PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

木材は、湿気や熱によって湾曲しやすい性質を持っています。木材の反りは、反対側に湿気や熱を加えることで、元の平らな状態に戻すことができます。小さな反りであれば、通常は熱と湿気を与えるだけで修正できますが、深刻な反りには木材に圧力をかける必要があります。

方法 1
方法 1 の 3:
アイロンを使う

  1. 1
    板材を湿らせたタオルで包む 大きめのタオルを1、2枚湿らせ、板にタオルを巻きます。この際、板全体をしっかりと包みましょう。
    • 使うタオルは、板全体を包むのに十分な大きさのものを選びましょう。また、アイロンの熱に耐えられるタオルや布を使いましょう。
    • タオルを湿らせる際、十分に水を含ませてから余分な水を絞りましょう。タオルを水浸しではなく、湿った状態にします。
  2. 2
    アイロン台にタオルを巻いた板を載せる タオルで包んだ板材を、アイロン台などの硬く平らな台の上に、盛り上がった面を上向きにして置きます。
    • 窪んだ凹面を下向きにして置きましょう。
    • 板を載せる台は、表面が硬く、またアイロンの熱にも耐えられる材質のものを使いましょう。
  3. 3
    アイロンを高温に設定する スチームアイロンの電源を入れ、最も高い温度に設定しましょう。
    • アイロンが熱するまで、2~5分待ちましょう。
    • アイロンの設定は、「ドライ」ではなく、「スチーム」を使います。
  4. 4
    反った部分にアイロンを当てる 板材の端にアイロンを押し当てます。沿った部分に均等に圧力をかけながら、アイロンをゆっくりと動かして板全体に熱を当てましょう。[1]
    • アイロンを一箇所に5~10秒間押し当て、次の箇所に進みます。
    • 板全体に熱が当たるように、各箇所の端同士が少し重なるようにアイロンをかけましょう。
    • アイロンを板に当てたまま、放置してはいけません。タオルや板を焦がしてしまう恐れがあります。
  5. 5
    必要に応じて、手順を繰り返す 板の状態を確認します。反りが直っていたら、作業は完了です。反りがまだ残っている場合は、板が平らになるまで上記の手順を繰り返しましょう。
    • 板が平らになったら、アイロンの電源を切ってタオルを外します。板は完全に乾いてから使いましょう。
    • この方法は、板の反りがきつい場合はうまくいかないこともあります。2、3回試しても反りを修正できない場合は、他の方法をとる必要があるかもしれません。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
日光を使う

  1. 1
    木材を湿らせたタオルで包む 反った木材全体に湿らせた大きめのタオルを数枚巻きつけます。
    • 水を吸収する素材で、木材を包むのに十分な大きさのタオル、シーツ、または布を使いましょう。
    • タオルに水を十分に浸み込ませ、余分な水をしっかりと絞りましょう。タオルを木材に巻く際、湿っていることが大切ですが、水浸しではいけません。
  2. 2
    木材を直射日光が当たる場所に置く 日光が十分に当たる暖かい場所に、タオルを巻いた木材を置きます。この際、凹面(内側に湾曲)を下に向け、凸面(外側に湾曲)を上に向けましょう。[2]
    • 周囲に水が染み込むのを防ぐため、木材の下にプラスチックシートを敷くとよいかもしれません。
    • この方法は、暖かく乾燥した気候のもとで行うのが理想的です。低温、曇天、湿度が高い場合は、うまくいかないかもしれません。
    • 玄関のアプローチやデッキなどの硬い面に木材を置くと効果的です。芝生の上でも構いませんが、柔らかい場所ではあまり効果はないかもしれません。
  3. 3
    必要に応じて、さらに水を吹きかける 木材の反りの強さによっては、2~4日間日光に当てる必要があるかもしれません。この間、タオルに水を吹きかけて、木材を湿った状態に保ちましょう。
    • この方法でも、タオルを水浸しではなく、湿った状態にしましょう。
    • 木材が日光で熱せられ、タオルから水分を吸収します。水分によって、木材の反りは元の状態に修正されます。
  4. 4
    反りがなくなるまで乾燥させる 反りの状態によっては、平らになるまで数日かかる場合があります。定期的に確認し、反りが戻ったら、タオルを外して木材を乾かしましょう。
    • 陽が陰ったら、木材を屋内に移します。夜間は、凹面を下向きにして暖かい場所に置きましょう。
    • 数日経っても変化がない場合は、他の方法をとる必要があるかもしれません。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
圧力をかける

