友達がいなくても幸せになる方法

共同執筆者 Klare Heston, LCSW

転校や引っ越しなどで、あるいは仕事やライフスタイルが変わるなど色々な理由から友達がいない状況にふと気づき、幸せになれないのではないかと思い悩むことがあるかもしれません。しかし、友達がいなくても幸せになる方法はあります!人との交流は人生を豊かなものにしますが、友情が必ずしも幸せになるための必要条件ではありません。幸せになるための方法には、自分を大切にして自己愛を育む、気持ちが前向きになるアクティビティーをたくさん計画する、また自分の人生に深く関わる人々との絆を深めるなど色々とあります。この記事を読んで友達がいなくても幸せになる方法を学びましょう。

方法 1 の 3:
自分自身に満足する

  1. 1
    自分の価値を認識する 友達に認められることによって自分の価値を見出そうとする人がたくさんいます。「聖子に憧れを持たれる私って、きっと素晴らしい人間なんだわ」または「私が知る限り全てのパーティーに招待されているわ」などと考えて自分の価値を認めようとすることがあるかもしれませんが、実際には誰が友達であるか、また友達が何人いるかに関係なく自分自身を肯定できなければなりません。自分の価値を他人に認めてもらおうとするのではなく、自分自身で認識できるように努力しましょう。[1]
    • 大きな決断を下す時に常に友達に頼る癖があるなら、物事の良い点と悪い点を自分で判断し決断できるようにしましょう。
    • 友達に求められることに自分の価値を置いているなら、ボランティア活動をしたり前向きな言葉を自分に言い聞かせたりなど、他の方法で自分を肯定できるようにしましょう。
  2. 2
    セルフケアのための計画を立てる 効果的なセルフケアの方法を考えてリストにし、その中のいくつかを毎日の予定に加えて実行しましょう。セルフケアを定期的に行うことで精神面での健康が得られるようになり、満足感や自己肯定感を他人に求める必要がなくなります。[2]
    • 例えば、自己マッサージやヨガを定期的に行う、日記をつける、犬の散歩に行くといったことなどを生活に取り入れてみましょう。
    • 自分の好きなところを全てリストにし時々読んでみましょう。
  3. 3
    心と体の健康を保つ より健康的なライフスタイルを築くことで自分を大切にしていると実感できます。食事を改善する、頻繁に運動を行う、ストレスを撃退する、毎晩十分な睡眠をとるなど心身の健康を保つ方法を見つけましょう。[3]
    • 野菜を多く取り、加工食品を避け、水をたくさん飲んで健康的な食生活を始めましょう。
    • 犬の散歩、近くの公園でのウォーキングやランニング、また他のスポーツなど自分のライフスタイルに合った運動を始めましょう。
    • 深呼吸や漸進的筋弛緩法などのリラックスできるアクティビティーを試して、ストレス軽減に役立てましょう。
    • より豊かで満足のいく生活を送るには心と体の健康が重要な役割を果たします。心身の健康を促進しましょう。
  4. 4
    感謝していることを思い出す 友人がいないために、あるいは否定的な思考パターンに陥っていることに気づいて落ち込むことがあるかもしれません。感謝している物事を考える習慣をつけると、悪い出来事ではなく人生のポジティブなものに焦点を合わせることができ、幸福感や満足感を得るのに役立ちます。[4]
    • 感謝すべきことを常に思い出せるように、毎日上手くいったことや有り難く思うことを3つ考えて日記につけるようにすると良いでしょう。または、スマホに感謝すべき物事を思い出す「感謝アプリ」をダウンロードする方法もあります。
    広告

