効果を使わず、シンプルなフェードやディゾルブ、カットイン(トランジション効果なし)を使うようにしましょう。小洒落た効果を使いたければ、動画の冒頭と末尾の映像が始まる時と消える時に使いましょう。[3]
    • 斬新すぎるカットやトランジション効果は、使用しないようにしましょう。動画自体ではなく、トランジション効果に視聴者の目がいってしまいます。
  5. 5
    特にタイトルを表示する時など、三分割法を忘れないようにする 三分割法とは、写真の技法に由来するもので、映像や写真の構図を決定する際に用いられます。2本の水平線と2本の垂直線で画面を分割すると仮定します。すると、画像上に9個の正方形が現れます。三分割法では、単純にこの線上に被写体を配置すると良い構図が得られるとされています。タイトルを表示する時や被写体の位置を調整する時は、この想像上のガイドラインを使ってテキストや地平線、特殊効果を整列させてみましょう。[4]
    • スマートフォンのカメラなど、一部のビデオカメラには、ディスプレイ上に3×3の格子状の線が表示される「グリッド」オプションが付いています。
  6. 6
    色、音声、音楽のバランスをとる 優れた編集者が目指していることは、存在感を消すことです。これは、短い動画であれば、なおさらです。お使いのソフトウェアの「カラーバランス」効果(どのソフトウェアにもあります)など、基本的な色調補正を使用して、映像をスムーズかつ魅力的に仕上げましょう。また、カメラの音声が聞こえるように、音楽のボリュームを下げます。カメラの音声と音楽を同時に流して、音が大きすぎないことを確認しましょう。
    • 視聴者には、大きすぎる音楽ではなく、内容に注目してもらいたいということを忘れないようにしましょう。
    • 映像と同じように、音声も自然に聞こえるようにフェードイン、フェードアウトさせる必要があります。[5]
  7. 7
    次に撮影を行うときは、編集のことを念頭に置いて撮影に臨む 単純に1テイクの映像を撮影するだけであれば、心配する必要はありません。しかし、複数のショットを撮影する場合は、後で映像を編集することがわかっているので、入念に準備を行って撮影しなくてはなりません。考慮すべき点は、次のとおりです。
    • カットの前後5秒間は、必ずカメラを回しておきましょう。これにより、他のカットと繋げるために必要不可欠な編集用の映像が得られます。
    • 「保険」となるショットや自分の周りのセッティングを撮影しておきましょう。このショットを繋げて、撮り損ねた部分を隠すことができます。
    • 音声に関して手を抜かないようにしましょう。カメラのマイクではなく、専用のマイクを使い、映像とは分けて音声のマスタリングを行うことを検討しましょう。[6]

ポイント

  • 編集を学ぶのは簡単ですが、マスターするのは難しいものです。編集の腕を上げるためには、シンプルな動画の編集から始めて、長めのプロジェクトや映像の編集に挑戦するようにしましょう。
  • オリジナルの動画ファイルを編集するよりも、オリジナルファイルのコピーをとって、編集した方がよいでしょう。そうしておくと、編集済みのバージョンを失った場合でもバックアップが手元に残ります。

注意事項

  • 動画の編集は、スマートフォンでも技術的に可能ではありますが、編集オプションはかなり制限される傾向にあります。より良い作品を作成したければ、パソコンを使用しましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: パソコン・電子機器

他言語版:

English: Edit a Video Clip, Español: editar un clip de video, Русский: редактировать видеоклип, Português: Editar um Vídeo, Italiano: Montare un Videoclip, Deutsch: Einen Videoclip bearbeiten, Bahasa Indonesia: Menyunting Klip Video, Tiếng Việt: Biên tập video, Français: éditer un clip vidéo, العربية: تحرير مقطع فيديو, Nederlands: Videoclips bewerken, ไทย: ตัดต่อวิดีโอ, हिन्दी: वीडियो क्लिप एडिट करें (Edit a Video Clip)

このページは 314 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?