PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

オムレツは簡単に作ることのできる、満足感の高い卵料理です。その一方で胃の負担になりそうな料理にも見えるかもしれません。軽くふんわりとした美味しいオムレツを卵3つで作ってみましょう。卵の卵黄と卵白を分け、卵白にたっぷりと空気が入れ、角が立つまでよくかき混ぜます。次に卵黄を加えます。フライパンに無塩バターを溶かすと、火が通りながら卵がふんわりと仕上がっていきます。あっという間に出来上がるでしょう。

材料

  • 卵3つ
  • コーシャーソルト(あるいは食塩)と挽きたての黒コショウ
  • グリュイエール・チーズ、またはチェダーチーズ55グラム(細切りになっているもの)
  • 無塩バター大さじ1
  • みじん切りにしたアサツキ(お好みで)

オムレツ1つ分の分量です。

方法 1 の 3:
卵をかき混ぜる

  1. 1
    ボウルを2つ用意して卵の卵黄と卵白を分ける 卵は慎重に割り、一方のボウルに卵白を、もう一方のボウルに卵黄を分けましょう。残り2つの卵も同様に処理します。[1]
    • 卵の卵白を入れるボウルは、油汚れなどが付着していないものを用意しましょう。卵白は泡立てる必要があり、汚れのないきれいなボウルを用いなければ、しっかりとした角が立ちません。
  2. 2
    卵黄に塩とコショウを加え、フォークでかき混ぜる 塩とコショウ一つまみを卵黄に加え、よくかき混ぜます。数秒で完了します。[2]
    • 卵黄の入ったボウルは一旦脇によせておきましょう。
  3. 3
    角が立つまでしっかりと卵白を泡立てる スタンドミキサー、あるいはハンドミキサーを使い、高速で卵白を泡立てましょう。角が立ち、光沢が出るまで続けます。[3]
    • スタンドミキサーやハンドミキサーがない場合は、通常の泡だて器を使いましょう。

    コツ:泡立てているのに、なかなか角が立たないという場合は、ボウルや泡だて器が汚れている可能性があります。卵を新たに用意し、清潔なボウルと器具で泡立て直してみましょう。

  4. 4
    卵白のボウルの中に卵黄を加える 下味をつけた卵黄の半分を卵白が入っているボウルに加えましょう。ゴムベラで卵白を持ち上げるようにして優しく混ぜます。次に、残りの卵黄も加え、全体の色が均一になるまで混ぜましょう。[4]
    • 角を立てた卵白が潰れてしまわないよう、優しくかき混ぜることがポイントです。この卵白の質感がオムレツをふんわりとさせます。
    広告

方法 2 の 3:
オムレツを調理する

  1. 1
    大さじ1のバターをフッ素加工のフライパンに入れて溶かす 中火にかけて無塩バターを溶かしましょう。持ち手を握り、ゆっくりとフライパンを回転させると、溶けたバターがフライパンの底全体に伸びていきます。[5]
    • バターが使えない場合は、オリーブオイル、ココナッツオイル、あるいはギーで代用することができます。
    • 直径23~25センチほどのフライパンを用意しましょう。
  2. 2
    卵をフライパンに流し込む 卵を優しくすくい、フライパンに流し込み、スプーンの腹やオフセット型スクレーパーなどを使って均等に伸ばしましょう。フライパンの熱ですぐに火が通り始めます。[6]

    応用編: 直火で調理したい場合は、オーブン調理可のフライパンを用意し、ブロイラーから7~8センチほど離れた位置に設置しましょう。2~4分ほど加熱し、折りたためば出来上がりです。

