友情を終わらせる方法

共同執筆者 Jin S. Kim, MA

この記事には:関係を絶つべきか判断する友人関係を終わらせる関係を絶った後の対処法6 出典

友人を失うのは恋人を失うのと同様に辛いことですが、どうしても上手くいかない時は関係を終わらせる必要があるでしょう。あなたに利益をもたらすどころか、害を及ぼすような友情ならば、その友人とは関係を絶つ時が来たということかもしれません。友情は変化することもあれば、時に終わりを迎えます。相手との関係を絶つと決めたなら、潔さと謙虚さを持って行いましょう。

パート 1
関係を絶つべきか判断する

  1. 1
    喧嘩が続くなら関係を絶つ 相手に対する怒りを収めることはできるのか、それとも、これで関係を終わりにすべきなのかを考えましょう。相手と喧嘩をしたからといって友情が終わる訳ではありませんし、常に友人に完璧であるよう期待するのは間違っています。しかし、友好的な関係でいるよりも喧嘩のほうが多い場合、その人と友達でいるのはやめたほうがよいかもしれません。そもそも、喧嘩ばかりしてしまう相手と友達でいたいと思う人はいないでしょう。[1]状況をよりよく理解するために、以下を参考に自問してみましょう。
    • 意見が対立するのは一度きりでしたか?それとも常に起こることですか?常に意見が対立するのであれば、友人関係を終わらせるべきでしょう。
    • 対立の原因となっている問題は2人の友情よりも大切なことですか?友人があなたではなく他の誰かに賛成することもあるでしょう。しかし、あなたの核となる考えに真っ向から反対するようであれば、2人の関係は終わりに向かっているということかもしれません。
    • 相手を傷つけたり、侮辱したことについてなど、お互いに謝罪するつもりのない揉め事はありますか?プライドが高いため、または、腹を立てているため「ごめん」の一言が言えず、前に進むことができずにいるのですか?
    専門家情報
    Jin S. Kim, MA

    Jin S. Kim, MA

    マリッジ・ファミリーセラピスト
    ジン・キムはカリフォルニア州のロサンゼルスに住む認定マリッジ・ファミリーセラピストで、LGBTQ、有色人種、また、複数のアイデンティティー(人種、性別、宗教、階級、性的指向等)を持つことから社会的困難に直面しがちな人達を対象としたカウンセリングを行っています。2015年にロサンゼルスにあるAntioch Universityにて、臨床心理学(LGBT-Affirming Psychology専攻)の修士号を取得しています。
    Jin S. Kim, MA
    Jin S. Kim, MA
    マリッジ・ファミリーセラピスト

    健全な関係であるか見極めましょう。強固な友情を手に入れるには、友情を育む努力が必要です。お互いに助け合い、尽くすことができれば、上手くバランスの取れた友情を育んでいけるでしょう。それに加えて、健全な友人関係を保つためにはお互いに尊敬し合い、相手の境界線を越えないことが大切です。

