包皮環状切除を受ける方法

3 パート:包皮環状切除術について理解する包皮環状切除術からの回復自分の子どもに包皮環状切除術を受けさせる

包皮環状切除術とは、陰茎の包皮を切除することをいいます。健康や衛生のため、宗教的儀式のために行われることが多いようです。包皮環状切除術を受けることに興味を持っているなら、その利点とリスクや回復計画について読んでいきましょう。

パート 1
包皮環状切除術について理解する

  1. 1
    包皮環状切除術とは何か知りましょう。包皮環状切除術とは、医師が比較的短く単純な外科的処置を行い、陰茎の包皮を永久に除去するものです。回復期間の後、陰茎は元に戻りますが、伸縮する包皮は除去されたままです。
    • 一般的に包皮環状切除術は乳幼児に対して行われますが、医学、衛生面、宗教、美容などのために成人が同意のもとで手術を受けることもあります。
    • 包皮環状切除術は感染が進むことを防ぐため、分泌閉止などの尿流の問題がある場合や、陰茎のカンジダ症をくり返し患う場合にも推奨されます。
    • 包皮環状切除術は、性行為感染症の予防にはなりません。
    • 包皮環状切除術を受ける場合は、免許のある医師または良好な記録と経験を持つモーヘールと呼ばれるユダヤ教の割礼専門家から受けるべきです。小さなミスでも危険が伴う可能性があるため、どのような事情があっても自分で包皮環状切除術をしてはいけません。
  2. 2
    外科手術について学びましょう。包皮環状切除術を受ける決断をしたら、医師と外科手術について話し診察を受けましょう。一般的には、回復の速さから子どもの頃に包皮環状切除術を受けることが推奨されていますが、成人でも受けることができます。外科手術には、以下のように行われます。
    • 手術のために性器を清潔にしてから、脊椎神経ブロックによる麻酔をします。[1]
    • はさみで陰茎の包皮上部に切り込みを入れた後、下部にも切り込みを入れ、亀頭下の隆起部分のふち周りを切ります。
    • 包皮のふちを引き寄せたら、血管は縫うか、電流によって血管の先を焼灼するジアテルミー療法で止めます。
    • 最後に、回復期間を早めるためにきつく包帯を巻きます。成人の場合は、包皮のふちは縫いとめられるでしょう。[2]
  3. 3
    利点について理解しましょう。成人の多くは、包皮の締め付けによる痛みの予防、感染治療、刺激の除去などを理由に包皮環状切除術を受けるようです。衛生面の理由や宗教的信条のために行う人もいます。また、包皮環状切除術を受けていない陰茎は性的魅力に欠けると考え、手術を受ける人もいます。
    • 包皮環状切除術と性感染症になる確率には関係がありません。常に安全な性行為をして、必ずコンドームを使いましょう。
    • あまり一般的ではありませんが、包茎を治す目的や、包皮輪狭窄症、亀頭炎や、包皮輪狭窄を含む嵌頓包茎による急性炎症などのために、包皮環状切除術を受けるケースもあります。[3]
  4. 4
    リスクについて理解しましょう。原則として包皮環状切除術とは、故意に性器を切除し、陰茎の最も敏感な先端部分を取り除くものです。他の待期的手術と同様に、合併症がある可能性もあります。乳幼児に行われることの多い包皮環状切除術は、成人が受けると著しく不快な回復期間を要します。
    • 成人にとって、包皮環状切除術は個人の医療的選択です。何を選ぶにしても、利点とリスクを秤にかけてから、自分にふさわしい決断をしましょう。
  5. 5
    住んでいる地域の病院やクリニックを調べましょう。プライベートな診察を希望する場合は、地元の内科医に助言を求めましょう。病院に連絡をして泌尿器科専門医と話し、見込まれる利点とリスクや、回復にかかる期間についてセカンドオピニオンを求めましょう。
    • 十代または成人が受ける典型的な包皮環状切除術は、麻酔を伴う手術で、2週間ほどで回復します。
    • 医学的な理由が無い限り包皮環状切除術を行わない病院もあります。包皮環状切除術を受けることを決意したなら、実現するまでにいくつもの病院を見て回ることになる可能性があることを心に留めておきましょう。
  6. 6
    外科手術のための準備をしましょう。最大でも2週間程度かかる回復のための時間を確保しておきましょう。宗教上の理由で包皮環状切除術を行う場合は、外科手術を控えた時間に、関連する儀式を遂行できるように調整しましょう。自分の宗教のコミュニティで相談し、助言や指導を受けましょう。