  1. 1
    湿らせたペーパータオルで木材を覆う 数枚のペーパータオルを湿らせ、木材の凹面(内側に湾曲)に載せます。
    • この方法にはペーパータオルが適していますが、薄いスチームタオルや普通の紙を使っても構いません。ペーパータオルなどを湿らせた状態にして使い、反った部分全体を覆う大きさが必要です。
    • ペーパータオルを水で濡らし、慎重に余分な水を絞りましょう。ペーパータオルが湿った状態で木材に載せますが、水浸しではいけません。
    • この方法では、木材の凹面だけにペーパータオルを載せます。この部分を集中的に湿らせ、反った木材を元の平らな状態に戻します。凹面が水分を吸収し、凸面(外側に湾曲)は乾燥した状態になります。
  2. 2
    ペーパータオルをビニールラップで覆う 湿らせたペーパータオルを載せた木材に、ラッブを何重か巻きつけます。ラッブはきつくしっかりと巻きましょう。
    • ラップが水の蒸発を遅らせるため、ペーパータオルと木材が長時間湿った状態に保たれます。
    • ペーパータオルを載せた側だけではなく、木材全体をラップで覆いましょう。
  3. 3
    クランプで木材を挟む 木材をクランプに挟み、反った部分が戻り始めるまで、ややきつく絞めつけます。[3]
    • クランプの絞めつけは慎重に行いましょう。絞め過ぎると、木材は平らになるどころか裂けてしまうかもしれません。
  4. 4
    そのまま1週間おく ラップで巻いた木材を、クランプを取り付けた状態で暖かい場所に1週間置きます。
    • 定期的に状態を確認し、木材を傷めそうな場合は、クランプを外しましょう。
    • 最初の1週間は、できる限り暖かい場所に保管する必要があります。理想的な温度は65℃ですが、この温度を保つことが不可能であれば、通常は最も暖かい部屋に置けば十分です。
    • 木材を直射日光に当てたり、ヒートランプや電気毛布の下に置いたり、ホットマットの上に置いたりしてもよいでしょう。少なくとも1日6~8時間は暖かい場所に置きましょう。
  5. 5
    クランプとラップを外す 1週間後、木材をクランプから取り外し、プラスチックラップとペーパータオルも外します。
    • この段階で、木材を完全に乾燥させましょう。
    • 木材の状態を確認しましょう。反りがなく平らであれば、それ以上圧力をかける必要はなく、木材が乾燥したら使うことができます。
  6. 6
    さらに圧力をかける 反りがまだ残っている場合は、木材をクランプに戻し、その状態で2~3週間乾燥させます。
    • この段階では、より涼しい場所に木材を置きますが、望ましい温度は25℃前後です。
    • 部屋の中は乾燥した状態に保ち、湿度の高い部屋は避けましょう。
  7. 7
    木材の状態を定期的に確認する 木材全体が完全に乾燥したら、クランプを外して使うことができます。
    • この時点で反りが修正されていない場合は、その木材の反りは強すぎるため、平らな状態に戻すのは不可能かもしれません。
    広告

必要なもの

アイロンを使う方法

  • 湿らせたタオル
  • アイロン台
  • スチームアイロン

日光を使う方法

  • 湿らせたタオル
  • スプレーボトル
  • ビニールシート

圧力をかける方法

  • ペーパータオル
  • ビニールラップ
  • クランプ
  • ヒートランプ

関連記事

Microsoft Officeを別のパソコンに移行するMicrosoft Officeを別のパソコンに移行する
Wordで空白ページを削除する
メモ帳をExcelに変換するメモ帳をExcelに変換する
Wordで文字を曲げるWordで文字を曲げる
Microsoft Wordでパンフレットを作るMicrosoft Wordでパンフレットを作る
Word文書をJPEGに変換するWord文書をJPEGに変換する
PowerPointのファイルサイズを縮小するPowerPointのファイルサイズを縮小する
2ページ目以降のヘッダーを削除する2ページ目以降のヘッダーを削除する
2つのExcelファイルを比較する2つのExcelファイルを比較する
Outlook 365でSMTPサーバーを確認するOutlook 365でSMTPサーバーを確認する
ExcelでシートをリンクさせるExcelでシートをリンクさせる
CSVファイルの作成CSVファイルの作成
Microsoft Wordにフォントを追加するMicrosoft Wordにフォントを追加する
タブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストするタブ区切りのテキストをExcelにコピー&ペーストする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は44,104回アクセスされました。
カテゴリ: オフィス
このページは 44,104 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告