  2. 2
    相手との間に溝ができ、相手も自分も問題解決に努めようとしないのであれば友情を終わらせる 友情は必ずしも喧嘩で終わる訳ではなく、自然消滅することもあります。友人に電話をかけて話をしたいと思うことが減りましたか?友人と会わずに済むよう言い訳を考えたりしていませんか?思い当たる節があるのなら、友情を守るためにお互いにできることはないか、そもそもその友情を守りたいと思うのか、自分に問いかけてみましょう。辛いかもしれませんが、人は変わります。特別な理由がない限り、素直にその事実を受け入れましょう。
    • 相手と古くからの友達ならば、関係の修復を試みてもよいかもしれません。人は時に困難な状況に立ち向かわなければならないこともあります。ほんの数週間、楽しい時を過ごせなかったからといって、簡単に友情を終わらせてよい理由にはなりません。
    • 友人との間に隔たりができたとしても、その隔たりが埋まることは決してないという訳ではありません。ただ、しばらくの間距離を置けばよいのです。
  3. 3
    その友人と完全に縁を切るのか、友人のままでいつつも少し距離を置くべきなのか考える 大親友と呼び合っていた関係から、突然、もう二度と会わないような関係になるのはあまりに極端であり、子供じみています。相手と会うのを減らしていくことで、最終的に関係を絶つのは可能ですか?その友人があなたの日常からいなくなると思うと、悲しくなるか、それとも安心した気持ちになるか考えてみましょう。友人との関係を絶つべきかどうか定かではないのなら、会う回数を減らしてみましょう。そのほうが完全に縁を切るよりも遥かに簡単であり、騒ぎ立てる必要もないので、大人の対応の仕方だと言えるでしょう。[2]
    • 簡単に言えば、その友人との関係を維持するために自分の労力を費やす意思があるか、ということです。そう思わないのであれば、関係を絶ち、前に進みましょう。
    • その人と友人でいることで生じる修羅場や退屈さ、否定的な気持ちとおさらばできると思うと嬉しくなるのであれば、関係を終わらせるのは良い考えと言えるでしょう。共通の友人のことや、相手と顔を合わせざるを得ない活動の場について考えるのは無意味です。あなたにとって有害な関係ならば、終わらせましょう。

パート 2
友人関係を終わらせる

  1. 1
    きっぱりと関係を絶つ 友人があなた、またはあなたの健康状態に危害を加えるようであれば、社会的体裁など気にしてる場合ではありません。直ちにその友人との関係を絶ちましょう。友人があなたを操ろうとしたり、傷つけようとしたりする場合や、[3]暴力的な反応を示すのではないかと疑うのであれば、すぐにその友人との付き合いをやめましょう。話をして終わらせる必要などありません。電話やテキストメッセージの受信を拒否し、Facebookで友達リストから相手を削除しましょう。また、相手が出没しそうな場所には行かないようにしましょう。
    • 危険な目に遭っているのであれば、上司や学校の先生、警察などに直ちに知らせましょう。1人で解決すべき問題ではありません。[4]
    専門家情報
    Jin S. Kim, MA

    Jin S. Kim, MA

    マリッジ・ファミリーセラピスト
    ジン・キムはカリフォルニア州のロサンゼルスに住む認定マリッジ・ファミリーセラピストで、LGBTQ、有色人種、また、複数のアイデンティティー(人種、性別、宗教、階級、性的指向等)を持つことから社会的困難に直面しがちな人達を対象としたカウンセリングを行っています。2015年にロサンゼルスにあるAntioch Universityにて、臨床心理学(LGBT-Affirming Psychology専攻)の修士号を取得しています。
    Jin S. Kim, MA
    Jin S. Kim, MA
    マリッジ・ファミリーセラピスト

    相手は常にあなたの境界線を無視してくるか考えてみましょう。友人が常にあなたの境界線を越えてきたり、あなたの気が乗らないにもかかわらず何かをさせようとする場合、その友情について考え直すべきでしょう。どんな関係にせよ、終わらせるのは気分の良いことではありませんが、自分に害が及ぶ状況であれば、自分自身を守るために、そうせざるを得ない場合もあるのです。

