PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

鼻ピアスは、顔につけるピアスの中で最も人気があります。鼻ピアスを清潔に維持するのは難しくありませんが、体のどの部分でもピアスホールが感染することがあります。幸いにも、感染した鼻のピアスホールの治療は簡単です。感染の疑いがあれば、家での対処法を試してもかまいませんが、場合によっては病院での治療が必要になるかもしれません。感染症を治療した後は、再感染を防いで鼻の健康を維持しましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
家で対処する

  1. 1
    感染の兆候があるか確認します。感染の疑いがあれば、病院で治療を受けましょう。放っておくとすぐに悪化する可能性があります。家で対処する方法もありますが、感染している場合は病院で治療を受けるのが一番です。感染症の症状は次の通りです。[1]
    • 発熱
    • 赤み
    • ピアスホール周囲の腫れ
    • 痛み、圧痛
    • ピアスホールから黄色や緑色の液体が排出される
  2. 2
    腫れている場合は温めましょう。腫れた部分を温めると溜まっている液体が排出され、症状が緩和します。清潔な布を温水で濡らし、患部にあてて温めましょう。腫れた部分に布をあて、軽く押し付けます。[2]
    • あまり強く押さないようにします。軽く押しただけでも痛みを感じる場合は、温めるのをやめて病院で診察を受けましょう。
    • 鼻を温める際は、きちんと呼吸できるように布と鼻孔の間に隙間を空けておきましょう。
    • 布をあてて温めると分泌物が柔らかくなるので、拭き取りやすくなります。
  3. 3
    感染したピアスホールを1日3、4回洗いましょう。まず手を洗い、それから温水と石鹸でピアスホールを洗います。乾いた清潔なタオルで軽く押さえるようにして乾かしましょう。[3]
    • タオルに細菌やバクテリアが付着する可能性があるので、使い捨てのペーパータオルや紙ナプキンを使っても良いでしょう。
    • 石鹸の代わりに、消毒作用がある海塩を水に溶かして使うこともできます。
  4. 4
    石鹸の代わりに海塩水を使ってピアスホールを洗います。海塩には消毒作用があり、水に溶かして使用すると肌がそれほど乾燥しません。温かい蒸留水やペットボトルの水240mlに海塩を小さじ1/4杯(1ml)加えましょう。シンクの上で鼻を下に向け、鼻孔に入らないように注意しながらピアスホールに海塩水をかけましょう。[4]
    • スプレーボトルを使う場合は、ノズルの先端を下に向けてピアスホールにスプレーします。
    • コップや食器を使う場合は、ピアスホールに海塩水を少しずつ垂らしましょう。
    • ピアスホールを洗うタイミングとしては、シャワーや入浴の後が最適です。[5]
    • ピアスホールの洗浄に消毒用エタノールや過酸化水素を使うと治りにくくなるので注意しましょう。医師の指示がない限り、石鹸と水で洗います。[6]
  5. 5
    ピアスホールの周りの乾燥した皮膚片などを取り除きます。ピアスホールを洗ったら、その周囲に乾燥した皮膚片や分泌物がないか確認し、皮膚が湿っている間に取り除きます。皮膚が湿っていると、ピアスホールの周りが切れたり裂けたりする可能性が低いでしょう。乾燥した皮膚片や分泌物などを清潔な布でそっと拭き取ります。[7]
  6. 6
    ピアスホールが感染してもピアスはつけたままにしておきます。鼻のピアスホールは塞がりやすく、そうなると感染症の原因である細菌が排出されません。[8] ピアスをつけたままにしておくとピアスホールから細菌や分泌物が排出されるので、皮下に溜まって膿瘍になる可能性が低くなります。[9]
    • 医師の指示に従いましょう。ピアスを外すように指示されたらその通りにします。
  7. 7
    2週間経っても症状が続く場合は、病院で診察を受けましょう。感染症の症状が1つか2つの場合は、家で適切な手当てをして様子を見ようとするかもしれませんが、2週間経っても治らなければすぐに病院へ行きましょう。病院で感染症の治療を受ける必要があるかもしれません。[10]
    • 鼻のピアスホールが感染すると、命にかかわるほど重症化する恐れがあります。また、外見が損なわれるかもしれません。
    • ブドウ球菌は鼻腔内にも存在するため、ピアスホールが感染する可能性があります。ブドウ球菌感染症にかかると、急激に悪化する恐れがあります。[11]
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
病院で治療を受ける

