妊娠を試みる夫婦の中には双子の出産を望む人が少なくありません。理由は様々ですが、年齢の近い兄弟姉妹がいたほうがよい、大家族にしたい、などがその理由に挙げられます。毎年アメリカでは3%の確率で多子出産が起きていますが、双子を妊娠するチャンスを増やす方法はあります。食事、民族性、遺伝や生活習慣などにより双子を妊娠する可能性は左右します。まずはステップ1にて、双子を妊娠する確率を上げる方法を学びましょう。

パート 1 の 3:
現在の確率を知る

  1. 1
    一般的に双子を妊娠する確率は3%にすぎないということを理解しておきましょう。これはあまり高くない数字です。しかし、あなたは平均的ではないかもしれません。もし下記に当てはまることがあれば、あなたが双子を妊娠するチャンスは増加します。下記の多くに当てはまるならば、確率はさらに上がります。逆に、やせ気味の若いアジア系の女性で家系に双子がいなければ、双子を妊娠する可能性は非常に低くなります。
    • 家系(特に母方の家系)にすでに双子がいる場合は、その確率は4倍にはね上がります。
    • アフリカ系の人は双子を妊娠する確率が最も高く、その次がヨーロッパ系です。ヒスパニックとアジア系は双子の妊娠率が最も低くなります。
    • 身長が高い、栄養状態がよい、さらには太り気味の人。
    • 妊娠経験がある人。 妊娠経験が4回以上ある女性は、双子の妊娠率が劇的に上がります。身体が妊娠の負担に耐えられることを知ると、双子が生まれる確率が上がるようです。12人以上の子供がいる家庭では、妊娠の回数が増えるにつれて、双子の出産も増えます。
  2. 2
    高年齢になると妊娠は難しくなりますが、妊娠した場合には双子を産む確率が高くなります。年齢が高くなるほど双子の出産確率は増えます。40歳くらいになると、チャンスは十分に高まり、7%ほどになります。[1] 45歳でまだ妊娠できるのでしたら、確率は17%程度になります。
    • 高年齢の女性は体外受精(IVF)を行うケースが多数あります(下記参照)。体外受精は双子が生まれる可能性を高めます。
    広告

パート 2 の 3:
確率を上げるためにできる簡単なこと

  1. 1
    ビタミン剤を摂取する 栄養がしっかり摂れていない人は双子の妊娠が難しくなります。
  2. 2
    栄養を摂取して、特定の食品を食べましょう。全般的に、痩せた人は双子を妊娠する可能性が低くなります。
    • 栄養状態がよい太り気味の人は双子を妊娠する確率が高くなります。[4]
    • 栄養状態がよいとは健康的な方法で体重を増やすことです。体重を増やすためのプランについて医師に相談してみましょう。
  3. 3
    乳製品とヤム芋を食べましょう。双子の妊娠確率を高めることに関連する食品があります。
    • ある不妊治療専門医の研究によると、妊娠を試みている時期に乳製品を多く摂取した女性が双子を妊娠する確率は、乳製品を摂らなかった女性に比べて5倍も高かったそうです。
      • 牛の肝臓で作られるインスリン様成長因子(IGF)がこの現象の薬物的原因だと考えられています。
      • rBGHホルモン(人工成長ホルモン)を投与された牛の牛乳を飲むと、女性が双子を妊娠する確率に影響を与えると考える人もいます。[5]
    • 野生のヤム芋(キャッサバ)を多く取り入れた食生活を行なうアフリカの部族では、双子の出生率が世界平均より4倍も高いそうです。キャッサバに含まれる栄養素が、排卵時に複数の卵子を作るように卵巣に刺激を与えると考えられています。[6]
      • ヤム芋は双子の事実とはまったく関係ないことだと懐疑的な考えを述べる医師もたくさんいます。しかし実際のところヤム芋を食べることにはまったく害はなく、美味しい食品です。
  4. 4
    直前に経口避妊薬の服用をやめましょう。妊娠を試みる直前にピルの服用をやめます。女性がピルの服用を止めると、体がホルモンのバランスを整えようと活発に働き始めます。服用を止めてからの1、2ヶ月間は、増強された卵巣が時に2個の卵子を排卵します。
    広告

パート 3 の 3:
医師の協力で双子を妊娠する

  1. 1
    医師に相談して双子を産む確率を高めましょう。オクトマム(米国で八つ子を産んだナディア・スールマン)の担当医のように、誰にでも双子を妊娠させられる医師は存在します。他の医師は「医療的に必要」な場合ならば助けてくれるでしょう。
    • 医師が双子の妊娠を勧めるのにはいくつかの医療上の理由があります。
      • 高齢出産の場合、一人ずつ2回に分けて産むより、一度に2人産むほうが、出生異常の可能性が低くなります。
      • 続発性不妊症のように、女性の中には1度しか妊娠できない症状を持つ人もいます。双子を妊娠したほうがよい他の理由には年齢と生殖能力の問題があります。
  2. 2
    体外受精にはお金がかかるかもしれません。体外受精の受精卵は着床の確率が低いため、一度に複数の受精卵を着床するほうがお得です。一度になるべく多く着床させるようにするとよいでしょう。
  3. 3
    経口排卵誘発薬について医師に尋ねてみましょう。通常は、排卵のない女性の治療に使われますが、通常の問題のない女性が摂取すると、女性にもよりますが、双子を妊娠する確率が33%以上に高まります。
    • 経口排卵誘発薬には排卵時に卵巣で複数の卵子を生産させる作用があります。この薬を服用すると三つ子以上を妊娠する可能性もありますので注意が必要です。
  4. 4
    体外受精を行ないましょう。体外受精は以前は「試験管ベビー」と呼ばれていました。
    • 体外受精は高確率で双子を作ります。通常、医師は一個の受精卵が着床するように試みますが、1個が着床するということは2個着床する可能性もあるということです。最終的に、体外受精で双子を妊娠する確率は20~40%です。
    • 体外受精は高額な場合があります。体外受精を行なうクリニックは数多くあるので、医師に紹介状を書いてもらい、しっかりと下調べをしましょう。
    • 体外受精は現在ではよく行なわれている方法です。決して安くはなく、時間もかかりますが、最近ではあまり珍しいことではなくなっています。
    広告

ポイント

  • 米国で自然に生まれる双子は89回の妊娠につき1回です。一卵性双生児はたったの0.4%の確率です。
  • 多胎妊娠は早産、未熟児、先天性異常などの問題が起きる可能性が高まります。

広告

注意事項

  • 体外受精は高額で、必ず効果が出るというわけではありません。
  • 担当医師以外が書いた処方箋を使わないようにしましょう。
  • 双子を妊娠するというプランを医師と相談しましょう。人はそれぞれ異なるので、上記の情報はあなたの特定のケースに当てはまらないかもしれません。
  • 特に体重の増減、食事療法について医師に相談するようにしましょう。
広告

関連記事

How to

タバコを吸う

How to

生理を早める

How to

家庭での陣痛促進

How to

子供にゲームをやめさせる

How to

母乳を自然に止める

How to

彼氏がいることを両親に打ち明ける

How to

子供の自閉症を見分ける

How to

小児性愛者を割り出す

How to

男の子を産む

How to

お尻を叩いて叱る

How to

居候している友人や親せきに出て行ってもらう

How to

好きになった人が既婚者かどうかを確かめる

How to

母乳の分泌量を増やす

How to

自分で搾乳する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む13人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は577,936回アクセスされました。
カテゴリ: 家族
このページは 577,936 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告