  2. 2
    一緒に行動しない 自然消滅する方向にもっていきましょう。違う学校に通うようになったり、引っ越したり、異なる活動に興味を持つようにもなるでしょう。他の友達と付き合うようになる可能性もあります。友人関係が呆気なく終わるのは辛いでしょう。しかし、たいていの場合はお互いに同じ気持ちだからこそ終わるのです。友人関係の苦悩から解放される(もう少し控えめな言い方をすれば、友情を枯らす)には、以下を参考に行動してみましょう。[5]
    • 相手と会話をする時は、安全かつ人気の少ない場所を選びましょう。感情的なお荷物もその他の荷物と一緒に自分の部屋に置いておき、相手の部屋に持ち込んではいけません。
    • 相手と連絡を取らないようにしましょう。今までのように電話をかけたり、テキストメッセージを送ろうとする必要はありません。1度や2度くらい電話をかけなくても問題ありませんが、過度に避けることのないよう注意しましょう。友達ではない相手と常にコミュニケーションを取る必要はありません。
    • 遊びの誘いは断りましょう。お互いの心の距離が離れるにつれ、一緒に時間を過ごすのをやめましょう。相手があなたの気持ちを察したら、電話がかかってくることもなくなるはずです。
  3. 3
    面と向かって関係を終わらせる 必要ならば、素早く縁を切りましょう。きれいさっぱり終わらせたいのであれば、単刀直入に伝えることが大切です。「もう私と話をしなくなったのはなぜだろう」と相手に思わせるよりも、相手と数分間話す時間を設けるべきです。ただその相手と時間を過ごすことに興味がなくなっただけであれば、少々極端な方法とも言えますが、あなたの人生に有害である関係であったり、相手が古くからの友人の場合、もしくはあなたの人生に危害が加えられている場合は、自分の決断に従って相手に正直に伝えましょう。
    専門家情報
    Jin S. Kim, MA

    Jin S. Kim, MA

    マリッジ・ファミリーセラピスト
    ジン・キムはカリフォルニア州のロサンゼルスに住む認定マリッジ・ファミリーセラピストで、LGBTQ、有色人種、また、複数のアイデンティティー(人種、性別、宗教、階級、性的指向等)を持つことから社会的困難に直面しがちな人達を対象としたカウンセリングを行っています。2015年にロサンゼルスにあるAntioch Universityにて、臨床心理学(LGBT-Affirming Psychology専攻)の修士号を取得しています。
    Jin S. Kim, MA
    Jin S. Kim, MA
    マリッジ・ファミリーセラピスト

    マリッジ・ファミリーセラピストのジン・キムさんは次のように述べています。特別な事情がある場合を除き、友人関係を終わらせたい理由を話し合いで説明するのが賢明です。関係を絶つと決める前に、少なくとも相手との友情について思っていることを伝えれば、2人の間にわだかまりが残ることなく健全なコミュニケーションを取れるでしょう。

  4. 4
    話し合いには静かな公共の場所を選ぶ そうすれば、会話が終わったらすぐにその場から去ることができ、激しい口論になった場合(そうならないことが理想ですが)も安全です。コーヒーショップや公園などを選ぶとよいでしょう。
  5. 5
    自分の悩みを丁重に、素早くきっぱりと伝える 遠回しな表現は避けましょう。「私たちはもう一緒に時間を過ごすべきではないと思う」のような表現が最も率直で効果的です。
  6. 6
    会話の焦点を自分に当てる 相手を責めたり、相手のことを悪く言ってはいけません。例えば、相手が酒飲みであることを非難するのではなく、「パーティーばかりしてる暇はないの。私にはもっと勉強に集中する時間が必要なんだ」などと言いましょう。
  7. 7
    相手にも話すチャンスを与える 相手にあなたの立場をはっきり理解してもらいましょう。相手の考えを聞くことも大切ですが、それによってあなたの決断が変わるようではいけません。長い時間をかけてこの決断を下したのですから、たった30秒程度の会話で全てを取り消すのはやめましょう。
  8. 8
    伝えるべきことを述べたら去る 友人関係を終わらせる結果となったことを詫びたくなるかもしれません。しかし、何か悪いことをした訳ではないのなら、縁を切る決断をしたからといって申し訳なく感じる必要はありません。用が済んだらその場を去りましょう。
  9. 9
    友人関係の終わりを明確にする 関係を絶った後も、相手は何度かあなたと連絡を取ろうとするでしょう。相手に話しかけられても構わないのか、そうされては困るのか伝えましょう。自分が何を望むのかが明確でないのならば、考えがはっきりとするまで関係を絶つのはやめましょう。曖昧な態度を取っていると、いつの間にか元の関係に戻ってしまうでしょう。
    • 相手と連絡を取り合う意思があるのならば、どのような内容の会話ならしても構わないのかを明確にしましょう。相手と一緒にいたくないからといって、その人の存在を完全に無視する必要はありません。
    • 相手とは二度と話をしたくないのなら、相手があなたの言うことを聞かない場合はどうなるか、忠告しておきましょう。相手があなたの忠告に従うようならば、あなたも自分が言ったことを守り抜かなくてはなりません。