  1. 1
    普段とは違う異常な症状が見られたら病院で診察を受けましょう。鼻のピアスホールが感染した可能性があれば、すぐに病院で診察を受けるのが一番です。また、さらなる合併症を防ぐために、直ちに治療を受けなければならない場合もあります。次のような症状があれば、すぐに病院へ行きましょう。[12]
    • ピアスホール周囲の激しい痛み
    • ピアスホール周囲のズキズキ、またはヒリヒリした痛み
    • 皮膚の赤みがひどい、またはピアスホールが熱を持っている
    • 灰色、緑色、黄色の分泌物の量が多い
    • 悪臭を伴う分泌物
    • めまい、意識障害、吐き気を伴う高熱
  2. 2
    感染症を治療するために抗生物質を服用します。ピアスホールが細菌に感染すると重症化する恐れもあるので、抗生物質を処方されるでしょう。軽度の感染症には抗生物質配合の塗り薬を処方されるかもしれませんが、感染症がより深刻な場合は、抗生物質の飲み薬を服用する必要があるかもしれません。[13]
    • すべて医師の指示に従いましょう。
  3. 3
    医師に指示された期間内は、抗生物質の使用や服用を続けましょう。たとえ快方へ向かっても、医師に指示された期間内は抗生物質の使用や服用を続ける必要があります。抗生物質の使用や服用を続ける期間については、医師から指示されるでしょう。
  4. 4
    膿瘍ができたらすぐに治療を受けましょう。膿瘍は膿が溜まったもので、ピアスホールの周りにできる可能性があります。膿瘍は健康上のリスクとなるだけでなく、瘢痕化する可能性もあります。その日のうちに病院へ行きましょう。医師は抗生物質を処方し、膿が自然に排出されるか判断するでしょう。[15]
    • 温水で濡らした布をあてて患部を温めると、膿の排出を促すことができます。抗生物質と併用すると、症状が軽減するでしょう。[16]
    • 膿瘍を治療せずに放置した場合や重症になった場合は、最終的に病院で膿を排出することになり、傷痕が残る可能性が高くなります。[17]
  5. 5
    必要に応じて再度診察を受けます。医師に再度診察を受けるように指示された場合や症状が長引く場合は、もう1度病院へ行きましょう。鼻のピアスホールが感染すると急激に悪化し、健康上のリスクや瘢痕化につながる恐れがあるので注意が必要です。病院で診察を受け、鼻の健康を維持しましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
再感染を防ぐ

  1. 1
    感染のリスクを抑えるために、1日2回洗浄してピアスホールを清潔に保ちましょう。ピアスホールを洗う前に、石鹸と温水で手を洗います。その後、ピアスホールを石鹸と温水で洗い、乾いた清潔なタオルで軽く押さえて乾かしましょう。[18]
    • 誤って鼻から水を吸い込まないように、ゆっくり洗いましょう。
    • 消毒作用がある食塩水でピアスホールを洗う人もいますが、通常は感染したピアスホールを洗浄する時にだけ食塩水を使います。
  2. 2
    ピアスホールの近くには何も塗らないようにします。顔用のローションやニキビ治療薬などを塗る際は、ピアスホールの近くを避けましょう。このような製品にバクテリアが付着している可能性があり、ピアスホールが感染する恐れがあります。ピアスホールの近くにはできるだけ何も塗らないようにして、清潔に保ちましょう。ピアスホールの近くに次のような製品を塗るのはやめましょう。[19]
    • ローション
    • 日焼け止め
    • ニキビの治療薬
    • ヘアケア製品
    • フェイスマスク
    • 香料や角質除去物質を含む洗顔料
  3. 3
    ピアスを手で触らないようにします。指には汚れ、細菌、バクテリアなどが付着しており、これらがピアスホールに入ると再感染する可能性があります。ピアスを触ったりいじったりするのはやめましょう。[20]
    • つい触ってしまう場合は、感染症が治るまでピアスを減菌ガーゼで緩く覆い、再感染を防ぎましょう。
  4. 4
    感染症が完治するまで泳ぐのはやめましょう。プールや水が溜まった場所には細菌やバクテリアが多く存在するので感染のリスクがあります。感染症が完治するまで、プール、温泉、湖、池、海などに入るのはやめましょう。[21]
    • ピアスは鼻についているので、顔を水に浸けずに泳げばいいと思うかもしれませんが、濡れた手で顔を触ったり水しぶきが顔にかかったりするとピアスホールが感染する恐れがあるので、泳がないほうが安心です。
  5. 5
    アレルギー反応を防ぐために、低アレルギー性のピアスを選びましょう。アレルギー反応と感染症は異なりますが、アレルギー反応が起こると感染症が治りにくくなります。また、感染症と同じようにピアスホールの周りが腫れ、分泌物が排出されるかもしれません。リスクを最小限に抑えるために、低アレルギー性のピアスを選びましょう。幸いにも、ほとんどのピアススタジオで低アレルギー性のピアスを扱っています。
    • ピアスホールをあけたスタジオなどで、ファーストピアスが低アレルギー性か確認しましょう。市販のピアスにつけ替えた場合は、そのパッケージを見て確認します。
    • ピアスに最適な金属は、医療用ステンレスやチタンなどです。[22]
    広告

