髪にもっと潤いを与えたいですか?卵とオリーブオイルという、キッチンにある二つの安価な材料を使ってトリートメントをしましょう。たった一度のトリートメントで、生気のないくすんだ髪の毛が、滑らかで艶やかになります。このマスクを週に一度使用して髪に栄養を与えることで、季節を問わず、健康で生き生きとした髪の見た目を保つことができます。

材料

  • 卵2個
  • オリーブオイル 大さじ2杯

方法 1 の 3:
乾燥した髪のためのマスクを作る

  1. 1
    卵の黄身を白身と分ける。乾燥した髪のためのヘアマスクを作るには、白身ではなく黄身だけを使用します。卵の黄身は、脂肪とタンパク質を含んでおり、それが乾燥し生気のない髪を保湿し生き返らせる役割をします。白身と黄身を分け、黄身だけを小さいボウルに移しましょう。[1]
    • 黄身と白身を簡単に分けるには、ボウルのへりで卵を割ると良いでしょう。そして、ボウルに対して垂直に卵を持ち、上半分の殻を慎重に持ち上げます。上の殻と下の殻に黄身を交代に移し、ボウルに白身が落ちるようにします。その後、残った黄身を違うボウルに入れましょう。
  2. 2
    黄身とオリーブオイルを合わせて泡だてます。オリーブオイルと卵の黄身をボウルに入れ、滑らかでクリーム状になるまで泡だてます。結果として、カップ半分ほどのマスクができるでしょう。これは、ミディアムロングの長さの髪を十分トリートメントできる量です。
    • 髪がとても多くて長い場合は、オリーブオイル大さじ1杯を追加します。
    • 髪が短い場合は、オリーブオイルを大さじ1杯に減らします。
  3. 3
    混ぜ合わせた物を塗って、髪を保湿しましょう。髪が少し濡れていると、マスクを髪の根元から毛先まで容易に行き渡らせることができます。目の大きな櫛を使って、マスクをつけた髪を梳かし、必ず満遍なく行き渡らせるようにしましょう。
    • 毛先が特に乾燥している場合は、根元よりも毛先に多くマスクを塗りましょう。
    • マスクが余った場合は、密閉容器に入れて冷蔵庫で最長一週間保管できます。
  4. 4
    20分間置いて、マスクを浸透させます。身の回りを汚さないように、髪をゆるくお団子にして、シャワーキャップで覆うと良いでしょう。乾燥した髪にマスクが働きかけるのを辛抱して待ちましょう。
  5. 5
    冷水で髪をシャンプーします。シャンプーで余分なオイルと卵を洗い流せば、蓄積された不純物が取り去られ、髪が艶やかで柔らかくなったのを実感できるでしょう。卵が髪の上で「料理」されてしまわないように、必ず冷水がぬるま湯を使用しましょう。
  6. 6
    通常通り髪を乾かします。空気乾燥でもドライヤーで乾燥させても構いません。マスクで保湿された髪は、柔らかく健康な見た目になっていることでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
脂っぽい髪のためのマスクを作る