パート 3
関係を絶った後の対処法

  1. 1
    友人を失い悲しい思いをすることを覚悟する 縁を切りたかった相手との関係を絶つことが、実は最も辛い場合があります。その相手には良いところや面白い部分もあり、友達だった時は楽しい思いもしたことでしょう。相手との関係がどんなに悪いものになったとしても、その人の存在を失うのは傷口に貼られた絆創膏を剥がすかのような痛みを伴うでしょう。心は痛むかもしれませんが、最善の結果を得るためには仕方のないことなのです。[6]
    • 相手にあなたの決断を快く受け入れてもらえない可能性もあります。どちらか、または2人とも泣きついたり、怒りでその場を飛び出して行ってしまうこともあるかもしれません。その時にどんな感情が湧こうと、相手との関係を絶つと決めた事実を無かったことにするべきではありません。
    • 最終的に、あなたは罪悪感を感じることになるでしょう。どんなに壊れた友情であったとしても、完全に関係を絶つとなれば、責任を感じるはずです。それは至って普通のことであり、時間とともに罪悪感は薄れていくでしょう。
  2. 2
    怒りを抑える 怒りをぶちまけたところで、自分も他の誰も良い思いをすることはありません。相手があなたの分まで怒りをあらわにする可能性が高いでしょう。傷ついた感情はすぐさま怒りに変わり、後に後悔するような行動を取ってしまうこともあります。どちらかが怒りの感情を見せ始めたら、直ちにその場を去りましょう。焼きたてのクッキーは熱い鉄板から離せばすぐに冷めるのと同じで、あなたも相手と離れているほうが、より早く冷静な自分に戻れるでしょう。
    • 対立されると攻撃的になるような相手ならば、言葉だけでなく体を使って反発される可能性があることを覚えておきましょう。相手と縁を切る場所には公共の場を選ぶようにし、心配であれば、他の友達に一緒に来てもらうか、相手に手紙で伝えるようしましょう。
    • もしも相手に傷つけられることがあれば、しばらくの間は怒りを感じるでしょう。それは自然なことです。しかし、その怒りに導かれて悪いことをしでかさないよう気を付けましょう。友人関係を終えると同時に、全ての感情も水に流しましょう。
  3. 3
    相手からの今後の攻撃に備える 学校や職場で嫌でも顔を合わせなければならない場合、完全に縁を切るのは不可能に等しいでしょう。侮辱されたと感じ、受動的攻撃に出る人はどこにでもいますが、その攻撃によって傷を受けるかはあなた次第です。相手との関係を絶った後も数か月のうちは、そのような攻撃をされる可能性があるため、精神面の準備をしておきましょう。完全に相手を無視することが、最も効果的な防御方法と言えます。
    • 相手が受動攻撃的な姿勢を見せるようであれば、縁を切った後でも、陰であなたに害を加えようとする可能性があります。そのような事態になったとしても、結局は縁を切ると決めた自分のせいであり、反撃すべきではないということを覚えておきましょう。
    • 相手との関係を絶ったのであれば、相手を妨害したり、傷つけようとするなどして状況を悪化させるのはやめましょう。
  4. 4
    自分の味方をしてくれない友人もいることを受け入れる 個人的に受け取らないようにしましょう。かつて友達同士だった2人の友情が終わっているのに、その2人と友達であり続けるのは難しいと感じる人もいます。不仲な2人の間で板挟みになりたい人などいませんから、その人は自然とあなたか相手のどちらかの側につくようになります。ドラマに出てくるようなシチュエーションですが、どんなに悪い状況になったとしても、せいぜいその程度でしょう。たいていの場合は、あなたが付き合う仲間たちも変化を受け入れ、気持ちを切り替えるでしょう。
  5. 5
    気持ちを入れ替え、新しい人に出会う 新しい人に出会えば、あなたはあなたの人生を歩んでいることがかつての友人に伝わるでしょう。友人と縁を切ったことに対してネガティブな気持ちになっているかもしれませんが、今後の新しい出会いに対してポジティブな感情を抱くようになるはずです。新たな発想を生み出しましょう。縁を切った友人と似たような態度を取る人を注意して避けていれば問題ないでしょう。