  3. 3
    フライパンにフタをして4分ほど加熱する 弱めの中火に下げ、4分ほど調理しましょう。この時、動かしたり、裏返したりしないよう注意しましょう。表面に余りに急速に火が通っているように見える場合は、火力をさらに下げましょう。[7]
    • 表面の中央部分まで火をしっかりと通すためにも、フタが重要です。フタをせずに加熱すると、裏は焦げているにも関わらず中央部分は生焼けになってしまう可能性があります。
  4. 4
    チーズをふりかけ、さらに1分調理する より風味を加えたいのであれば、55グラムのグリュイエール・チーズ、あるいはチェダーチーズ(細切りになっているもの)をふりかけましょう。再びフタをして、1分ほど加熱し、チーズを溶かします。[8]
    • チーズを加える必要がなければ、そのまま1分調理を続けましょう。
  5. 5
    オムレツを滑らせるように皿に移し半分に折りたたむ 火を止め、ゆっくりとオムレツを皿に移しましょう。フライパンにくっついてしまっている場合は、ゴムベラで剥がしましょう。次に、ゴムベラでオムレツを半分に折りたたみます。上からアサツキをふりかけて色どりを加え、冷める前に食べましょう。
    • 残ったオムレツは密閉式の容器に入れ、冷蔵庫で最大4日間保存することができます。ただし、保存期間が長引くほど、ふんわりとした質感が損なわれていくかもしれません。
    広告

方法 3 の 3:
応用編のオムレツに挑戦する

  1. 1
    グリュイエール・チーズやチェダーチーズをお気に入りの種類に置き換える オムレツは自分好みに調整することも簡単です。お好みでチーズの種類を変えてみましょう。例えば、下記の種類のいずれかを55グラム用いても、同様にフワフワのオムレツが出来上がります。[9]
    • エメンタールチーズ
    • スイスチーズ
    • ゴートチーズ
    • ペッパージャック
    • フェタチーズ
    • ゴーダチーズ(燻製)
  2. 2
    乳製品を卵黄に混ぜ滑らかさを加える より滑らかで、香りの強いオムレツを作りたい場合は、大さじ1のサワークリーム、プレーンヨーグルト、あるいはギリシャヨーグルトを加えてみましょう。まずボウルの卵黄に加えてから、角を立てた卵白と合わせます。[10]
    • 必要に応じて低脂肪製品を取り入れ、カロリー摂取量を調整しましょう。
  3. 3
    ハーブ類を卵黄に混ぜ風味を加える 大さじ2の新鮮なハーブ類(細かく刻んだもの)を卵黄に混ぜてから卵白と合わせると、さわやかな風味がオムレツに加わります。バジル、パセリ、アサツキ、マジョラム、あるいはこれらを混ぜ合わせたものを使ってみましょう。[11]
    • 乾燥ハーブを使う場合は、大さじ1加えましょう。

    コツ:ハーブ類を刻みたくない場合は、ペーストを少量オムレツにかけましょう。

  4. 4
    野菜や肉を加えてから折りたたむ 小さく角切りにした調理済みの野菜や肉(マッシュルーム、ハム、ピーマンなど)を用意して、折りたたむ直前に加えましょう。具材の重みによってオムレツがあっという間につぶれてしまうので最後に加えることが大切です。下記の具材を試してみましょう。[12]
    • 調理済みのベーコン
    • スモークサーモン
    • 薄切りにしたアボカド
    • サラダ用ほうれん草
    • あめ色に炒めた玉ねぎ(キャラメライズドオニオン)
    広告

ポイント

  • 重曹を加えふんわりとさせるというレシピも存在しますが、化学反応に頼ったレシピでオムレツを作ると若干金属の味が混じります。
広告

必要なもの

  • 直径23~25センチのフライパン
  • ボウル
  • フォーク
  • 泡立て器あるいはミキサー
  • ゴムベラ

関連記事

卵に火が通っているかを確認する
むきにくいゆで卵の殻をむく
電子レンジでベーコンを調理する
ワッフルメーカーを使う
電子レンジでスクランブルエッグを作る
卵を割る
プロテインパンケーキを作る
パンケーキを作る
ベーコンを調理する
グリルチーズサンドをオーブンで作るグリルチーズサンドをオーブンで作る
シリアルを食べるシリアルを食べる
半熟卵をつくる
ピーナッツバター&ジェリーサンドを作る
牛乳を使わずにスクランブルエッグを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 朝食 | 調理法
このページは 245 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告