方法 2 の 3:
忙しくする

  1. 1
    自分の時間を楽しむことを学ぶ 1人で過ごすのが嫌いな人は、友達なしに幸せを感じるのは難しいと思うかもしれません。心が踊るようなアクティビティーを生活に取り入れて自分だけの時間を積極的に楽しみましょう。[5]
    • 1人で居るのが退屈だと思う傾向がある場合は、1人で楽しめるアクティビティーを考えリストにしましょう。例えば、コンサートに行く、面白いテレビ番組を一気に見る、「日曜大工」のプロジェクトを考える、スクラップブックやガーデニングを始める、長い間読みたいと思っていた本を読む、自分の住んでいる町を探索するなどが挙げられるでしょう。
    • 1人の時にリストの項目を1つずつ試して行きましょう。いつの間にか1人でも楽しむことができるようになるでしょう。
  2. 2
    好きなことをする 幸せで充実した人生を送る秘訣は日々好きなことをして過ごすことです。毎日自分の情熱と興味を追求しながら過ごしましょう。また、情熱や興味ごとを日常生活に加えられないか考えてみましょう。[6]
    • ピアノを弾くのが好きなら地元のコーラスグループやバンドに参加したり、喫茶店などでボランティアとして弾いたりしてはどうでしょうか。また書くことが好きならエッセイや小説を書いてみることもできるでしょう。
  3. 3
    課題に取り組む 困難なことを避ける傾向にある人たちがいますが、課題を見つけて取り組むことで私たちは成長し人生をより楽しむことができます。自分が日頃行なっていることを省みて、その中でレベルを少しだけ上げられるものがないか探してみましょう。[7]
    • 年間を通して同じ運動を習慣的に実行しているとしたら、試したことのないスポーツのクラスに参加したり、新しいトレーニングメニューを作ったりして心機一転を図りましょう。
  4. 4
    大きな目標を立てて動機付けを行う 満足のいく人生を送るためには、考えると浮き浮きするようなものが必要です。目標はそれにひと役買います。目標を立てれば人生の進むべき方向が定まり前進し続ける動機付けにもなります。加えて、目標が達成できれば達成感はもちろん、自信にも繋がります。
    • これまでに先延ばしにしてきた物事を考え、それに関連した目標を立てましょう。初めて立てる目標は小さく実行可能なものにして、立てたその日から目標に向かって努力を開始しましょう。
    • 世界旅行を実現させるためにお金を節約したいと考えているとしたら、まず旅行に必要な金額を把握し期限内に十分な資金が貯められるように節約の計画を立てましょう。[8]余暇を利用して最も安価に楽しめる世界旅行の方法を考えてみましょう。
  5. 5
    学び続ける 忙しく毎日を送るように心がけ、全てにおいて初心の心を忘れずに真剣に取り組みましょう。新たにお稽古ごとを始めたり、新しい物事が学べる本やこれまでの考え方を刷新できるような本を読んだりしましょう。[9]
    • 例えば自分とは異なる宗教や生き方について調べる、新しい言語を学ぶ、興味のある業界でアルバイトをする、新しい分野の音楽や本を聴いたり読んだりする、などが考えられるでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
絆を深める

  1. 1
    兄弟姉妹と時間を過ごす 兄弟や姉妹とも友情を育むことができます。これまでの人生を共に暮らしてきたわけですから、あなたについてはよく知っているはずです。おそらくあなたが思っているよりもずっと深くあなたのことを理解しているでしょう。彼らとの時間を大切にして絆を深めましょう。[10]
    • 例えば、大学進学のために引っ越してしまった姉や妹がいる場合には、「Skype」などを通して定期的に連絡を取り合うようにしてはどうでしょうか。兄弟姉妹が近くにいる、あるいは一緒に住んでいる場合には、日曜日の夕食を一緒にとるなど、新しい生活パターンを作ってみましょう。
  2. 2
    両親と充実した時間を過ごす 友だちがいなくても、例えば両親など、あなたの人生に深く関わっている人たちとの関係をより健全なものにしてみてはどうでしょうか。両親とは平等な立場ではないかもしれませんが、趣味を一緒に楽しみ、気持ちを伝え合い、充実した時間を過ごすことはできるでしょう。[11]
    • 自分の親をよく知る努力をして共通の関心事がないか探ってみましょう。「お気に入りのテレビ番組は何?」または「今週末一緒にスポーツ試合を見に行かない?」などと尋ねてみましょう。
    • 一緒に車を洗ったり食事をしたりなど、充実した時間を過ごしましょう。
  3. 3
    地元の活動や組織に参加する 友達がいないからといって世の中から自分を締め出す必要はありません。また交流を求めてはいけないということもありません。活動や組織の会員になって似たような関心を持つ人々と交流を深めてみましょう。[12]
    • 創造力が豊かであれば学校の芸術クラブに参加してみましょう。歌が好きなら地元のコーラスグループに参加することもできるでしょう。
  4. 4
    コミュニティでボランティア活動を行う ボランティア活動は地元の人々との絆を築いたり社会貢献を果たしたりできる素晴らしい手段です。必ずしも友情を育める訳ではありませんが、地元の人たちと時間を過ごすことで、孤独感が少しは軽減できるかもしれません。[13]
    • 炊き出し所で働いたり、地元の図書館で子供に本の読み聞かせをしたり、町内で清掃プロジェクトを組織したりしましょう。
    広告

このwikiHow記事について

医療ソーシャルワーカー
この記事はKlare Heston, LCSWが共著しています。 クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。
カテゴリ: 独身生活
このページは 378 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告