ポイント

  • あなたには自分自身の喜びを守る権利があるということを忘れないようにしましょう。友人があなたの喜びを奪おうとするならば、それは健全な関係とは言えません。
  • 他の友人や家族はあなたに罪悪感を感じさせるような発言をするかもしれませんが、有害な友人関係を続けてはいけません。自分の幸せを考えましょう。
  • 本当に友人と縁を切るべきだと感じるならば、そうしましょう。行動を起こす前にそれが本当に正しい決断なのかを明確にすることが大切ですが、友人との関係を絶つのが自分にとって最善であると決めたなら、行動に移すとよいでしょう。
  • できるだけ円満に関係を絶つことができるよう、常に相手の反応を考えるようにしましょう。
  • 相手があなたから離れていくのであれば、そうさせましょう。自分から離れていく人との間に友達になる運命など存在しません。相手が悪い人という訳ではなく、相手の存在があなたの人生からいなくなったというだけのことです。
  • 友情を終わらせるのには理由があることを伝えましょう。丁寧かつ自信のある口調で話し、相手も納得のいく理由を述べることが大切です。
  • 完全に、穏やかに関係を絶ちましょう。
  • 相手とは友達でいたくない理由を伝え、自分の気持ちを伝えるのを恐れてはいけません。
  • 友情を終わらせる必要があると感じるならば、そうしましょう。しかし、相手の余命が1か月しかないといった状況ならば、縁を切ってはいけません。相手のそばにいてあげましょう。

注意事項

  • 友人関係の崩壊の兆候を無視してはいけません。あなたが何らかの行動を起こさない限り、状況が自然に良くなることはないでしょう。
  • 相手の性格の欠点などを他人に話すのはやめましょう。そのようなことをすれば、自分も同じ目に遭うだけだと覚えておきましょう。

記事の情報

この記事はJin S. Kim, MAが共著しています。 ジン・キムはカリフォルニア州のロサンゼルスに住む認定マリッジ・ファミリーセラピストで、LGBTQ、有色人種、また、複数のアイデンティティー(人種、性別、宗教、階級、性的指向等)を持つことから社会的困難に直面しがちな人達を対象としたカウンセリングを行っています。2015年にロサンゼルスにあるAntioch Universityにて、臨床心理学(LGBT-Affirming Psychology専攻)の修士号を取得しています。

カテゴリ: 友情

他言語版:

English: End a Friendship, Español: terminar una amistad, Deutsch: Eine Freundschaft beenden, Italiano: Finire un'Amicizia, Português: Terminar uma Amizade, 中文: 结束一段友谊, Français: mettre fin à une amitié, Nederlands: Een vriendschap beëindigen, Русский: закончить дружеские отношения, Čeština: Jak ukončit přátelství, Bahasa Indonesia: Mengakhiri Sebuah Persahabatan, ไทย: จบมิตรภาพ, हिन्दी: मित्रता समाप्त करें, Tiếng Việt: Chấm dứt Tình bạn, 한국어: 친구 관계를 끊는 법, العربية: إنهاء صداقة

このページは 212 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?