  1. 1
    卵の黄身と白身を分ける。頭皮からの脂の分泌が多い場合、黄身を使用すると栄養を与えすぎてしまいます。マスクには白身だけを使用しましょう。白身は余分な脂を髪から優しく取り除き、髪を艶やかで柔らかくします。卵の黄身と白身を分け、黄身はひとまず置いておきましょう。[2]
    • 黄身と白身を簡単に分けるには、ボウルのへりで卵を割ると良いでしょう。そして、ボウルに対して垂直に卵を持ち、上半分の殻を慎重に持ち上げます。上の殻と下の殻に黄身を交代に移し、ボウルに白身が落ちるようにします。
  2. 2
    白身とオリーブオイルを合わせて泡だてます。オリーブオイルと卵の白身をボウルに入れ、滑らかでクリーム状になるまで泡だてます。結果として、カップ半分ほどのマスクができるでしょう。これは、ミディアムロングの長さの髪を十分トリートメントできる量です。
    • 髪がとても多くて長い場合は、オリーブオイル大さじ1杯と白身を追加します。
    • 髪が短い場合は、オリーブオイルを大さじ1杯に減らすか、白身を入れないようにします。
  3. 3
    混ぜ合わせた物を塗って、髪を保湿しましょう。髪が少し濡れていると、マスクを髪の根元から毛先まで容易に行き渡らせることができます。目の大きな櫛を使って、マスクをつけた髪を梳かし、必ず満遍なく行き渡らせるようにしましょう。
    • 毛先が特に乾燥している場合は、根元よりも毛先に多くマスクを塗りましょう。
    • マスクが余った場合は、密閉容器に入れて冷蔵庫で最大一週間保管できます。
  4. 4
    20分間置いて、マスクを浸透させます。身の回りを汚さないように、髪をゆるくお団子にして、シャワーキャップで覆うと良いでしょう。乾燥した髪にマスクが働きかけるのを辛抱して待ちましょう。
  5. 5
    冷水で髪をシャンプーします。シャンプーで余分なオイルと卵を洗い流せば、蓄積された不純物が取り去られ、髪が艶やかで柔らかくなったのを実感できるでしょう。卵が髪の上で「料理」されてしまわないように、必ず冷水がぬるま湯を使用しましょう。
  6. 6
    通常通り髪を乾かします。空気乾燥でもドライヤーで乾燥させても構いません。マスクで保湿された髪は、艶やかで生き生きとした見た目になっていることでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
色々と変えて試してみましょう

  1. 1
    卵だけで髪の状態を整えてみましょう。オリーブオイルを切らしてしまったときに、素早く天然のもので髪のケアがしたいならば、単純に卵の白身と黄身を混ぜ合わせて泡だてたものを使用しましょう。シャンプーの後、濡れた髪に根元から毛先まで、この卵を塗り、櫛で梳かします。5分置いて冷水かぬるま湯で洗い流しましょう。この簡単な方法は全てのタイプの髪に効果を発揮します。
  2. 2
    保湿成分を追加しましょう。髪が激しく乾燥し脆くなっている場合は、卵とオリーブオイルを混ぜ合わせただけのものでは間に合わないと思うかもしれません。そこで、ヘアマスクの効果を増強するために、以下のものの中から一つを大さじ1杯、マスクに加えてみましょう。[3]
    • 蜂蜜
    • アロエベラのジェル
    • 牛乳
    • しっかりと熟したアボカドかバナナ
  3. 3
    他の種類の油でオリーブオイルの代用をする。今回初めてマスクを作るのなら、オリーブオイルが一番初心者向きで扱いやすいでしょう。他のオイルが自分の髪に効き目があるかどうかを試したい気持ちになった場合は、次回のマスク作りの際に以下のものの中から一つを選んでみましょう。
    • ホホバオイル: 脂っぽい髪〜普通の髪用
    • アーモンドオイル: 普通の髪〜乾燥した髪用
    • ココナッツオイル: 乾燥した髪用
    • 牛のバターから作った澄ましバター(ギー): 髪の状態を整え、白髪を防ぎます。
  4. 4
    ヘアマスクに香りを付けましょう。ヘアマスクに、自宅のキッチンではなくて素敵なサロンのような香りを付けたい場合は、精油を混ぜてみましょう。精油を数滴入れれば、たちまちにヘアマスクから良い香りが漂います。マスクが浸透するのを待つ間、アロマセラピーの効果も期待できます。以下の精油のうちの一つを、5滴から10滴ほど加えてみましょう。
    • ラベンダー
    • 薔薇
    • レモングラス
    • タイム
    • ベチバー
    広告

ポイント

  • マスクを塗る前に、頭皮を5分間マッサージしてみましょう。頭部の血行が良くなります。
  • マスクを置く時間が長ければ長いほど、髪は柔らかくなります。
  • ペパーミントの精油を数滴使えば、髪に蓄積された不純物とフケを減らします。

広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

お酒の臭いを消す

How to

全身をマッサージする

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

爪を噛むのをやめる

How to

ペニスを洗う

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む41人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 948 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告