去勢手術後の犬を世話する方法

共同執筆者 Pippa Elliott, MRCVS

この記事には:手術後を快適に過ごさせる傷口の治癒を確かめる日常の活動に戻す12 出典

犬が去勢手術を受けた後、適切な世話をすることは重要です。犬は理解していませんが、この手術を受けることで行動に変化があったり、生殖能力が失われます。手術自体は簡単な処置ですが、手術後の犬の疲労は激しく、吐き気が数日間続くこともあります。また、しばらくは感染症のリスクも伴います。このような手術を受けさせられても、犬は飼い主を慕っています。犬に十分な休息を取らせるとともに、感染症に注意しながら、回復のためにできる限りの世話をしましょう。[1]

パート 1
手術後を快適に過ごさせる

  1. 1
    休息させる 帰宅直後、部屋の中で快適に過ごせる場所で休ませます。手術後、犬は長い間睡眠をとるため、静かな場所を選びましょう。嘔吐していないかを1時間おきに確かめますが、それ以外はそっとしておきましょう。他の動物や子供を犬から遠ざけましょう。[2]
    • 動物病院で受けた麻酔の影響が残っている場合があるため、感覚や体がまだ正常な状態ではないかもしれません。
    • 室内で1日過ごさせ、できる限り安静にさせましょう。
  2. 2
    麻酔が切れるまで食事は控える 水は常に側に置いておきますが、通常の状態になるまで食べ物を与えてはいけません。大抵の犬は手術日の夜には平常に戻りますが、手術後に吐き気が続く犬もたくさんいます。餌を食べたとしても、少量しか食べないかもしれません。手術後に初めて与える食事は、いつもの半分の量にしましょう。それから、1日を通して徐々に量を増やしていきます。[3]
    • 48時間経っても犬に食欲がないようであれば、獣医師に連絡しましょう。
  3. 3
    危険なサインに注意する 特に、倦怠感、食欲不振、持続する嘔吐や下痢に注意を払いましょう。手術後、これらの症状が1日以上続くようであれば、獣医師に問い合わせましょう。[4]
    • 手術後24時間以内であれば、深刻な場合を除き、これらの症状があってもあまり心配する必要はありません。
    • 軽い咳はよく見られる症状です。麻酔中、呼吸を助けるために管を喉に挿入するためです。手術後も不快感が残る場合がありますが、通常数日で治まります。[5]

パート 2
傷口の治癒を確かめる

  1. 1
    エリザベスカラーを使う この保護具は「コーン」とも呼ばれ、逆さにしたランプシェードのような形をしています。どのような呼び名であれエリザベスカラーは、犬が傷口を舐めることを防ぎます。手術後は傷の縫合部分を保護し、感染症を予防して治癒を促すことが重要です。[6]
    • 帰宅後、直ちに犬にエリザベスカラーをつけましょう。犬におもちゃを与えて気をそらすことができるかもしれませんが、犬の側にいない時は傷口を舐めないように、カラーをつける必要があります。
    • カラーをすぐに外してはいけません。傷が治り始めると痒みを伴うため、傷口を激しく舐めてしまうからです。痒みは、通常手術から5~8日後に出始めます。念のため、傷が完全に治るまでカラーをつけておきましょう。
    • 動物病院でエリザベスカラーを装着されなかった場合は、ペットショップで購入できます。硬いカラーの他に、飲食が簡単にでき、おもちゃでも遊べる柔らかいタイプのカラーもあります。
  2. 2
    傷口を日に2度チェックする 少なくとも日に2度傷口を調べ、異常がないかを確かめましょう。特に、赤み、腫れ、傷付近の分泌物などに注意を払いましょう。数日間であれば多少の赤みや腫れは問題ありませんが、分泌物が止まらない場合や、腫れが悪化した場合は、獣医師に問い合わせましょう。[7]
    • 傷口が開いてしまったら、直ちに獣医師に連絡しましょう。動物病院で、傷口を再縫合する必要があるかもしれません。
    • 傷口が汚れていたら、煮沸した清潔な水か塩水を綿球に含ませ、傷口を拭いましょう。
  3. 3
    1週間安静にさせる 最低1週間は活動を最小限に抑えます。休息を十分に取らせ、回復を促すことが重要です。リードを使って短い散歩をさせますが、他の動物に近づけてはいけません。フェンスに囲まれた庭や公園でも、リードを離してはいけません。[8]
    • 他の犬がいない時間帯を選んで散歩をしましょう。
    • 他の犬を見かけたら、出会う前に道路を渡るか、方向を変えます。こうすると、犬のストレスを軽減し、急激な動作を防ぐことができます。

パート 3
日常の活動に戻す

  1. 1
    数週間は走ったり、ジャンプしたりさせない 手術後2週間は、激しく動いたり、飛び回ったり、走ったりさせてはいけません。犬が完全に回復するまで、いつもの行動を制限しましょう。日常的な活動に戻す時期については、獣医師の指示に従いましょう。[9]
    • 傷が治ったようであれば、犬を庭に出しても構いませんが、完治したと確信するまでリードをつけましょう。
  2. 2
    入浴は控える 10日間ほど入浴は控える必要があるでしょう。傷が完治するまでの間は、獣医師の指示に従いましょう。[10]感染症の危険があるため、最低1週間は傷口を濡らさないように注意しましょう。
    • 犬が用を足した際にその上に座ってしまったり、何らかの理由で犬をきれいにする必要がある場合は、水のいらないドライシャンプーを使いましょう。ただし、傷口付近に使ってはいけません。ドライシャンプーはペットショップで購入できます。[11]
  3. 3
    動物病院で非吸収性の縫合糸を抜糸する 手術の説明書を読み、縫合が「埋没縫合法」で行われたかを確認しましょう。この方法をとると、抜糸の必要がなく、糸は安全に体内に吸収されます。この縫合方法がとられていない場合は、動物病院で抜糸をする必要があるかもしれません。不確かな場合は、担当医に問い合わせましょう。[12]
    • 手術の記録が記載されている用紙は、去勢手術を受けた証明になります。この用紙を保管しておきましょう。また、この用紙には、予防接種やマイクロチップ(しばしば去勢手術と同時に行われます)の記録など、他の情報も記載されている場合があります。

記事の情報

この記事はPippa Elliott, MRCVSが共著しています。 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。

カテゴリ:

他言語版:

Español: cuidar de un perro después de que ha sido castrado o esterilizado, Português: Cuidar de um Cão Após a Castração, Français: s'occuper de son chien après l'avoir fait castrer ou stériliser, Deutsch: Sich nach der Kastration um deinen Hund kümmern, Bahasa Indonesia: Merawat Anjing yang Dikebiri, Italiano: Prenderti Cura del Tuo Cane Dopo un Intervento di Sterilizzazione o Castrazione, Nederlands: Je hond verzorgen nadat hij gecastreerd is, العربية: الاعتناء بكلبك بعد خصيه, Türkçe: Kısırlaştırıldıktan Sonra Köpeğin Bakımı Nasıl Yapılır, Tiếng Việt: Chăm sóc chó sau khi thiến, 中文: 照顾被绝育的小狗, ไทย: ดูแลสุนัขหลังทำหมัน, Русский: ухаживать за собакой после стерилизации или кастрации, 한국어: 중성화 수술 후 개를 돌보는 법

このページは 203 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?