ポイント

  • ピアスが外れた場合は除菌シートでリングを拭き、慎重に鼻につけましょう。その後、ピアスホールの周囲を塩水で洗います。
  • ピアスホールの感染症が治るまでは、ピアスをあまり動かさないようにしましょう。
  • 感染症を治療している間は、乾いた分泌物を指で取り除かないようにします。
  • 顔を洗う際にピアスホールの近くも洗う場合は、無香料、無染料の洗顔料を使い、洗顔料をきちんとすすぎ落としましょう。
  • 鼻ピアスに触れるたびに手を洗い、必要以上にピアスに触らないようにします。
  • 鼻にピアスホールをあける際は、ファーストピアスとして医療用ステンレスやチタンのピアスを選びましょう。それ以外のピアス(金や銀などを含め)をつけるとアレルギー反応を起こす可能性があり、傷痕が残る恐れもあります。
  • ピアスホールから排出される透明、または白色の分泌物は全く正常なので心配する必要はありません。[23]
広告

注意事項

  • 鼻のピアスホールが感染した場合は、病院で治療を受けないと急激に悪化する恐れがあります。
  • 鼻の周りのデリケートな皮膚には刺激が強すぎるので、市販の消毒薬を使うのはやめましょう。
広告

関連記事

タトゥーシールをはがす
タトゥーを入れる位置を選ぶタトゥーを入れる位置を選ぶ
タトゥーのアフターケアタトゥーのアフターケア
タトゥーの痛みを和らげるタトゥーの痛みを和らげる
タトゥーが感染症を起こしていないか確認するタトゥーが感染症を起こしていないか確認する
舌ピアスをあけた後の食事舌ピアスをあけた後の食事
鼻ピアスを外す鼻ピアスを外す
メイクでタトゥーを隠す
乳首にピアスを開ける乳首にピアスを開ける
タトゥーを入れる準備をするタトゥーを入れる準備をする
ピアスホールが感染しているか見分けるピアスホールが感染しているか見分ける
鼻ピアスのケア鼻ピアスのケア
鼻ピアスホールの安定を促し感染症を防ぐ鼻ピアスホールの安定を促し感染症を防ぐ
腕のタトゥーを広げて大きくしていく腕のタトゥーを広げて大きくしていく
広告

このwikiHow記事について

Luba Lee, FNP-BC, MS
共著者 ::
治験審査委員
この記事の共著者 : Luba Lee, FNP-BC, MS. ルーバ・リーはテネシー州に住む家庭医療を専門とするナース・プラクティショナー(一定レベルの診断や治療を行うことが許可されている上級看護師)です。2006年にテネシー大学にて 看護学修士号を取得しています。 この記事は23,005回アクセスされました。
カテゴリ: タトゥーとピアス
このページは 23,005 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告