パート 2
包皮環状切除術からの回復

  1. 1
    清潔で、乾燥した状態に保ちましょう。初めの数日は、入浴やシャワーの際には性器を防水できるものでカバーし、手洗い場を使うときは十分清潔に保つようにしましょう。傷口を素早く治癒させるためには、乾燥させる必要があります。
    • 担当医がより詳細な指示と局所に使う薬を出してくれますが、総じて、できる限り清潔にしておくことが大切です。
    • 陰茎を乾燥させるために、外科手術の後数日間はカテーテル処置をされるかもしれません。治り始めた頃、医師がカテーテルを除去するでしょう。
  2. 2
    ゆったりとした綿の下着を身に付けましょう。その部位を十分清潔に保つために、1日に何度も下着を替えましょう。また、空気が常に出入りできるようなゆったりとした服を着用しましょう。タイトジーンズは避け、綿の半ズボンや他のゆるいものをはきましょう。
    • 服やガーゼがくっつくことを防ぐために、外科用のワセリンを使うこともできます。
  3. 3
    指示の通りに薬を使いましょう。痛み止めのクリームや局所に塗る軟膏が、医師からおそらく処方されるので、指示に従って定期的に使いましょう。また、こすれないようにワセリンを併せて使うこともできるでしょう。

パート 3
自分の子どもに包皮環状切除術を受けさせる

  1. 1
    包皮環状切除術の意味を考察しましょう。アメリカの病院では、回復が早く比較的痛みも少ない生後数日以内に包皮環状切除術手術をすることが多くあります。子ども自身に決断をゆだねたいのか、病院で済ませるのが良いか、考えましょう。
    • 産科医と小児科医に相談しましょう。たいていの場合外科手術は素早く終わり、乳児であれば比較的容易に治癒します。
  2. 2
    部位を清潔に保ちましょう。最初の数日間は濡れティッシュや洗浄液などの使用を避け、石けんを含んだ温かいお湯を使いスポンジで体をふきましょう。
    • 陰茎を覆った方がよいとする小児科医もいれば、治癒のためには何も覆わない方がよいとする小児科医もいます。陰茎の周りを小さいガーゼで覆う場合は、初めに少量のワセリンをガーゼに塗り、くっついて痛くならないようにしましょう。[4]
  3. 3
    ブリス(ユダヤ教の割礼)の儀式の準備をする場合、モーヘール(ユダヤ教の割礼専門家)を見つけましょう。一般的に、ブリスは病院とは別の場所で行われます。ブリスを行うには、ラビや他の宗教指導者に相談しましょう。

ポイント

  • 通常の包皮環状切除術に代わる、「出血のない」包皮環状切除術の方法があります。PrePexというイスラエルの会社は、亀頭を保護するためにプラスチックの装置を使い、その後包皮の血流を止めるために別の装置を使います。この方法による外傷は治るのに6週間から2か月間かかります。

注意事項

  • 外科手術の後数週間は、性行為や自慰行為をしないようにしましょう。
  • 成人の場合、術後の勃起は大きな問題です。遠慮せずに医師に相談し、アドバイスに従いましょう。特に朝は、何か他のことに気をそらしましょう。
  • 包皮環状切除術を受ける前に、これまでのアレルギー歴について医師に報告しましょう。

記事の情報

カテゴリ: 哲学・宗教

他言語版:

English: Get Circumcised, Español: ser circuncidado, Português: Ser Circuncidado, Français: se faire circoncire, Italiano: Farsi Circoncidere, Русский: совершить обрезание, Deutsch: Sich beschneiden lassen, 中文: 接受包皮环切, Bahasa Indonesia: Berkhitan, Nederlands: Je laten besnijden, Čeština: Jak se nechat obřezat, Tiếng Việt: Cắt bao quy đầu, العربية: الختان للرجال

このページは 46 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?