PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

双子の妊娠を夢見ている人なら、おそらく多胎児妊娠の確率を高める方法を模索していることでしょう。双子を妊娠する主な要因としては遺伝が挙げられますが、双子を妊娠する確率に影響を与える可能性のある方法が他にもあることが研究で分かっています。自宅で、もしくは医師の助けを借りて双子を授かる確率を高める方法を学びましょう。

方法 1 の 2:
自然な方法を試す

  1. 1
    健康的な体重を維持しましょう。低体重の状態であると双子を妊娠する確率が下がるかもしれません。ある研究では、ボディマス指数(BMI)が高い人は双子を妊娠する確率が高くなると言われています。しかし、その理由はよく分かっていません。妊娠を試みるのであれば、バランスの良い食事をしっかり摂って体重を維持しましょう。[1]
    • この研究では、BMI30以上であることが双子を妊娠する確率に影響を及ぼすということが分かっています。
    • 低体重の人は、妊活をする前に健康的に体重を増やす方法について医師に相談しましょう。
  2. 2
    乳製品をたくさん摂りましょう。乳製品を摂ると双子を妊娠する確率が高まるということがいくつかの研究で示されています。しかし、100%決定的なものではありません。ある研究では乳製品をたくさん摂っている女性は、動物性の食品を全く食べない人に比べて双子を妊娠する確率が5倍高いということが分かっています。これは、動物の肝臓に含まれるインスリン様成長因子(IGF)と呼ばれるたんぱく質によるものであると考えられています。[2]
    • これらの研究は100%決定的なものではありませんが、妊活中に乳製品を食事に多く取り入れても害になることはありません。
  3. 3
    葉酸を摂りましょう。葉酸によって双子を妊娠する可能性が高くなるとしている研究もあれば、反対にそのような効果はないとしている研究もあります。[3] しかし、葉酸は胎児の脳の発達に良いとされているため、試してみても悪くはないでしょう。葉酸はほとんどのドラッグストアで手に入ります。妊活中には1日に1回摂取するようにしましょう。ただし、胃の調子を崩さないためには1日の摂取量が1000mgを超えてはいけません。[4]
    • サプリメントを摂取したくない人は、アスパラガスや卵、豆類、葉物野菜、柑橘類などの葉酸が多く含まれる食品を食べてみましょう。
  4. 4
    妊娠を試みる直前に経口避妊薬の服用を止めましょう。ある研究では、服用を止めることで卵巣から2個の卵子が排出されやすくなると言われています。妊娠を決意したら、妊娠を希望するタイミングから1年以内にホルモン剤による避妊を止めましょう。ホルモンを元に戻そうとして体が活発に働き、卵子が2個排出されることがあります。[5]
    • この研究は100%決定的なものではありませんが、試してみても悪くはないでしょう。
    • 卵子が2個排出されると二卵性双生児(そっくりではない双子)ができる可能性が非常に高くなります。一卵性双生児は同じ卵子から、二卵性双生児は別々の卵子から生まれます。
  5. 5
    まずは子どもを1人妊娠しましょう。妊娠を重ねるごとに双子を妊娠する確率は高くなります。初めは双子を妊娠することができないかもしれませんが、妊娠を繰り返すことでその確率が高まります。すでに複数回の妊娠を計画している人は、その予定を貫いて良い結果を期待しましょう。[6]
  6. 6
    30代の間に妊娠を試みましょう。30代の女性は双子を妊娠する確率が高いと言われています。これは、体の進化的適応に関係しています。歳をとるとたくさんの子どもに恵まれる可能性が低くなるため、体が双子を作ろうとするのです。ただし、高齢の女性は若い女性に比べて妊娠しにくいということを覚えておきましょう。[7]
    • 歳をとれば双子を妊娠できるということが保障されているわけではなく、確率が上がるというだけの話です。
    • 40歳を超えてから妊娠を試みる場合は、その方法について医師に相談しましょう。
    広告

方法 2 の 2:
不妊治療を受ける

  1. 1
    クロミッドという薬について医師に尋ねてみましょう。これは、双子を妊娠する確率を高めることのできる排卵誘発剤です。一般的には無排卵症の治療に用いられるものですが、双子を妊娠する確率が高まるという副作用があります。この薬は、1回のサイクルで多くの卵子を排出するように促すことで双子の妊娠に効果を発揮します。[8]
    • クロミッドは複数個の卵子の排出を助けるものであるため、二卵性双生児(そっくりではない双子)を妊娠する可能性が高くなるでしょう。
    • クロミッドによって三つ子(それ以上の場合も)を妊娠することもあります。そのため、双子だけが欲しい人は注意しましょう。
  2. 2
    ゴナドトロピン療法を行いましょう。これはゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)を注射することで卵巣に毎月複数の卵胞の発育を促すよう命令する治療法です。これを用いると卵巣が多数の卵胞を育てるため、双子を妊娠する確率が高くなるのです。この治療法が自分に適しているかどうかは医師に尋ねてみましょう。[9]
    • ゴナドトロピンによって三つ子(それ以上の場合も)を妊娠することもあります。
    • ゴナドトロピンを用いると二卵性双生児(そっくりではない双子)を妊娠する可能性が高くなるでしょう。
  3. 3
    体外受精(IVF)について医師に相談してみましょう。体外受精をすると双子を妊娠する確率が高くなります。体外受精は医師が成熟した卵子を採取し、研究室で精子と受精させてから子宮内に移植する方法です。通常は妊娠が困難な不妊症患者に用いられる方法であるため、体外受精が自分に適しているかどうかを不妊治療専門医に尋ねてみましょう。[10]
    • 体外受精の1回の費用は平均約50万円です。多くの場合、妊娠を実現するには体外受精を何度か行う必要があります。
    広告

ポイント

  • アフリカ系アメリカ人の女性は双子を妊娠する確率が最も高いと言われています。[11]
  • 本人もしくは兄弟姉妹が双子である場合は、双子を妊娠する確率が高くなります。[12]
広告

注意事項

  • 医師から直接処方された薬以外は決して服用してはいけません。
  • 双子の妊娠計画については医師に相談しましょう。人はそれぞれ異なるため、上記の情報が自分に当てはまらない場合もあります。
広告

関連記事

声を枯らす声を枯らす
空腹感をすぐに抑える空腹感をすぐに抑える
乳首の色を薄くする乳首の色を薄くする
中性脂肪値を下げる中性脂肪値を下げる
プロラクチン値を下げるプロラクチン値を下げる
自分の死を偽装する自分の死を偽装する
仮病をつかう仮病をつかう
検査なしで妊娠がわかる検査なしで妊娠がわかる
成功するための計画を立てる成功するための計画を立てる
自立した大人になる自立した大人になる
家で一人の時間を楽しむ家で一人の時間を楽しむ
心拍数を自然に下げる心拍数を自然に下げる
生理不順時に排卵日を特定する生理不順時に排卵日を特定する
人生をコントロールする人生をコントロールする
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は637,096回アクセスされました。
このページは 637,096 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告